v.200リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

特徴

  • 機能のハイライト: Cisco Catalyst Center の Intent API モジュール、アラート チューニング パラメータの追加
  • 一般的なハイライト: 新しくサポートされるクラウド サービス、API のデルタ サポート、ユーザーに基づいた LogicMonitor REST API バージョンの使用状況の識別
  • 更新の監視:Cisco Catalyst Center 環境での Catalyst ワイヤレス アクセス ポイントの監視、VMware モジュールのリリース後の修正、ID またはセンサー名に null 値を持つインスタンスを除外するフィルタリングの追加

機能のハイライト

Cisco Catalyst Center のインテント API モジュール

新しいモジュールを使用して、自動化された API ベースのデバイス検出のための拡張スクリプト NetScan を使用して、Cisco Catalyst Center のインテント API (旧称 Cisco DNA Center) を介してワイヤレス アクセス ポイント (AP) およびワイヤレス LAN コントローラ (WLC) をモニタリングできるようになりました。詳細については、「」を参照してください。 Cisco Catalyst ワイヤレス アクセス ポイントのモニタリング 製品ドキュメントに記載されています。

アラート調整パラメータの追加

静的アラートしきい値の設定に加えて、リソース グループ、インスタンス グループ、インスタンス レベルでのアラート トリガー間隔、アラート クリア間隔、データなしアラートなどのアラート チューニング パラメーターも設定できるようになりました。アラート調整パラメーターは継承モデルに従います。つまり、アラート トリガー、アラート クリア、またはデータ フィールドがリソース グループ レベルで設定されている場合、その下のすべてのノードが値を継承します。現在、この機能は DataSource Logic モジュールにのみ適用されます。詳細については、を参照してください。 アラート調整タブ 製品ドキュメントに記載されています。

この機能は、更新された LogicMonitor REST API v3 Swagger にもあります。影響を受けるエンドポイントと新しいフィールドを確認するには、次を参照してください。 REST API 変更ログ 製品ドキュメントに記載されています。  

アラート調整機能は、v200 からバッチで顧客に展開されます。導入は数週間にわたって継続されます。ご質問がある場合は、LogicMonitor カスタマー サポート マネージャーにお問い合わせください。

一般的な更新

アラート

既知の問題点

[ダッシュボードから起動] 機能でデータポイント分析ボタンを選択すると、「リクエスト ヘッダーが大きすぎます」というエラーが表示されることがあります。

クラウド監視

新しくサポートされるサービスと追加のアップデート

新しくサポートされるサービスが、AWS、Azure、GCP のクラウド サービスとリソース ユニットのテーブルに追加されました。一部の既存リソースのカテゴリ、リソース単位、および請求可能な仕様が更新されました

詳細については、を参照してください。 クラウド サービスとリソース ユニット 製品ドキュメントの中で

新しい有効化コレクターのデバッグのデフォルト動作

「コレクタ デバッグを有効にする」オプションがポータル設定で利用できるようになりました。このオプションは、新しいアカウントではデフォルトで無効になっています。既存のポータルの場合、コレクタ デバッグ機能の可用性を維持するために、このオプションはデフォルトで有効になっています。

追加の機能強化

デバイス、インスタンス グループ、およびインスタンス レベルで設定できる内容とエクスペリエンスが一致するように、グローバル レベルで設定されている帯域係数制限を削除しました。

既知の問題点

Azure Resource Health には、一致するイベントのエラー レベルと重大なアラート レベルを設定するオプションがありません。警告レベルを設定するオプションのみがあります。

ダッシュボード

追加の機能強化

動的フィルターを使用して、継承されたリソース グループ プロパティでダッシュボードをフィルターできるようになりました。

修正された問題

  • Type 列が復元されました。作成された SDT の種類で並べ替えることができます。 SDT テーブルに新しい列「Type」が表示されない場合は、「テーブル設定の表示」アイコンを選択し、列設定で「リセット」を選択します。
  • グラフは、グラフ定義で設定された優先順位に基づいて順序付けされるようになりました。
  • グラフ上にマウスを置いたときにツールチップ オーバーレイの単位が変換されない問題を修正しました。

