サポートセンターホーム


v.93リリース:AWSアカウントレベルのメトリクスとCloudWatchの今すぐポーリング

08.09.17に公開

v.93リリースは、XNUMX月中旬まで公開されます。 マイナーな変更と大きな修正の通常の範囲に加えて、XNUMXつの素晴らしい新機能/改善に気付くでしょう: 

今すぐCloudWatchデータをポーリングする

PollNow機能をCloudWatchデータコレクションに拡張しました。 CloudWatchコレクションメソッドを使用するすべてのデータソースの[RawData]タブに[PollNow]ボタンが表示されます。

気にする理由: 今すぐポーリング機能は、CloudWatchに対して行っているリクエストの詳細や、返されたエラーメッセージ/コード(不十分な権限など)を含む、AWSから返されたデータを表示します。 この機能は、LogicMonitorでCloudWatchのデータが不足している場合のトラブルシューティングに役立つ場合があります。

AWSのアカウントレベルのメトリクス 

すべてのAWSアカウントに新しいアカウントレベルのデバイスを追加しました。 このデバイスは、アカウントレベルのメトリクス、またはリソース固有ではないメトリクスを報告するLogicModuleに使用されます。たとえば、DataSource&AWSサービスの中断を介して報告されるAWSサービス制限、またはAWS Service HealthEventSourceを介して報告される停止。

気にする理由: アカウントレベルのデバイスは、有効期限までの予約済みインスタンス時間、サービス制限、可用性、その他のグローバルデータなどの監視対象データを一元化し、追跡と視覚化を容易にします。 

新しく改善されたトレーニングプラットフォーム**

LogicMonitorの新しいトレーニングプラットフォームを発表できることを嬉しく思います。 Get Help | Get Helpを介して、LogicMonitorアカウントから直接このプラットフォームに移動できます。 トレーニングボタン。 最初の登録後、LogicMonitorアカウントにアクセスするたびに自動的にログインします。 

気にする理由: LogicMonitorトレーニングプラットフォームは、LogicMonitorのベストプラクティスガイド、ビデオ、およびレッスンを一元化します。これらは、開始の支援が必要な新規ユーザーと、LogicMonitorプラットフォームの知識を向上させたい既存のユーザーの両方にとって価値があります。 今後数か月間、新しいリソースを継続的に追加することに注意してください。 

**この機能はアプリ内でアクセス可能になります After v.93は完全に展開されています。 XNUMX月末までにアカウントに表示される予定です。 

その他の改善点

アラート

  • アラートグラフの時間範囲オプションは、プラットフォームの他の部分の時間範囲オプションと一致するようになりました。 

コレクター

  • コレクターテーブルをステータス(アクティブとダウン)で並べ替えることができるようになりました。つまり、トラブルシューティングを容易にするために、リストの一番上でダウンコレクターに優先順位を付けることができます。

ダッシュボード 

  • ダッシュボードのスライドショーの間隔を短くすることができます(15秒と30秒)。 

Devices

  • OpsNotesタグ検索の改善 
  • すべてのデバイスの[情報]タブに新しいプロパティsystem.deviceIdを追加し、すべてのインスタンスの[情報]タブに「system.instanceId」を追加しました。 APIで使用するためにdeviceIdまたはinstanceIdを取得しようとしている場合は、これらが役立つことがあります。
  • SWFアクティビティとワークフローの新しいバージョンをLogicMonitorの新しいデバイスとして識別します。 これにより、AWSで増分バージョンを考慮しなかったインスタンスに起因するデータ収集の問題が修正されます。

ロジックモジュール

  • LogicModule Exchangeの「新規」や「品質」(LogicMonitor認定など)などのフィールドの詳細を説明するためのツールチップが追加されました。

モバイル

  • プラットフォームを閉じて再度開いたときに、アラートフィルタの設定が記憶されるようになりました。 
  • 確認済みと未確認でアラートをフィルタリングする機能を追加しました。

REST API(バージョン1.4.4) 

  • ダッシュボードリソースのウィジェットトークンの名前と値の長さと許可される特殊文字を制限するための制限を追加しました
  • 自動プロパティ(PropertySourcesによって設定されたデバイスプロパティ)は、REST API(/ device / devices)のデバイスリソースのautoPropertiesオブジェクトに直接返されるようになりました。
  • CollectorSize、arch&eaフィールドをCollectorsリソースに追加して、Collectorサイズ、Collectorデバイスアーキテクチャ(Li​​nux64など)、およびCollectorバージョンがEAであるかどうかをそれぞれプログラムで伝達します。

ユーザーと役割

  • デバイス、サービス、またはダッシュボードグループの制限されたメンバーを表示/管理する権限を持つロールと、これらのグループへの権限がないロールを簡単に区別できるようになりました。 

バグ修正: 

  • 'ロケーター'コードを介してLogicModulesをインポートするときの表示の問題を修正しました。
  • [構成]タブに表示される「最終更新日」の日付/時刻が常に正しいとは限りませんでした。
  • デバイスインベントリレポートは、インスタンスレベルのプロパティに対して正しく機能していませんでした。
  • データ値は、[生データ]タブと[アラート]タブで常に一貫した形式で表示されるとは限りませんでした。 
  • 重複するアラートアイコンがデバイスツリーに表示されることがあり、完全なデバイス名を確認するのが困難になりました。 
  • 再割り当ての試行時にデバイスがフェールオーバーコレクターによって監視されていた場合、デバイスのフェールオーバーコレクターを優先コレクターとして再割り当てできませんでした。 
  • プロパティ「system.staticgroups」を含む動的グループクエリは、「テスト」の適用対象の結果に表示されるよりも少ないデバイスで入力されていました。 
  • インスタンスレベルのプロパティ(およびカスタムデバイスのプロパティ)では大文字と小文字は区別されませんが、ユーザーは大文字と小文字を区別して追加できました。 大文字と小文字の区別は、プロパティが更新されたときにのみ適用されました。 すべてのインスタンスレベルのプロパティを小文字で追加するようになりました。

LogicModuleリリース

以下は、新しい/改善されたLogicModuleの完全なリストと、前回のリリース以降に実装されたバグ修正です。

新しい監視範囲

  • AWSS3のパフォーマンス –1データソース 
  • Microsoft AzureRedisキャッシュクラスターシャード –1データソース
  • アリスタスイッチ –8つのデータソース/ 1つのSysOIDマップ

次のデータソースで監視の改善が行われました。

  • NetAppEシリーズHDD / SSDステータス、ダイナミックディスクプール、およびボリュームグループ
  • Cisco ASA CPU 
  • PureStorageコンポーネントのステータス
  • Cisco UCS FaultTable