v.202リリースノート

最終更新日: 01 年 2024 月 XNUMX 日

機能のハイライト

  • LM コパイロットの発売
  • 動的マップのノード グループ化
  • 使用状況レポートの一般提供
  • クラウドの使用状況レポート

更新の監視

  • Cisco Meraki MT シリーズ IoT センサーの新しいモニタリング
  • セキュリティ イベント用の Meraki API ベースの LogSource を追加
  • VMware および Aruba EdgeConnect 用の更新されたモジュール

アラート

強化

「根本原因分析」が「依存アラート マッピング」に名前変更されました

根本原因分析は、依存アラート マッピングに名前が変更されました。この名前の変更は、LogicMonitor ポータル全体に反映され、機能を構成するワークフローには影響しません。

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください 設定 > 警告 > 依存アラートマッピング.

ダッシュボード

強化

フィルターを適用したダッシュボード URL をコピーする

ダッシュボード URL のコピー機能を使用すると、フィルターを適用してもしなくても、ダッシュボード URL を共有できます。ダッシュボード URL には、URL が生成されたときの正確なビューが表示されます。

注: ダッシュボード URL は、正確なカスタマイズと選択された時間範囲とともにコピーされます。

詳細については、を参照してください。 最新のダッシュボード 製品ドキュメントに記載されています。

強化

グラフウィジェットのデータポイント分析

ダッシュボード UIv4 のグラフ ウィジェットからデータポイント分析にアクセスできるようになりました。

右上のオーバーフロー メニューには、ウィジェット内のデータポイントのデータポイント分析を開始するための新しいオプションがあります。これは、時系列データを含むグラフ ウィジェットでのみ使用できます。

注: ウィジェットごとに 100 を超えるリソースがある場合、Datapoint Analysis はアルファベット順にソートされた上位 100 を取得します。

ID とアクセス

強化

パスワードの最小長

パスワードの最小長は 12 文字に設定されています。

注: パスワードの最小長の変更は、新規ユーザーと既存ユーザーがパスワードを更新または変更するときに適用されます。詳細については、「」を参照してください。 ユーザーの追加 製品ドキュメントに記載されています。

強化

ユーザーポータル設定の停止について

すべての新しいポータルの停止日は 90 日に設定されます。
既存のポータルの場合、停止日数は 0 日または設定された日数のままになります。

さらに、シングル サインオン ユーザーとともに、ローカル ユーザーも停止されます。

詳細については、を参照してください。 ポータル設定 製品ドキュメントに記載されています。

強化

ユーザーの電子メール認証

電子メール検証リンクは、次の 2 つのシナリオでユーザーに送信されます。

  • 新しいユーザーが作成されたとき
  • 既存のユーザーがメール ID を更新するとき

確認プロセスを完了し、アカウントをアクティブ化するには、電子メールに記載されているリンクを選択する必要があります。詳細については、「」を参照してください。 ユーザーの追加 製品ドキュメントに記載されています。

強化

パスワードの強制変更

[パスワード変更を強制する] オプションを有効にすると、次回のログイン時にパスワードをリセットするための電子メールが送信されます。

次のオプションを使用できます。

  • すぐに (このユーザーを強制的にログアウトします)- このオプションを選択すると、ユーザーはすぐに LogicMonitor ポータルから強制的にログアウトされます。さらに、ユーザーは次回ログイン時にパスワードをリセットする必要があります。
  • 次回ログイン (ユーザーは次回ログイン時にパスワードをリセットする必要があります)- このオプションを選択すると、ユーザーは次回のログイン時にパスワードをリセットする必要があります。

この機能に対して一括アクションを実行することもできます。詳細については、「」を参照してください。 ユーザーの追加 製品ドキュメントに記載されています。

強化

ユーザーアカウント変更の電子メール通知

次のフィールドが変更されると、電子メール通知が送信されます。

  • APIトークン
  • 役割
  • 表示許可
  • 二要素認証を有効にする

LM副操縦士

ベータ

LM 副操縦士チャットボットの発売

免責事項: LM Co-Pilot は、プレビュー モードで制御された可用性とともにリリースされます。 LM Co-Pilot の詳細については、カスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。

LogicMonitor は、生成型 AI チャットボットである LM Co-Pilot を発売しました。 LM Co-Pilot を使用すると、ユーザーやデバイスの管理などの複雑な管理タスクを手間をかけずに迅速に実行できます。

