サポートセンターホーム


AzureExpressルート

LogicMonitorには現在、AzureExpressルートを監視するためのデータソースがXNUMXつあります。

  1. Microsoft_Azure_ExpressRouteCircuit – Azure Express RouteCircuitsのパフォーマンスデータを収集します

 

Microsoft_Azure_ExpressRouteCircuit

ソース:Azure Monitor API

データポイント:

  • BitsInPerSecond
  • BitsOutPerSecond
  • 帯域幅BPS
  • 帯域使用率
  • 合計ビット数

    デフォルトのポーリング間隔:3分

    追加の構成が必要:いいえ。このデータソースは、Azureアカウントで検出されたExpress Route Circuitインスタンスに自動的に適用され、データの収集を開始します。

    記事上で