サポートセンターホーム


v.67リリース:検索設定、デバイスページの改善

09.17.15に公開

v.67リリースは、主にUIの微調整に重点を置いていました。これは、支援を受けたチームがXNUMX月にいくつかの優れたデータとサービスの改善をもたらすために懸命に取り組んでいるためです。 ただし、ほとんどの設定ページを検索する機能や、デバイスページの機能の向上など、いくつかの役立つ改善点があります。

サービス–ステータス9の改善

アップデイト:最新のSiteMonitorバージョンはTLS1.1および1.2をサポートします。 以前に発表されたように、TLS1.0はサポートされません。

無効な証明書を警告するための追加の変更がありますが、将来のリリースでこれらを導入する予定です。

検索設定ページ

一般的な需要により、検索機能が次の機能に追加されました。

  • アラートルール
  • エスカレーションチェーン
  • コレクター
  • OID

アプリケーションの他の場所と同様に、検索はフィールド間で使用できます。 たとえば、エスカレーションチェーンでは、チェーン名、説明、宛先、およびccフィールドを検索できます。

デバイスページの改善

作業中にデバイスツリーの改善がいくつかあり、v.68で提供されることを願っています。 その間に、他のいくつかのリクエストが出されました。

デバイス名とIPが異なる場合は、両方がブレッドクラムに表示されます。

2015 09-14-12.55.19 PMでのスクリーンショット

ヘッダーにもリンクを追加しました。 デバイスの管理画面にリンクが追加されている場合、アイコンをクリックすると、デバイスのURLを含む新しいウィンドウが開きます。

2015 09-11-12.54.08 PMでのスクリーンショット

データソースのグローバル定義へのリンクは、混乱を減らすために移動されました。これにより、データソースの説明に十分なスペースも確保されます。 

2015 09-11-12.55.05 PMでのスクリーンショット

2015 09-11-12.57.10 PMでのスクリーンショット管理ボタンを改善し、デバイスを管理するオプションがあること、またはドロップダウンを選択して機能を強化するオプションがあることをより明確にしました。 ホバーすると、各ボタンが消灯します。

最後になりましたが、少なくとも、デバイスツリーにインスタンスの説明を追加しました。

 

HTMLウィジェットはiframeをサポートしています

HTMLウィジェット構成では、iframeコンテンツを埋め込むための新しいオプションを利用できます。  

ネットワークトラフィックテーブルのより良い命名

トップアプリケーションテーブルがトップトーカーになりました。 これは、どのIPが最も多くのフローを持っているかを示すビューであるため、表示されるデータのより正確な説明です。 トップポートテーブルは、どのアプリケーション(ポートで表される)が最もトラフィックが多いかをまとめたものであるため、「トップアプリケーション」というラベルが付けられました。

 

2015 09-14-1.05.43 PMでのスクリーンショット

その他の改善点

  • Device NOCウィジェットを使用すると、glob式を持つアイテムとしてトップグループまたはサブグループを区別できるようになりました。 Group = Groupを使用すると、グループのXNUMXつのアイテムが表示されます。 Group = Group / *各サブグループのアイテムを表示します。  
  • デルタパーセントの変化に利用できる新しいデータポイント評価。 これにより、あるポーリング間隔から次のポーリング間隔までのデータポイント値の絶対変化率を比較できます。 これは絶対値であるため、delta%> 15の場合、15%の増加または減少を警告します。
  • アラートフィルターで「*」を使用すると、最初にglob一致が実行され、次に正規表現が実行されます。 これにより、フィルターが正しく制限されていることを確認することが困難になりました。 アラートフィルターの正規表現は削除されました。 これは、今後のリリースでアプリケーションの他の場所で改善される予定です。
  • WindowsコレクターをダウンロードするためのRPCが改善され、64ビットコレクターを32ビットマシンにインストールできないようになりました。
  • APIのフィールド検証は継続的に改善されており、有効な名前の作成を確実にするために、改善されたエラーメッセージがUIに追加されています。
  • 「不明なエラー」の代わりに、新しく作成されたインスタンスがグラフにデータを表示するのに数分かかります。根本的な原因が説明されています。
  • 2015 09-14-1.14.45 PMでのスクリーンショットデバイスダッシュボードのデータソースのドロップダウンオプションは、ナビゲーションを容易にするために移動されました。
  • バッチジョブデータポイントでアラートレポートをフィルタリングする機能が追加されました。
  • 新しいOIDは、[設定] | [設定]から直接インポートできます。 OID。
  • 世界 サービストークン## VALUE ## アラートの値に制限されており、以前はURLなど、他のトークンから入手できる情報を繰り返していました。 これにより、サービスアラートの柔軟性と構成が向上します。
  • を使用するシングルサインオンユーザー Azure Active Directory Azure ADセッションがタイムアウトした場合、セッションエラーが発生します。 これは、プロバイダーのサインインページへのリダイレクトに置き換えられました。
  • 2015 09-16-4.05.21 PMでのスクリーンショットデータソース、イベントソース、およびバッチジョブをデータソースとして参照する際の混乱を避けるために、グループの名前が変更されました。 ロジックモジュール.
  • モバイル用のグラフウィジェットの境界線とタイトルが改善されました。
  • 入力フィールドをクリックすると、提案された結果がすぐに表示されます。
  • Netscanを構成すると、使用可能なグループがアルファベット順に表示されます。
  • AWS認証情報をテストするときに、より詳細なエラーメッセージを利用できます。
  • 検索の詳細は次の場合に保持されます 設定で検索| データソース.
  • 追加されました 関連するデバイスを表示する 設定へ| 特定のデータソースを表示するときのデータソース。 これにより、インスタンスを持つデバイスでフィルタリングする機能も提供されます。
  • 上位10個の拡張インスタンスは、デバイスダッシュボードに戻ると自動的に開きます。

修正されたバグ

  • ネットスキャン グループが割り当てられていない場合、XNUMXつのデバイスのみを返していました。
  • 「最終変更者」としてサービス概要レポートを実行すると、以前のユーザーの役割ベースのアクセス制御が正しく適用されませんでした。
  • 限られたデバイスのセットを管理する権限を持つユーザーは、「他の監視を追加、」監視対象のWebページまたはWindowsプロセスを追加する機能を制限します。
  • グローバルしきい値 正しく表示されませんでした。 値の問題が修正され、全体的なレイアウトが改善されました。
  • 作成するとき イベントソース、タイプを変更すると、保存が失敗します。
  • 特定のサービスアラートがデバイスアラートビューに含まれていました。
  • デバイスシアー
    ch
    デバイスの説明とIPも検索するようになりました。