v.193リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

特徴

  • 機能ハイライト: モジュール更新ワークフローの強化。 My Module Toolbox と Exchange の新しい役割。 トポロジ マップの機能強化。
  • 更新された監視: Cisco Meraki が管理するリソースと Oracle MySQL 接続を監視するための新しいモジュール。

機能のハイライト

Cisco Meraki モニタリングの新しいモジュール

Meraki ダッシュボード API 1.36 (現在のバージョン) をサポートするデバイスベースのモジュールを利用できるようになりました。 LogicMonitor は、Meraki セキュリティ アプライアンス、スイッチ、ワイヤレス アクセス ポイント、スマート カメラ デバイスの検出とオンボードを自動化し、Meraki 組織とネットワーク名ごとにリソースをグループに自動的に整理する新しい拡張スクリプト NetScan を提供します。 これらのモジュールでは、新機能、直感的なユーザー エクスペリエンス、簡素化された ServiceNow CMDB 統合、ネットワーク トラフィック分析、ログ分析、ロール ベースのアクセス制御などの LM Envision のコア機能のサポートが導入されています。

詳細については、を参照してください。 Cisco Meraki モニタリング 製品ドキュメントおよび新しいモジュールの ロジックモジュールのリリース のセクションから無料でダウンロードできます。

モジュール更新ワークフローの強化

モジュールの更新を完了する前に、変更を表示して保存できるようになりました。 これにより、モジュール構成のデータ比較ビューを並べて変更を表示し、モジュールを更新するときに「最終レビュー」ページの前に AppliesTo および Alert Thresholds の値を保存することができます。 さらに、XNUMX つのパネル ビューアを有効にして、モジュール構成の更新に関する次の情報を個別のパネルで表示できるようになりました。

  • 現在インストールされているモジュール
  • アップグレードされたモジュール
  • アップグレード後のモジュール

この機能にアクセスするには、次の場所に移動してください モジュール > マイ モジュール ツールボックス >選択 アップデイト 更新するモジュールの。 更新時に保持したい保存を選択できます。 保存品 パネルを切り替えて、XNUMX つのパネル ビューを有効にできます。 XNUMX つのパネル ビューを表示する スイッチ。

詳細については、「モジュールアップデートのインストール」を参照してください。 モジュール管理 製品ドキュメントに記載されています。

My Module Toolbox と Exchange の新しい役割

免責事項: この機能は現在、新しい UI プレビューにアクセスできる場合にのみ使用できます。 アクセスするには、カスタマー サクセスにお問い合わせください。

LogicMonitor には、My Module Toolbox と Exchange に個別のロールがあり、これらのロールをユーザーに割り当てることができるようになりました。 以前は、Toolbox と LM Exchange は単一の権限セットを共有しており、Exchange を表示するには「管理」が必要でした。

Exchange ロールでは、標準の「表示」権限と「管理」権限に加えて、「コミット」権限と「公開」権限を Exchange に委任できるようになりました。 これにより、LogicMonitor ポータルでどのユーザーがプライベート バージョンまたは公開バージョンのモジュールをコミットできるかをさらに制御できるようになります。

これらの機能にアクセスするには、次の場所に移動します。 設定 > ユーザーと役割を選択し、 役割 タブには何も表示されないことに注意してください。

詳細については、を参照してください。 役割 製品ドキュメントに記載されています。

トポロジ マップの機能強化

トポロジ マップを作成および探索するときに、ノードをより速く検索し、接続のフィルターを保存できるようになりました。

  • 検索ノード– (非常に大きなマップなどで) ノードをより速く見つけることができるように、マップ内のノードをラベル名で検索できるようになりました。 詳細については、「」を参照してください。 ノードの検索.
  • 接続フィルターをマップに保存する– 接続のフィルターを設定し、保存されたマップに後で使用できるようにビューを保存できるようになりました。 詳細については、「」を参照してください。 接続フィルターをマップに保存する.