既知の問題点

  • オートコンプリート機能のあるフィールドに文字列を入力すると、カーソルが不規則に動きます。このため、テキスト フィールドの末尾以外の場所にテキストを追加することが困難になります。
  • 「デフォルトレベル」のインスタンスグループグラフはグループレベルでは生成されません。 

ID とアクセス

機能強化

  • 無効なパスワード制限を超えた後に一時停止 (手動または自動) またはロックアウトされた場合、ユーザーは電子メール通知を受け取るようになりました。 
  • 財務ポータルでの請求書の可用性を一時的に変更しました。新しい請求書のみがポータルに表示されます。古い請求書のコピーを入手するには、サポートにお問い合わせください。
  • お客様は、API v1/2 を使用してユーザーのユーザー名、電子メール、またはアクセス ID を識別できるようになりました。詳細についてはサポートにお問い合わせください。

モジュール

追加の機能強化

タグが [My Module Toolbox] に表示されるようになりました。

修正された問題

[マイ モジュール ツールボックス] の [使用中] 列がインターフェイスに一時的に表示されなくなる問題を修正しました。

リソース

追加の機能強化

リソース ダッシュボードを追加するときは、保存する前に [AppliesTo] 機能のテストを選択して、AppliesTo 機能が期待どおりに動作していることを確認する必要があります。 AppliesTo ロジックに含まれていないリソースにリソース ダッシュボードを追加した場合でも、リソース ダッシュボードは生成されますが、最後に表示したリソース上に残ります。

修正された問題

初めてリソース グループを開いたときに AppliesTo クエリがどのように表示されるかに関する問題を修正しました。

既知の問題点

デバイスのタイトル バーに IP アドレス/DNS 名がありません。

REST API

API のデルタサポート

すべての顧客が Delta API エンドポイントにアクセスできるようになりました。監視対象デバイスの差分 (最新の変更) を確認するには、/device/devices v3 API に追加された XNUMX つの新しいエンドポイントを使用できます。

  • GET /santaba/rest/device/devices/delta – デルタ要求を登録し、新しいデルタ ID を生成します。また、フィルター条件に一致するすべてのデバイスも返します。
  • GET /santaba/rest/device/devices/delta/ – 前回の API 呼び出しと現在の API 呼び出しの間にデルタがあるデバイスを返します。

詳細については、を参照してください。 デバイス/デバイス API のデルタサポート 製品ドキュメントに記載されています。

ユーザーに基づいて LogicMonitor REST API バージョンの使用状況を特定する

LogicMonitor REST API バージョン 1、2、および 3 にアクセスするユーザーを識別できるようになりました。ユーザー名、電子メール ID、アクセス ID、エンドポイント名、およびエンドポイントにアクセスした日付を示すレポートを取得するには、カスタマー サクセス マネージャー ( CSM)。

このレポートは、1 年 2 月に段階的に廃止される REST API v2024 および v3 をまだ使用しているユーザーを特定し、最新の API vXNUMX への移行を促すことを目的としています。

使用法

使用状況レポートのバナーの削除

使用状況レポートのバナーが削除されました。累積使用量グラフを使用して、予測使用量を表示できます。

追加の機能強化

LM 容量アイテムとライセンスアイテムの追跡を更新しました。

LogicModuleリリース

新規および更新された LogicModule は、LogicMonitor パブリック リポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく追加された、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除される LogicModule をリストします。 LogicModule 機能に関連する変更は、「一般的な更新」セクションにリストされます。

