v.77リリース:内部サービスチェック、アラート予測レポート、SDT履歴

v.77リリースには、さらにいくつかの期待される機能が含まれており、ウォーミングアップ中です。 新しいをチェックしてください 内部サービスチェック (コレクターベースのサービス)および アラート予測 レポート、潜在的な問題の一歩先を行くための両方の貴重な方法。 これには他にも良いナゲットがたくさんあるので、詳細をスキャンしてください。

古いUIの廃止
私たちの全体的な目的はあなたが驚きを避けるのを助けることであると私たちは知っているので、私たちはこれをほぼすべてのリリースに言及します。 古いダッシュボードページはもう78つのリリースのために残りますが、v.XNUMXで正式に削除されます。 [デバイス]ページが続きます。新しいビューがより役立つ理由に関するヒントを必ず確認してください。 最後に、フィードバックボタンを使用します。この移行がすべての人にとってポジティブであることを望んでいるので、どのように支援できるかをお知らせください。

新しい特徴

内部サービスチェック

内部サービスチェック、またはコレクターベースのチェックは、標準のすべての機能を提供します サービスチェック コレクターから直接。 世界の他の地域があなたのウェブサイトに到達できるかどうかを知ることは素晴らしいことですが、エンドユーザーがあなたのクラウドサービスまたは内部アプリケーションに到達できるかどうかだけを本当に気にするでしょう。 内部サービスチェックを使用すると、データセンターから直接、またはコレクターがインストールされている場所であればどこでも、これらのチェックを実行できます。

これは、現在実行しているHTTP Webページチェックとどのように異なりますか? 素晴らしい質問です。 基本的な機能は同じですが、使いやすさと構成が大幅に簡単になります。 [追加]をクリックし、[内部Webサイトチェック]または[内部Pingチェック]を選択するだけで、[サービス]ページからPingまたはWebサイトチェックを追加できます。

構成は、コレクター(バージョン22.050以降)を追加する必要があることを除いて、標準のサービスチェックとまったく同じです。

2016 06-21-2.33.24 PMでのスクリーンショット

必要な数のコレクターからチェックを実行でき、個々のパフォーマンスまたは全体的なパフォーマンスに基づいてアラートを構成できます。  

サービスデフォルトは、チェックポイントの場所とアラートのトリガーにも使用できます。プライマリサービスコレクターを[サービスデフォルト]ウィンドウに追加するだけです。
2016 06-21-2.35.05 PMでのスクリーンショット
すべての内部アプリケーションにサービスチェックを設定し、公開されたダッシュボードを作成して、サービスに問題があるかどうかをエンドユーザーに事前に知らせることをお勧めします。 他にもいくつかの機能がありますが、フィードバックボタンを使用して、何が最も役立つかをお知らせください。

アラート予測レポート

テーブルウィジェットの機能としてアラート予測を導入しました。 これは、面倒な機器、テーブルウィジェットビューも必要なデバイス、または100未満のデータポイントで十分な状況に最適です。 アラート予測レポートを使用すると、データポイントの制限を高くし、日次ウィジェットビューではなく定期的なチェックインとしていくつかの月次レポートを設定する機能を使用して、その機能を拡張できます。

2016 06-21-2.42.57 PMでのスクリーンショット
レポートを試してみるには、[レポート] | [アラート予測レポート]から[アラート予測レポート]を選択します。 追加| [レポートの追加]メニュー。 ウィジェットと同様に、トレーニングデータ(予測の基礎となる過去のパフォーマンス)、最小信頼度、および含めるデータポイントを構成できます。 HTMLビューで列、順序、および並べ替えを構成することもできます。 詳細については、こちらをご覧ください。

スケジュールされたダウンタイム履歴2016 06-21-2.45.16 PMでのスクリーンショット

スケジュールされたダウンタイム(SDT)の履歴ビューが、SDTが設定されたレベルで利用できるようになりました。 たとえば、グループ「サーバー」に設定されたSDTは、実行時にサーバーグループのすべてのメンバーに適用され、サーバーの[SDT]タブの[履歴]セクションに表示されます。 

コレクター管理

コレクター管理を少し合理化しました。 これで、ツールバーからすべてのコレクターを選択するか、表示可能なすべてのコレクターを選択できます。

2016 06-24-11.37.09 AMでのスクリーンショット
選択すると、アクションドロップダウンを使用して、スケジュールされたダウンタイムを設定したり、更新をスケジュールしたり、コレクターを移動したりできます。 

2016 06-24-11.37.18 AMでのスクリーンショット

その他の改善:

