サポートセンターホーム


v.63リリース:新しいウィジェットとAWSの改善

06.09.15に公開

先月、ダッシュボード内に安全なWebページまたはURLを表示できるHTMLウィジェットという新しいウィジェットが追加されたことにお気づきかもしれません。 今月は、新しいNOCウィジェットと、Pie、Big Number、Gaugeウィジェットを提供します。これらのウィジェットを使用すると、データ集約型のグラフの一部をビジネスにとって意味のあるメトリックに抽出できます。

新しいNOCウィジェット

2015 06-09-8.51.36 PMでのスクリーンショット

新しく改良されたNOCウィジェットには、以前のバージョンのすべての機能に加えて、次の機能があります。

  • 表示する特定のアラートレベルを選択します。
  • デバイスグループ、デバイス、データソース、インスタンス、およびデータポイントを含める
  • 緑で表されたアラートになっていないエンティティを参照してください
  • インフラストラクチャまたはアプリケーションを一目で確認できます

取り付けガイドを参照してください。 ヘルプドキュメント 新しいNOCウィジェットとその構成方法の詳細については。

ビッグナンバーウィジェット

単一のメトリックの現在の値、デバイス全体のメトリックの合計値、データベースの値、または上記のいずれかの組み合わせに基づいてビジネスが成功を測定するかどうかにかかわらず、一目で簡単に表すことができます。ビッグナンバーウィジェットで。

Big Numberウィジェットとその構成方法の詳細については、を参照してください。 このページ.

ゲージウィジェット

監視しているメトリックに相対値がある場合、または最大値と比較した集計値として最も意味がある場合は、ゲージウィジェットがお気に入りの新しいLogicMonitor機能である可能性があります。 

新しいゲージウィジェットとその構成方法の詳細については、 ドキュメント.

パイウィジェット

パイウィジェットは、ネットワークトラフィックフロー分析でこっそりと登場し、おいしいパイの形で最もよく表現されていると感じるデータに利用できるようになりました。

パイウィジェットとその構成方法の詳細については、を参照してください。 このページ.

ウィジェットを試してみて、あなたの考えを教えてください。 それらを使用するために使用できる最も創造的で意味のある方法は何ですか?

AWSの改善

AWS Monitoring(Beta)は、APIユーザーアクセス、サービス、場所、タグに基づいてAWSリソースを自動検出します。 動的なAWSリソースを自動検出するために同様に重要なのは、モニタリング情報が不要になったときにそれらを自動削除することです。 これはいくつかの方法で行うことができます。

  • サービスまたはリージョンが削除されると、ユーザーは関連するすべてのインスタンスをすぐに削除できるようになります。
  • クラウドグループまたは特定のサービスは、デッドインスタンスがすぐにまたは7日後に自動的に削除されるように構成できます。

AWSの設定を簡単にするために、セットアップ用にデフォルトのセクションが追加され、最も一般的なリージョンとタグを設定できるようになりました。

AWSモニタリングはベータ期間中は無料のままで、請求は1月XNUMX日の商用リリースから開始されます。 試してみるには、サポートに連絡してください。

ベータUIの改善

生データが帰ってきました!

  • リモートセッションもベータUIに追加されました。 非推奨ですが、少なくとも年の残りの期間は引き続き利用できます。
  • 「最終アクション」タイムスタンプが「設定」タブの「ユーザー」セクションに追加されました
  • ウィジェットの詳細ビューには、わかりやすいタイムゾーン情報が表示されます
  • ウィジェットをさまざまなダッシュボードに複製する機能が追加されました
  • デバイスで使用可能な管理、表示、確認の権限を反映するための改善されたサービスロールベースのアクセス制御
  • 展開されたウィジェットビューで使用可能な最小、最大、および平均
  • インスタンスビューグラフのリストされたオプションに「グラフ定義」を追加し、データソースグラフ構成に簡単にアクセスできるようにしました
  • [設定]タブビューは、デフォルトで最後にアクセスしたセクションになります
  • デバッグウィンドウは必要に応じてサイズ変更できます
  • デバイスツリーのすべてのレベルで利用可能なホバーのヒント
  • SDTテーブルが追加され、アクティブ、今後、および繰り返しのスケジュールされたダウンタイムを区別できるようになりました
  • 過去30日間利用可能なデバイスとインスタンスのアラート履歴
  • 時間ベースのエスカレーションチェーンの修正

その他の改善点

  • モバイルアラートページにリンクする短縮URLは、モバイルビュー全体を指すようになりました
  • 意味のあるエントリが乱雑にならないように、ユーザーのログアウトはアクセスログに記録されなくなります
  • 新しいConnectWiseAPIを利用するようにConnectWise統合を調整し、代替ボードの問題に対処しました
  • 全体的なサービスアラートは、カウントが変更された場合、アラートのサイトモニターの数で更新されます

バグ修正

  • 誤ったホストが含まれていたアラートトレンドレポートの問題に対処しました
  • データポイントの順序に違いがある場合、データソースがインポートリストに表示されていました
  • しきい値が削除されると、アラートはクリアされます
  • ベータUIで常に優先順に表示されるようにアラートルールが修正されました