この機能にアクセスするには、 LM副操縦士 アイコンは、LogicMonitor ポータルの右上隅にあります。

詳細については、を参照してください。 LM 副操縦士の概要 製品ドキュメントに記載されています。

モジュール

強化

ヘッダーの並べ替え

My Module Toolbox および Exchange のモジュール テーブルで次の列を並べ替えられるようになりました。

  • Status:
  • 著者
  • 使用状況
  • サポート状況

これにより、選択したヘッダーに基づいてモジュールのリストをアルファベット順に移動できます。さらに、フィルタを適用した後に並べ替えてモジュールのリストをさらに整理し、必要なモジュールを見つけることができます。

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください モジュール > [My Module Toolbox] または [Exchange] を選択し、並べ替えるステータスのテーブル ヘッダーを選択します。

強化

ロジックモジュール管理の改善

LogicModule の管理を強化するために、次の改善が行われました。

  • LogicModule のクローン作成時のローカル履歴エントリが改善されました。
  • LogicModule の使用中/未使用の追跡が改善されました。
  • LogicModule の「カスタマイズ済み」ステータスを判断するためのロジックが改善されました。
推奨されない

LogicModules のモジュールへの移行

将来のリリースでは、LogicModules は設定から​​利用できなくなります。 Exchange、My Module Toolbox、およびナビゲーション バーのモジュールからモジュールを管理するためのすべての設定にアクセスできます。

詳細については、を参照してください。 モジュールの概要 製品ドキュメントに記載されています。

解決された問題

有効な OID の保存を妨げる LogicModule OID フィールドの文字制限を修正しました。

リソース

強化

デフォルトレベルのインスタンスグループグラフが新しい UI に表示されるようになりました。

トポロジー

強化

動的マップのノード グループ化

ノードのグループ化がダイナミック マップで利用できるようになりました。アカウント、クラスター、ノード、名前空間、プロバイダーなどの特定のプロパティのセットに基づいてノードをグループ化できるようになりました。詳細については、「」を参照してください。 トポロジマップの作成 製品ドキュメントに記載されています。

使用法

強化

使用状況レポートの一般提供

使用状況レポートは、すべての LogicMonitor ポータルで一般提供されるようになりました。使用状況レポートを使用すると、組織の月次の累積使用量を表示して、環境で最も多くのデータ使用量が発生している方法と場所を把握するのに役立ちます。

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください 設定 > 使用法.

詳細については、を参照してください。 使用状況レポートの概要 製品ドキュメントに記載されています。

強化

クラウドモニタリングの使用状況レポート

LogicMonitor は、Cloud Monitoring サブスクリプションの一部として IaaS および PaaS モニタリングの使用状況メトリクスを提供するようになりました。使用状況メトリックは、IaaS および PaaS リソースの月次平均数で構成されます。

IaaS 監視の使用状況メトリックは、非コンピューティング リソースと IaaS リソースに分割されているため、それらを個別に表示したり、合計使用数を組み合わせた形式で表示したりできます。 PaaS 監視は、監視対象の PaaS リソースの月平均合計数として提供されます。

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください 設定 > 使用法をクリックし、「IaaS 監視」または「PaaS 監視」を選択します。

詳細については、を参照してください。 使用状況レポートの概要 製品ドキュメントに記載されています。

強化

使用状況レポートのテナント ID 貢献者

テナント識別子を使用状況レポートの寄稿者として利用できるようになりました。別個の LogicMonitor ポータル間で子アカウントを使用する複数の投稿者の使用状況データを表示することに加え、テナント ID を使用すると、同じ LogicMonitor ポータル内で編成されている複数のアカウントの使用状況データを表示できます。これにより、環境の構成に応じて 2 種類の寄与者を切り替えることができるため、使用状況メトリクスの信頼できる情報源が強化されます。

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください 設定 > 使用法をクリックし、「tenant.identifier」共同作成者タイプを選択します。

詳細については、を参照してください。 使用状況レポートの概要 製品ドキュメントに記載されています。

コレクターリリース

次のコレクター リリースが利用可能です。

  • EA Collector 35.301 は、12 年 2024 月 XNUMX 日にリリースされました。詳細については、 EAコレクター35.301 リリースノート。
  • EA Collector 35.300 は、05 年 2024 月 XNUMX 日にリリースされました。詳細については、 EAコレクター35.300 リリースノート。

