v.199リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

2 年 2024 月 XNUMX 日更新

Active Discovery のパフォーマンスの遅延を引き起こす問題を修正しました。その結果、My Module Toolbox の [Use Status] 列がインターフェイスから一時的に削除されました。

特徴

  • 機能のハイライト: Exchange からモジュールをインストールするときに名前の競合をオーバーライドします。
  • 一般的なハイライト: 複数の LogicMonitor ポータルを Slack と統合します。トレースのランディング ページの機能強化。

機能のハイライト

Exchange からモジュールをインストールする際のオーバーライド名の競合

現在インストールされているモジュールの名前を複製するモジュールを Exchange からインストールできるようになり、LogicMonitor によって検出された名前の競合をオーバーライドできるようになりました。モジュールをインストールすると現在のモジュールが上書きされ、その後のすべての更新は新しいモジュールの系統から行われます。

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください モジュール > 応募者と。重複した名前のモジュールをインストールしようとすると、モジュールのインストールで予期される動作を示すメッセージが表示されます。

詳細については、を参照してください。 モジュールのインストール 製品ドキュメントに記載されています。

一般的な更新

アラート

修正された問題

文字としてコロンが含まれている場合に完全なインスタンス名が表示されない問題を修正しました。 

ID とアクセス

機能強化

モバイル アプリケーションの 2 要素認証に電子メールを使用できるようになりました。

インテグレーション

機能強化

複数の LogicMonitor ポータルを Slack と統合できるようになりました。

モジュール

修正された問題

Active Discovery のパフォーマンスの遅延を引き起こす問題を修正しました。その結果、 使用状況 My Module Toolbox の列がインターフェイスから一時的に削除されました。

レポート

レポートのセキュリティの強化

セキュリティ対策を強化するために、レポート設定ページからレポートの可用性オプションを削除しました。
管理者権限を使用すると、 共有レポートを許可 生成されたレポートのパブリック URL とプライベート URL を共有するためのアクセス。に移動できます [設定] > [アカウント情報] > [共有レポートを許可] をクリックしてオプションを有効にします。詳細については、「」を参照してください。 ポータル設定 製品ドキュメントに記載されています。

リソース

機能強化

  • 「95% 信頼度」オプションを使用して予測を表示すると、中心線のコントラストがより強くなります。
  • 新しいリソースを追加するときに、コレクターが自動バランス化されているかどうかを示すインジケーターが欠落することがなくなりました。
  • リソース ツリーの「最近削除した項目」に項目をドラッグ アンド ドロップして、ツリーから項目を削除できるようになりました。次に、LogicMonitor は項目の削除を確認するプロンプトを表示します。

修正された問題

リソース UIv4 の [今すぐポーリング] ウィンドウにエラーの詳細が表示されない問題を修正しました。

形跡

トレースのランディング ページの機能強化

トレースのランディング ページが強化され、アプリケーション分析ワークフローがより直感的に使えるようになりました。次の機能強化が行われました。

  • RED メトリクスのデータポイント分析がメンバー サービスと名前空間で利用できるようになりました。
  • サービス テーブルとアプリケーション トポロジ ウィジェットからサービスをアプリケーション分析に追加します。
  • 同じサービス コンテキストを維持しながら、[アラート] ページと [サービス インサイト] ページから [トレース] ランディング ページまでサービスを相互起動することでトラブルシューティングを行います。
  • 名前空間 RED メトリクスを全画面モードで表示します。
  • トレースのランディング ページに、アプリケーション レベルおよび RED メトリクス レベルのアラートが表示されるようになりました。 
  • サービス テーブルには各サービスのメンバー リソースが表示され、重大度またはサービス名を入力してサービス テーブルをフィルタリングできます。

詳細については、を参照してください。 トレースページの概要 製品ドキュメントに記載されています。

コンテナ監視リリース

Container Monitoring 6.1.0 は、09 年 2024 月 XNUMX 日にリリースされました。新しい Container Monitoring 機能、機能強化、修正された既知の問題、およびアップグレード手順の詳細については、次を参照してください。 Container Monitoring 6.1.0 リリースノート.

LMコンテナデバイス割り当ての新しいデフォルトバランシング

デフォルトでは、LM Container を新規インストールすると、コレクターへのデバイス割り当てのバランスが自動的に調整されます。既存のユーザーは、コレクター グループの自動バランス オプションを手動で有効にする必要があります。

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関するお知らせ、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報が記載されています。

LogicModules のモジュールへの移行

将来のリリースでは、LogicModules は設定から​​利用できなくなります。 Exchange、My Module Toolbox、およびモジュールを管理するためのすべての設定には、次からアクセスできます。 モジュール ナビゲーションバーで。

詳細については、を参照してください。 モジュールの概要 製品ドキュメントに記載されています。