サポートセンターホーム


v.70リリース:AWS S3、インスタンスグループ管理、およびモバイル

12.03.15に公開

v.70は今年の最後のリリースになるため、主要な機能はリリースしていません。 AWS S3データソースやインスタンスグループ管理などの多くの改善と、さらに多くのバグ修正があります。 2016年の作品には、ホリデーシーズンの後に共有することを楽しみにしているものがたくさんあります。

AWSモニタリング

これで、AWSのS3用CloudWatchメトリクスを利用できるようになりました。 独自の収集方法を削除し、このデータにコレクターを使用する必要がなくなりました。 収集方法としてAWSS3を利用しているデータソースは削除され、CloudWatchデータは  AWS_S3データソース.

インスタンスグループ管理

多くの方が古いUIビューから移行するにつれて、71つの主な不満を耳にしました。 XNUMXつはデバイスツリーです。これは現在プロトタイプ状態であり、楽観的にv.XNUMXになります。 もうXNUMXつはインスタンス管理です。 前回のリリースでは多くの基本機能が提供されていましたが、このリリースにはインスタンスグループの管理が改善されています。

まず、気付くでしょう インスタンスの新しいタブ デバイスツリーでマルチインスタンスデータソースを選択した場合。

このタブから、[追加]を選択して、非アクティブディスカバリデータソースの新しいインスタンスを作成するか、新しいインスタンスグループを追加できます。

[アクション]ボタンを使用すると、インスタンスを一括削除したり、新しいインスタンスグループに移動したりできます。すべて展開すると、すべてのインスタンスグループが展開されます。 これにより、インスタンスグループを簡単に確認および更新できます。 質問する前に、はい、インスタンスを新しいグループにドラッグアンドドロップすることもできます。

まだ完了していません。まもなく各インスタンスグループから同様のビューが利用可能になり、[アラートチューニング]タブに少しクリーンアップが残っています。

アラートテーブル

アラートテーブルは、設計チームから別の改善ラウンドを受けました。 アラートステータスをより明確にするとともに、フォントサイズを縮小し、行の色を交互に追加しました。 作業中にさらにいくつかのマイナーな修正があります。それまでの間、フィードバックをお待ちしています。

その他のサービス機能

前回のリリースには、サービスの完全なオーバーホールが含まれていました。 それをチェックする時間がありませんでしたか? このXNUMX分間の概要ビデオをご覧ください。

 

 

このリリースに固有のサービスの改善点は次のとおりです。

デフォルトの設定 

デフォルトの場所とアラートトリガーの構成 サービスチェック用に構成できます。 これにより、アカウント内のサービスのオプションが制限されることはありませんが、サービス全体の一般的な構成をXNUMXか所で管理できます。

すべてのサービスを管理する権限を持つユーザーには、[管理]ボタンの横に[サービスのデフォルト]のボタンが表示されます。

個々のサービスを作成または編集する場合、デフォルト設定を使用することを選択できます。

[デフォルトのサービス設定を使用する]がオンになっている場合、[サービスのデフォルト]に加えられた変更は自動的にサービスに適用されます。

これは、ツリーでアカウント名を選択して[管理]をクリックすることによる場所の管理とは無関係であることに注意してください。 場所の管理によって、その場所がアプリケーション全体で使用できるかどうかが決まります。

Rawデータ

各サービスチェックで生データタブを使用できます。 デバイスインスタンスで利用可能な生データと同様に、これはの詳細ビューを提供します LogicMonitorが小切手ごとに保存している正確なデータ。 これは、次のリリースでPingのトレースルート情報を含むように拡張されます。

認証のプロパティ

前回のリリースでは、アラートで使用するプロパティが提供されました。 それら プロパティ 認証にも使用できるようになりました。

モバイル:

  • iOSでアプリがクラッシュするダッシュボードのバグを修正しました。
  • 世界 アラートビュー もう少し愛を得た。 まず、下にドラッグすると更新がトリガーされます。 右上のフィルタボタンを選択すると、アラートの重大度で自動フィルタリングすることができます。 
  • アラート検索では、過去10回の検索が返され、入力時にアラートリストが更新されます。
  • 確認画面とSDT画面も、フィードバックに基づいて更新されました。  

改善点:

  • 世界 障害者のためのメッセージング モニタリング デバイスに影響を与えるすべてのグループを一覧表示するように改善されました。 ユーザーがグループを表示する権限を持っていない場合は、「別のグループで無効」と表示され、ホバーチップに詳細が表示されます。
  • ウィジェットデータポイントの編集 よりフレンドリーです。 グループまたはデバイスを変更すると、データソースが引き続き適用されるかどうかが確認されます。 そうでない場合は、データソースフィールドとデータポイントフィールドをクリアします。 
  • 世界 デバイスNOCウィジェット データポイントによるグループ化をサポートするようになり、ステータス表示で必要に応じて幅広くまたは詳細に移動できるようになりました。
  • 世界 アカウント情報ページ を表示します デバイス数の内訳 デバイスタイプ別。
  • 世界 ConnectWiseの統合 ユーザーがLogicMonitorアラートの重大度レベルをConnectWise優先度にマップできるようにします。
  • クラスタアラートが変更されたときに、デバイスグループがアクセスログメッセージに追加されました。

バグ:

  • 一部の統合の数を正しく考慮していませんでした。 リストはページ付けされています。
  • 新しい統合を構成するときに、http応答形式を初めて編集したときに、正規表現がオプションとして表示されませんでした。
  • OpsNotesを有効にして30日以上グラフを表示すると、 ずれた凡例 ディスプレイ。
  • 値は必要ありませんが、Existsのアクティブな検出フィルターのUIに値が必要でした。
  • デバイスツリーでグループが選択されている場合にのみ、UIに新しいデバイスを追加できます。  
  • デバイスから| [トラフィック]タブ、 ウィジェットはXNUMXつだけ ダッシュボードに追加できます。 正当な理由はありません。
  • 最後だけを返しました 24時間のコレクターイベント、これは必ずしも十分ではありません。 これは7日間に延長されました。
  • カスタムグラフウィジェットは最大500のインスタンスをサポートできますが、これを超えると、あいまいなエラーメッセージが表示されます。
  • アラートからサービス名をクリックすると、サービスページにリダイレクトされますが、選択したサービスにはリダイレクトされません。
  • クリックすると パンくずリスト デバイス検索を使用した後、必ずしも正しい親グループに移動するとは限りませんでした。
  • 以前は、エスカレーションチェーン内のユーザーの連絡方法を更新するだけでは不可能でした。また、ユーザーを再選択する必要がありました。 これを簡略化しました。
  • アラートルールのエスカレーション時間が最大値の1440分を超えた場合、明確なエラーメッセージは表示されませんでした。
  • デバイス権限が制限されているユーザーは、 アクセス拒否 ズームレベルを変更するとエラーが発生します。
  • オプション 個人情報の編集 設定セクションがすべてを表示するように設定されているロールでは機能しませんでした。
  • 状況によっては、複雑なデータポイントが誤ったデータ型として保存され、グラフにギャップが生じていました。
  • スクリプト収集メソッドを使用してデータソースを作成する場合、スクリプトは直接埋め込むことしかできませんでした。 修正しました スクリプトをアップロード オプションを選択します。
  • An 「+」記号の付いたメールアドレス 無効な文字のために拒否されました。 これは現在許可されています。
  • [追加]ドロップダウンからレポートグループを簡単に追加できるようになりました。