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
1 つのデータソース:
 – AWS_QuickSight_Datasets
AWS QuickSight データセットをモニタリングするためのデータソース
1 つのデータソース:
  – AWS_QuickSpice_SPICEServiceLimits
地域ごとの QuickSight SPICE 制限を監視します。収集は CloudWatch メトリクスを使用して完了します。
1 つのデータソース:
  – AWS_ECR
CloudWatch によって報告された Elastic Container Registry パフォーマンス データを収集します。
1 つのデータソース:
  – AWS_ECR_APICallCount
CloudWatch によって報告された Elastic Container Registry API の使用状況データを収集します。
1 つのデータソース:
  – Oracle_MySQL_Troubleshooter
構成の問題の解決を支援する、新しい MySQL パッケージのトラブルシューティング モジュール。
1 プロパティソース:
  – addCategory_LMContainerConfig
最新の lm-container 構成を取得し、プロパティとして Argus KubernetesPod に追加します。
6 つのデータソース:
  – Cisco_Catalyst_AccessPointHealth
  – Cisco_Catalyst_AccessPointPerformance
  – Cisco_Catalyst_AccessPointRadios
  – Cisco_Catalyst_Center_API
  – Cisco_Catalyst_WLCHealth
  – Cisco_Catalyst_WLCPerformance
2 プロパティソース:
  – addCategory_Cisco_Catalyst_Center_Device
  – addERI_Cisco_Catalyst_Center_Device
1 トポロジソース:
  – Cisco_Catalyst_Center_Topology
Cisco Catalyst Center 環境の Catalyst ワイヤレス アクセス ポイントを監視します。

