サポートセンターホーム


Azure サービス バス

LogicMonitorには、Azure ServiceBusを監視するためのデータソースがXNUMXつあります。

  1. Microsoft_Azure_ServiceBus – Azure MonitorAPIを介してServiceBusのパフォーマンスメトリックを収集します

Microsoft_Azure_ServiceBus

ソース: Azure モニター API

データポイント:

  • アクティブな接続
  • 接続が閉じられました
  • 開かれた接続
  • CPU使用率 *プレミアムSKUサービスバスリソースでのみ利用可能*
  • 着信メッセージ
  • 着信リクエスト
  • メモリ使用量 *プレミアムSKUサービスバスリソースでのみ利用可能*
  • 送信メッセージ
  • サーバーエラー
  • 成功したリクエスト
  • スロットルされたリクエスト
  • ユーザーエラー

デフォルトのポーリング間隔:3 分.  

追加の構成が必要ですか?:いいえ–このデータソースは、Azureアカウントで検出されたService Busリソースに自動的に適用され、データの収集を開始します。

記事上で