サポートセンターホーム


v.68リリース:インスタンスの管理、拡張機能、およびUI移行計画

10.22.15に公開
 
v.68リリースは、待望の機能拡張の別のヒープをもたらします。 インスタンスの管理とデバイスの管理機能に簡単にアクセスできるようになったため、UIバージョン間のギャップはほぼ解消されました。 今年はさらにいくつかの変更があり、UI移行計画の評価を開始しています。
 

UI移行計画

お気づきかもしれませんが、ダッシュボードウィジェットやネットワークトラフィックフローの機能強化から、役割ベースのアクセス制御の設定まで、新しい機能は新しいUIにのみ追加されています。 古いUIのページをサポートできなくなる機能がいくつかあります。  
 
私たちの暫定的な計画は、今後数四半期にわたって古いUIへのアクセスを制限することです。 それは、以下から始めて、ページごとに行われます。
  • サービス– 2015年後半。 新しいサービス機能(新しい場所、デフォルト設定、マルチステップのオーバーホール)は、古いビューと組み合わせて機能することはできません。
  • レポート– 2015年後半/ 2016年初頭。 導入する新しいカスタムレポートツールがありますが、これは古いUIではサポートされません。
  • ダッシュボード– 2015年後半/ 2016年初頭。 新しいウィジェットと拡張機能を考慮して、ほとんどのユーザーは自分で古いビューから離れました。 まだお持ちでない場合とその理由をお知らせください。
  • アラートと設定– 2016年初頭。  コレクター管理と同様に、古いUIの役割ベースのアクセス制御は制限されています。 アラートページのフィルタリングとフォーマットもはるかに強力です。
  • デバイス– 2016年半ば。  最後に最善を保存します。 これは、特にナビゲーションに関連するため、まだ微調整が必​​要なアプリケーションの領域であると認識しています。 また、これが最も困難なワークフローの移行を示すこともわかっており、この変更の日付を設定するときに保守的になります。

この移行がスムーズに行われるように、サポートが必要です。古いUIに依存している機能がある場合は、フィードバックボタンを使用してください。

インスタンスの管理

UI変換の残りのギャップの68つは、インスタンスを簡単に管理する機能です。 v.XNUMXでは、インスタンスを手動で追加し(アクティブな検出がないデータソースの場合)、インスタンスの説明を編集し、デバイスデータソースからのインスタンスのアラートをグローバルに有効または無効にする機能が追加されました。 まだ作業中のいくつかの機能強化があります。
 
マルチインスタンスデータソースのアラートチューニングセクションには、インスタンスの追加オプションが含まれています。 これは、アクティブディスカバリがデータソースに対してグローバルに無効になっている場合にのみ選択できます。
 
2015 10-22-11.05.25 AMでのスクリーンショット
 
手動で追加されたインスタンスの場合、管理オプションを使用すると、インスタンス名、ワイルドカード値、説明、およびインスタンスグループを更新できます。
 
Active Discoveryによって追加されたインスタンスの場合、管理オプションを使用すると、インスタンスの説明を更新し、ActiveDiscoveryによって検出された説明を手動の説明に置き換えることができます。
2015 10-22-11.05.48 AMでのスクリーンショット

ビッグナンバーウィジェット

全体的なレイアウトと表示を改善するために、多数のウィジェットが拡張されました。
追加の構成オプションを使用して、ウィジェットでの数値の表示方法を簡単に再配置したり、使用可能なスペース内に表示されるように値を丸めたりできるようになりました。
2015 10-22-10.40.48 AMでのスクリーンショット
 
各ポジションの場所は次のとおりです。
2015 10-22-10.37.43 AMでのスクリーンショット
また、ユニットと下部のラベルが数値の中央に配置されていることに気付くかもしれません。 小数点以下XNUMX桁以上を表示する値がある場合は、仮想データポイントを作成して、必要に応じて値を調整することをお勧めします。
2015 10-22-10.46.54 AMでのスクリーンショット 

