LogicTalks:LM顧客の瞬間とニーズを満たす

LogicTalks:LM顧客の瞬間とニーズを満たす

以前に記録されたLogicTalksのこのマッシュアップでは、LogicMonitorがクライアントの瞬間とニーズをどのように満たすかを聞きます。 クラウドへの移行、監視ツールの無秩序な増加の削減、新しいエンドポイントのオンボーディングの促進、動的しきい値や予測予測などのAIOps機能の活用など、LogicMonitorがクライアントと提携してデジタルトランスフォーメーションを推進する方法を学びましょう。多様なインフラストラクチャの隅々まで可視化できます。

ビデオトランスクリプト

ナンシー・ゴーリング –より近代的な環境にいる場合、クラウドネイティブのテクノロジーを採用している場合は、それらのテクノロジーを十分に可視化できる監視ツールが必要になります。

ジャスティン・カウッド –つまり、クラウドへの大規模な移行が見られます。 ご存知のように、数年前はためらいがありました。 セキュリティにはあらゆる種類の障壁があり、人々はそれについて神経質になっており、彼らは非製品のものをクラウドに入れているだけでした。 今、私たちは反対を見ています。 私たちが行っているLogicMonitorは、それを透過的にします。 顧客がオンプレミスであるかクラウドであるかは関係ありません。Azure、AWS、どこにいても違いはありませんよね?

ナンシー・ゴーリング –人々が監視の問題を解決しようとすると、より多くのツールを投入する傾向があり、それが新しい問題を生み出し始めると思います。

アントモロイ – Auroraのプラットフォームは、LogicMonitorによって完全に監視されるようになりました。 ええ、そこにある監視ソフトウェアの量、そして組織内には通常XNUMX、XNUMX、XNUMXの異なるツールがありますが、それを一貫して見る方法はありません。 そのため、お客様はツールを機能させるためにXNUMX週間の時間を費やしています。

ジャスティン・カウッド –統合された方法で運用できるようになりました。 そのため、私たちが構築する統合と私たちが行うすべての開発は、共通の監視ツール、学習の共有、標準の共有から始めるため、現在、グローバルに活用されています。 したがって、インフラストラクチャの節約は言うまでもなく、XNUMXつのツールでの統合された取り組みから得られるメリットは計り知れません。

アントモロイ –しかし、ほとんどのお客様はそれぞれ異なる使用法を持っています。 クラウド環境とオンプレミス環境を区別していません。 私はそれらをデバイスと見なし、それらのデバイスの状態を調べています。 また、問題が発生した場合は、一貫した方法で管理しています。 一枚のガラス板、それはすべてサービス時間、それはすべてサービスパフォーマンスです。 そして、それをXNUMXつにまとめることができるという事実は、私たちにとって素晴らしいことです。なぜなら、文字通りこれ以上のツールは必要ないからです。

ジャスティン・カウッド –ツール間を行き来することなく、顧客レコードからCMDBからの監視をオンにすることができます。 そのため、LogicMonitorが私たちにそれを行うためのアクセスを与えてくれたその能力は巨大です。 そして発見、オンボーディングのための迅速な発見も重要です。 過去に実行するのに数週間かかるタスクは、数分以内に実行できます。

ナンシー・ゴーリング –市場は、これらのデジタルトランスフォーメーション戦略を実際に追求しています。なぜなら、世界が収益をデジタル世界に導くことができる物理的環境から離れたときに、これらの投資が本当に必要であると認識しているからです。 それはあなたが収入を増やし続けるためにしなければならないことです。

ジャスティン・カウッド –それは素晴らしいテクノロジーであるだけでなく、皆さんは本当に、本当に素晴らしいパートナーであることが証明されています。 そして、私はこれにかなり情熱を持っているので、私はほとんど支払われたように聞こえるでしょうが、真剣に、質問があったり助けが必要だったときの安堵…今でも、AIOpsのものでは、の質問はありませんでした、申し訳ありませんが、それはそれが機能する方法です、ドキュメントを読んでください、またはそのようなもの。 それはいつもそうです、ねえ、私たちはあなたの言うことを聞きます、私たちはあなたと協力します、そしてこれを理解しましょう。 そして、皆さんがテーブルにもたらしたパートナーシップのレベルを見るだけでも驚くべきことです。 ベンダーとの関係ではなく、本当にパートナーシップのように感じます。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET