サポートセンターホーム


v.72リリース:コレクターグループ、オーストラリアのテスト場所、およびServiceNowの統合

02.16.16に公開

v.72リリースは、XNUMX月中旬まで公開されます。 予想される継続的な改善とバグ修正の中で、コレクターグループとServiceNowとの製品統合をもたらします。 このリリース以降、[アラート]ページは古いUIでは使用できなくなります。

コレクターグループ

コレクターグループ 機能は、アカウント管理の合理化からより柔軟なエンドユーザー権限まで、さまざまな利点をもたらします。2016 02-12-12.52.35 PMでのスクリーンショット

コレクターグループを追加するには、[設定]、[コレクター]の順に移動します。 コレクターを選択し、[追加]、[追加]の順に選択します。 コレクターグループ。 グループが追加されたら、既存のコレクターの横にあるチェックボックスを選択し、コレクター管理ドロップダウンから[グループに移動]を選択することで、コレクターを追加できます。

2016 02-12-12.55.58 PMでのスクリーンショットコレクターをグループごとに整理したら、役割に特定のビューを割り当て、権限を管理できます。 コレクターグループのアクセス許可とデバイスのアクセス許可の組み合わせは、ユーザーがアカウント内のコレクターと対話する方法に影響します。

権限の概要:

  • のユーザー 権利を管理する コレクターグループにデバイスを追加したり、コレクターを更新したり、[設定]ページでコレクターに関連付けられたアクションを実行したりできます。 ユーザーは、新しいコレクターを追加したり、既存のコレクターをグループに移動したりするには、グループに対する管理権限を持っている必要があります。
  • のユーザー 閲覧権 コレクターグループは、[設定]ページで関連するコレクターを確認できますが、変更や更新を行うことはできません。 ユーザーがデバイスを管理する権限を持っている場合、関連するコレクターは[デバイスの管理]ウィンドウで使用できます。
  • コレクターのセットにデバイスを割り当てる権限をユーザーに付与し、コレクター自体を表示しないようにするには、コレクターグループに表示権限を割り当て、ユーザーアカウントの[設定]ページを無効にします。2016 02-12-1.10.40 PMでのスクリーンショット
  • 設定からコレクターを表示または管理する場合| コレクターの場合、デバイスリストには、ユーザーが表示する権限を持つデバイスのみが含まれます。  

コレクターグループとデバイス:

コレクターグループは、デバイスを追加または管理するときに、使用可能なコレクターのリストをフィルタリングするために使用できます。 ユーザーには、役割に表示権限がある場合にのみコレクターグループが表示されます。

2016 02-12-1.12.44 PMでのスクリーンショット

ユーザーが現在割り当てられているコレクターへの表示権限を持っていない場合、コレクターは管理ウィンドウに表示されます。 コレクターは、ユーザーが権限を持っているコレクターグループに基づいて更新できますが、表示権限が割り当てられていないコレクターに戻すことはできません。

新しいサービスのテスト場所–オーストラリア

新しいテスト場所は、オーストラリア–シドニーのサービスチェックに利用できます。 予期しないアラートの生成を回避するために、これはデフォルトで無効になります。 アカウントで有効にするには、サービスツリーでアカウント名をクリックし、[管理]を選択します。 オーストラリアオプションをチェックします。これにより、デフォルトおよび特定のサービス設定の構成オプションになります。

ServiceNow統合2016 02-12-1.17.02 PMでのスクリーンショット

しばらくの間、APIベースのServiceNow統合を提供してきましたが、このリリースでは、統合が製品に直接組み込まれ、構成が簡素化され、デバイスとアラートのステータスに基づいてServiceNowインシデントのリアルタイム更新をカスタマイズできるようになります。 私たちを参照してください ドキュメント 詳細情報を見るにはこちらをクリックしてください。

チケットシステムごとの複数の統合

ConnectWise、AutoTask、およびその他のワークフローシステムの最初の展開では、タイプごとにXNUMXつの統合しか許可されていませんでした。 複数の統合を作成できるようになり、会社ごとまたはアラートタイプごとに異なるアラート構成が可能になりました。

ダッシュボードでネットワークトラフィックデータを事前にフィルタリングする

2016 02-12-1.23.49 PMでのスクリーンショット

ネットワークトラフィックデータを表示するときに適用する一般的なフィルターがある場合は、これらをダッシュ​​ボードに直接固定できるようになりました。 [トラフィック]タブでフィルターを設定したら、ウィジェットのドロップダウンから[ダッシュボードに追加]を選択します。 [現在のフィルターを適用する]がオンになっていることを確認します。適用されたフィルターがダッシュボードウィジェットのヘッダーに表示されます。

ウェブサイト概要レポート

非常に便利な構成オプションをいくつか追加しました。 ウェブサイト概要レポート。 多数のグラフやデータをふるいにかけるのではなく、全体または全体および個別の詳細に関心があるかどうかを選択し、アラート、可用性、またはグラフデータに限定することができます。

その他の改善:

  • 世界 [インスタンス]タブ インスタンスグループレベルで利用できます。 また、常にインスタンス値を参照するように更新されました。
  • An インスタンスグループ あるインスタンスを別のインスタンスの上にドラッグすることで、デバイスツリーから直接作成できます。
  •  新しい タイムゾーンセレクター アカウント情報ページで利用できます。 見た目がかっこいいだけでなく、今後のタイムゾーン固有の機能の基盤を提供します。
  •  のAWSリソース ソウルゾーン(ap-northeast-2) これで、検出および監視できます。
  • ユーザーがプロファイルの編集リンクからパスワードを更新する場合は、現在のパスワードが必要です。
  • バッチジョブアラートに有効な間隔が追加され、ユーザーは時間または状態に基づいてアラートを自動クリアできるようになりました。
  • ウィジェットの説明フィールドの許容長を増やしました。
  • 世界 会社名 アカウント全体に表示される設定は、[設定] | [設定]から設定できるようになりました。 口座情報。 以前は、アカウントURLに会社名として名前を表示していましたが、長い会社名やスペースが含まれている会社名ではうまく機能しませんでした。
  • 仮想および複雑なデータポイント構成、およびAPIを介してデバイスを追加する際のエラーのエラーメッセージが改善されました。
  • 列で確認済みおよび確認済みは、アラートテーブルでサイズを変更できます。
  • 凡例のステータス(開いているか折りたたまれているか)は、ページの更新中に保持されます。
  • 役割を作成するとき、 既存の役割を複製できます 構成プロセスを簡素化するため。
  • アラートの重大度は、スクリプトのイベントソースで直接定義できるようになり、割り当てられていない場合は引き続きデフォルトの重大度を使用します。 これには、EAコレクター20.0074以降が必要です。
  • アラートテーブルが更新され、バッチジョブまたはイベントソースアラートからリンクが選択されたときに、デバイスツリーが特定のLogicModuleに集中するようになりました。
  • アラートクリアを抑制するためのグローバルオプションは、アラートルールごとにアラートクリアを構成するオプションよりも前のものであり、不必要な混乱を招いたため、削除されました。
  • アクティブなインスタンスを参照しないダッシュボードウィジェットは、一般的なウィジェットエラーの代わりに「アクティブなインスタンスがありません」と表示するようになりました。
  • A 時間範囲フィルター コレクターログで利用できます。これはあまり価値がありませんが、重要な場合は非常に価値があります。
  • APIでの競合を回避するために、RRDなどのグラフラインとデータポイント名の構成に追加の制限が追加されました
  • [デバイス]ページで、アカウントレベルとグループレベルの[アラート]タブに合計アラート数を追加しました。
  • コレクターのデバッグウィンドウで提供される例が更新されました。
  • pingデータソースが更新され、常に10パケットが送信されるようになりました。 これは、アプリケーションによって頻繁にスケジュールされるタスクの問題を回避するためです。
  • バッチジョブのcronスケジューラに検証が追加されました。
  • 重大度、アラートルール、およびエスカレーションチェーンフィルターは、 アラートレポート
  • ダッシュボード、ユーザーページ、およびグループグラフタブのパフォーマンスの最適化。
  • に新しいオプションがあります SSLエラーを無視する サービス構成で、既存のサービスに対してデフォルトでオンになっています。 テスト場所の今後の更新では、SSL監視が強化されます。このオプションは、予期しない新しいアラートを回避します。
  • 印刷されたレポート、デバイスツリー機能、インスタンスグループの表示、テーブルウィジェットの構成、およびアラートの重大度アイコンのマイナーアップデート。
  • 世界 SSO / SAML構成 ホワイトリストと連動するように更新されました。

修正されたバグ:

  • 設定| データソース、関連するデバイスを表示するときに、アクティブなインスタンスを持つデバイスのフィルターが適用されている場合、カウントは更新されませんでした。
  • アラートがクリアされます 新しいHTTP統合を介して配信されませんでした。
  • データポイントに集計方法を選択した場合は、集計方法が必要です。 集計方法が割り当てられていない場合、データポイントは表示されません。 
  • アラートページのアラートを[クリア日]で並べ替えると、Eventsourceアラートが正しく機能しませんでした。 これは修正されました。
  • デバイスサブグループのアクセス許可 ロールの更新時に正しく保存されませんでした。
  • 世界 コレクターのフェイルバックプロセス プライマリコレクターに再割り当てする必要のある多数のデバイスを考慮して修正されました。  
  • アラートページデータポイントフィルターは、以前はログファイルイベントソースの推奨結果を提供していませんでした。 監視対象のログファイルが、このフィルターの推奨結果に含まれるようになりました。
  • 一部のデータソースとインスタンス トークンはトークン値を表示していませんでしたグラフの凡例のe。
  • AWS CloudWatch APIリクエストは常に正しく調整されていなかったため、大規模なAWSグループのグラフにギャップが生じる可能性がありました。
  • 重複するレポート名でレポートが作成された場合、ユーザーは最初からやり直す必要がありました。 構成の詳細が保持されるようになりました。
  • を使用してデータソースを作成する TCP収集方法 データポイント構成の内部問題のため、期待される生データを返していませんでした。 これには、EAコレクター20.074以降も必要です。
  • カスタムHTTP統合は、メソッドがGetとして設定されている場合でも、LogicMonitorに要求を送信します。 これにより、構成の問題が発生する可能性があり、更新されました。
  • NetAppVolPerfアクティブ検出パラメーターの表示の修正。
  • デバイスヘッダーに表示されるSDT時間は、アカウントのタイムゾーンを常に尊重しているわけではありません。
  • 多くのデータポイントを持つデータソースのアラートを調整するときの1ページへの更新など、テーブルの表示方法と更新方法に関連するいくつかの構成の問題が改善されました。
  • ツリーを更新せずにデバイス検索からインスタンスを選択すると、デバイスの管理の選択が正しく機能しませんでした。
  • XMLからのスクリプトイベントソースのインポート XML解析エラーが原因で失敗することがありました。
  • アクティブなアラートにメモを追加すると、アラートも確認されます。 これは修正され、メモが更新されるとアクセスログにエントリが追加されます。
  • サブグループが明示的に含まれていない場合、アラートレポートには、サブグループ内のサービスによって生成されたアラートは含まれず、InSDTフィルター設定は保存されませんでした。
  • サービスステップURLの特殊文字により、ステップを編集できませんでした。
  • 世界 アラートウィジェットは上位30のアラートのみを表示しました、制限が削除されました。
  • EC2およびCloudWatchデバイスダッシュボードは、存在するすべてのデータソースデバイスダッシュボードに依存していました。 現在は、デバイスから直接派生しています。
  • カスタムHTTP統合は、同じものが選択されていても、デフォルトでアラートタイプごとに異なるアラート投稿データに戻りました。
  • インスタンスグループがグループに正しく表示されませんでした| [グラフ]タブ。 すべてのインスタンスが各グループの下に表示されました。
  • 一部のデバイスグループを管理する権限を持つユーザーは、データソースの再一致を強制できませんでした
  • 特定のコレクターロギングコンポーネントを無効にすると、保存を禁止するエラーが発生します
  • 同じデバイスから複数のnetflowウィジェットをダッシュ​​ボードに追加できませんでした。
  • XenホストCPUデータソースのCPU使用率グラフに、特定の時間範囲のデータが誤って表示されていませんでした。
  • EAコレクター20.074を使用したまれなケースでは、仮想データポイントが正しく計算されていませんでした。