サポートセンターホーム


v.78リリース:ブランドの更新、デバイスのお気に入り、およびSLAの改善

07.15.16に公開

v78リリースは、XNUMX月末まで公開され、時間の節約になる新機能と必要なバグ修正の両方が含まれています。 また、「LogicMonitor blue」および製品内フォントの更新が導入され、製品が公式のスタイルガイドと一致するようになります。

ブランディングの更新

新しいLMブルーは最初はあなたを驚かせるかもしれませんが、私たちはあなたが私たちと同じようにそれを愛することを学ぶと信じています。 最も重要なことは、新しいフォントは読みやすく、デフォルトで小さいサイズに設定できるため、製品全体で貴重なスペースをより有効に活用できることです。

デバイスツリー–最近の検索とお気に入り

最新のデバイスツリーの改善により、インフラストラクチャ内を移動する際の時間を節約できます。 検索バーに最新の検索が表示されるようになりました。これは、よく検索するアイテムに役立ちます。 また、デバイスグループ、デバイス、およびインスタンスで使用できる「お気に入り」の新しいオプションもあります。

2016 07-12-3.24.17 PMでのスクリーンショット
選択すると、オブジェクトがお気に入りパネルに追加されます。 これは 最も頻繁に表示されるインフラストラクチャの詳細にジャンプする簡単な方法。 お気に入りパネルは、以前の比較機能に取って代わりました。

SLAレポートの構成

これで、最大XNUMX年間の最新の時系列データが得られました。 SLAレポートは非​​常に強力です。 特定のSLA条件に基づいて可用性を計算できるように、いくつかの構成オプションを追加しました。 このリリースには、以下を構成する機能が含まれています。

  • SLA条件の曜日と営業時間
  • データなし(NaN)を使用可能時間または使用不可時間として計算する必要があるかどうか
  • 利用可能な合計時間を計算するSLAサマリー。 この計算は、重複する利用不可期間を考慮に入れます。

2016 07-12-12.07.42 PMでのスクリーンショット

ダッシュボードの愛

前回のリリースの速度の最適化に基づいて、これはダッシュボードの表示をクリーンアップします。 フォントが少し小さく、境界線が細く、ウィジェットのタイトルが左揃えになっているため、長い名前のスペースを増やすことができます。  

インスタンスレベルのプロパティ

インスタンスレベルのプロパティは、[インスタンス/情報]タブから コレクター22.060以上。 これらは現在、Active Discoveryを使用してマルチインスタンスWMIデータソースに追加でき、次のリリースでSNMPスクリプトデータソースに拡張される予定です。

2016 07-12-10.44.59 AMでのスクリーンショット
 他のLogicMonitorプロパティとは異なり、インスタンスプロパティは親グループまたはデバイスから継承されません。

その他の改善:

  • 一般:
    • RESTAPIを介してコレクターのダウンアラートを確認する機能を公開しました。
    • パスワード強度の要件を更新しました。 これは既存のアカウントパスワードには影響しませんが、新規/更新されたパスワードには、次の要件が適用されます:最小8文字、大文字1文字、小文字1文字、数字1文字、および以下の特殊文字1文字:〜、!、 $、%、^、(、)、_、-、+、=、}、{、]、[
  • アラート
    • バッチジョブまたはイベントソースが無効になっている場合、アクティブなアラートは「クリアオン」時間でより迅速に更新されます。
    • クリアされたアラートは、アラートテーブル内の過去7日間に制限されなくなりました。 
    • AcknowledgedOnおよびClearedOnの時間形式は、AlertsテーブルのBegin時間形式を反映しています。
    • [アラート]テーブルの[設定]を選択すると、管理ダイアログが表示され、今後の追加が可能になります。
  • Devices
    • AWSアカウントは、デバイスの管理権限が制限されているユーザーが追加できます。
    • [デバイス]ページを表示するときは、アラートチューニングとインスタンスを含め、常に最後に表示されたタブが保持されます。
    • デバイス全体で使用されているのと同じ「もっと見る」ロジックがインスタンスグループとインスタンスに適用されており、ユーザーは一度にインスタンス100をナビゲートできます。 これにより、ユーザーが必要な詳細にアクセスできるようにしながら、デバイスツリーのパフォーマンスが維持されます。
    • EventsourceSDTの監査ログにデバイスグループ情報を追加しました
  • レポート 
    • WebサイトのSLAレポートは、データなし(NaN)時間を使用可能または使用不可として計算するように構成できます。
    • SLAレポートにデータポイント列が追加されました。
  • 設定 
    • 以前にリストされていなかったコマンドを説明するために、コレクターデバッグ機能のヘルプテキストを更新しました。
    • 設定のフィールド長を増やしました| データソース| 説明、およびデータソースのスクリプトとパラメーターのフィールドサイズを増やしました| スクリプトデータソース
  • マイナーな改良
    • 設定の文言を更新| アカウント情報| アカウントポータル| ホワイトリストセクション。
    • データソースグラフに無効な仮想データポイント名が入力された場合のエラーメッセージが改善されました。
    • 監査ログ検索の説明に「NOT」という単語を追加します:(AND、OR、NOT、およびワイルドカード(*)を受け入れます)

修正されたバグ:

  • 一般:
    • [SSOに制限]アカウントオプションが選択されている場合、アラート通知メールに含まれるリンクが正しくリダイレ​​クトされませんでした。
    • ウィザードを使用してデバイスを追加するときに、グループ化されていないコレクターグループを選択すると、提案された結果にXNUMXつのコレクターのみが表示されました。
    • UIを介してアラートを確認すると、関連するすべてのエスカレーションチェーンに通知されるアラートルール構成が修正されました。
  • アラート:
    • デバイスツリーに重複するアラートアイコンが表示されるバグを修正しました。
    • 長いフィルターがページネーションリンクと重複しないように、アラートウィジェットが更新されました。
  • ダッシュボードとウィジェット:
    • 表示するために選択したデータポイントと一致しないデータポイント構成名を持つカスタムグラフウィジェットは、特定の時間範囲で正しく表示されませんでした。
    • 長いグループ名に関連付けられたマップの場所が多い場合、マップウィジェットにエラーが表示されていました。 これは、文字数制限の結果であり、増加しました。
    • カスタムグラフウィジェットのクローンを作成しても、最小値は保持されませんでした。
  • デバイス:
    • AWSデバイスがすぐに削除されるようにスケジュールされていたが、削除ジョブが最近実行された場合、削除時刻は以前と同じように表示される可能性があります。
    • ネットワークトラフィックフロー:ビットを1024 / mbずつロールアップしていました。 1000 / mbに更新されました。 
    • 小さなブラウザウィンドウで、[アラート調整]タブが[アラートの管理]トグルと重なっています。
    • インスタンスをドラッグアンドドロップして新しいインスタンスグループを作成するには、インスタンスグループ名を追加してダイアログを閉じるために、[保存]をクリックする必要がありました。
  • レポート:
    • アラートしきい値レポートは、インスタンス名の最後の文字を切り捨てていました。
    • 新しい時系列データベースへの切り替えが行われると、WebサイトのSLAレポートはデータを集約していました。
  • 設定: 

    • 新しいユーザーがシステムに追加されたとき、[作成者]フィールドはデフォルトでLogicMonitorに設定されていました。
    • Netscan:Netscanによって検出されたデバイスを既存のデバイスと比較する場合、system.ips内のすべてのIPを使用して重複を判別しました。
    • アラートルールを管理する場合、エスカレーションチェーンはID順に並べられていました。 現在、アルファベット順に並べられています。