コンテナのリリース

Container Monitoring 7.0.0 は、06 年 2024 月 XNUMX 日にリリースされました。新しい Container Monitoring 機能、機能拡張、修正された既知の問題、およびアップグレード手順の詳細については、 コンテナ監視 7.0.0 リリースノート。

デクスダリリース

Dexda の初期バージョンは、27 年 2024 月 XNUMX 日にリリースされました。その機能の詳細については、 デクスダ リリースノート。

ロジックモジュールのリリース

新規および更新された LogicModule は、LogicMonitor ポータルで直接利用できます。 Exchange から新しいモジュールをインストールしたり、My Module Toolbox で既存のモジュールを更新したりできます。詳細については、「」を参照してください。 モジュールのインストールモジュール管理 製品ドキュメントに記載されています。

このセクションでは、このリリースで新しく追加された、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除される LogicModule をリストします。

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
4 つのデータソース:
  – Cisco_Meraki_DoorSensor
  – Cisco_Meraki_PowerSensor
  – Cisco_Meraki_TemperatureSensor
  – Cisco_Meraki_WaterSensor
Meraki MT シリーズ IoT センサーの新しいモニタリング。
1 ログソース:
  – Meraki セキュリティ アプライアンスのイベント
セキュリティ イベント用の Meraki API ベースの LogSource を追加しました。
1 データソース:
  – ジュニパー_ミスト_API
レート制限された API の今日のベスト プラクティスに従った新しい集中型データ収集モジュール。 Auto-Balanced Collector グループでの使用のサポートを導入し、 Juniper_Mist_Org 仮想デバイス。

詳細については、を参照してください。 ジュニパーミストモニタリング 製品ドキュメントに記載されています。
1 ログソース:
  – Meraki ネットワーク イベント
Meraki API ベースのネットワーク イベントを監視するための新しい LogSource。
4 つのデータソース:
  – Cisco_Catalyst_RouterHealth
  – Cisco_Catalyst_RouterPerformance
  – Cisco_Catalyst_SwitchHealth
  – Cisco_Catalyst_SwitchPerformance
Cisco Catalyst Center スイッチおよびルータのヘルスおよびパフォーマンスのモニタリングのサポートが追加されました。

詳細については、を参照してください。 Cisco Catalyst ワイヤレス アクセス ポイントのモニタリング 製品ドキュメントに記載されています。

1 データソース:
  – VMware_SDWAN_BGP_Sessions
新しい VMware SD-WAN (旧 Velocloud) BGP セッションのモニタリング。
1 データソース:
  – LogicMonitor_Collector_Publisher
最近コレクタ 35.300 以降に追加されたデータ パブリッシャー機能に関連するメトリックのモニタリング。
1 データソース:
  – Microsoft_Azure_ServiceBusQueue
Azure Service Bus Queue の新しい監視。
1 ログソース:
  – VMware SDWAN アラート
VMware SD-WAN デバイス アラートのログを提供する新しい監視。

