サポートセンターホーム


v.64リリース:AWSベータ版、デフォルトのデバイスダッシュボード、サービスNOCウィジェット、サービスAPI

07.06.15に公開

私たちはベータUIを微調整し続けており、誰もが喜ぶと思ういくつかの大きなアイデアが動いています。 デバイスツリーがない場合は、以下にコメントしてください。プロトタイプのフィードバックセッションに参加します。 その間:

AWS –オープンベータ

AWSはすべてのユーザーが利用できるようになりました。 [デバイスの追加]ドロップダウンにAWSグループを追加できることに気付くでしょう。

2015 06-29-3.59.44 PMでのスクリーンショット

AWSのモニタリングと設定の詳細が利用可能です こちら.  

注意:

  • AWSデータのコレクションは、ローカルデータセンターから非スクリプトデータソースを実行する必要がないため、ローカルコレクターからLogicMonitorでホストされるコレクターに移動されます。 この移行は、v.64リリースとv.65リリースで段階的に行われます。
  • パフォーマンスの問題を回避するために、一度に3000を超えるAWSリソースを追加しないことをお勧めします。
  • デバイス名の一部として、リージョン名が省略されています(US-E、US-Wなど)。 これは動的グループに影響を与える可能性があります。

デフォルトのデバイスダッシュボード

デバイスダッシュボードは強力ですが、いくつかの構成が必要です。 同時に、古いUIビューで可能なように、データソースグラフ間をクリックできるようにするための多くのリクエストがありました。 両方に対処するために、「すべてのデータソース」という名前のデフォルトのデバイスダッシュボードが含まれています。

どのデバイスでも、[グラフ]タブの[デバイスダッシュボード]リストから[すべてのデータソース]を選択できるようになりました。

2015 07-17-9.14.18 AMでのスクリーンショット

[すべてのデータソース]デバイスのダッシュボードビューには、デバイスのすべてのデータソースとそれに関連するグラフが含まれます。 データソースはアルファベット順にソートされており、次のリリースでデータソースグループに配置される予定です。

2015 06-30-12.06.03 PMでのスクリーンショット

サービスNOCウィジェット

Services NOCウィジェットを使用して、すべてのサービスのステータスを一目で確認できます。  2015 06-30-12.07.59 PMでのスクリーンショット標準のNOCウィジェットと同じように、サービスを構成に追加するだけです。

どちらを選択するか アラートの重大度 表示する。

並べ替え 名前またはアラートの重大度。

追加 サービスグル​​ープまたはサービス。 グループ内のすべてのサービスが必要な場合は、サービスグル​​ープを追加してから、[サービスごとにグループ化]を選択します。

世界 トークン フィールドでは、サービス名がNOCアイテムにどのように表示されるかを構成できます。  

 

アラートチューニング

[アラートチューニング]タブが、デバイスグループとマルチインスタンスデータソースで使用できるようになりました。

2015 06-30-12.17.32 PMでのスクリーンショット

[アラートチューニング]タブから、次のことができます。

  • データソース(グループレベル)またはインスタンス(マルチインスタンスレベル)の監視またはアラートを有効または無効にします。
  • インスタンス上の特定のデータポイントのアラートを有効または無効にします。
  • インスタンスグループのしきい値を調整します。

システムメッセージ

2015 06-30-12.21.14 PMでのスクリーンショットシステムメッセージがベータUIビューで利用できるようになります。 これは、最初はアカウントのアップグレードなどの標準メッセージに使用されますが、近い将来、他の意味のあるメッセージをカバーするように拡張されます。

サービスAPI

RESTAPIサービスリソースをすべての人が利用できるようになりました。 このAPIを使用すると、LogicMonitorサービスとサービスグル​​ープをプログラムで管理でき、次の機能が含まれます。

    • サービスとサービスグル​​ープに関する情報の取得
    • サービスおよびサービスグル​​ープの追加、更新、および削除
    • サービスおよびサービスグル​​ープのSDTの管理
    • そして、もっと...

Services REST APIの詳細とリクエストの作成方法については、[intlink id =” 19140″ type =” page”]ドキュメント[/ intlink]をご覧ください。

その他の改善:

      • イベントソースの更新とデバッグコマンドは、アクセスログに記録されます。
      • Disabled Datasourceグループは、空の場合は表示されません
      • ユーザーとロールに追加された検索機能
      • NOCウィジェットは、新機能により、新しいUIを介してのみ追加できます
      • サービスアラートのデフォルト列としてデータソース列が追加されました
      • アラートルールは、データソース値にデータソース表示名を使用します。 これにより、データソース名がCPUコアなどのインスタンス値の一部になります– instanceA

修正されたバグ:

    • ベータUIのインスタンスグループアラートビューに一部のアラートがありませんでした
    • グラフの詳細を拡大すると、線の分離設定がリセットされます
    • データソースグラフのバグ修正。グラフの作成時にすべてのデータポイントが使用可能であり、データソースの複製時にグラフが複製されるようにします。
    • サブグループのステータスが、新しいNOCウィジェットのプライマリグループにロールアップされていませんでした
    • 進行中のベータUIの修正と改善