v.201リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

特徴

  • 機能のハイライト: 新しい APC Netshelter ラック配電ユニット アドバンスト モジュール。
  • 一般的なハイライト: クラウドアカウント情報にリソース使用量を追加しました。 Azure Service Bus でのキューおよびトピックレベルのインスタンス検出のサポートが追加されました。ダッシュボードからデータ ポイント分析にアクセスします。すべてのユーザーの最大パスワード長を更新しました。 LM ポータルを使用した Azure ログのマッピング サポートが追加されました。保存されたマップのノード グループ化が追加されました。
  • 更新の監視:Cisco Catalyst、VMWare SD-WAN を使用した VMware VeloCloud モニタリング、およびより優れたモニタリング ソリューションを実現する Cisco Meraki 用の新しいモジュールが追加されました。

機能のハイライト

新しい APC Netshelter ラック配電ユニット高度なモジュール

新しいモジュールを使用して、コンセントごとの電力使用量を含む APC Netshelter 10000 シリーズ ラック配電ユニットの高度なデバイスを監視できるようになりました。

一般的な更新

クラウド監視

「アカウント情報」でタイプ別のリソース使用状況を確認します。

クラウド リソースの使用状況を 口座情報 ロジックモニターの領域。案内する リソース > クラウドリソース IaaS、PaaS、または非コンピューティング リソースを表示します。

Azure Service Bus がキューおよびトピック レベルのインスタンス検出をサポートするようになりました

Service Bus メトリックを一度に表示できるようになりました。 キュー & ご用件 マルチインスタンス データソースのレベル。新しいデータソースには、特定のキューまたはトピック インスタンスに合わせてディメンション化された、全体と同じメトリックが表示されます。

  • キュー レベルのマルチインスタンス データソース: Microsoft_Azure_ServiceBusQueue
  • トピック レベルのマルチインスタンス データソース: Microsoft_Azure_ServiceBusTopic

コレクターの設定

GD Collector 35.001 は、13 年 2024 月 XNUMX 日にリリースされました。詳細については、 GDコレクター35.001 リリースノート。

ID とアクセス

パスワードの最大長制限

このリリースでは、パスワードの最大長は 256 文字に設定されています。

注: パスワードの最大長の変更は、新規ユーザーと既存ユーザーがパスワードを更新または変更するときに適用されます。

LMログ

LM ポータルを使用した Azure ログのマッピング

これで、 Azure_アカウント名 LM ポータルからの Azure アカウント名を示すフィールド。このアカウント名は、 システム.表示名 内のフィールド クラウドアカウント情報 タブ。このフィールドを使用して、LM ポータルの Azure アカウント ログとクラウド アカウント リソース間のマッピングを確立します。

リソース

元に戻すアクションを追加しました

リソースが最近削除されたアイテムに移動され、完全に削除されていない場合は、次のことを選択できます。 取り消す スナックバーからリソースを復元します。

修正された問題
リソース UIv4 の [今すぐポーリング] ウィンドウにエラーの詳細が表示されない問題を修正しました。

トポロジー

保存されたマップのノードのグループ化

アカウント、クラスター、ノード、名前空間、プロバイダーなどの特定のプロパティのセットに基づいてノードをグループ化できるようになりました。

注: この機能は、保存されたマップでのみ使用できます。詳細については、を参照してください。 保存されたマップ 製品ドキュメントに記載されています。

Cisco Meraki IoT センサー トポロジ アイコンを追加しました

Cisco Meraki IoT センサーを監視しているときに、トポロジ マップ上でセンサーを視覚的に識別できるようになりました。温度、湿度、水、電力に変化があった場合、アラートを受け取ります。

LogicModuleリリース

新規および更新された LogicModule は、LogicMonitor パブリック リポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく追加された、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除される LogicModule をリストします。 LogicModule 機能に関連する変更は、「一般的な更新」セクションにリストされます。

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
1 ログソース:
– Cisco_Catalyst_Center_Issues
Cisco Catalyst ワイヤレス アクセス ポイントに、すぐに使用できる新しいログ モニタリングが追加されました。
7 つのデータソース:
– VMware_SDWAN_Health
– VMware_SDWAN_Interfaces
– VMware_SDWAN_パフォーマンス
– VMware_SDWAN_Tunnels
2 プロパティソース:
– addCategory_VMwareSDWAN
– addERI_VMware_SDWAN
1 トポロジソース:
– VMware_SDWAN_トポロジ
VMWare SD-WAN を使用した新しい VMware VeloCloud モニタリングが追加され、デバイスを直接モニタリングすることで新しい機能が提供されます。
1 ログソース:
Kubernetes_イベント
Kubernetes イベントのすぐに使えるログ監視。
4 つのデータソース:
– APC_rPDUAdvanced_CircuitBreakers
– APC_rPDUAdvanced_GlobalPerformance
– APC_rPDUAdvanced_Phases
– APC_rPDUAdvanced_SwitchedOutlet
1 sysOID マップ:
\.1\.3\.6\.1\.4\.1\.318\.1\.1\.32
ラック PDU Advanced デバイスの新しいモニタリングを追加しました。これにより、スイッチ コンセントの動作、フェーズ メトリクス、グローバル パフォーマンス、およびバンク固有の電力消費に関する包括的な洞察が得られます。