詳細については、を参照してください。 VMware SD-WAN モニタリング 製品ドキュメントに記載されています。

更新されたLogicModules

LogicModule名詳細
1 データソース:
  – AWS_EC2
で監視されている EBS EC2 を除外するために applyTo を更新しました。 AWS_EC2_EBS.
1 データソース:
  – Cisco_IPSec_AggregateTunnels
各インスタンスのトンネル数に基づいて集計結果を平均するように TunnelStatus データポイントの処理を修正しました。
1 トポロジソース:
  – VMware_vCenter_Datastore_Topology
適切にマッピングするために、ESXi ホストを除くすべてのデータストア エッジをデータストアに削除しました。
1 データソース:
  – VMware_ESXi_VirtualMachineStatus
データ収集の出力生成のエラーを修正しました。
1 データソース:
  – snmp64_If_dot1qvLAN-
GB レベルのリンクを処理するために、最大制限が 10 倍に増加しました。
13 つのデータソース:
  – Cisco_Meraki_AccessPointHealth
  – Cisco_Meraki_AccessPointPerformance
  – Cisco_Meraki_AccessPointRadios
  – Cisco_Meraki_CameraHealth
  – Cisco_Meraki_CellularGatewayHealth
  – Cisco_Meraki_CellularGatewayPerformance
  – Cisco_Meraki_DeviceInterfaces
  – Cisco_Meraki_SecurityApplianceHealth
  – Cisco_Meraki_SecurityAppliancePerformance
  – Cisco_Meraki_SecurityApplianceUnderlay
  – Cisco_Meraki_SwitchHealth
  – Cisco_Meraki_SwitchInterfaces
  – Cisco_Meraki_SwitchPerformance
オプションでチェックします meraki.serial 次の場合に NetScan またはユーザーによって設定されたホスト プロパティ Device_BasicInfo 空の結果を返しました auto.endpoint.serial_number.
1 データソース:
  – Aruba_EdgeConnect_SDWAN_API
ネクストホップ用の新しい API 呼び出しを追加しました。
1 データソース:
– SilverPeak_NextHops -> Aruba_EdgeConnect_SDWAN_NextHops
標準化されたデータ モデルとベスト プラクティスに従って、SilverPeak_NextHops を置き換えます。
1 データソース:
  – Cisco_Catalyst_SDWAN_API
最適化された統計キャッシュ データ。除外するようにスニペットが更新されました getVersion() キャッシュされた信用情報の有効期限が切れます。を使用してバージョンを取得する前に、キャッシュ内のバージョンをテストしてください getVersion().
1 データソース:
  – Cisco_NTP
を使用したフォーマットコマンドの指定をサポートするようになりました。 ntp.ssh.format ホストのプロパティ。
1 データソース:
  – Cisco_Meraki_API
新しい LogSource をサポートするために、セキュリティ イベントのクエリが追加されました。
3 つのデータソース:
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_Overlay
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_Underlay
  – パロアルト_Prisma_SDWAN_Health
HUB デバイスでトンネルのレポートが困難になる問題が解決されました。レート制限の問題を回避するために、アンダーレイ モジュールとオーバーレイ モジュールの両方の API 呼び出しを削減しました。
1 データソース:
  – Cisco_Meraki_SecurityApplianceUnderlay
積み重ねられた領域の代わりに線を使用するようにネットワーク スループット グラフを更新しました。
1 データソース:
  – LogicMonitor_Collector_ExecutorQueue
リソース ツリーに適切に表示するために、コレクター グループに追加されました。
1 データソース:
  – ジュニパー_ミスト_組織
単一のコレクター上で複数の組織を使用できるように更新されました。
9 つのデータソース:
  – ジュニパー_ミスト_AP_ビーコン
  – ジュニパー_ミスト_AP_ヘルス
  – ジュニパー_ミスト_AP_インターフェイス
  – ジュニパー_ミスト_AP_パフォーマンス
  – ジュニパー_ミスト_AP_ラジオ
  – ジュニパー_ミスト_SDWAN_エッジ_ヘルス
  – ジュニパー_ミスト_SDWAN_エッジ_パフォーマンス
  – ジュニパー_ミスト_スイッチ_ヘルス
  – ジュニパー_ミスト_スイッチ_パフォーマンス

2 プロパティソース:
  – addCategory_Juniper_Mist_Device
  – addERI_Juniper_Mist_Device

1 トポロジソース:
  – Juniper_Mist_Topology
ベスト プラクティスを使用するようにリファクタリングされ、緯度と経度のプロパティが追加されました。

データ収集には新しい Juniper_Mist_API DataSource が必要です。

詳細については、を参照してください。 ジュニパーミストモニタリング 製品ドキュメントに記載されています。
2 構成ソース:
  – SSH_Interactive_Standard
  – Telnet_Interactive_Standard
アラート動作に関するより明確な説明を追加して更新されました。
1 データソース:
  – Windows_WMITimeOffset
コンパクト、ISO、Zulu 時間の処理でより均一になるように解析パターンを更新しました。
4 つのデータソース:
  – Cisco_Meraki_AccessPointPerformance
  – Cisco_Meraki_DeviceInterfaces
  – Cisco_Meraki_SecurityAppliancePerformance
  – Cisco_Meraki_SwitchPerformance
すべての Meraki SNMPv3 プロパティが存在する場合は、hostProps の SNMP バージョンを v3 に設定します。
1 データソース:
  – LogicMonitor_Portal_Collectors
ABCG コレクターの計算に関する問題を修正し、フェイルオーバーの計算を説明するコメントを追加しました。 ABCG コレクターは本質的にフェイルオーバーが設定され有効になっているため、これらのメトリックにカウントされます。
1 データソース:
  –WinIf-
ワイルド値とアダプター名の一致エラーが解決されました。
1 データソース:
  – ジュニパー_ミスト_API
すべての Juniper_Mist_Org データポイントを Juniper_Mist_API にミラーリングします。
1 データソース:
  – パロアルト_FW_脅威分析
中程度の重大度の脅威の数を正しく取得するように更新されました。具体的には、関連するキー名が「med」から「medium」に更新されました。
10 つのデータソース:
  – Linux_PSI
  – Linux_SSH_BlockDevicePerformance
  – Linux_SSH_CGroups
  – Linux_SSH_CPUCores
  – Linux_SSH_CPUメモリ
  – Linux_SSH_ファイルシステム
  – Linux_SSH_NetworkInterfaces
  – Linux_SSH_ServiceStatus
  – Linux_SSH_TCPUDP
  – Linux_SSH_稼働時間