更新されたLogicModules

LogicModule名詳細
21 つのデータソース:
  – VMware_ESXi_VirtualMachinePerformance
  – VMware_ESXi_VirtualMachineStatus
  – VMware_LM_トラブルシューティング
  – VMware_vCenterAppliance_Backup
  – VMware_vCenterAppliance_CPU
  – VMware_vCenterAppliance_DiskPerformance
  – VMware_vCenterAppliance_FileSystemPartitions
  – VMware_vCenterAppliance_FileSystemSwap
  – VMware_vCenterAppliance_HealthStatus
  – VMware_vCenterAppliance_Memory
  – VMware_vCenterAppliance_NetworkInterfaces
  – VMware_vCenterAppliance_Services
  – VMware_vSphere_DatastoreStatus
  – VMware_vSphere_DatastoreThroughput
  – VMware_vSphere_DatastoreUsage
  – VMware_vSphere_HostStatus
  – VMware_vSphere_VirtualMachineDiskCapacity
  – VMware_vSphere_VirtualMachineNetworkInterface
  – VMware_vSphere_VirtualMachinePerformance
  – VMware_vSphere_VirtualMachineSnapshots
  – VMware_vSphere_VirtualMachineStatus
1 プロパティソース:
  – VMware_vSphere_情報
VMware モジュールのリリース後の修正
1 トポロジソース:
  – フォーティネット_FortiGate_SDWAN
より堅牢なトンネル検出のために、設定された ERI からローカル ゲートウェイ IP を検出します。
21 つのデータソース:
  – Aruba_EdgeConnect_SDWAN_Health
  – Cisco_Catalyst_SDWAN_ControllerHealth
  – Cisco_Catalyst_SDWAN_DeviceHealth
  – Cisco_Meraki_AccessPointHealth
  – Cisco_Meraki_CameraHealth
  – Cisco_Meraki_CellularGatewayHealth
  – Cisco_Meraki_SecurityApplianceHealth
  – Cisco_Meraki_SwitchHealth
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_EdgeHealth
  – SAP_HANA_BackupAge
  – SAP_HANA_接続
  – SAP_HANA_DatabaseMemoryUse
  – SAP_HANA_DiskUsage
  – SAP_HANA_HostResourceUtilization
  – SAP_HANA_ServiceStatus
  – SAP_HANA_SystemDatabaseAvailability
  – SAP_HANA_TableSizeOnDisk
  – VMware_VeloCloud_EdgeHealth
  – VMware_VeloCloud_EdgeLinkEventQuality
  – VMware_VeloCloud_EdgeLinkHealth
  – VMware_VeloCloud_EdgeLinkMetrics
1 つのプロパティソース:
  – addCategory_SAP_HANA
報告された状態に関係なく、デバイスからの応答を受信すると、LogicMonitor 内でデバイスのステータスが「生きている」と表示されるように更新されました。
9 つのデータソース:
  – PureStorage_ArrayControllers
  – PureStorage_ArrayPerformance
  – PureStorage_ArrayUtilization
  – PureStorage_ComponentStatus
  – PureStorage_Drives
  – PureStorage_Temperatures
  – PureStorage_VolumePerformance
  – PureStorage_VolumePerformance_API_v1_4
  – PureStorage_VolumeUtilization
ヘッダー フィールドで Cookie を送信する必要のないデバイスをサポートするようにモジュールを更新しました。
1 プロパティソース:
  – addCategory_Cisco_Meraki_Device
1 トポロジソース:
  – Cisco_Meraki_Topology
パフォーマンスを向上させるためにリファクタリングされ、最初の Meraki 組織デバイスのみがトポロジを報告するようになりました。
1 つのデータソース:
  – SAP_HANA_トラブルシューティング
未使用のテーブルチェックを削除しました。
1 つのデータソース:
  – Cisco_Wireless_AP
ERT を AccessPoint から Wireless に更新しました。
1 データソース:
  – Whois_TTL_Expiry
有効期限までの日数を特定するために、正規表現検索に有効期限を含めました。
4 つのデータソース:
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_EdgeHealth
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_EdgePerformance
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_Overlay
  – PaloAlto_Prisma_SDWAN_Underlay
1 つのプロパティソース:
  – addERI_PaloAlto_PrismaSDWAN
1 トポロジソース:
   – PaloAlto_PrismaSDWAN_トポロジー
厳密には必要のないプロパティを applysTo から削除しました。必要なプロパティが提供されていない場合のデバッグ メッセージを追加しました。
2 つのデータソース:
  – Oracle_MySQL_Innodb
  – Oracle_MySQL_Status
整数オーバーフローの問題と複雑なデータポイントの問題を修正しました (複雑なデータポイントをスクリプトから移動し、rpn 式を使用してデータソース定義に戻しました)。
1 つのデータソース:
  – Cisco_TemperatureSensors
メトリックのラップを修正し、誤ったアラートを防ぐ複雑なデータポイントを追加しました。
6 つのデータソース:
  – Ubiquiti_UniFi_AccessPoints
  – Ubiquiti_UniFi_Clients_Wired
  – Ubiquiti_UniFi_Clients_Wireless
  – Ubiquiti_UniFi_Security_Gateways
  – Ubiquiti_UniFi_Sites
  – Ubiquiti_UniFi_Switches
UniFi OS 3.2.7 は、これらのモジュールで使用される API に応答しなくなりました。 UniFi OS 3.2.7 以降を実行している Ubiquiti リソースを使用するクライアントには、SNMP 監視が推奨されます。この変更により、履歴データの損失を防ぐため、30 日後にインスタンスを自動的に削除する機能が無効になります。
6 つのデータソース:
  – Arista_Sensor_Current
  – Arista_Sensor_DOM
  – Arista_Sensor_DOMLaserBias
  – Arista_Sensor_Fans
  – Arista_Sensor_Temperature
  – Arista_Sensor_Voltage
Active Discovery が 1 日 1 回に更新されました。
1 つのデータソース:
  – Cisco_Meraki_API
1 プロパティソース:
  – addCategory_Cisco_Meraki_Device
publicIp、wan1Ip、および wan2Ip のサポートが Cisco_Meraki_API キャッシュに追加されました。これらをプロパティとして addCategory_Cisco_Meraki_Device に追加しました。