デバイスの管理と監視の追加

このリリース以前は、デバイスの管理、他の監視の追加、リモートセッションなどの多くの機能は、デバイスツリーでデバイスに移動した場合にのみ使用可能でした。 データソースまたはインスタンスからこれらの関数に直接アクセスする機能を追加しました。
 
 

アラートフィルター–サブグループの区別

サブグループを明確に除外する場合、アラートテーブルをグループでフィルタリングするのは難しい場合があります。 フィルタロジックが更新され、グループ名が個別のものとして扱われ、Group *がすべてのサブグループを含むものとして扱われるようになりました。 フィルタリング時にこれを簡単にするために、サブグループを含めるためのチェックボックスが追加されました。 チェックすると、*が自動的にフィルターに追加されます。
2015 10-22-11.28.38 AMでのスクリーンショット
 

新しいショートカット– Shift +クリック

[アラート]テーブルの[確認]チェックボックスなど、テーブル内の複数の行をチェックしようとしている場合は、Shiftキーを押しながらクリックして範囲を選択できるようになりました。 最初の項目を選択し、Shiftキーを押しながら範囲内の最後の項目を選択するだけです。 タスクを簡単にするための継続的な取り組みの一環。

AWSの改善:

  • AWSリソースをアカウントから自動的に削除する方法はいくつかあります。 XNUMXつは、アカウントまたはサービスのデフォルトを設定して、終了したインスタンスをすぐに、またはx日後に自動的に削除することです。
    2015 10-20-1.27.53 PMでのスクリーンショット
     プロンプトが更新され、これが次の場合にトリガーされることが明確になりました。 AWS内でリソースが見つかりません.
  • 次の方法でリソースの削除を構成することもできます。 サービスの選択を解除する または監視する地域。 これが行われると、デフォルトの保持期間は、サービスの構成に基づいてデフォルトになります。
    2015 10-20-1.31.40 PMでのスクリーンショット
    次のリリースでは、リソースが削除されなくなった理由と削除予定日に関する詳細を[デバイスの詳細]ページのヘッダーに含めます。
  • 終了したAWSインスタンスを後で自動的に削除するオプションを追加しました 14日または30日.
  • 世界 AWSデバイスの総数 デバイスツリーで利用できます。
     2015 10-20-1.15.56 PMでのスクリーンショット
    また、XNUMX日あたりのAWSデバイスの平均数を提供するデータソースもあります。フィードバックボタンを使用して、興味があるかどうかをお知らせください。
  • AWSタグプロパティをsystem.aws.tagnameからに再フォーマットしました system.aws.tag.name.

その他の改善点

  • すべてのウィジェットに、 埋め込まれたURL。 これらは、読み取り専用ユーザーの資格情報のみを使用して構成することをお勧めします。
  • 世界 アラートフィルターをクリア [デバイスアラート]タブの静的オプションです。 これはデバイスまたはグループのアラート履歴を確認する最も簡単な方法であるため、見つけやすくしました。 デフォルトでは、アクティブなアラートのみが表示されます。2015 10-20-1.17.24 PMでのスクリーンショット
  • ダッシュボードの追加時にグループが選択されていない場合、グループは自動的にルートフォルダーに追加されます。
  • 世界 アラートの総数 ページ数に関係なく、常にアラートページに表示されます。 
  • アラートテーブルの並べ替え ビュー間で保持されます。 重大度で並べ替えると、常にクリティカルが最初に表示されます。
  • データソースのすべてのインスタンスのアラートをオンまたはオフにするための[すべて選択]オプションが追加されました。 これは、一度に無効にしたいインターフェイスまたはポートが多数ある場合に特に役立ちます。2015 10-20-3.59.41 PMでのスクリーンショット
  • 'の新しい役割ベースのアクセス制御構成がありますデバイスダッシュボードの管理を許可。」 このオプションの前は、デバイスダッシュボードを表示できるすべてのユーザーも変更を加えることができたため、これはデフォルトでチェックされています。 これがオフの場合、ユーザーはデバイスと関連するデバイスダッシュボードを表示できますが、構成を追加または変更することはできません。 
  • 更新しました コレクター画面の管理、コレクターを再起動するときとコレクター構成を確認するときを明確にするため。 管理画面から直接再起動するか、[サポート]をクリックして[コレクター構成]を選択できます。2015 10-20-4.10.51 PMでのスクリーンショットコレクター構成を選択すると、さまざまな構成設定を表示する機会が与えられます。 変更が加えられた場合は、そのビューから保存して再起動できます。
  • シングルサインオン構成に小さな改善が加えられ、SSOが無効になっているときにメタデータを表示できるようになり、SAML2.0を選択する必要がなくなりました。
  • ウィジェットの編集中に[保存]をクリックすると、アクティブで編集されたテーブル行が自動的に保存されます 
  • 新しいアラートレポートの構成は好評ですが、プレビューを更新するもの(フィルターと列)と他の基準の違いは明確ではありませんでした。 フィルタとプレビューを更新しない設定の違いを追加しました。2015 10-20-4.20.44 PMでのスクリーンショット
  • に機能を追加しました eventsourcesとbatchjobsをインポートします LogicMonitorリポジトリまたはXMLから。
  • 無効になっているデータソースをデバイスダッシュボードビューから削除し、探しているものをすばやく簡単に見つけられるようにしました。
  • データソースのしきい値を編集する場合、データソースまたはグループレベルでしきい値を編集することを選択できます。 グループレベルの変更を行う場合、管理する権限を持つ任意のグループを選択できます。
    2015 10-22-2.16.20 PMでのスクリーンショット

