サポートセンターホーム


v.73リリース:Netscanのオーバーホール、しきい値管理など

03.11.16に公開

v.73は、より多くの待望の機能をもたらします。 Netscanのコレクターのアップグレードなど、いくつかの依存関係がありますが、表示された内容に満足できると思います。

Netscanの改善

Netscanはしばらくの間利用可能でしたが、構成は制限されていました。 ザ・ 新しいNetscan 機能はXNUMXつのカテゴリに分類されます。

ポリシー構成:

2016 04-01-9.47.10 AMでのスクリーンショット

  • スキャンからIP範囲を除外する
  • 既存のグループの資格情報を使用するか、スキャンにカスタム資格情報を割り当てます
  • デバイスのプロパティに基づくグループ割り当て
  • デバイスのプロパティに基づいてデバイスを除外する
  • トークンとテキストに基づいてデバイス名をカスタマイズします

スキャンの概要:

2016 03-04-9.46.25 AMでのスクリーンショット

  • アクティブな今後の履歴スキャンを参照してください。
  • スキャンごとに追加されたデバイスを確認します。

監視されていないデバイスの管理:
検出されたがグループに追加されていないデバイスは、簡単にフィルタリング、並べ替え、グループにドラッグできるため、適切な場所ですばやく監視できます。

これらの機能を利用するには、次のものが必要になります EAコレクター21.019 以上です。
注意:  新しい機能をサポートするために、既存のネットスキャンポリシーはスケジュールごとにXNUMXつのポリシーに変換されました。

しきい値

アラートしきい値 常に高度にカスタマイズ可能でしたが、どのしきい値が有効になるかを判断するのが難しい場合がありました。 最新の一連の改善は、どのしきい値が有効になるかを一目で確認できるように設計されており、しきい値レベル間を簡単に移動できるようになっています。

2016 03-04-9.58.55 AMでのスクリーンショット

グーグルマップウィジェット

世界 グーグルマップウィジェット デバイスグループ、デバイス、またはデバイスグループのすべてのメンバーを簡単に選択できるように構成が更新されました。 ちょうど間に合うように、新しいウィジェットのピンがデバイスまたはグループのステータスに関する詳細情報も提供するようになりました。

新しいAWSリージョンとサービス

このリリースには、AWSソウルリージョン(ap-northeast-2)とLambdaのサポートが含まれています。 Lambdaモニタリングには新しいデータソースが必要であることに注意してください。このデータソースはまだ利用できませんが、まもなくコアリポジトリに追加されます。

サービステスト場所–IPアップデート
DC、ダブリン、シンガポールの各地域のサービステストロケーションIPが更新されました。 詳細は見つけることができます こちら、および変更は、v.73リリースでアカウントに有効になります。

その他の改善:

  • 改善しました 地球 より複雑なglob式を可能にするためのサポート。 より注目すべき追加の2つは、!()を使用して複数の除外グロブフィルターを構築する機能です(たとえば、server!(4 | 2)は、 'server'を含み、4またはXNUMXを含まないすべてに一致します)。 私たちを参照してください 詳細なドキュメント 詳細についてはこちら。
  • また、ご購読はいつでも停止することが可能です sort 表示時に任意の列で HTMLレポート.
  • ナビゲーション 設定のツリー| データソース 必要なものをすばやく見つけることができるように更新されました。
  • 能力 統合からのアラートをテストする 構成。 テストアラートには、アラートの受信者/ツールから返される内容が表示されます。これは、受信を確認するときに役立ち、チケット情報がどのようにフォーマットされているかを確認します。
  • あなたはいつもすることができました タブを非表示 ユーザーを介して左側のナビゲーションで。 これも役割の権限に基づいています。 管理権限または表示権限が存在しない場合、オプションは表示されません。
  • データソースを削除する場合、確認には次のものが含まれます 影響を受けたデバイスの数 完全なリストへのリンクと同様に。
  • アラートは、から直接確認できます。 アラートウィジェット 設定画面。
  • HTTPPUTリクエストがカスタムHTTP統合で許可されるようになりました
  • 新しいコレクターを追加すると、OSはブラウザー情報に基づいてデフォルトになります。
  • eventsourcesのフィルターテーブルのレイアウトを更新します。
  • 今後の機能拡張をサポートするために、検索タグなどのさまざまな新しいフィールドがデータソース画面に追加されました。
  • 含まれているデバイスまたはデバイスグループに場所のプロパティが割り当てられていない場合のGoogleマップウィジェット、および一致するインスタンスが見つからない場合のカスタムグラフのエラーが更新されました。
  • これらのすばらしいリリースノートには、フッターのリンクからアクセスすることもできます。
  • 生データを表示する機能が追加されました デバイスダッシュボードから直接 単一インスタンスの場合。
  • 自動的に検出されるAWSリソースは、タグに基づいて制限できます。 これらのタグのヘッダーが更新され、「検出を次のタグに制限します」を使用して、タグがどのように機能するかをより明確に説明します。
  • プロパティは、システムプロパティ(コレクターを介して設定)またはカスタム(編集可能)によってグループ化されるようになりました。
  • ハイフン 仮想データポイント計算での競合を回避するために、グラフデータポイント名でサポートされなくなりました。
  • LinuxまたはWindowsのプロセスまたはサービスを追加しようとしたときにタイムアウトが発生した場合に表示される詳細なエラーメッセージ。
  • 世界 ##アラートステータス## トークンは以前にアラートステータスをアクティブまたはクリアとして報告しました。 アクティブ、クリア、確認、更新、またはテストを報告するようになりました。
  • Windowsサーバーからデータを収集するにはWindowsコレクターが必要なため、LinuxコレクターをWindowsコレクターのフェールオーバーコレクターとして設定すると、警告メッセージが表示されるようになりました。
  • データソースインスタンスグラフがダッシュボードに固定されるときに、インスタンスの説明がウィジェット名に追加されました。
  • 支払いページの外観を更新しました。
  • 4000を超えるアラートを表示するように構成されたアラートレポートは、PDF形式で生成できませんでした。 2000〜4000のアラートが含まれている場合はPDFアラートレポートを電子メールで送信し、4000を超えるアラートが含まれている場合は、フィルターを追加するか、形式を変更する必要があることを示すエラーメッセージを表示します。