これらの機能にアクセスするには、次の場所に移動します。 [マッピング] > [保存されたマップ]。

一般的な更新

アプリケーションパフォーマンスの監視

機能強化

  • 過去 45 日間データを受信して​​おらず、休止状態になっているプッシュ メトリクス インスタンスは、自動的に削除されます。 詳細については、「」を参照してください。 Push MetricsAPIによって作成されたデータソースの管理 製品ドキュメントに記載されています。

ログ

機能強化

  • ログのアラート条件とアラート パイプラインを構成する場合、説明フィールドは必須フィールドではなくなりました。

モジュール

機能強化

  • SNMP SysOID 編集ページには、他のモジュール タイプと同様にバージョン情報が表示されるようになりました。

修正された問題

  • Exchange からモジュールが更新された後、監査ログからデータが省略される問題を修正しました。 これにより、モジュールが v193 より前にアップグレードされた場合、監査ログに値が欠落する可能性があります。

トポロジー

機能強化

  • トポロジ マップにセキュリティ カメラの新しいアイコンを追加しました。

新しいUI

免責事項: 新しい UI プレビューは現在ベータ版です。 今後数週間以内に、このベータ版はすべてのユーザーが利用できるようになります。 詳細については、を参照してください。 新しい UI の概要 製品ドキュメントに記載されています。 新しい UI プレビューにアクセスするには、カスタマー サクセスにお問い合わせください。

機能強化

  • マルチインスタンス データソースのアラート調整タブでインスタンス名が利用できるようになり、どのデータポイントがどのインスタンスに関連付けられているかを簡単に識別できるようになりました。

修正された問題

  • 「リソース情報」タブでは、 から継承 列が正しいリソース、リソース グループ、または PropertySource にリンクされるようになりました。
  • リソースの従来の UI と同等の場合:
    • 追加のフィルターが「OR」演算としてステートメントに追加されるようになりました。
    • 新しいインスタンスを手動で追加すると、デフォルトの「グループ化されていない」インスタンス グループがフィールドに自動的に入力されます。

コレクターリリース

GD Collector 33.007 は、6 年 2023 月 33.007 日に MGD コレクターとして指定されます。6 年 2023 月 33.007 日に GD XNUMX より前のバージョンを持つコレクターは、強制的に GD XNUMX に更新されます。 詳細については、「 MGD ポリシー 製品ドキュメントに記載されています。 

コンテナ監視リリース

Container Monitoring 5.0.0 は、18 年 2023 月 XNUMX 日にリリースされました。新しい Container Monitoring 機能、機能強化、修正された既知の問題、およびアップグレード手順の詳細については、次を参照してください。 Container Monitoring 5.0.0 リリースノート.

LogicModuleリリース

新規および更新された LogicModule は、LogicMonitor パブリック リポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく追加された、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除される LogicModule をリストします。 LogicModule 機能に関連する変更は、 一般的な更新 のセクションから無料でダウンロードできます。

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
13 つのデータソース:
Cisco_Meraki_API
Cisco_Meraki_AccessPointHealth
Cisco_Meraki_AccessPointPerformance
Cisco_Meraki_AccessPointRadios
Cisco_Meraki_CameraHealth
Cisco_Meraki_DeviceInterfaces
Cisco_Meraki_SecurityApplianceHealth
Cisco_Meraki_SecurityAppliancePerformance
Cisco_Meraki_SecurityApplianceTunnels
Cisco_Meraki_SecurityApplianceUnderlay
Cisco_Meraki_SwitchHealth
Cisco_Meraki_SwitchInterfaces
Cisco_Meraki_SwitchPerformance

2 プロパティソース:
addCategory_Cisco_Meraki_Device
addERI_Cisco_Meraki_Device

1 トポロジソース:
Cisco_Meraki_Topology
Cisco Meraki で管理されるデバイスを LogicMonitor の個別リソースとして監視するための新しいモジュール このパッケージは、ダッシュボード API と snmp.meraki.com Cisco Meraki が管理するデバイスを監視します。 このパッケージのモジュールは、個別の Meraki デバイスを表す LM Envision リソースに適用されます。 これらのモジュールは、Meraki 組織または Meraki ネットワークを表す LM Envision リソースに適用される従来の Meraki モジュールからのインプレース アップグレードではありません。

従来のモジュールからの移行と個別の Meraki デバイスのオンボーディングの詳細については、次を参照してください。 Cisco Meraki モニタリング 製品ドキュメントに記載されています。
1 データソース:
Oracle_MySQL_ConnectionStatus
Oracle MySQL 接続を監視するための新しいモジュール。 カスタム SQL クエリを実行し、クエリの完了までの往復時間をレポートする機能があります。 接続の問題が発生した場合は警告が表示されます。