更新されたLogicModules

ロジックモジュール名詳細
1 データソース:
 – EMC_ECS_Capacity
ECS コンソールの出力と一致するように使用率の計算を更新しました。
1 データソース:
– Aruba_EdgeConnect_SDWAN_Tunnels
更新されたジッター データポイントの計算は、間もなく更新される Aruba ドキュメントに合わせて変更されました。
5 つのデータソース:
– Cisco_Catalyst_AccessPointHealth
– Cisco_Catalyst_AccessPointPerformance
– Cisco_Catalyst_AccessPointRadios
– Cisco_Catalyst_WLCHealth
– Cisco_Catalyst_WLCPerformance
デバイス オブジェクトで gets() を実行する前にデバイスが見つかったかどうかを確認し、WLCPerformance、AccessPointHealth、AccessPointPerformance、および AccessPointRadios のポーリング間隔を 4 分間に延長して、指定された _API の各ポーリングが 3 分ごとに一意のデータになるようにしました。
1 つのデータソース:
– VMware_LM_トラブルシューティング
_conn.ApiVersion 変数に関連する論理エラーを修正しました。
1 プロパティソース:   
– addCategory_Cisco_Catalyst_Center_Device
1 トポロジソース:
– Cisco_Catalyst_Center_Topology
トポロジ処理コレクタの負荷を軽減するために、catatology.center.topology.observer applyTo をサポートするようにトポロジが更新されました。
1 つのデータソース:
– Infoblox_Appliance_DHCPDDNSv4Statistics
データポイントを測定するために、ibDDNSUpdateSuccess、ibDDNSUpdateFailure、および ibDDNSUpdateReject を更新しました。
1 つのデータソース:
– SNMP_ネットワーク_インターフェイス
NUCast パケットがサポートされていない 0 ビット インターフェイスの場合、NUCast パケット メトリックの放出がデフォルトで 64 になるように追加されました。
1 つのデータソース:
– Citrix_XenApp_LogonPerformance
コレクション スクリプトに Android デバイスの Unicode 文字プレフィックスのサニテーションを追加しました。
3 つのデータソース:
– MongoDB_Server_Databases
– MongoDB_サーバー_概要
– MongoDB_Server_Replication
1 プロパティソース:
– addCategory_MongoDB
特殊文字を含むパスワードまたはユーザー名に関する問題を修正しました。 auto.mongodbversion という名前のリソース プロパティとしてバージョン番号を追加しました。
1 つのデータソース:
– Cisco スイッチ スタック –
OID 定義に合わせてデータ ポイントの説明を更新しました。現在の標準を反映するためにグラフを更新しました。
1 つのデータソース:
– LogicMonitor_Collector_LMLogs
SNMP トラップに関連するデータポイントを追加しました。新しいメトリクスは、コレクター バージョン 35.300 以降とのみ互換性があり、これより前のコレクター バージョンでは「データなし」を返します。
1 つのデータソース:
– ジュニパー_ミスト_AP_ヘルス
LogicMonitor でデバイスが誤って故障とマークされないようにポーリング間隔を 1 分に更新し、モジュールが正常性を報告する方法に関する技術メモを追加しました。
1 つのデータソース:
– Linux_SSH_CPUメモリ
メジャー バージョンの更新 – より最新のライブラリとパターンを使用するための、更新された Linux SSH モジュールの初期リリース。この最初のモジュールでは、水をテストして、今後のリリースの準備が整っているかどうかを確認します。
2 つのデータソース:
– VMware_ESXi_VirtualMachinePerformance 
– VMware_vSphere_VirtualMachinePerformance
存在する仮想ディスクの数に応じてメトリクスを正しく処理するようにロジックを更新しました。
2データソース
– ジュニパー_ミスト_SDWAN_エッジ_ヘルス 
– ジュニパー_ミスト_SDWAN_エッジ_パフォーマンス
すでに小文字に変換されている system.displayname と照合する前に、API が返す識別子を小文字に更新しました。
1 データソース:
– VMware_SDWAN_Interfaces
5.0.0 より前の Edge の実​​行バージョンでのインターフェイス名のサポートが追加されました。
2 プロパティソース:
– addCategory_Cisco_Meraki_Device
– addERI_Cisco_Meraki_Device
1 トポロジソース:
– Cisco_Meraki_Topology
トポロジ オブザーバーのネットワーク ホワイトリストのサポートが追加され、LLDP ERI 検出が改善されました。
また、スイッチ ポートのデータ収集とキャッシュの期間が長くなりました。
1 データソース:
– PaloAlto_Prisma_SDWAN_Overlay
– PaloAlto_Prisma_SDWAN_Underlay
Palo Alto Orchestrator に合わせてインスタンスの名前を更新しました。
1つのイベントソース:
– Azure サイトの回復
applyTo フィールドの値を更新しました。
1 つのデータソース:
– Microsoft_Azure_ExpressRouteCircuit
データポイント帯域幅使用率の最大値が 100 から 250 に増加しました。
 情報源:
– VMware_vCenterAppliance_HealthStatus
フォールト トレランスを強化するために null チェックを組み込みました。ドキュメントに合わせて認証用のリクエスト ヘッダーを更新しました。
1 つのデータソース:
– APC UPS –
コレクションの種類をスクリプトに変更しました。 TimeOnBattery メトリクスに対してより正確な正規表現ベースの一致を使用するように更新されました。これにより、はるかに長い期間を処理できるはずです。
7 つのデータソース:
– Cisco_Meraki_API
– Cisco_Meraki_AccessPointPerformance
– Cisco_Meraki_AccessPointRadios
– Cisco_Meraki_CellularGatewayPerformance
– Cisco_Meraki_SecurityApplianceTunnels
– Cisco_Meraki_SecurityApplianceUnderlay
– Cisco_Meraki_SwitchPerformance

2 プロパティソース:
– addCategory_Cisco_Meraki_Device
– addERI_Cisco_Meraki_Device
ポーリング間隔を短縮して、より詳細なデータを提供します。また、センサーのサポートを提供するために拡張されました。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

ロジックモジュールの廃止ロジックモジュールの交換詳細サポート終了日
1 つのデータソース:  
-AWS_QuickSpice_SPICEServiceLimits
AWS_QuickSight_SPICEServiceLimitsデータソース名の修正サポート終了: 2 年 16 月 24 日

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関するお知らせ、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報が記載されています。

LogicModules のモジュールへの移行

将来のリリースでは、LogicModules は設定から​​利用できなくなります。 Exchange、My Module Toolbox、およびモジュールを管理するためのすべての設定には、次からアクセスできます。 モジュール ナビゲーションバーで。
詳細については、を参照してください。 モジュールの概要 製品ドキュメントに記載されています。