サポートセンターホーム


v.85リリース:LogicModule Exchange、PollNowなど

02.07.17に公開

v.85リリースは、XNUMX月の第XNUMX週まで展開されます。 このリリースには、通常の範囲の新機能とバグ修正が含まれており、LogicModuleExchangeのデビューと同時に行われます。 

注:このリリースに含まれるインフラストラクチャの変更により、アカウントで最大7分のダウンタイムが発生する可能性があります。 データのギャップは、を使用することで回避できます コレクターキャッシング、これはEA22およびGD23コレクターでデフォルトで使用可能です。

ロジックモジュール交換

発表できることを大変うれしく思います。 ロジックモジュール交換、カスタマイズされたLogicModuleをバージョン管理、公開、および顧客間で共有するためのプラットフォームとして機能します。 これは、お客様ベースの幅広い知識を活用して、在庫のLogicModuleを改善するだけでなく、LogicMonitorチームによって精査された新しいモジュールをすばやく導入するための優れた方法です。 必ずチェックしてください LogicModuleExchangeコミュニティ LogicMonitorユーザーのすばらしい貢献を閲覧できます。

今すぐ投票 

「生データ」タブに「今すぐポーリング」機能を追加しました。 トラブルシューティング後、データポイント値が正常に戻ったことを確認するために、完全なポーリングサイクルが経過するのを待つのではなく、このボタンを選択するだけです。 これは、トラブルシューティングデータをワークフローに直接取り込むための最初のステップです。 「今すぐポーリング」機能はアラート評価に影響を与えないことに注意してください。 アラートは、通常の収集サイクルに従ってクリアされます。 今すぐ投票するには、GD Collector23.026以降が必要です。 

実用的なインスタンス情報 

インスタンスレベルの情報を確認する方法にXNUMXつの大幅な改善を加えました。 

  1. 新しいトークン、 ## InstanceGroup ##、アラートとレポートにインスタンスグループの詳細を含めることができます。 これは、問題の修正に特に役立ちます。 たとえば、すべてのNetAppボリュームをグループ化し、そのうちのXNUMXつが過剰なIOのアラートをトリガーする場合、このグループ情報を手元に用意しておくと、同じアグリゲート内の他のボリュームへの影響を特定できます。 
  2. 世界 デバイスインベントリレポート デバイスおよびインスタンスレベルのプロパティに使用できるようになり、デバイスおよびインスタンス全体のプロパティを簡単に要約できるようになりました。 これは、LogicMonitorとCMDBの情報を監査するための優れた方法です。

その他の改善点 

アラート

  • カスタムメール配信の送信者アドレスをに変更しました [メール保護]## COMPANY ##。logicmonitor.com
  • メインナビゲーションパネルに表示されるアラートの合計で、「SDT内」および「確認済み」アラートを除外できるようになりました。 これは、アカウント情報|ポータル設定から実行されます。

ダッシュボード

  • 予測モードのテーブルウィジェットセルから「アラートまでの日数」ラベルを削除しました。 列ヘッダーは、必要なコンテキストを提供します。
  • ## Datasource ##トークンは、集約データポイントに対して正しく解決されませんでした。

Devices

  • ネットワークトラフィックフローIP-DNSマッピングは、グローバルに設定することも、コレクターごとに設定することもできます。 これにより、場所または顧客ごとに差別化されたマッピングを確立できます(サービスプロバイダーの場合)。 
  • グラフの新しい色。 今mがありますデータソースのグラフの鉱石の色のオプション。 さらに、デバイスとダッシュボードの両方の現在のグラフが新しい色で更新され、同様の色での混乱が軽減されます。 
  • 境界を表示するオプションが、すべてのデータソースグラフとダッシュボードグラフに追加されました。 このオプションを選択すると、グラフの凡例のデータポイントの横に最小/最大/平均値が表示されます。 

デバイス(AWS) 

  • [AWSアカウントの追加/管理]ダイアログのルックアンドフィールが改善されました。 新しいダイアログには、サービスの長いリストがなくなりましたが、代わりに、はるかに少ないスクロールで済むサービステーブルが提供されます。

ロジックモジュール

  • EventSourcesには、常にクリアされた間隔が必要です。 フィールドが更新され、最低1分かかるようになりました。
  • 変更を保存せずにデータソースを変更した後、データソース検索ツリー内のページに移動でき、変更を保存するように求められないため、変更が失われます。 データソース構成ダイアログを終了する前に、変更を保存するように求めるメッセージが表示されます。 

モバイル 

  • アラートページ:「グラフを表示」を「デバイスを表示」に変更します。これにより、ユーザーはアラートが発生しているデバイスに移動し、そのインスタンスのグラフまで表示されます。
  •  凡例アイテムを選択するときのグラフ応答の改善。
  • LMリリースバージョンは、モバイルのメインナビゲーションパネルに表示されます。
  • テキストウィジェットと円グラフがモバイルに追加されました。

サービス

  • サービス概要ウィジェットでサービスグル​​ープの下のすべてのサービスを選択すると、グループの直下のサービスのみがウィジェットに表示されます。 以前は、選択したグループに属するグループの下にもサービスを表示していたため、表示されたサービスを制御するのが難しくなりました。


修正されたバグ 

コレクタ

  • コレクター権限を管理していないユーザーは、コレクターログを表示できませんでした。

ダッシュボード

  • 集計データポイントを使用してPieウィジェットのクローンを作成するときに、新しいデータポイントが集計するように設定されていませんでした

データソース

  • データポイントラインを追加するには、グラフラインを追加する必要がありました。何も定義されていない場合、グラフラインが自動的に追加されるようになりました。

サービス

  • 内部サービスチェックをスクリプトベースに変換すると、正規表現フィールドが二重引用符で囲まれて自動カプセル化され、スクリプトが失敗する可能性がありました。

設定

  • 検索ボックスはアクティブ/削除されたフィルターを尊重せず、ステータスに関係なく常にすべての一致を返しました。
  • InternetExplorerで特定のドロップダウンメニューが表示されなくなるバグを修正しました。