2021年調査報告

ITの可観測性への競争

デジタルトランスフォーメーションと技術的収束の時代に統一された可観測性を実現

統一された可観測性を実現するために必要なツールと手法を特定するために、LogicMonitorは600人のグローバルIT意思決定者の調査を依頼し、ITの近代化イニシアチブと技術的収束によって特徴付けられる時代にIT運用と開発者がダウンタイムを削減して可観測性を向上させている方法を明らかにしました。

完全な報告書をダウンロード
重要なポイント:

企業がCOVID-19に対応して近代化の取り組みを加速するにつれて、以前はサイロ化されていたITチームとテクノロジーが収束しています。

  • 79%

    世界のCIOとCTOの多くは、役員室での意見と重要性が過去12か月で増加したと感じています。

  • 93%

    過去12か月で、グローバル企業の多くが、従来のIT運用チームと管理チームおよび開発チームの間である程度の収束を見てきました。

  • 21%

    グローバルITリーダーの多くは、ITOpsとDevOpsの統合により、セキュリティの向上が最大のメリットになると考えています。

完全な報告書をダウンロード

次のようなさまざまなトピックを深く掘り下げます。

  • 世界がデジタルトランスフォーメーションの急速なペースで続く中で、統一された可観測性の概念がどのように新たな重要性を獲得したか
  • ますます複雑化するハイブリッドIT環境に信頼できる唯一の情報源を提供するテクノロジーを企業が採用しなければならない理由
  • 統一された可観測性がITチームの停止とダウンタイムの削減、デジタルカスタマーエクスペリエンスの最適化、およびビジネス成果の向上にどのように役立つか