修正されたバグ:

  • ユーザーはゲージウィジェットの名前を更新できませんでした
    dは、更新時に空白のウィジェットを経験する可能性があります。
  • アクティブな検出フィルター「NotExist」は値を必要としなくなりました。
  • モバイルアラートページは、ユーザーレベルで設定されたアラートビューのアクセス許可を尊重しませんでした。
  • シングルサインオンでサインインしたユーザーは、シングルサインオン設定を表示するときに不要な[保存]ボタンと確認を受け取ります。
  • グループがデバイス検索でフィルターとして使用されている場合(つまり、g:group1 d:dev1)、返されるデバイスは関連するグループを反映します。
  • アカウントではなく、ローカルマシンの時刻に基づいてオプスノートが追加されました。
  • 高度なカスタムグラフウィジェットは、データポイントラインのトップ10に常に戻りました。
  • デバイスにプロパティを追加すると、管理ダイアログがページの上部に更新されました。 現在は、プロパティセクションに焦点を合わせています。
  • さまざまな不要な確認ポップアップを削除しました。
  • アラートテーブルフィルターに更新します。 クリアされたアラートを選択すると、以前は時間ベースのフィルターが適用され、最新のアラートが除外される可能性がありました。
  • Windowsイベントログイベントソースのクローンを作成するときに、元の構成に関係なく、重複の抑制が選択されました。
  • アラートテーブルを自動更新すると、アラートの詳細ページが閉じ、メモの詳細が失われる可能性があります。 ページが更新されても、アラートの詳細ページが保持されるようになりました。
  • アクセスログは、30日が利用可能であったとしても60日に制限されています。
  • system.collectorプロパティがLMS式で機能していませんでした([適用先]フィールドで使用)。 これは修正されました。
  • Simple Custom GraphWidgetのカスタム凡例の前にデバイスとデータソース名を追加しなくなりました。 高度なカスタムグラフウィジェットは、複数のデバイスやデータソースにまたがるデータを表示することを目的としているため、引き続きこの情報を表示します。
  • 特殊文字(商標記号など)を含むServiceNowの会社名は、統合構成で正しく表示されませんでした。
  • [アラート調整]タブからのアラートルーティングのテストは、新しいアラートの要求を送信するように構成されている(およびそのアラートの更新要求を送信するように構成されていない)統合では常に機能するとは限りませんでした。
  • 明確なリクエストのSlackIntegrationアラートデータのタイプミスを修正しました。
  • 監視対象のリソースが多数あるAWSグループの更新には、数分かかる場合がありました。 これらの更新の処理方法を修正しました。
  • すべてのサービスに対する管理権限を持たないユーザーは、最上位グループにのみ存在するサービスのアラートを表示できませんでした。
  • 一部のカスタムしきい値の表示に影響するアラートしきい値レポートの問題を修正しました。
  • デバイスがグループにドラッグアンドドロップされたときに、デバイスが常に正しいグループしきい値を継承するとは限りませんでした。
 

記事上で