サポートセンターホーム


v.98リリース:サポートフローの見直しとAWS請求監視の改善

12.08.17に公開

着いた! 今年の最後のリリースと同様に、2017年の終わりが迫っています。 プラットフォームにいくつかの大きな改善を加えて、2017年を高い評価で終えています。 変更の中には、オーバーホールされたアプリ内サポートフローと、特にAWSBilling向けの[さらに]クラウドモニタリングカバレッジがあります。

v.98はXNUMX月中旬まで展開されます。 

改善されたAWS請求監視

AWS Cost&Usageレポートを介してAWS課金監視のサポートを追加しました。 AWSの請求データはAWSの詳細な請求レポートを介して長い間監視されてきましたが、この新しい方法はより動的で包括的なものです。 この機能のマルチインスタンスデータソースの新しいセットをリリースしました。これは、デフォルトでアカウント、地域、サービス、および運用ごとにコストを監視します。 すべてのインスタンスは自動検出されます。 新しいマルチインスタンス「CostByTag」データソースも公開されています。 これらの新しいデータソースは、統合された請求設定のアカウントあたりのコスト、地域およびサービスごとのコストを追跡し、(サービス全体で)どの操作が最も多くの費用を必要としているかを確認するのに役立ちます。

オーバーホールされたサポートフロー

プラットフォームにまったく新しいサポートフローを実装しました。 新しいデザインは、UIの他の部分との一貫性が高く、次のようないくつかの重要な機能の改善が含まれています。

  1. 自動推奨のリソース:「サポート」をクリックした時点で、UI内の場所に基づいて提案されたサポート記事が表示されます。 右のスクリーンショットは、[設定] | [設定]から取得したものです。 コレクター。
  2. アプリ内で記事を見る:記事のプレビューをクリックすると、サポートダイアログにドキュメント全体が表示されます。 必要に応じて、  記事プレビューのアイコンをクリックして、サポートサイトのドキュメントを表示します。
  3. 記事のフィードバック:各記事のベースにはフィードバックセクションがあり、記事の更新が必要な場合にユーザーがコメントを提供できるようにします。
  4. 一元化された「コンタクトサポート」セクション:エンジニアとのチャット、フィードバック、およびサポートチケットの送信はすべて、サポートダイアログ内の[サポートに連絡]ボタンの下にあります。 プラットフォームの右下にある古い「フィードバック」ボタンを削除します。
  5. 完全なアクセシビリティ:「サポート」にアクセスできるようになりました どこにでも 私たちのプラットフォーム内。 プラットフォーム内のすべての構成ダイアログ、ライトボックス、およびページからサポートダイアログを開くことができます。 

その他の改善:

アラート

  • SSL証明書の有効期限メッセージのアラートメッセージが改良されました。
  • エスカレーションチェーンを複製して、多くの複雑なチェーンを作成する時間を節約できるようになりました。
  • デバイスがグループ間で移動されると、新しい有効なアラートしきい値に基づいて適切にアラート(またはアラートをクリア)します。

コレクタ

  • コレクターを追加するとき、将来のコレクター追加のために、希望するプラットフォーム、バージョン、およびサイズの設定を記憶します。
  • 新規ユーザーのワークフローを合理化するための[コレクターの追加]ダイアログへのマイナーな変更。
  • [コレクターの追加]画面のボタンに、便利なPowerShellコマンドとダウンロードURLが追加されました。 PowerShellは、Internet Explorerの面倒な手順やプロンプトをバイパスすることで、時間を節約できます。

