サポートセンターホーム


v.90リリース:アラートテーブルの履歴タブとコレクターのダウングレード

05.30.17に公開

v.90リリースは、90月の初めまで展開されます。 V.XNUMXは、前回のリリースで導入されたいくつかの主要な改善点、つまり、オーバーホールされたアラートテーブルと合理化されたコレクター管理ワークフローをまとめたものです。

アラートテーブル履歴タブ

最近のアラートテーブルの変更をさらに強化するために、アラート履歴タブの追加を発表できることを嬉しく思います。 過去1、7、および30日間のアラートの頻度と重大度を表示できるようになりました。 これは、時間の経過に伴うインスタンスのパフォーマンスの理想的な一目でわかるビューです。

気にする理由: 一元化されたアラート履歴は、アラートがXNUMX回限りのまぐれであったかどうか、しきい値を再評価する必要があるかどうか、または機器により多くのリソースをプロビジョニングする必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

コレクターのダウングレード

コレクターを以前のバージョンにダウングレードする機能を追加しました。 この新機能は、バージョン24.000以降のすべてのコレクターで使用できます。

注:コレクターが新しい(最近インストールされた)か、すでにダウングレードされている場合、以前のバージョンは単に「N / A」になります。

気にする理由: コレクターのアップグレード後に問題が疑われる場合は、「ダウングレード」により、コレクターを最新の安定バージョンに戻すことができます。 これは、将来のアップグレードが元に戻せることを知っているので安心できるので、より多くの初期リリースコレクターバージョンを試すための素晴らしい言い訳です。

その他の改善点

アラート

  • アラートテーブルは、非アクティブ状態が30秒経過した後にのみ更新されます。 これにより、アラート調査中の更新が防止されます。

コレクタ

  • 「!snmpget」および「!snmpwalk」コマンドは、デバイスの特定のポート番号を返すようになりました。 これは、デフォルト以外のポートを使用するデバイスのトラブルシューティングを行うときに役立ちます。
  • 場合によっては、「コレクターダウン」通知は、確認/抑制された後でもログイン時に表示されます。 これは改善されました。
  • コレクターデバイスがモニタリングに追加されるたびに、「コレクター」デバイスグループが自動的に作成されることはなくなりました。 グループは動的であったため、手動でグループを削除しない限り、コレクターデバイスは引き続き追加されます。
  • コレクターページですべてのグループを展開/折りたたみする機能を追加しました。

ダッシュボード

  • 表示された値が指定されたしきい値に達したときに色を変更するようにゲージウィジェットを構成できます。 たとえば、CPUのユーザー定義のしきい値が警告、エラー、およびクリティカルアラートに対してそれぞれ95/97/99に設定されている場合、ゲージウィジェットは、これらの各しきい値を超えると色が変わります。 これは、データポイントのパフォーマンスを一目で評価するのに最適です。
  • サービス全体のステータスグラフに、グラフの線にカーソルを合わせると、ステータス番号と説明が表示されるようになりました。

Devices

  • デバイスの検索結果でのダブルクリックのサポートが追加されました。 ダブルクリックすると、選択したアイテムにツリーがフォーカスされます。

デバイス(AWS)

  • !cloudaddetailコマンドによって返される詳細を改善して、ステータス、開始時間、および期間を含めました。
  • 権限が不十分なユーザーがAWSアカウントをLogicMonitorに追加しようとしたときに返されるエラーメッセージが改善されました。
  • AWSリソースに新しいプロパティsystem.aws.arnを追加しました。 これは、ARNによるAWSリソースの検索に役立つ場合があります。たとえば、APIを介したデバイスのクエリや、新しいsystem.aws.arnプロパティに基づくフィルタリングなどです。

ロジックモジュール

  • テストスクリプトの結果に、STDOUTに加えてSTDERRが含まれるようになりました。
  • 埋め込まれたGroovyスクリプトの引用符、角かっこ、括弧などの特殊文字を自動ペアリングしなくなりました。
  • AppliesTo関数のテストオプションを追加しました。 これにより、関数の作成および更新中に関数が適用されるデバイスを決定できます。
  • 構成インスタンスのSDT履歴を追加しました。

レポート

  • デバイスグループフィールドがアラートトレンドレポートに追加されました。 以前は、レポート構成で複数のデバイスを個別に識別する必要がありました。 この新しいフィールドを使用すると、すべてのデバイスをグループにすばやく含めることができます。

 

REST API

以下の変更が行われました バージョン1.3.3 REST APIの:

  • groupIdがスコープフィールドから省略された場合、RESTAPIを介して作成されたOpsNotesが正しく表示されませんでした。
  • REST APIのサイズパラメーターの最大値を300から1000に増やしました。これは、多数のリソースをページ分割する場合に特に便利です。
  • REST APIを介してConfigSourceデータ(configsおよびconfig diffs)を取得する機能を公開しました。 これは、デバイス間で構成を比較する場合、またはオフライン構成リポジトリーを使用している場合に役立つことがあります。
  • RESTAPIを介してエスカレーションチェーンをプログラムで管理する機能を公開しました。
  • CSV形式でデータを取得する機能を公開しました。 以前は、JSON形式のデータしか取得できませんでした。

サービス

  • ServicesSDT履歴テーブルに「Appliedat」列を追加しました。

設定

  • コレクター構成の更新は、監査ログに記録されます。
  • 新しいデフォルトの役割であるマネージャーが追加されました。 この役割には、ほとんどのアプリケーションの管理権限がありますが、コレクターページまたは設定ページへの権限はありません。
  • Ops Notesページで時間範囲を変更しても、ポータル全体の時間範囲には影響しなくなりました。

 

修正されたバグ

  • PropertySourcesが削除されたとき、動的グループメンバーシップは即座に再評価されませんでした。
  • 一部の特殊文字が構成チェックで誤って解釈されました
  • ## POLLINTERVAL ##トークンが原因でテストスクリプトが失敗していました
  • インスタンスレベルのプロパティとデバイスレベルのプロパティの組み合わせがある場合、アラートウィジェットは正しいカスタムプロパティを反映しませんでした。
  • 一部のデバイスは、モバイルアプリケーションで誤ってお気に入りに追加されました。

 

LogicModuleリリース

以下は、新しい/改善されたLogicModuleの完全なリストと、前回のリリース以降に実装されたバグ修正です。

新しい監視範囲

  • マイクロソフト・アズール – 3データソース  
  • HPE Networking ConfigSource(ProCurve | ComWare)– 1 構成ソース
  • ジュニパーサービスクラス(COS)– 4データソース
  • HP PDU統計– 1データソース
  • ユビキティUniFiワイヤレス– 3データソース
  • HP MSA / HP StorageWorks / HP P2000 – 13データソース/ 1SysOIDマップ
  • H3C – 4データソース/ 1SysOIDマップ 

修正と更新の監視

  • VMwarevSphereホストのパフォーマンス
  • デルネットワーキング– PowerConnect 6200
  • Windows SQLServer接続
  • Citrixライセンス 
  • EMCエンクロージャ環境