更新されたLogicModules

LogicModule名詳細
9 構成ソース:
Microsoft_ActiveDirectory_Computers
Microsoft_ActiveDirectory_DomainController
Microsoft_ActiveDirectory_Domains
Microsoft_ActiveDirectory_FSMOロール
Microsoft_ActiveDirectory_Forests
Microsoft_ActiveDirectory_GroupPolicies
Microsoft_ActiveDirectory_OrganizationalUnits
Microsoft_ActiveDirectory_PasswordPolicy
Microsoft_ActiveDirectory_Sitesサブネット
接続が成功したかどうかのチェックを追加しました。 接続が失敗した場合は、20 秒間接続を確立しようとします。 その後は諦めます。 マーカー ファイルを書き込み、コレクターが前回の試行が失敗したことを認識し、サーバーへの何度もログオンを試行することを防ぎます。

すべての ActiveDirectory 構成を新しいセッション処理で更新しました。 
4 構成ソース:
SSH_インタラクティブ_ダイナミック
SSH_Interactive_Standard
Telnet_Interactive_Dynamic
Telnet_Interactive_Standard
ホスト プロパティ config.logs.permanent が 1 または true に設定されている場合、構成診断の長期ログが /logs/ConfigStats/ ディレクトリに永続的に維持されるようになりました。

注: これらのログは自動的に削除されることはありません。そのため、この設定は診断には慎重に使用してください。
1 データソース:
APC_Environment_Monitor_Temp-
デフォルトの OID が空の結果を返す場合、1.3.6.1.4.1.318.1.1.26.10.2.2.1.3 ワイルド値/エイリアス検出と 1.3.6.1.4.1.318.1.1.26.10.2.2.1.8 温度測定値のサポートを追加します。
1 データソース:
Cisco_DNAC_ネットワーク
インスタンスの作成を試行する前に、応答のチェックを追加しました。 バージョン 1.2.6 以下のログイン URL を考慮して Cisco DNAC LogicModules のスニペット コードを更新しました。
1 データソース:
Cisco_Meraki_UplinkLossAndLatency
設定を試行する前に、ネットワーク ILP の null チェックを追加します。
1 データソース:
Microsoft_Azure_SQLデータベース
以下のメトリクスの種類を変更しました。 これらは派生し、BlockedByFireWall、ConnectionFailed、ConnectionSuccessful、Deadlocks を測定するために修正されました。
1 データソース:
Microsoft_Azure_SQLDatabaseNonDTU
いくつかのメトリクスのタイプを変更しました。
2 つのデータソース:
Microsoft_SQLServer_DatabaseFiles
Microsoft_SQLServer_DatabaseStorage
システムデータベースリストを展開しました。 パフォーマンスの問題を修正するために、msql.excludesystem.database = true の場合にシステム データベースをスキップするように、databasestorage での収集が変更されました。 以前のコードはシステム データベースに対してクエリを実行し、アクティブな検出インスタンスによって出力をフィルターしていました。 SQL 2012 SP1 がメジャー バージョン番号を返さない問題を修正しました。 いくつかのコーディングの問題をクリーンアップしました。
10 つのデータソース:
NetApp_Cluster_CIFS
NetApp_Cluster_GlobalPerformance
NetApp_Cluster_Interfaces
NetApp_Cluster_Nodes
NetApp_Cluster_PSU
NetApp_Cluster_QTree
NetApp_Cluster_StorageAdapter
NetApp_Cluster_SVM
NetApp_Cluster_SVMPeers
NetApp_Cluster_ボリューム

1 プロパティソース:
addCategory_NetApp
NetApp_Cluster_ モジュールのバージョン 3.0 以降、NetApp ONTAP REST API のサポートが追加されました。 更新には下位互換性があり、インポート時の履歴データには影響しません。 追加のモジュールを検証テストに使用できます。 詳細については、CSM にお問い合わせください。

