サポートセンターホーム


v.91リリース:ラムダ検出フィルターとアラートグラフの改善

06.22.17に公開

LogicMonitorチームは、プラットフォームのワークフローを強化および自動化するための長期的なイニシアチブに着手しました。 監視をさらに簡単に、より洞察に満ちたものにするいくつかのエキサイティングな変更を期待する必要があります。 この作業の多くは舞台裏で行われているため、次のいくつかのリリース(これを含む)が少し軽いことに気付くかもしれません。 しばらくお待ちください-途中で多くの素晴らしい改善があります! v.91リリースでは、次の変更が表示されます。 

ラムダディスカバリーフィルター

Lambda関数を検出するためのタグフィルターを追加しました。

気にする理由: AWSは最近、Lambdaタグのサポートを追加しました。 これらのタグを取り込むLogicMonitorの機能により、AWSの場合と同じようにLambda FCNSを管理/監視できます(たとえば、タグによるグループ化、タグに基づくダッシュボードなど)。

アラートグラフの改善 

アラートグラフにXNUMXつの大きな変更を導入しました。 

1. アラートグラフを表示するときにグローバル時間範囲を使用できるようになりました。

気にする理由:  これは、特にグローバル時間範囲がデフォルト範囲、つまり過去24時間に設定されている場合に、アラートでインスタンスの現在のパフォーマンスを表示するときに特に役立ちます。

2. グラフに警告するためのOpsNotesパネルを追加しました

気にする理由: tこれにより、アラートに関連付けられたグラフを表示するときに、運用メモの表示と管理が可能になります。 これで、アラートに関連するイベントを簡単に識別し、解決までの時間を短縮できます。

その他の改善: 

アラート

  • アラートが過去30分以内に発生した場合、「アラート時」の時間範囲は現在の時刻に切り捨てられるようになりました。

Devices 

  • 一度に25を超えるデバイスの優先コレクターを変更できるようになりました。
  • 予測グラフでのデータの表示が改善されました。 
  • EA 24.085、Poll Nowは、Raw Request / Responseの下にqueryコマンドを表示します。 これは、NaN応答のトラブルシューティングを行って、構成に問題があるかどうかを確認するときに使用できます。
  • 選択したコレクターにIPが既に存在する場合、デバイスを代替コレクターに移動しません。

デバイス(AWS)

  • LogicMonitorでは、AWS Billingを監視するために、指定されたS3バケットに課金ファイルが存在する必要があります。 これらのファイルが存在しない場合、エラーメッセージは表示されません。 

コネクター 

  • ConnectWise統合構成を改善して、サービスボード名、チーム、およびチケットタイプのオートコンプリートを可能にしました。

ロジックモジュール

  • 管理と表示を改善するために、マルチインスタンスConfigSourceに「インスタンス」タブを追加しました。
  • 複雑なデータポイントを作成する場合、そのコンポーネントデータポイントがUIに表示される順序は、計算に影響を与えなくなります。 

レポート

  • SLAおよびアラートSLAレポートにデバイス名またはデバイスグループ名を追加する際のglob式に関するロジックを改善しました。
  • デバイスメトリックトレンドレポートに、デバイスグループベースのグラフのサポートが追加されました。 これにより、定義されたデータソースごとに、グループごとにXNUMXつのグラフを表示できます。

サービス

  • サービスは、デバイスツリーのデバイスと同じようにグループにドラッグアンドドロップできるようになりました。

設定

  • Ops Notesが追加/更新/削除されたときの、グラフのリフレッシュレートの背後にあるロジックを改善しました。
  • 関連するコレクターによって監視されている場合、コレクターページからプライマリコレクターデバイス名をクリックできるようにしました。 これにより、コレクターの問題のトラブルシューティング時にコレクターデータソースグラフにすばやく移動できます。
  • インスタンスに関連する情報イベント(つまり、インスタンスが見つかった、インスタンスが消えた)は、[コレクターイベント]ウィンドウではなく、監査ログに表示されるようになりました。
  • IsraelStandardおよびSummerタイムゾーンのサポートが追加されました。

その他のマイナーな改善

  • InternetExplorerのマイナーな表示の改善
  • デバイスの優先コレクターが変更されたとき、およびRBACに基づいてアラートのオフ/オンを切り替えるときのエラーの処理を改善しました。

修正されたバグ

  • AWS ELBは、まとめて検出されたときに適切に検出されませんでした(つまり、一度に数百のELB)。 この問題を回避するために、検出ロジックを改善しました。
  • データソースのXMLへのエクスポートはSafariでは機能しませんでした。 
  • スループットグラフを拡大すると、[トラフィック]タブのフローテーブルが更新されないバグを修正しました。
  • グラフの表形式のデータを表示するときに、一部の列が実際の値で並べ替えられないバグを修正しました。
  • ダッシュボードの権限を持たないユーザーは、ログイン時に「アクセス拒否」ポップアップを表示していました。
  • デバイス/インスタンスグラフ間を移動するときに列レイアウト設定が保存されない問題を修正しました。
  • アラートフィルタのオートコンプリートは、特殊文字を含む名前に対して常に機能するとは限りませんでした。
  • デバイスインベントリレポートの「system.createdon」および「system.updatedon」プロパティでオートコンプリートが機能しないバグを修正しました。
  • アラートレポートで特殊文字をフィルターとして許可するバグを修正しました

LogicModuleリリース

以下は、新しい/改善されたLogicModuleの完全なリストと、前回のリリース以降に実装されたバグ修正です。

新しい監視範囲

  • Linuxモニタリング(SSH) –8つのデータソース/ 1つのPropertySource
  • LogicMonitorコレクターモニタリングスイート –24つのデータソース

修正と更新の監視

  • Cisco IOS(ConfigSource)
  • Microsoft Azure 
  • AWS エラスティックサーチ
  • Elasticsearchクラスター統計
  • CiscoIPSecトンネル
  • Windows HyperV CPU 
  • VMwarevSphereホストのパフォーマンス
  • MySQLの 
  • Isilonノードディスク