必要 最新の Meraki ネットスキャン コード netscan 更新用 — これらの他の IP プロパティを処理するために netscan を更新しました。
1 プロパティソース:
  – addCategory_Puppet
addCategory_Puppet の HTTP リクエストは、特定のシナリオでコレクターの輻輳を軽減するために適切なタイムアウトを強制するようになりました。
1 つのプロパティソース:
  – addCategory_PaloAlto_PrismaSDWAN
null デバイス名の処理を追加します。
12 つのデータソース:
  – Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityGroups
  – Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityReplicas
  – Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseReplicaCluster
  – Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseReplicas
  – Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseStatus
  – Microsoft_SQLServer_DatabaseFiles
  – Microsoft_SQLServer_DatabaseStorage
  – Microsoft_SQLServer_Databases
  – Microsoft_SQLServer_FailoverClusterNodeStatus
  – Microsoft_SQLServer_GlobalPerformance
  – Microsoft_SQLServer_SystemJobs
  – Microsoft_SQLServer_Troubleshooter
スペルミスを修正し、非推奨の PropertySource への参照を削除するためにテクニカル ノートを更新しました。
1 つのデータソース:
  – VMware_ESXi_SystemHealthSensor
ID またはセンサー名に null 値を持つインスタンスを除外するフィルタリングを追加しました。
1 つのデータソース:
  – Aruba_EdgeConnect_SDWAN_Health
VRRP データの問題が最適化および解決されました。
1 つのデータソース:
  – Aruba_EdgeConnect_SDWAN_パフォーマンス
FreeBuffersCachedSum データポイントのアラートしきい値を更新し、適切な Base64 スケーリングのために仮想データポイントの乗算を更新しました。
1 つのデータソース:
  – VMware_VeloCloud_EdgeLinkEventQuality
データ処理を高速化するためにマルチスレッドを追加し、収集間隔を 5 分から 10 分に延長し、Cookie の有効期限が切れたときの認証のバグを修正しました。
1 トポロジソース:
  – Networking_L2_snmpSwitch
LLDP ネイバーを標準インターフェイスおよび LLDP インターフェイスにリンクします。
20 つのデータソース:
  – Argus_LM_API
  – アーガス_ランナー
  – Argus_SelfMonitor
  – Argus_Watcher
  – Argus_Worker
  – Kubernetes_API_Server
  – Kubernetes_Cluster_Aggregate
  – Kubernetes_Container
  – Kubernetes_Controller_Manager
  – Kubernetes_CoreDNS
  – Kubernetes_エンドポイント
  – Kubernetes_HPA
  – Kubernetes_Healthz
  – Kubernetes_Node
  – Kubernetes_PersistentVolumeClaim_StorageStats
  – Kubernetes_PingK8s
  – Kubernetes_Pod
  – Kubernetes_Schedulers
  – Kubernetes_Script_Uptime
  – Kubernetes_etcd
9 プロパティソース:
  – addCategory_KubernetesKSM
  – addERI_Kubernetes
  – addERI_Kubernetes_ClusterRole
  – addERI_Kubernetes_Node
  – addERI_Kubernetes_Pod
  – addERI_Kubernetes_Role
  – addERI_Kubernetes_Service
  – addERI_Kubernetes_ServiceAccount
  – selfMonitor_KubernetesKSM
29 トポロジソース:
  – Kubernetes_AWS_Topology
  – Kubernetes_Azure_Topology
  – Kubernetes_ClusterRoleBinding_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_ClusterRoleBinding_Topology
  – Kubernetes_ClusterRole_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_CronJob_Topology
  – Kubernetes_Daemonset_Topology
  – Kubernetes_Deployment_Topology
  – Kubernetes_Job_Topology
  – Kubernetes_Netpol_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_Netpol_Topology
  – Kubernetes_Node_KSM_Topology
  – Kubernetes_Node_Topology
  – Kubernetes_PC_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_PDB_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_PDB_トポロジー
  – Kubernetes_PVC_Topology
  – Kubernetes_PV_Topology
  – Kubernetes_Pod_KSM_Topology
  – Kubernetes_Pod_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_Pod_Topology
  – Kubernetes_Replicaset_Topology
  – Kubernetes_RoleBinding_Topology
  – Kubernetes_Role_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_Rolebinding_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_SC_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_ServiceAccount_OwnerRef_Topology
  – Kubernetes_Service_Topology
  – Kubernetes_Statefulset_Topology
