サポートセンターホーム


v.69リリース:サービスのオーバーホール、双方向の統合など

11.10.15に公開

約束通り、v.69リリースには多くの大きな変更が含まれています。 最も注目すべきは完全です サービスのオーバーホール、これにより、マルチステップフローの可視性が大幅に向上し、データの視覚化が向上します。 それはその事実を覆い隠すべきではありません 双方向の統合 のチケット番号の返却をサポートするも含まれています ConnectWise、AutoTask、およびカスタムHTTP統合。  これにより、アラートステータスに基づいて、チケットシステムの既存のチケットを更新できます。 しかし、それだけではありません、新しい ヘルプリンクの権限制御, ウィジェットの改善、能力 パフォーマンスの予測 ダッシュボードから、そしてはるかに含まれています。 詳細については、以下をお読みください。

新しいサービス

このリリースでは、サービスレイアウトが更新され、ワー​​クフローと可視性が向上しています。 このリリースでは、 [サービス]ページの古いビューは使用できなくなります.

多くの変更があり、すべてが 更新されたサービスドキュメント。 いくつかのハイライトは次のとおりです。

一般的な機能:

  • テスト場所をグローバルに管理する機能。 サービスツリーでアカウント名を強調表示すると、管理ボタンが表示されます。これにより、次のことができるようになります。 アカウント全体のテスト場所をオンまたはオフにします。 監視とアラートを有効または無効にしたり、プロパティを追加したりすることもできます。
  • そうです、このリリースはまたもたらします サービスのプロパティ。 最初は、サービスプロパティをアラートとレポートで使用できます。 これを拡張して、サービスチェック内で使用できるようにします。
  • はい、サブグループもあります。 これらはデバイスサブグループとまったく同じように機能し、親グループからプロパティを継承します。
  • レイアウト自体もデバイスレイアウトとより一致しており、グラフ、アラート、およびSDTを単一レベルのタブビューにまとめています。

pingチェック

  • pingチェックは、送信されるパケットの数を設定する機能を保持しますが、返されるパーセントとタイムアウトの新しい構成があります。

シングルステップサービスチェック

  • シングルステップサービスチェックはマルチステップと統合されました。 詳細については、多段階の変更を参照してください。

マルチステップサービスチェック

シングルステップとマルチステップがAdd |に統合されました。 ウェブサービス。 あなたが気付くいくつかの変更:

  • を設定する必要があります ベースURL。 www.google.com/subpage/indexの代わりに、/ subpage / indexのステップ1でwww.google.comのURLが必要になります。 ベースURLを変更するには、[サービス]、[サービス]の順に選択します。 管理、URLの変更はすべてのステップに自動的に反映されます。
  • アラート設定には、 合計時間設定。 これは以前はステップごとに存在していたため、5秒で完了したい2ステップのサービスチェックを行うことは不可能でした。 すべてのステップは、設定された時間内に完了する必要があります。
  • あり XNUMX分のうちのデフォルトの時間。 合計時間を1分に設定してもチェックが完了しない場合は、さらにXNUMX分間試行を続けます。 これにより、ステータスアラート以外のパフォーマンス情報を提供できます。
  • 上記のXNUMXつの機能の組み合わせにより、応答時間の報告方法が全体的に改善され、サービスチェック全体が完了するまでの時間が含まれるようになりました。
  • チェック自体の構成の多くは同じで、より直感的なレイアウトになっています。

最初のステップが作成されると、[ステップ]タブが表示されます。

[手順]タブから、次のことができます。

  • さらにステップを追加します。
  • XNUMXつのステップ、またはすべてのステップをテストします。 これにより、送信された要求情報、受信された応答情報、およびステップが完了するまでの時間が表示されます。
  • トグルをクリックしてオフにすると、ステップが無効になります。 ドロップダウンには、ステップを編集、複製、または削除するためのオプションがあります。
  • ステップをドラッグアンドドロップして並べ替えることができます。