ダッシュボード

  • ユーザーがリンク先(サービスまたはデバイス)を表示するための表示権限を持っていない場合、リンクはNOCウィジェットとアラートウィジェットで無効になります。
  • ダッシュボードトークンに空の値を設定することはできなくなりました。 ダッシュボードトークンを削除するには、 トークンテーブルから削除するだけです.
  • 大きな数値の読みやすさを向上させるために、カンマ区切り記号を使用してBigNumberウィジェットの数値をフォーマットするオプションが追加されました。
  • 円グラフウィジェットからアイテムを0%で非表示にするオプションを追加しました。 このオプションを選択すると、値が0のデータポイントが円グラフと凡例から非表示になります。
  • ウィジェットのサイズをより細かく制御できるようになりました。 ダッシュボード全体にXNUMXつの等しい幅のウィジェットを収めることができるようになりました。
  • フルスクリーンモードで「ダッシュボードのタイトルとナビゲーションを表示する」のチェックボックスを削除し、フルスクリーンモードがアクティブなときに、より直感的な表示コントロール矢印を追加しました。 この矢印をクリックすると、ヘッダーを動的に表示/非表示にできます。

Devices

  • インスタンスレベルのプロパティ(ILP)を手動で追加できるようになりました。 以前は、ILPの作成をデータソースのアクティブディスカバリを介するように制限していました。 ILPは、マルチインスタンスデータソースの場合は[インスタンス]タブから(インスタンスの管理を介して)、任意のインスタンスの場合は[情報]タブから(カスタムプロパティテーブルの[管理]アイコンを使用して)手動で追加できるようになりました。 これは、メタデータがプログラムで利用できないインスタンス固有のメタデータを構成する場合に役立ちます。たとえば、インターフェイスのカスタム帯域幅や速度などです。
  • IPアドレスは、アルファベットではなく数値でソートされるようになりました。
  • 予測グラフに「最適な線」の追加メソッドが追加され、予測が3か月から12か月に延長されました。
  • 「検出されたタイプ」と「ネットワークの製造元」を含む「監視されていないデバイス」リストに列が追加/変更され、監視に追加するかどうか、どこに追加するかを決定するのに役立ちます。
  • 新しいアカウントには、「デバイス別タイプ」というタイトルの動的デバイスグループが付属しています。 新しいオートダッシュボードの多くは、これらのグループに依存します。

コネクター

  • エスカレーションチェーンでまだ使用されている統合を削除しようとしたときのエラーメッセージが改善されました。

LMクラウド

  • AWSWorkSpaceディレクトリのモニタリングと検出のサポートが追加されました。 監視対象のワークスペースは、関連付けられたディレクトリの下に自動グループ化されます。
  • 次に、検出されたEC2リザーブドインスタンスオファーにインスタンスレベルのプロパティ(ILP)を追加します。 これらのILPには、オファー支払いオプション、期間、開始時間、有効期限、オファリングクラスおよびプラットフォームに関する情報が含まれています。 これは、EC2リザーブドインスタンスオファー全体のレポートに役立つ場合があります(デバイスインベントリレポートなど)。
  • 削除がスケジュールされているクラウドデバイスには、デバイスが削除される時刻を表示するプロパティsystem.cloud.autodeleteonが含まれるようになります。 これは、デバイスの削除がいつスケジュールされているかを識別して追跡するのに役立つ場合があります。
  • 停止および終了したリソース数は、アカウント情報テーブルに表示されます。 この情報を使用して、監視されていないリソースを監視し、リソースがアカウントから自動的に削除される方法を変更できる可能性があります

*ユーザーが停止および終了したクラウドリソースのデータ収集を続行することを選択できるLMクラウド機能を以前に発表したことに注意してください。これにより、より包括的なステータス監視が可能になります。 パフォーマンス上の懸念やその他の予期しない問題により、この機能はv98から削除され、将来のリリースで再導入される予定です。

レポート

  • Webサイト概要レポートで、内部サービスチェックがサポートされるようになりました。

ユーザーと役割

  • [役割の管理]ダイアログ内でアクセス許可を割り当てると、デバイスのサブグループがアルファベット順に並べ替えられます。

設定

  • 以前は、「Reme」をチェックしなかったログインユーザー
    自動更新のあるページにアカウントを残した場合、「mberme」は30分後にログアウトされませんでした。 ページ上でユーザーの操作がない場合、セッションは正しくログアウトされるようになりました。 セッションをログインしたままにするには(つまり、ダッシュボードのスライドショーの場合)、必ず[サインインしたままにする]をクリックしてください(このボタンは[記憶する]に置き換わりました)。


