サポートセンターホーム


v.81リリース:ダッシュボードトークン、RESTAPIリソースなど

10.06.16に公開

v.81リリースは、XNUMX月中旬に公開されます。 通常の新機能と小さなバグ修正に加えて、このリリースはLogicMonitorプラットフォームの主要なマイルストーンとなることを嬉しく思います。レガシーUIの最後の部分であるデバイスページは非推奨になります。 いつものように、フィードバックボタンを使用して、新しいレイアウトとワークフローについての考えを共有してください。ぜひご意見をお聞かせください。 

このリリースで気付くその他の主な変更点は次のとおりです。

ダッシュボードトークン

picture1

これでできます トークンを有効にする ダッシュボードとウィジェット。 これにより、次のことが可能になります トークンの値を変更するだけで、同じダッシュボードテンプレートを異なるデバイスまたはサービスグル​​ープに適用できます。 これは、顧客ごとに共通のダッシュボード設定を使用したいMSPにとって特に便利です。

デバイスウィザードでのSNMPv3資格情報のサポートの拡張

デバイスの追加ウィザードに、ユーザーセキュリティ名、認証キー、認証プロトコル、プライバシーキー、プライバシープロトコルなどのSNMPv3資格情報を設定およびテストするオプションが提供されるようになりました。 これらのオプションは現在、SNMPv3 AuthNoPriv(暗号化なし)またはNoAuthNoPriv(パスワードなしおよび暗号化なし)の設定/テストをサポートしていませんが、SNMPv3関連のデバイスプロパティはこれらのメソッドに対して手動で設定できます。

REST API 

REST APIを介して、次の機能を含む多数の新機能を利用できるようにしました。

  • 追加、取得、更新、削除 コレクター
  • つかいます HTTPパッチ RESTAPIデバイスリソースを使用します。 これにより、リクエストに他のすべてのフィールド値を含めることなく、デバイスのXNUMXつのフィールドを更新できます。
  • 追加、更新、取得、削除 コレクターグループ
  • SDT デバイス、コレクター、デバイスグループ、インスタンス、データソース 
  • 取得、追加、更新、削除 ダッシュボードグループ 
  • プログラムで管理する ダッシュボード

その他の改善点 

アラート

  • アラートテーブルのカスタム列機能で、サービスプロパティがサポートされるようになりました。
  • データポイントでアラートが無効になっている場合、[アラート調整]タブのそのデータポイントの横にアラート無効アイコンが表示されます。 
  • デフォルトのしきい値テストを次のように更新しました >はなく、 =.
  • 最初のアクティブなアラート通知が送信されなかった場合に、アラートクリアメッセージが送信されないようになりました。 

ダッシュボード

  • 複製されたダッシュボードが削除されたときにワークフローが更新され、ユーザーは最初に表示可能なダッシュボードに戻ります。

Devices 

  • 役割の[デバイス]セクションに、リモートセッションのアクセス許可が追加の列として追加されました。 これにより、デバイスグループとサブグループの両方にリモートセッションのアクセス許可を設定できるため、よりきめ細かい制御が可能になります。
  • ここで、デバイスがダウンしているためにリモートセッションが失敗しているのか、デバイスのコレクターがダウンしているのかを区別します。
  • インスタンスは、デバイスおよびグループレベルのシステムおよびカスタムプロパティを継承するようになりました。 これらの継承されたプロパティは、自動インスタンスレベルプロパティとともに、インスタンスの[情報]タブに表示されます。

マイナーな改善

  • インラインヘルプの追加を開始すると、LogicMonitorプラットフォームの冗長なテキストヘルプが削除されます。
  • コレクターがダウンロードに失敗した場合のエラーメッセージが改善されました。
  • カスタムグラフウィジェットのエラーメッセージが改善されました。

レポート

  • 生成されたレポートの総数は、最近追加または削除されたレポートリンクを反映するように自動的に更新されます。

設定 

  • ユーザーステータスは、ユーザーテーブルから直接表示されるようになりました。 これにより、ユーザーのアカウントステータスがアクティブか一時停止かが一目でわかります。
  • addAgentおよびupdateAgentRPCAPI関数に検証を追加しました。 これにより、スペース(またはスペースに相当するエンコードされていない文字)を含む資格情報が渡されなくなります。
  • 数百のユーザーまたはロールを持つアカウントのパフォーマンスの最適化。  
  • より豊富でコンテキストに応じたNetscan履歴を提供するために、各Netscanがいつ開始されたかを示す「Begin」列を追加しました。 
  • ロールベースのアクセス制御でヘルプオプションをグループ化しました。 チャットにアクセスできるユーザーは、フォーラムやヘルプドキュメントにも自動的にアクセスできます。
  • LogicMonitorは、SAMLで構成された名前/名前のクレームに基づいて、ユーザーのアカウントに名前と名前を入力できるようになりました。

修正されたバグ 

  • すべてのネットワークトラフィックフローインターフェイスが返されるわけではありません。
  • インスタンスSDTが[インスタンスグループSDT]タブに表示されていませんでした。
  • Netscan Unmonitoredグループのデバイスは、既存のデバイスの表示名が同じである場合、監視に追加されませんでした。 表示名が使用されている場合は、IPアドレスでデバイスを追加します。
  • In
    LogicMonitorデータソースリポジトリからのインポートに十分な時間がかかるというまれなイベントでしたが、アクセスログに常に含まれているとは限りませんでした。
  • グラフのホバーチップがテキストボックス内に完全に表示されていませんでした。
  • データソースのインスタンスの監視を無効にすると、データソースも無効なデータソースグループに追加されました。
  • テーブルウィジェット構成でのデータソースの選択は、[設定] | [設定]に依存していました。 データソースのアクセス許可を表示します。