lm-container バージョンの依存関係を含むように説明を更新しました。
1 つのプロパティソース:
  – addCategory_ArubaEdgeConnectSDWAN
UI のインベントリ セクション内に表示されるシリアル番号と OS バージョンのプロパティ名を更新しました。
1 つのデータソース:
  – VMware_ESXi_CPU
カウンタ処理と値解析のロジックを修正しました。使用量と累積が適切なカウンターから取得され、スレッド番号に基づいて正しい CPU コアに割り当てられるようになりました。
2 プロパティソース:
  – addCategory_VMwareBlast
  – addCategory_PCoIP
無効なデバイスへのシステム カテゴリの追加を制限するための null チェックが導入されました。
1 プロパティソース:
  – Config_Juniper_Generic
Common Configs は、JUNOS デバイスのカスタム エスカレーション コマンドを設定するようになりました。オプションの新しいホスト プロパティ「config.junos.displayset」を JUNOS デバイスに使用できます。このプロパティの値が 1 または true の場合、構成は、構成収集中に事前にフォーマットするために「表示セット」にパイプされます。
1 つのデータソース:
  – Cisco_Wireless_AP
複雑なデータポイント、技術ノート、説明を更新しました。凡例の更新や概要グラフの集計の有効化など、グラフの改善。
1 つのデータソース:
  – Oracle_MySQL_ConnectionStatus
コード内のエラー メッセージと一致するように、sqlStatusCode データポイントの説明とアラート本文を更新しました。
1 つのデータソース:
  – Ruckus_SZ_Device Summary
モジュールでサポートされるインスタンスの量にカスタム制限を指定する機能が追加されました。量は、「ru​​ckus.instance_count」プロパティをデバイスに追加することで指定できます。全体的な制限はコレクター自体のサイズによって制限されます
4 つのデータソース:
  – Ruckus_SZ_Clustersummary
  – Ruckus_SZ_Controller概要
  – Ruckus_SZ_Management Summary
  – Ruckus_SZ_アップタイム
表示名からアンダースコアを削除しました。
1 つのデータソース:
  – Cisco_DNAC_Devices
ERT をワイヤレスに更新しました。
2 つのデータソース:
  – CDP_Neighbors
  – LLDP_ネイバーズ
トポロジ マッピングを支援してマッピングの不一致を修正する非データ収集データソースの一意の識別子としてワイルド値を使用します。
10 つのデータソース:
  – HP_MSA_Controllers
  – HP_MSA_ディスク
  – HP_MSA_FRU
  – HP_MSA_ファン
  – HP_MSA_PSU
  – HP_MSA_ポート
  – HP_MSA_冗長性
  – HP_MSA_SASLinkHealth
  – HP_MSA_VirtualDisks
  – HP_MSA_ボリューム
MSA 256 リソースにはホスト プロパティ「msa.sha」による SHA-5 認証 (この認証タイプを使用するには true に設定、それ以外の場合はデフォルトで MD2060) が必要になる可能性があることを記載する技術ノートが更新されました。
1 つのデータソース:
  – Cisco_IPSec_AggregateTunnels
操作トンネルのステータスを監視するための新しいデータポイントとアラートが追加されました。複数のデータポイントの説明を改訂しました。
3 つのデータソース:
  – Cisco_Meraki_API
  – Cisco_Meraki_DeviceInterfaces
  – Cisco_Meraki_SecurityApplianceUnderlay
Meraki MX セキュリティ アプライアンス モデルに関係なく、信頼性が高く正確なデータ収集を確保するために、このアップデートではアプライアンスのアップリンク API エンドポイント データ収集が Cisco_Meraki_API に追加されています。 API アンダーレイ データのサポートを追加します。 API からのデータの取得を処理するには、ワイルド値の変更が必要であることに注意してください。データが失われ、30 日後に古いインスタンスが削除されます。パケット データポイントは API によって提供されないため、これらも削除します。
1 プロパティソース:
  – addCategory_Meraki_API
自動プロパティまたはカスタムプロパティが成功した場合にのみ、ネットワークプロパティを設定します。
セーフナビを使用したタイプキーのバグを修正。
1 プロパティソース:
  – ConfigCheck_3_Exec
Common Config の config.type.exec オーバーライド プロパティは、enable コマンドも設定されている状況でも正しく機能するようになりました。
手動で強制された config.type.exec プロパティを、enable コマンドを使用したプロパティと組み合わせて使用​​した場合は、exec タイプの実行が優先されるようになります。
1 つのデータソース:
  – F5_BigIP_PoolMemberStats
BytesIn の OID を修正し、複数のポートで同じインスタンスが発生しているかどうかを確認しました。マルチポート インスタンスは複数のインスタンスを生成するようになり、元のインスタンスが無効になります。この変更は、マルチポート インスタンスの履歴にのみ影響します。
1 つのデータソース:
  – VMware_VeloCloud_EdgeHealth
UTC で VeloCloud データをリクエストするためにリクエストを VeloCloud ドキュメントと調整します。
14 つのデータソース:
  – VMware_ESXi_CPU
  – VMware_ESXi_DatastoreStatus
  – VMware_ESXi_DatastoreThroughput
  – VMware_ESXi_Datastoreの使用状況
  – VMware_ESXi_Disks
  – VMware_ESXi_HardwareHealthSensor
  – VMware_ESXi_HostStatus
  – VMware_ESXi_LogicalProcessors
  – VMware_ESXi_Memory
  – VMware_ESXi_NetworkInterfaces
  – VMware_ESXi_NetworkState
  – VMware_ESXi_Power
  – VMware_ESXi_ResourcePools
  – VMware_ESXi_SystemHealthSensor
Photon OS を使用する ESXI ホストを除外するように applyTo を変更しました
1 つのデータソース:
  – OSPF_ネイバー
OSPF ネイバーは、障害後にデバイスに回復のための余地を与える非積極的な再試行手法を使用するようになりました。テストでは、これを使用すると NoData が大幅に低下することがわかりました。
1 つのデータソース:
  – AWS_DirectConnect
非推奨のデータポイント ConnectionCRCErrorCount は ConnectionErrorCount に置き換えられます。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