修正されたバグ

  • 特定のプロパティ(状態、パブリックIP、プライベートIP)は、診断が有効になっていない場合、AzureVMで常に検出されるとは限りませんでした。
  • 以前は、タグフィルターが変更され、フィルターで除外された結果としてクラウドデバイスが停止したとマークされたときに、データ収集を停止しませんでした。 そのようなインスタンスのデータは収集されなくなりました。
  • 場合によっては、ElastiCacheノードとRedisノードがLogicMonitorから削除されていませんでした。 これは、AWSRedisおよびElastiCacheデータソースのスクリプトベースのアクティブディスカバリーメソッドのバグが原因でした。 v98リリースでは、LogicMonitorが維持するクラウドコレクターを検出に依存するAWSRedisおよびElastiCacheデータソースの新しいセットを公開します。
  • リモートセッションオプションは、以前はクラウドデバイスのLogicModuleレベルでのみ表示されていましたが、現在はデバイスレベルでも表示されます。
  • 他の監視(プロセスとサービス)の追加は、クラウドデバイスで常に機能するとは限りませんでした。 これは、ホスト名がコレクターに送信されなかった結果であり、修正されました。
  • Outlook Desktopクライアントの特定のバージョンから送信されたACK電子メールは、アラートを適切に確認していませんでした。
  • 「ログアウト」をクリックすると、sessionIDが正しくクリアされます。
  • ユーザー名の変更は、以前はエスカレーションチェーンを壊していた場合がありました。
  • EC2インスタンスまたはVMのローカルコレクターモニタリングを無効にしても、アラートでデータソースの関連付けが常に解除されるとは限りませんでした。 これを修正するために、ローカルコレクターの監視を無効にすると、クラウドデバイスレベルで割り当てられたカスタムsystem.categories値がすべて削除されるようになりました。
  • 存在しないデバイス(GET / device / devices / {id} / alerts)のアラートを取得するリクエストは、他のリソースと一致するエラーコードを返しませんでした。 存在しないリソースをリクエストすると、「そのようなリソースはありません」という1069のエラーが発生するようになりました。 

LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • AWS ワークスペース –1データソース 
  • AzureVMリソースの状態 –1データソース 
  • AWSのコスト(地域、タグ、サービス、運用、アカウント) –5つのデータソース
  • Azure 分析サービス –1データソース 
  • Azure Blob Storage –1データソース
  • Azureファイルストレージ –1データソース 
  • AWSダイレクトコネクト –1データソース
  • Azureストレージアカウント –1データソース
  • Azureキューストレージ –1データソース
  • Azureテーブルストレージ –1データソース
  • AWSIAMサービスの制限 –1データソース 
  • Microsoft Windows DHCP –2つのデータソース+1つのPropertySource 
  • Meraki Teleworker Gateways(Z) –2つのデータソース

モニタリングの改善

EMCストレージプール

  • データポイントのアラートメッセージとしきい値を修正しました。

AWSのサービスコスト 

  • 'rdsCost'データポイントJSONパスを修正しました 

VMwarevSphereハードウェアセンサー 

  • トークンを壊したアラートメッセージのタイプミスを修正しました

WinPhysicalDrive

  • 説明、グラフ、アラートの改善

HPE Con​​figSource

  • 改善されたプロンプト検出ルーチン 

AWS SQS

  • データポイントとグラフの改善

WinLogicalDrive

  • グラフとデータポイントの改善

MongoDBとMongoDBレプリケーション

  • スクリプトの失敗が繰り返されるとコレクターのiノードが使い果たされる可能性がある問題を解決しました 

メラキ

  • SNMPV3のサポートが追加されました
  • 欠落しているインスタンスのバグを修正しました
  • さまざまなデータポイントとグラフの改善。