グラフとデータ表示

  • 新しい全体的なサービスグラフが利用可能になり、場所ごとの応答時間が表示されます。
  • 個々のロケーショングラフには、応答時間グラフ(すべてのステップが完了するまでの時間)と初期接続パフォーマンス(最初のステップの読み取り、待機、およびDNS時間)の両方が含まれます。

あなたがある場合 現在サービスチェックを使用しています、以下をお読みください。

  • このリリースの一部としてのデータ移行。 これにより、最大で XNUMX時間のギャップ マルチステップチェックの履歴パフォーマンスデータ。 ステータスデータは影響を受けません。
  • このリリースでは、サービス完了時間の設定はXNUMXつだけです。 ステップごとに時間を設定したマルチステップサービスチェックがある場合、許可される合計時間はデフォルトでステップごとの時間の合計になります。
  • シングルステップチェックとマルチステップチェックがWebサービスチェックに統合されました。 これにより、ベースURLがwww.site.comのベースURL(www.site.com/subpage)を超えるチェックと、ステップ1の/ subpageが発生します。
  • 世界 pingサービスチェック 返されるパケットの割合とそれらを返す時間のデフォルトの追加アラート構成があります。 デフォルトは80%と500msです。
  • あなたは気づくでしょう 応答時間の違い。 最新のリリースには、チェック全体のデフォルトのタイムアウトとチェック全体の応答時間が含まれているため、報告される全体の応答時間は、すべてのステップのすべての要素を考慮して最適化されています。  
  • v.55以降に更新されておらず、認証が必要なサービスチェックがある場合は、移行で問題が特定されています。 これは、18月XNUMX日木曜日にすべてのお客様で解決されるか、手動で更新できます。

双方向の統合– ConnectWise、AutoTask、およびカスタムオプション

カスタムアラート配信方法が実際に行うことをより適切に把握するために、それらは統合に名前が変更されました。 設定|からアクセスできます。 統合。 を含む私たちの他の統合 ConnectWiseとAutoTask、同じ画面からアクセスできます。  

すべての統合には、次の機能があります。 チケットIDを取得する、または外部システムからの一意の識別子。

これにより、アラートが確認、エスカレーション、またはクリアされるたびにチケットIDを含めることができ、LogicMonitorアラートステータスに基づいて既存のチケットを効果的に更新できます。

アラートデータは、変更タイプごとに構成できます。

機能の変更により、これは古いUIビューでのみ使用できなくなります。 特定の統合構成に関する詳細が利用可能です こちら。 PagerDutyやServiceNowなどの他の統合が進行中です。  

その他の役割ベースのアクセス制御オプション

設定から| ユーザーアクセス| ユーザーとロール、ロールのアクセス許可を設定するための新しい構成があります。

In 役割| 設定、のオプションがあります 個人情報を編集できます.

これは、[ユーザーアクセスの管理]が選択されていない場合にのみ使用できます。 チェックされていない場合、ユーザーはユーザー名をクリックしたときに[プロファイルの編集]オプションは表示されません。

オンにすると、ユーザーは名前、パスワード、電話番号を編集できるようになります。

もあります の新しいセクション ヘルプ権限。 ユーザーがメインナビゲーションバーのヘルプドロップダウンをクリックしたときに表示するオプションを設定できます。 オプションが選択されていない場合、は表示されません。

ユーザーに質問を直接連絡してもらいたい場合、またはそこにある場合は、カスタムヘルプリンクを追加することもできます。
■内部ヘルプサイト。  

ユーザーが異なるカスタムリンクを持つ複数の役割を持っている場合、すべてのリンクオプションが表示されます。

ダッシュボードからの予測

の力を活用する キャパシティ予測 ダッシュボードから直接。 任意のグラフウィジェットから、ドロップダウンをクリックします。 予測はオプションのXNUMXつになります。

新しいNOCウィジェットオプション

NOC構成内には、次のものがあります。 XNUMXつの新しいオプション アラートの重大度が表示される対象– 確認済み 影響により スケジュールされたダウンタイム。

