v.99リリース:Netflowの改善、動的テーブルウィジェット、およびユーザー/ロールレポート

今年は新年であり、LogicMonitorプラットフォームの新しい一連の改善を祝っています。 v.99リリースは、XNUMX月中旬に公開されます。 表示される変更には、次のものがあります。 

Netflowの改善

Netflowデータの表示方法にXNUMXつの主要な改善が導入されました。

  1. Netflowにフィルターを追加しました! 送信元と宛先のIPアドレス、方向、プロトコル、ポートに基づいてネットワークフローを表示するために、ユーザーごとにフィルターを保存できます。 これは、オフィスの場所間など、特定の接続間のトラフィックを表示する場合に特に役立ちます。 さらに、これらのフィルタリングされたグラフ/リストをダッシュ​​ボードにコピーして、簡単に共有できます。
  2. Netflowトップ10ビューがトップ100に増加しました。これにより、最もリソースを消費するネットワークフローのより広いビューが促進されます。 

    動的テーブルウィジェット 

    globを使用してテーブルウィジェットを動的に構成し、行を自動入力できるようになりました。 動的ビューには、*最初の*構成済みデータポイント(列)の上位10/25 /すべてのインスタンスが降順で表示されます。 これは、テーブルビューで、環境の最もリソースを消費する部分をリアルタイムで把握する場合に特に役立ちます。 サーバーで最も高いCPU使用率。

    ユーザー 及び 仕事の内容 レポート 

    利用可能なXNUMXつの新しいレポートがあります。

    1. ユーザーレポート: このレポートは、LogicMonitorアカウントの各ユーザーに関するデータを取得します。これには、プロビジョニングされた役割のほか、2FAの有効化、最終ログインとアクションの日付、連絡先情報などのユーザー固有の設定が含まれます。 これにより、四半期/年次のセキュリティ監査のためにLogicMonitorアカウントのユーザーの詳細なログを提供できます。
    2. 役割レポート:このレポートには、LogicMonitorアカウントの各役割、各役割に割り当てられたユーザー、および割り当てられたユーザーが使用できるアカウント全体の権限が表示されます。 


    その他の改善点


    ダッシュボード

    • ダッシュボードJSONをインポートする場合、トークン値をクリアする代わりに保持します。
    • テーブルウィジェットの単一ページにすべての結果を表示する機能が追加されました。
    • パーセンテージに制限されるのではなく、ゲージウィジェットにデータポイントの「生の値」を表示することを選択できるようになりました。 このオプションは、ゲージウィジェット構成の[表示設定]で使用できます。
    • ウィジェットに「クエリがタイムアウトしました」というエラーメッセージと更新ボタンを追加しました。 これは通常、内部エラーであり、ウィジェットを更新することで修正できます。
    • 動的テーブルウィジェットを列ごとに並べ替える機能が追加されました。 これにより、構成済みのデータポイントの上位Xインスタンスを確認できます。
    • ここで、「ダッシュボード」検索フィールドでダッシュボードのフルパスを使用します。 
    • 円グラフとビッグナンバーウィジェットのデバイス数データポイントは、式でトークンをサポートするようになりました。 これは、特定のデバイスグループ内のデバイスを動的にカウントする場合に役立ちます(例:join(system.groups、“、”)=〜“ ## defaultDeviceGroup ##”)。
    • カスタムグラフウィジェットの「100行を表示」にオプションを追加しました。 
    • データポイントがSDT期間を無視するように構成されている場合、SLAウィジェットは現在アクティブなSDTを除外するようになりました。
    • SLAウィジェットは、最大50行のリストモードで表示できるようになりました。
    • ダッシュボードサイドバーの幅が調整可能になり、ダッシュボードツリーで長いダッシュボード名が見やすくなりました。
    • プライベートダッシュボードはドロップダウンフィールドに表示され、ダッシュボードの所有者はダッシュボード名の後に括弧で囲まれます(例:「ダッシュボードA(管理者)」)。 これは、ダッシュボードを選択するときに、プライベートダッシュボードとパブリックダッシュボードを区別するのに役立ちます。
    • クリック時に凡例アイテムの順序を保持するようにカスタムグラフウィジェットを改善しました。

    デバイスとサービス 

    • これで、デバイスパネルと同様に、サービスパネルで特定のグループに焦点を合わせることができます。
    • デバイスとサービスのナビゲーションペインを、300〜1000ピクセルの任意の幅にドラッグできるようになりました。