更新された PropertySource をインポートする前に DataSource が更新された場合に備えて、デフォルトのプロパティ値を提供します。

v1.5.0 の Active Discovery メソッドを反映するために、NetApp_Cluster_GlobalPerformance が ZAPI を処理するように更新されました。
1 データソース:
SSL_証明書
DaysRemaining データポイントのアラート本文のトークンを修正しました。
1 データソース:
Ubiquiti_UniFi_Clients_Wired
デバッグ変数を正しく参照するために isMac() 関数呼び出しを修正しました。
41 つのデータソース:
VMware_ESXi_CPU
VMware_vSphere_DatastoreStatus
VMware_ESXi_データストアスループット
VMware_ESXi_Datastoreの使用状況
VMware_ESXi_Disks
VMware_ESXi_HardwareHealthSensor
VMware_ESXi_LogicalProcessors
VMware_ESXi_メモリ
VMware_ESXi_NetworkInterfaces
VMware_ESXi_NetworkState
VMware_ESXi_Power
VMware_ESXi_SystemHealthSensor
VMware_ESXi_VirtualMachineDiskCapacity
VMware_ESXi_VirtualMachinePerformance
VMware_ESXi_VirtualMachineSnapshots
VMware_ESXi_VirtualMachineStatus
VMware_LM_トラブルシューター
VMware_vCenterAppliance_Backup
VMware_vCenterAppliance_CPU
VMware_vCenterAppliance_DiskPerformance
VMware_vCenterAppliance_FileSystemPartitions
VMware_vCenterAppliance_FileSystemSwap
VMware_vCenterAppliance_HealthStatus
VMware_vCenterAppliance_HighAvailability
VMware_vCenterAppliance_Memory
VMware_vCenterAppliance_NetworkInterfaces
VMware_vCenterAppliance_Power
VMware_vCenterAppliance_Services
VMware_vSphere_Clusters
VMware_vSphere_DatastoreClusters
VMware_vSphere_DatastoreStatus
VMware_vSphere_データストアスループット
VMware_vSphere_Datastoreの使用状況
VMware_vSphere_HighAvailability
VMware_vSphere_HostStatus
VMware_vSphere_NetworkState
VMware_vSphere_ResourcePools
VMware_vSphere_VirtualMachineDiskCapacity
VMware_vSphere_VirtualMachineNetworkInterface
VMware_vSphere_VirtualMachinePerformance
VMware_vSphere_VirtualMachineSnapshots
VMware_vSphere_VirtualMachineStatus

4 プロパティソース:
VMware_vSphere_情報
addCategory_vCenter
addERI_ESXi
addERI_vCenter

4 トポロジソース:
VMware_vCenter_Cluster_Topology
VMware_vCenter_Datastore_Topology
VMware_vSphere_Network_Topology
VMware_vSphere_VirtualMachine_Topology
vSphere スイートのロギングおよびデバッグ機能が lm.debug スニペットを使用するように更新され、vmware.vsphere スニペットの不要な runAfterLoad 引数が削除されて、新しいアカウントでのスニペットの初期ロードの問題が防止されました。

VMware_vSphere_DatastoreStatus を更新して、欠落しているoverallStatusMap を追加しました。

VMware_vSphere_VirtualMachineStatus を更新して、コレクション出力の形式を修正しました。
2 プロパティソース:
Config_Aruba_Generic
Config_HPE_Generic
Aruba JL728A デバイスのサポートが共通構成に追加されました。
2 プロパティソース:
ConfigCheck_1_SFTP
ConfigCheck_2_SCP

4 構成ソース:
SCP_ダイナミック
SCP_標準
SFTP_ダイナミック
SFTP_標準
該当する場合、SFTP および SCP 共通構成は、ダウンロード構成の中間キャッシュに LogicMonitor tmp ディレクトリを使用するようになりました。
1 プロパティソース:
デバイス_基本情報
Cisco デバイス上の endpoint.model に関連付けられた OID のタイムアウトを増やす、新しいオプションのプロパティのサポートが追加されました。 Cisco デバイスで deviceBasicInfo.useLongerTimeout.enable=true を設定すると、1.3.6.1.2.1.47.1.1.1.1.13 へのフォールバックを回避するために、OID 30 のウォーキング時間が 120 秒から 1.3.6.1.2.1.1.1.0 秒に増加します。 .XNUMX。
1 プロパティソース:
Microsoft_SQLServer_Connections
インスタンスの切り捨てを引き起こす複数の SQL インスタンスを持つサーバーのバージョン プロパティのバグを修正しました。 インスタンス名が割り当てられたインスタンス名と一致することを確認するために、非クラスター化サーバー用のフィルタリングが追加されました。 手動インスタンスがある場合、インスタンス名が一致するかどうかサーバーをチェックしなくなりました。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