[確認済み]がオンになっている場合、最も重大度の高いアラートが確認された項目がNOCウィジェットに表示されます。

チェックを外すと、アイテムは緑色で表示されます。 スケジュールされたダウンタイムについても同様です。 チェックされていない場合、スケジュールされたダウンタイムのアラートは、NOCウィジェット表示のステータスを決定する際に無視されます。

これが最初の動作であったため、[確認済み]および[スケジュールされたダウンタイム]がデフォルトで選択されます。

円グラフオプション

オプション 円グラフに追加され、円のスライス数を制限できるようになりました。 結果を制限する場合は、残りのすべての値を「その他」というラベルの付いた合計として表示することを選択できます。  

すべてを表示することを選択し、25を超えるアイテムがある場合、上位25のみが表示されます。

その他の改善:

  • データ行を個別に保存できるウィジェットまたは構成を編集する場合、メインの[保存]ボタンが選択されていると、行は自動的に保存されます。
  • 世界 OpsNotes レイアウトが改善され、詳細なメモや多くのタグを考慮して、より大きなフレームで表示されるようになりました。 行を選択すると、編集が可能になります。
  • 新しいトークン、 ## DEVICEURL ## デバイスに設定されているURL情報へのリンクに解決されます。 このトークン アラート内で使用できます とレポート。
  • シングルサインオン [設定]ページの[ユーザーアクセス]の下に移動しました。 これはより適切な場所です。 ロールベースのアクセスは、以前の統合セクションではなく、ユーザーアクセスセクションを表示および管理する機能に依存することに注意してください。
  • ダッシュボードの速度とウィジェットの表示時間を改善するための継続的な取り組み。 速度の問題が発生した場合はお知らせください。例が最適化に役立つことがよくあります。
  • アマゾンのステータスウェブサイトへのリンクがメインのAWSグループから追加されました| [情報]タブ。 また、監視されていないリージョンのデバイス数を合計テーブルに含めて、グループに含まれているものの全体像を把握できるようにしました。
  • アクセスログ ダッシュボードウィジェットがダッシュボード間で移動された場合、またはデバイスがグループ間で移動された場合の詳細を含むように、エントリが拡張されました。 ザ・ デフォルトの時間範囲 また、30日に変更されました。
  • デバイスがコレクターをホストしていることを示す新しいプロパティsystem.collectorが利用可能です。 これはデータソースに使用され、将来のコレクターバージョンで自動的に適用されます。
  • トップXNUMXの概要グラフには、削除されたインスタンスからのデータが含まれるようになります。 インスタンス名が削除されている場合は、*がインスタンス名に追加されます。
  • デバイスダッシュボードに、単一インスタンスの生データへのリンクが追加されました。
  • Add Other Monitoringから重複インスタンスが追加されると、詳細なエラーが追加されました。 以前は、明確な説明なしに追加が失敗していました。
  • グループの[アラート]タブにアラートの総数を追加しました。
  • アラートテーブルの[開始]列が改善され、すべてのアラート時間が24時間形式で表示されます。
  • 設定で検索| ユーザーと役割は、名前、メールアドレス、役割など、該当するすべてのフィールドを検索します。 検索はすべてのユーザーに適用され、1ページに更新されます。
  • ネットワークトラフィックフローテーブルは、引き続きいくつかのマイナーなクリーンアップを取得します。 このバージョンでは、IP列と説明列が結合されていることに気付くでしょう-たとえば、トップトーカーの場合はmydevice(10.0.0.1)、トップアプリケーションの場合は説明とポートが結合されています-たとえばhttps(443)。 説明がない場合は、ポートまたはIPのみが表示されます。 ザ・ 時間範囲フィルター アプリケーションの時間範囲がより一般的に使用されていることがわかったため、も削除されました。
  • 他の監視を追加しようとすると、より良いメッセージングが追加されました| プロセスを追加します。  以前は、プロセスの読み込みが遅いか、プロセスが利用できないかを示すことなく、一般的なエラーが表示されていました。
  • 方法にいくつかの改善を加えました 無効なアラート デバイスページ全体に伝達されます。 グループまたはデバイス全体でアラートが無効になっている場合は、データソースの右上にアラートが表示されます。 データポイントアラートが無効になっている場合、すべてのグループがインスタンスに一覧表示されます| [アラート調整]タブ。
  • ACHの支払い [設定] | [設定]で追加できるようになりました口座情報。
  • 新しいコラム、 インスタンスの説明、アラートテーブルで使用できます。 これは、ウィジェット、デバイスアラート、およびアラートページにあります。
  • 追加の詳細がに追加されました AWSポリシーエラー。 AWSユーザー認証情報で正しくサポートされていないAWSサービスが選択された場合、必要なパーミッションに関する特定の詳細が表示されます。
  • コピーする機能がすべてのウィジェットデータポイント構成に追加されました。
  • 長いレポート名は、レポートページの[レポートの概要]ボックスに収まるように折り返されます。
  • デバイスの検索結果は、ベストマッチとアルファベット順で返されます。