    LMクラウド 

    • Azure APIManagementサービスを監視するためのサポートが追加されました。
    • 監視対象のEC2スケジュール済みイベントとリザーブドインスタンスのILPによるグループ化のサポートが追加されました。 これは、同じタイプの今後のイベント、または同時に期限切れになるリザーブドインスタンスオファーをグループ化するのに役立つ場合があります。
    • 検出されたEC2スケジュール済みイベントに次のインスタンスレベルプロパティ(ILP)を追加しました:イベントタイプ、イベントの説明、およびイベントステータス。 これは、検出されたインスタンスをステータス(完了とスケジュール済み)などでグループ化する場合に役立ちます。
    • クラウドデバイス用の「これらのグループのメンバー」セクションを追加しました。 これは、クラウドデバイスが属するすべてのグループをすばやく識別するのに役立つ場合があります。
    • 自動削除が予定されているクラウドデバイスについてレポートできるようになりました。 これは、前回のリリースで追加された「system.cloud.autodeleteon」プロパティを使用してデバイスインベントリレポートを作成することで実行できます。 これは、削除が予定されているクラウドデバイスを特定するのに役立つ場合があります。 

    ロジックモジュール

    • リポジトリからPropertySourcesをインポートする機能が追加されました。

    モバイル

    • SDTでモバイルアプリのアラートをフィルタリングできるようになりました。

    レポート

    • アラート予測レポートは、既存の%信頼度予測方法に加えて、「最適なライン」をサポートするようになりました。
    • デバイスグループをSLAレポートに一覧表示できるようになりました。

    REST API

    • インスタンスリソースに対してautoPropertiesオブジェクトが返されるようになりました。
    • データリソースの新しい、より直接的なパスを追加しました:/ device / instances / {instanceId} / data。 これは、デバイスIDとデータソースIDなしでRESTAPIを介してデータをクエリする場合に便利です。

    ご注意下さい。 LogicMonitorのRESTAPIへのリクエストには、リソースごとに有効なv.100(次のリリース)のレート制限が課されます。 制限と制限への近さに関する詳細は、応答ヘッダーを介して見つけることができます 詳細を見る。 これにより、課されるレート制限を表示し、必要に応じてスクリプトを調整してそれらを回避できます。

    サポートの流れ 

    • サポートダイアログの幅を拡張する機能が追加されました。 これにより、アプリ内のサポートドキュメントの読みやすさが向上します。 
    • サポートダイアログの読み込みにかかる時間を最適化しました。
    • クエリのつづりが間違っている場合に、推奨される検索用語を提供するようになりました。 

    ユーザーと役割

    • 新しいAPIのみのユーザータイプを追加しました。 このユーザータイプには、パスワードなど、Webユーザーインターフェイスへのアクセスに固有のフィールドはありません。 APIのみのユーザーは、ユーザーインターフェイスへのアクセスが不要な環境でLMと他のツール間のカスタム統合を認証するためのより安全なオプションであることがわかります。


    修正されたバグ 

    • 除外された監視対象インスタンスの処理方法(すぐに削除するか、X日後に削除するか)を選択すると、該当するインスタンスの数が表示されませんでした。
    • 固定の
      Chromeブラウザーの自動入力機能が、JDBCデータソースや統合構成画面などで、ユーザー名とパスワードのフィールドに入力していた問題。
    • デバイスSLAダッシュボードウィジェットとデバイスSLAレポートの計算間の一貫性が向上しました。 以前は、ダッシュボードウィジェットは「データなし」を計算していましたが、レポートは「0」の値を計算していました。 今後、データのないデータポイントは、両方の領域で「データなし」として計算されます。 注意:SDTがSLA計算期間から無視される場合、SLA時間範囲内のすべてのデータポイントもデータなしとして計算されます。
    • サービスチェックでテストステップをクリックするのが速すぎると、「空のタスクID」のエラーが発生する可能性があります。


    LogicModuleリリース

    以下は、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleのリストです。

    新しい監視範囲

    • AWSWorkSpacesディレクトリ–1データソース  
    • AWS VPNNATゲートウェイ–1データソース

    モニタリングの改善

    • VMwarevSphereハードウェアセンサー
      • 「:」がWILDVALUEになり、コレクションが破損する可能性があるバグを修正しました。
    • Windowsシステムイベントログ
      • ノイズを低減するためにイベントID10028を除外
    • NTP
      • データポイントの説明とアラートメッセージの改善。