LogicMonitor用のMicrosoftAzureAppServiceでのアプリケーションの自動インストルメンテーション

最終更新日: 25 年 2022 月 XNUMX 日

Microsoft Azure App Serviceを使用してアプリケーションを管理する場合は、AzureAppServiceでそれらのアプリケーションのトレースデータを収集するように環境を構成できます。

LogicMonitorがAzureAppService上のアプリケーションからトレースデータを確実に受信するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. AzureAppServiceでアプリケーションをインストルメント化します。
  2. OpenTelemetryCollectorにトレースデータを送信するようにアプリケーションを構成します。

推奨事項: アプリケーションをインストルメント化する前に、OpenTelemetryコレクターをAzureコンテナーインスタンスにデプロイします。 アプリケーションをインストルメント化するには、OpenTelemetryCollectorのエンドポイントが必要です。 詳細については、を参照してください。 MicrosoftAzureコンテナーインスタンスでのOpenTelemetryCollectorデプロイメントの構成.

Microsoft AzureAppServiceでアプリケーションを自動的にインストルメント化するための要件

Azure App Serviceでアプリケーションを自動的にインストルメント化するには、次の手順を実行する必要があります。

さらに、ファイルをコンテナにアップロードするには、OpenTelemetryからJavaエージェントJARファイルをダウンロードする必要があります。 JavaエージェントJARファイルの詳細については、OpenTelemetryのを参照してください。 自動計装 のドキュメントで詳しく説明されています)。 

AzureAppServiceでのアプリケーションのインストルメント化

注意: 以下では、サンプルアプリケーションの例としてJavaを使用しています。 アプリケーションの言語については、OpenTelemetryの該当するドキュメントを参照してください。

  1. 保湿ケアを行うことで、水分と油分のバランスを整えていきましょう。 Linuxコンテナにストレージをマウントする (またはコンテナのプラットフォームに該当するドキュメント)Microsoftの AppServiceのローカル共有としてAzureStorageをマウントする 設定を構成するためのドキュメント。
  2. ストレージアカウントとコンテナを選択します。
  3. 入力します /java-jar マウントパスに設定を保存します。

アプリケーションはJavaエージェントJARファイルで再起動し、アプリケーションを自動的にインストルメント化します。

トレースデータを送信するようにアプリケーションを構成する

LogicMonitorがAzureAppService上のアプリケーションからトレースデータを受信できるようにするには、アプリケーションの構成ファイルを変更して、AzureContainerInstanceにデプロイされたOpenTelemetryCollectorにトレースをエクスポートするようにアプリケーションに指示する変数を含める必要があります。

Microsoftのを使用する クイックスタート:AzureAppServiceでJavaアプリを作成する アプリケーションを作成およびデプロイするためのドキュメント(またはアプリケーションの言語に該当するドキュメント)、および以下を追加します <appSetting> あなたの構成へのプロパティ pom.xml アプリケーションをデプロイする前:

<appSettings>
            <property>
              <name>JAVA_OPTS</name> 
              <value>-javaagent:/java-jar/opentelemetry-javaagent-all.jar -Dotel.traces.exporter=otlp -Dotel.resource.attributes=host.name=HOST_NAME,service.name=SERVICE_NAME,service.namespace=SERVICE_NAMESPACE,resource.type=host -Dotel.exporter.otlp.insecure=true -Dotel.exporter.otlp.endpoint=CONTAINER_INSTANCE_PRIVATE_IP:4371 -Dotel.metrics.exporter=none</value>
            </property>
          </appSettings> 

推奨事項: キープ CONTAINER_INSTANCE_PRIVATE_IP AzureコンテナインスタンスIPとして。

推奨事項: アプリケーションがトレースデータをLogicMonitorに安全に送信するようにするには、AzureポータルにOpenTelemetry Collectorをデプロイするために作成したプライベート仮想ネットワーク統合を使用して、AzureコンテナーインスタンスからLogicMonitorポータルへのプライベート接続を許可します。 詳細については、Microsoftのを参照してください。 AzureAppServiceで仮想ネットワークの統合を有効にする 仮想ネットワークを構成に追加するためのドキュメント。

記事上で