バグ修正:

  • ドライブの「/」など、名前に特殊文字が含まれるインスタンスのアラートは表示されませんでした。
  • クラスタを検索すると、すべてのクラスタアラートが返されます。一致するために「<」または「」は必要ありません。
  • ポーリング間隔がXNUMX時間以上のインスタンスのデータを表示するウィジェットでは、値のキャッシュ方法が原因でデータが空になる可能性があります。  
  • どのデータソースをデバイスに適用するかを評価するタスクの問題に対処しました。「データソースの再一致を強制する」を手動で選択する必要がある場合がありました。  
  • アカウントごとに一意の差出人番号が再検証されました。 これにより、新しい電話番号からLogicMonitorのSMSと音声アラートが送信される場合があります。
  • デバイスの説明がGoogleマップウィジェット内に正しく表示されませんでした。
  • [デバイス]の[アラート]タブに表示される合計は、テーブルが更新されたときに常に更新されるとは限りませんでした。
  • OpsNotesが表示されている場合、グラフの自動スケーリングが正しく機能していませんでした。
  • ダッシュボード名が編集された場合、以前の名前が常に上書きされるとは限りませんでした。 これは修正されました。
  • NOCウィジェットが重大度でソートされている場合、各重大度内のアイテムはアルファベット順に表示されます。  
  • ウィジェットのデータポイントを構成するときに、デバイスで開始されたデータポイントの概要を開始しました。 グループ1を選択しましたが| すべてのデバイス、要約には「すべてのデバイス」>「すべてのデータソース」>…グループが要約に含まれるようになります。
  • パイウィジェット構成で英数字以外の数字を使用すると、不明なエラーが返されました。 これは、特殊文字が許可されていないことを示すために明確にされています。
  • デバイスツリーのトップレベルからアラートが確認された場合、アラートアイコンはすぐには更新されませんでした。
  • 表示のみの役割のNOC構成の表示、管理者以外のOpsNotesボタンの表示、表示権限を持つユーザーがアラートルールを開こうとしたときのアクセス許可拒否エラーの表示など、いくつかの役割ベースのアクセス表示のバグを修正しました。

その他の注意事項:  

  • このリリースの時点で、sFlowバージョン2のサポートは正式に非推奨になりました。 
  • アカウント名が変更され、新しいアカウント名を持つ既存のダッシュボードがある場合、ダッシュボード名の末尾に「_」が追加され、一意の値が作成されます。
  • データソース構成にネイティブPowerShellスクリプトのサポートを追加しました。 これにはコレクターの依存関係があり、次のEAコレクターリリースで詳しく説明されます。
  • に変更が加えられました GetAlert RPC これには、パフォーマンスの問題を回避するために、取得できるアラートの数の制限が含まれます。 利用可能な詳細 こちら.