サポートセンターホーム


Azureストレージ

LogicMonitorには現在、AzureStorageのパフォーマンスメトリックを監視するためのXNUMXつのデータソースがあります。

  1. Microsoft_Azure_StorageAccount–Azureストレージアカウントの基本的なパフォーマンスデータを収集します
  2. Microsoft_Azure_BlobStorage-Azure BlobStorageの基本的なパフォーマンスデータを収集します 
  3. Microsoft_Azure_TableStorage– Azure TableStorageの基本的なパフォーマンスデータを収集します
  4. Microfsoft_Azure_QueueStorage– Azure QueueStorageの基本的なパフォーマンスデータを収集します
  5. Microsoft_Azure_FileStorage– Azure FileStorageの基本的なパフォーマンスデータを収集します

Microsoft_Azure_StorageAccount

ソース:Azure Insights API

データポイント:

  • 利用可能在庫
  • 出口
  • 進入
  • 状態
  • 成功E2ELatency
  • SuccessServerLatency
  • 取引

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?:いいえ。ストレージアカウントが検出されると、監視が自動的に開始されます。

 

Microsoft_Azure_BlobStorage

ソース:Azure Insights API

データポイント:

  • 利用可能在庫
  • 出口
  • 進入
  • 状態
  • 成功E2ELatency
  • SuccessServerLatency
  • 取引

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?:いいえ。BlobStorageインスタンスが検出されると、監視が自動的に開始されます。

 

 

Microsoft_Azure_TableStorage

ソース:Azure Insights API

データポイント:

  • 利用可能在庫
  • 出口
  • 進入
  • 状態
  • 成功E2ELatency
  • SuccessServerLatency
  • 取引

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?:いいえ。テーブルストレージインスタンスが検出されると、監視が自動的に開始されます。

 

 

Microsoft_Azure_QueueStorage

ソース:Azure Insights API

データポイント:

  • 利用可能在庫
  • 出口
  • 進入
  • 状態
  • 成功E2ELatency
  • SuccessServerLatency
  • 取引

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?:いいえ。キューストレージインスタンスが検出されると、監視が自動的に開始されます。

 

 

Microsoft_Azure_FileStorage

ソース:Azure Insights API

データポイント:

  • 利用可能在庫
  • 出口
  • 進入
  • 状態
  • 成功E2ELatency
  • SuccessServerLatency
  • 取引

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?:いいえ。ファイルストレージインスタンスが検出されると、監視が自動的に開始されます。

 

 

記事上で