修正されたバグ:

  • Googleマップウィジェットに問題があり、JavaScriptエラーが原因でデフォルトでカリフォルニアになりました。 これは解決されました。 ズームも修正されたため、ウィジェットはビュー間でズームレベルを維持します。
  •  監視対象のプロセスとサービスを追加すると、「プロセスを取得しています。後で試してください」というエラーが表示されます。 根本原因が修正され、より適切なエラーメッセージが追加されました。
  • 監視対象インスタンスを手動で追加すると、デバイスツリーが更新され、インスタンスを表示できるようになります。
  • ダッシュボードアラートウィジェットにはグループ列がありませんでした。これが追加されました。
  • Linuxプロセスを追加するときに、プロセスがすでに存在する場合、不明確なエラーが表示されました。 
  • [アラート]ページでイベントアラートを表示すると、アラートの詳細は表示されませんでした。
  • 特定のイベントソースとインスタンスは、データソースまたはデバイスレベルで設定されたアラート無効ステータスを正しく反映していませんでした。
  • OpsNotesはズームをリセットした後も持続しないか、グラフの自動スケーリングで問題が発生します
  • バッチジョブは、日付だけでなく、時間どおりに発生し、終了したことを表示します。
  • ConnectWise統合のプロパティは、新しい統合用に正しく作成されませんでした
  • デバイスグループのウィザードへの適用には、他のグループ基準に基づいてフィルタリングするオプションがありました。 これを実行しようとするとエラーが発生するため、これは削除されました。
  • コレクターの管理権限はあるが、アラート設定を構成する権限がないユーザーは、誤った権限拒否を取得していました。
    設定にアクセスするときのエラー。
  • デバイス検索を実行すると、標準デバイスとクラウドデバイスで同じアイコンが表示されていました。 クラウドデバイスにクラウドアイコンが表示されるようになりました。
  • 新しいデバイス検索は強力であるため、関連付けられたインスタンスがない場合でも、各デバイスのすべてのデータソースが返されていました。 検索では、監視対象のデバイスとインスタンスのみが返されます。
  • WindowsのイベントIDが正しく表示されていませんでした。 特定のWindowsイベントコードがイベントIDになりました。
  • 円グラフが更新され、凡例にインスタンス名のみが表示されるようになりました。これは、他のウィジェットでのトークンの割り当て方法と一致しています。
  • グループまたはデバイスでアラートを無効にすると、十分な詳細がないアクセスログエントリが発生しました。 これで、エントリにグループまたはデバイスと実行されたアクションが含まれます。
  • グループのしきい値が、アラート調整のしきい値列に正しく表示されていませんでした。