サポートセンターホーム


Azure 分析サービス

LogicMonitorには現在、Azure AnalysisServicesを監視するためのデータソースがXNUMXつあります。

  1. Microsoft_Azure_AnalysisServices-Azure MonitorAPIを介してAzureAnalysisServicesのパフォーマンスデータを収集します

Microsoft_Azure_AnalysisServices

ソース:Azure Monitor(以前のInsights)API

データポイント:

  • CleanerCurrentPrice
  • CleanerMemoryNonShrinkable
  • CleanerMemoryShrinkable
  • CommandPoolBusyThreads
  • CommandPoolIdleThreads
  • CommandPoolJobQueueLength
  • 現在の接続
  • CurrentUserSessions
  • LongParsingBusyThreads
  • LongParsingJobQueueLength
  • MashupEngineMemory
  • MashupEngineQPU
  • メモリ
  • MemoryLimitHigh
  • MemoryLimitLow
  • MemoryLimitHard
  • MemoryLimitVertiPaq
  • メモリースラッシング
  • メモリ使用量
  • メモリ使用率
  • 処理PoolBusyIOJobThreads
  • 処理PoolBusyNonIOThreads
  • 処理PoolIdleIOJobThreads
  • 処理PoolIdleNonIOThreads
  • ProcessingPoolIOJobQueueLength
  • ProcessingPoolJobQueueLength
  • QPU
  • QueryPoolBusyThreads
  • QueryPoolIdleThreads
  • QueryPoolJobQueueLength
  • クォータ
  • QuotaBlocked
  • RowsConvertedPerSec
  • RowsReadPerSec
  • RowsWrittenPerSec
  • ShortParsingBusyThreads
  • ShortParsingIdleThreads
  • ShortParsingJobQueueLength
  • 状態
  • 成功したlConnectionsPerSec
  • TotalConnectionFailures
  • TotalConnectionRequests
  • VertiPaqNonPaged
  • VertiPaqPaged

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要:いいえ。このデータソースは、Azureアカウントで検出されたAnalysis Servicesに自動的に適用され、データの収集を開始します。

記事上で