  • デバイス:
    • インスタンスグループ:追加しましたデフォルトのインスタンスグループ(監視なし)。 インスタンスの監視が無効になっている場合、このグループが作成されます。 インスタンスをグループにドラッグして監視を無効にすることも、グループからアクティブなインスタンスグループにドラッグして監視を有効にすることもできます。
    • @disabled datasourcesは、Disabled Datasourcesグループとして表示され、リストの最後の項目として表示されるようになりました。
    • Netscanポリシーが重複する名前の一意のデバイスを検出すると、それらのデバイスは、表示名がIP_CollectorIDに設定されて追加されるようになりました。
    • デバイスツリーおよびインスタンスグループ内のインスタンス名の英数字の並べ替えが改善されました。
    • 適用する拡張難読化:.password、.pass、.auth、.key
  • アラート:
    • アラートが無効になっている場合、明確なアラートが統合に送信されます。
    • アラートテーブル–最終更新時刻。 毎分更新しますが、ブラウザまたはネットワークの問題により、これが遅れる可能性があります。 最終更新時刻により、最新のアラートを表示していることを確認できます。
    • 交互の列の色–灰色と白の交互の列の色が好きな人もいれば、夢中になっている人もいます。 アラートテーブルで、これを選択します。 設定、交互の行の色を無効にすることができます。
  • 設定:
    • 口座情報:  
      • アカウントの支払い情報には、最終更新時刻が含まれます。
      • 請求書は日付順に表示されます。
    • データソース: 
      • データソースをXMLにエクスポートすると、以前は埋め込みスクリプトコードが含まれていましたが、外部スクリプトファイルの場合はコードが除外されていました。 XML形式でエクスポートされたデータソースには、埋め込みおよび外部のすべてのスクリプトコードが含まれるようになりました。
      • データソースまたはデータソースグラフを編集する場合、グラフの追加と概要の追加g
        ラフボタンは永続的であり、ナビゲーションが容易になります。
      • 1024文字をサポートするように拡張されたデータポイント記述フィールド。
      • Windows EventSourcesの場合、重大なイベントを許可するようにイベントの重大度をマップする方法を変更しました(以前は、エラーよりも高くマップしていませんでした)。
      • コレクターのデバッグ履歴は保持されます。
  • REST API:
  • その他:
    • [適用先] [テスト]オプションは、継承されたデバイスプロパティに基づいて一致する結果を誤って表示していましたが、これは誤解を招く恐れがありました。 LMS式は、継承されたプロパティではなく、デバイス自体のプロパティに対してのみ評価されます。

修正されたバグ:

  • ダッシュボードとウィジェット:
    • アラートウィジェットが期待どおりにスクロールしませんでした。
    • グループフィールドがアラートテーブル予測ウィジェットに保存されていません。
    • ダッシュボードは、更新時に偽のフルスクリーンモードを終了します。
    • 円グラフウィジェットで、アイテムが編集された場合にスライスの特定の色の選択が削除されなくなりました。
    • スライドショーを追加すると、ダッシュボードのオートコンプリートリストがページからスクロールアウトする可能性があります。
  • デバイス:
    • LinuxホストXenServerがLogicMonitorに最初に追加された後にSNMPが有効になっている場合、SNMP関連プロパティのActiveDiscoveryは自動的にトリガーされませんでした。 Active Discoveryを手動で実行することで問題は解決しましたが、将来このシナリオに対応できるようにActiveDiscoveryロジックを少し変更しました。
    • コレクターのプロパティに基づく動的グループが正しく更新されていませんでした。
    • インスタンスレベルのSDTがデバイスヘッダーに表示されていました。 SDTサマリーには、子ではなく、継承または適用されたSDTのみを表示する必要があります。
  • アラート
    • 場合によっては、アラートクリア間隔が0に設定されているデータポイントは、2つのデータポイント値がしきい値を満たすまでクリアされませんでした。
    • 場合によっては、アラートテーブルにデータが表示されないはずの場所に無限の値が表示されていました。
  • その他
    • ユーザーのパスワードをリセットすると、管理者は再サインインする必要があります。
    • パスワードの変更を余儀なくされたユーザーは、無効な間違ったパスワードエラーを受け取りました。
    • アカウント情報|に表示される請求書情報の料金列財務セクションには、以前に支払い金額が表示されていました。 この列には、請求書の全額が表示されます。
  • マイナーディスプレイの修正:
    • AWSプロパティのドロップダウン矢印は、テーブルがまだ折りたたまれているときにテーブルが展開されたことを示していました。
    • アラートテーブルを重大度で並べ替えると、すべてのチェックボックスが選択されました。
    • アラートテーブルのアラートIDによる検索を再度有効にしました。
    • オーバーフロータグを使用すると不要な空きスペースが発生する可能性があるChromeRetinaディスプレイの問題を修正しました。
    • デバイスを動的グループに手動で追加しようとしたときに表示されるメッセージなど、エラーメッセージの表現のマイナーな改善。
    • しきい値編集ウィンドウのマイナークリーンアップ。
記事上で