4 プロパティソース:
  – Linux_SSH_情報
  – addCategory_LinuxPSI
  – addCategory_Linux_SSH
  – addERI_Linux
最新の認証プロトコルとの互換性を高めるために、公式 LM スニペットを使用して JSCH ベースの EXEC から SSHJ に更新されました。
1 データソース:
  – Windows_WMITimeOffset
時差の計算が 1000 で適切に除算されるように修正されました。
1 つのプロパティソース:
  – addERI_Cisco_Meraki_Device
try / catch ロジックを追加して、SNMP セットアップが正しく構成されていないにもかかわらず API データが良好である場合 (たとえば、SNMPv3 認証情報が正しくない場合) に失敗することを防ぎます。
1 データソース:
  – Cisco_Meraki_API

1 つのプロパティソース:
  – addCategory_Cisco_Meraki_Device
新しい LogSource を使用したネットワーク イベント監視のサポートが追加されました。
1 データソース:
  – Cisco_Catalyst_Center_API

2 プロパティソース:
  – addCategory_Cisco_Catalyst_Center_Device
  – addERI_Cisco_Catalyst_Center_Device

1 トポロジソース:
  – Cisco_Catalyst_Center_Topology

1 ログソース:
  – Cisco_Catalyst_Center_Issues
範囲を AP および WLC から AP、WLC、スイッチ、およびルータに拡張するために更新されました。

詳細については、を参照してください。 Cisco Catalyst ワイヤレス アクセス ポイントのモニタリング 製品ドキュメントに記載されています。
1 データソース:
  – Cisco_Wireless_ConnectionStatistics
OID が使用できないため、C9800 デバイスを除外するように applyTo が変更されました。
1 データソース:
  – Cisco_Wireless_ESS
C9800 デバイスのインスタンスを検出するように更新されました。
1 データソース:
  – Cisco_Wireless_GlobalPerformance
C9800 デバイスのサポートされていないデータポイントを文書化するために技術ノートを更新しました。
1 データソース:
  – HP_MSA_VirtualDisks
HPE が提供する新しいコマンドを使用するように更新されました (以前は非推奨の XMP API ベースタイプを使用していました)。
1 データソース:
  – Microsoft_SQLServer_DatabaseStorage
二重引用符が誤って使用され、削除された SQL クエリの問題を修正しました。 tempdb これは systemDatabases のリストに含まれているため、必要ありません。
1 データソース:
  – VMware_SDWAN_Tunnels
複数のトンネルで同じデータが表示される問題を修正し、VMware でデバイス名またはリンク名が更新されたときにインスタンスが確実に固定されるように、ワイルド値を一意の識別子として使用するように更新しました。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

ロジックモジュールの廃止ロジックモジュールの交換詳細サポート終了の詳細
4 つのデータソース:
  – ジュニパー_ミスト_組織
  – Juniper_Mist_Org_Clients
  – Juniper_Mist_Org_Devices
  – Juniper_Mist_Org_Sites

2 プロパティソース:
  – addCategory_Juniper_Mist_Organization
  – addERI_Juniper_Mist_Organization
Juniper_Mist_API データソースレート制限された API のベスト プラクティスに従って、新しい集中型データ収集モジュールに置き換えられました。

Auto-Balanced Collector グループでの使用のサポートを導入し、Juniper_Mist_Org 仮想デバイスへの依存を排除​​することにより、データ収集の信頼性が向上します。

詳細については、を参照してください。 ジュニパーミストモニタリング 製品ドキュメントに記載されています。
2020年3月5日