ロジックモジュールの廃止ロジックモジュールの交換詳細サポート終了日
1 データソース:
Cisco_Intersight_Licenses
1 データソース:
Cisco_Intersight_Licensing
このモジュールの既存のバージョンでは、ワイルド値はすべてのインスタンスで同じ値に設定され、ほとんどの場合、すべてのインスタンスが重複します。 このため、すべてのデータが XNUMX つのインスタンスから複製されました。 ワイルド値は一意になるように変更されています。 さらに、親ライセンスが所有されていない場合、他のライセンスのサブセットであるライセンス タイプが除外されるようになりました。 これにより、報告される有効期限が、有効期限が切れる可能性のあるライセンス タイプのみのものであることが保証されます。

データポイント DaysRemaining は、endTime ではなく、expireTime をレポートするように変更されました。たとえば、猶予期間の終了ではなく、ライセンスの有効期限がいつ切れるかをレポートするようになりました。 猶予期間の日数は直接追跡されなくなりましたが、DayRemaining は猶予期間中に負の値を報告します。値 -90 は、猶予期間ライセンスが期限切れになる標準期間です。 さらに、日付処理に小さな変更が実装され、ライセンスの有効期限の追加の日付形式を解析できるようになりました。
2023 年 9 月 15 日
1つのイベントソース:
Azure サイト回復アカウント
無しAzure Site Recovery アカウントと Azure Site Recovery EventSources により、同じイベントに対してアラートが生成され、重複したアラートが発生します。 アラートの重複を避けるために、Azure Site Recovery アカウントの EventSource が削除されました。2023 年 9 月 15 日
1 つのプロパティソース:
addCategory_MySQL
1 つのプロパティソース:
addCategory_OracleMySQL
addCategory_MySQL は非推奨となり、適切にラベル付けされた addCategory_OracleMySQL に置き換えられました。 新しい addCategory は、接続が成功した場合にリソースにバージョン番号を設定します。2023 年 9 月 15 日

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関するお知らせ、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報が記載されています。

LogicModule の設定からモジュールへの移行

将来のリリースでは、LogicModules は設定から​​利用できなくなります。 Exchange、My Module Toolbox、およびモジュールを管理するためのすべての設定には、次からアクセスできます。 モジュール ナビゲーションバーで。 詳細については、を参照してください。 モジュールの概要 製品ドキュメントに記載されています。

データポイント分析

免責事項: この機能は現在ベータ版です。 現在新しい UI ベータ版をアクティブにしている企業のお客様は、参加する資格があります。 

アラートの数値メトリックに関連する追加の相関メトリックを表示できるようになりました。 新しいデータポイント分析機能は、アラート データポイントと高度に相関する関連データポイントを取得し、相関スコアを生成します。 この相関スコアは、同じインスタンスからのデータポイントなど、いくつかの異なる戦略によって取得されたデータポイントに基づいて計算されます。 特定のデータポイントの相関スコアが高いほど、そのデータポイントはアラートに関連付けられたデータポイントとの相関が高くなります。

Cisco Catalyst SD-WAN

将来のリリースでは、Cisco SD-WAN Bulk API バージョン 20.6.x ~ 20.12.x(現在のリリース)をサポートするデバイスベースのモジュールを利用できるようになります。 LogicMonitor は、各 vEdge、cEdge、vSmart、および vBond デバイスの検出とオンボードを自動化し、SD-WAN サイト ID ごとにリソースをグループに整理する新しい拡張スクリプト NetScan を提供します。 これらのモジュールは、新機能、直感的なユーザー エクスペリエンス、簡素化された ServiceNow CMDB 統合、ネットワーク トラフィック分析、ログ分析、ロール ベースのアクセス制御などの LM Envision のコア機能のサポートを提供します。

VNC および Telnet リモート セッション オプションの廃止

将来のリリースでは、リモート アクセスのためのより安全な代替手段を提供するために、VNC と Telnet を廃止する予定です。 SSH、RDP、HTTP など。 この変更が実装されると、新しいポータルのユーザー インターフェイスには VNC および Telnet オプションが表示されなくなり、既存のユーザーには 2024 年 XNUMX 月まで引き続きこれらのオプションが表示されます。他のリモート セッション タイプへの移行についてサポートが必要な場合は、カスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。

API v1 と API v2 の廃止

将来のリリースでは、LogicMonitor REST API v1 と API v2 を廃止する予定です。 ただし、API v1 および v2 のサポートは 2024 年 XNUMX 月まで継続されます。詳細については、を参照してください。 LogicMonitor REST API v1 および v2 の廃止 製品ドキュメントに記載されています。

推奨事項: LogicMonitor API v3 に移行します。 移行計画のサポートが必要な場合は、カスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。