ロジックモジュールの廃止ロジックモジュールの交換詳細サポート終了日
1 つのデータソース:
  – Cisco_Meraki_Licensing
無しこのモジュールは Meraki v1 ダッシュボード API を使用しているため、2024 年 0 月 XNUMX 日に機能しなくなります。1/31/24
2 つのデータソース:
  – Kubernetes_ControlPlane
  – Kubernetes_ControlPlane_Azure
無しControlPlane API は Kubernetes から非推奨になりました。1/2/24
1 つのデータソース:
– Selenium_Synthetics
合成物質セレン元のモジュール (SyntheticsSelenium) の非推奨を取り消し、そこに更新を適用して履歴を保存し、合成コレクション タイプのモジュール applyTo の問題を防止しました。 Selenium_Synthetics を積極的に使用しているお客様は、ポータルから Selenium_Synthetics を削除する前に、CSM と連携して履歴データを取得する必要があります。2/12/24

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関するお知らせ、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報が記載されています。

LogicModules のモジュールへの移行

将来のリリースでは、LogicModules は設定から​​利用できなくなります。 Exchange、My Module Toolbox、およびモジュールを管理するためのすべての設定には、次からアクセスできます。 モジュール ナビゲーションバーで。

詳細については、を参照してください。 モジュールの概要 製品ドキュメントに記載されています。