EAコレクター– 29.106

重要: このコレクターバージョンは、バージョン29.101から29.105に存在する既知の問題を修正します。これにより、ハートビートのあるリソースが誤ってデッド/ダウンとしてマークされていました。

機能強化/更新

  • LMログのJMXメトリックを追加しました
  • LMログをより適切にサポートするために、XNUMXつの新しい設定がCollectoragent.confファイルに追加されました。
    • lmlogs.syslog.hostname.format – Syslogホスト名ヘッダーに対応するには、この新しい設定に「DO_NOTHING」の値を設定して、DNS解決をバイパスするようにコレクターに指示し、解決済みのホスト名での解決を回避します。
    • lmlogs.syslog.useTimestampWhenCollectorReceivedLogs –誤った時間解析を回避するために、LogicMonitorに送信するsyslogイベントにタイムゾーン情報が含まれていない場合は、この新しい設定をTRUE(デフォルトはFALSE)に設定する必要があります。
  • ルート以外のインストールでは、/ etc / sudoersを変更する必要がなくなりました。 を参照してください / etc / sudoersファイルからのエントリの削除 古いコレクターインストーラーによってこのファイルに配置されたエントリを削除する手順については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。
  • NetFlow NBAR2サポートは、オプションのテンプレートからのアプリケーションスロットを尊重するようになりました。
  • MongoDBJARがバージョン4.0.22にアップグレードされました。
  • 内部Webチェックの空白応答の処理が改善されました。

解消された問題

  • バージョン29.101から29.105に存在する既知の問題を修正しました。これにより、ハートビートのあるリソースが誤ってデッド/ダウンとしてマークされていました。
  • JDBC Active Discoveryがデフォルト以外のポートを無視する問題を修正しました(特定のインスタンスのポートはWILDVALUE2に格納されます)。
  • パーセント記号(%)文字を含むリダイレクトが解決されない原因となるSiteMonitorの問題を修正しました。
  • NetFlowデータが表示されない問題を修正しました。

/ etc / sudoersファイルからのエントリの削除

LinuxベースのCollectorバージョン29.105以前を非rootとして実行している場合は、/ etc / sudoersファイルを編集して、Collectorを再起動できるようにしました。

Collectorバージョン29.106の時点で、この目的のためにSUIDを持つ別個のバイナリがあります。 つまり、29.106に更新すると、/ etc / sudoersファイルを編集する必要がなくなり、手動またはスクリプトを使用して安全に削除できます。

/ etc / sudoersエントリの手動削除

  1. / etc / sudoersを開きます。
  2. 次の行を削除します。

    Defaults:root !requiretty
    
    Cmnd_Alias SYSTEMD_LOGICMONITOR_WATCHDOG = /bin/systemctl start logicmonitor-watchdog.service, /bin/systemctl stop logicmonitor-watchdog.service, /bin/systemctl restart logicmonitor-watchdog.service, /bin/systemctl status logicmonitor-watchdog.service
    Cmnd_Alias SYSTEMD_LOGICMONITOR_AGENT = /bin/systemctl start logicmonitor-agent.service, /bin/systemctl stop logicmonitor-agent.service, /bin/systemctl restart logicmonitor-agent.service, /bin/systemctl status logicmonitor-agent.service
    
    Defaults:logicmonitor !requiretty
    logicmonitor ALL=NOPASSWD: SYSTEMD_LOGICMONITOR_WATCHDOG 
    logicmonitor ALL=NOPASSWD: SYSTEMD_LOGICMONITOR_AGENT 
    logicmonitor ALL=NOPASSWD: /bin/systemctl daemon-reload

/ etc / sudoersエントリのスクリプト削除

  1. コレクターでシェルを開きます。
  2. スクリプトの実行権を付与します。
    1. sudo chmod + x
      /usr/local/logicmonitor/agent/bin/nonroot_enhancements.sh
    2. sudo /user/local/logicmonitor/agent/bin/nonroot_enhancements.sh
      アップグレード
    3. Collectorインストールディレクトリの入力を求められます。 (デフォルトのディレクトリが使用されている場合は、Returnキーを押します。)
    4. スクリプトはエントリを削除し、コレクターを再起動します。
記事上で