サポートセンターホーム


v.65リリース:新しいレポートページ、アラートレポート、さまざまな改善

07.23.15に公開

いくつかの機能の重いリリースの後、これはレポートページの周りの集中的な改善とさまざまな小さな修正と改善をもたらします。

新しいレポートページ

新しいレポートページは、「すべてのツリー」のパラダイムから、より使いやすい管理レイアウトに移行します。

2015 07-17-12.16.47 PMでのスクリーンショット

よりシンプルなレイアウトに加えて、次のことができるようになりました。

  • タイプを見る、最終実行日、および各レポートの最新のサイズ。
  • フィルタ レポートタイプ別のレポート
  • 並べ替え グループとレポートの名前または最終実行日。
  • レポートを実行する 概要ページから直接>をクリックするか、歯車アイコンを選択して構成します。
  • あなたが作るとき レポートの更新、新しいレポートとして簡単に保存したり、既存のレポートを上書きしたりできます。

レポートの追加には、各レポートタイプに関する基本情報が含まれるようになり、ニーズを満たすレポートタイプを決定するのに役立ちます。

2015 07-17-12.20.25 PMでのスクリーンショット

 

レポートをコピーする 変更されました。 既存のレポートのバリエーションを作成するには、既存のレポートを編集し、[保存]をクリックすると、バリエーションを新しいレポートとして保存するか、既存のレポートを上書きするかを選択できます。

2015 07-21-9.35.20 AMでのスクリーンショット

アラートレポートの更新

アラートページまたはウィジェットと同じ方法でアラートレポートをフィルタリングできるようになりました。

2015 07-24-9.53.34 AMでのスクリーンショット

フィルタを変更するとアラートビューが更新され、レポートに含まれる内容のプレビューが表示されます。

注:新しいフィルターをサポートするために、除外オプションがアラートレポートから削除されました。 1つまたは複数のアイテムを除外するには、glob式(!host2 | hostXNUMX、または!* dev)を使用します。

サービスアラートの改善:

以下 新しいトークン サービスアラートメッセージに使用できます。

  • ## SERVICEDESCRIPTION ## –サービスのカスタム説明を返します
  • ## URL ## –サービスのURLを返します
  • ## SERVICEGROUP ## –サービスがメンバーであるグループを返します

サービスアラートメッセージトークンの完全なリストについては、[intlink id =” 2950″ type =” page”]このページ[/ intlink]を参照してください。

その他の改善:

ユーザーインターフェイスの改善とバグ修正は、新しいUIビューに適用されると想定されていることに注意してください。

  • ダッシュボード全体のクローンを作成するオプションが追加されました。
  • アクセスログに表示されるデバッグコマンドを更新して、最初のコマンドのみを含め、長さを制限し、パスワード情報が含まれないようにしました。
  • [設定]タブのすべてのアクション(追加、更新、削除)がアクセスログに記録されていることを確認しました。
  • Googleマップウィジェットにアラートステータスが含まれるようになりました。
  • データソースは、「すべてのデータソース」デバイスダッシュボードのデータソースグループごとに配置されるようになりました。
  • [設定]タブの[データソース]ツリーで検索結果に表示されるデータソースの数の制限を削除しました。
  • 検索は、globとregexではなくglobを使用するように標準化されているため、結果をより細かく制御できます。
  • [設定] | [設定]のデータソーステンプレートのデータポイントテーブルに[しきい値]列が追加されました。 データソース。
  • パスワードを変更すると、ユーザーは再サインインする必要があります。
  • ユーザーがデバイスまたはサービスを管理する権限を持っていない場合、[管理]ボタンは完全に削除されます。
  • NOCウィジェットのアイテム名は、デフォルトでGroupBy値になります。
  • ログイン時に、コレクターダウンメッセージは、コレクターページにアクセスできるユーザーにのみ表示されます。
  • 受信者グループが任意の電子メールに送信できるようにするために、ユーザーを指定する必要はありません。
  • デバイスツリー内のグループ内のすべてのデバイスを常に表示しようとするのではなく、表示時間の遅延を引き起こす可能性があります。「もっと見る」のオプションは、100を超えるデバイスを持つグループに対して表示されます。
  • アカウント管理ページを更新して、ロゴのサイズとタイプをより明確にし、柔軟性を持たせました。
  • デバイスから監視するプロセスとサービスを追加する場合| 管理| 他の監視を追加| 追加の監視画面のドロップダウンリストがアルファベット順に表示されるようになりました。

修正されたバグ:

ユーザーインターフェイスに関連するバグ修正は、新しいUIビューで修正されると想定されています。

  • 空白のデバイスまたはデバイスグループプロパティが以前に作成された可能性があり、コレクターの問題が発生していました。 空白のプロパティは許可されなくなり、データ処理が発生しても中断されません。
  • Webサイトの概要レポートが実行されると、データはユーザーが表示するためにアクセスできるサービスについてのみ表示されます。
  • アラートステータスレポートのCSVバージョンの余分な列が削除されました。
  • すべてのデータソースのインポートはアクセスログに記録され、長い表示名のデータソースで例外が発生する問題に対処します。
  • 新しいUIで、アラートのしきい値を負の数に設定できるようになりました。
  • アラートウィジェットは、重大度でソートされたときに最初にクリティカルアラートを表示するように修正されました。
  • ダッシュボードグラフが適切に並べ替えられない問題を修正しました。
  • ホストを削除しても、デバイスパネルビューがツリーの先頭にリセットされなくなりました。
  • 監視されていないグループからデバイスを追加すると、コレクターは番号順に表示されます。
  • 時間00:00は、時間ベースのエスカレーションチェーンの終了時間として追加できるようになりました。
  • 列幅が最後に構成されたサイズではなくデフォルトに戻ることがあるバグを修正しました。
  • 新しいUIは、空のエスカレーションチェーンステージをサポートするようになりました。
  • [今すぐ実行]は、以前は変更が加えられたNetscanポリシーでのみ使用可能でしたが、変更が行われたかどうかに関係なく、すべてのNetscanポリシーで使用できるようになりました。
  • 仮想データポイントを定義するための明確化がゲージウィジェットに追加されました。
  • エスカレーションチェーンフィルターが使用されている場合、エスカレーションチェーンのないアラートがアラートテーブルから適切にフィルターされるようになりました。
  • 表示名にコンマが含まれるデータソースのデバイスページにアラートが表示されませんでした。 カンマが正しく処理されるようになりました。
  • アラート期間は、開始時刻から現在時刻までに基づいて計算されました。 それは長すぎます。 これらは、クリアになるまで開始時間に基づいて計算されるようになりました。
  • 設定のユーザーテーブル| ユーザーは、役割による並べ替えを有効にするように修正されました。

 

記事上で