v.190リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

特徴

  • 機能ハイライト: APM OpenMetrics Data および GD Collector 33.006 リリースの使用状況レポート。
  • 一般的な更新: LogSource エディターと DataSource エディターを更新しました。 Kubernetes Controller Manager の監視機能が追加されました。
  • 更新された監視: Site Recovery アカウントを監視するための新しいモジュール。

機能のハイライト

GD コレクター 33.006 リリース

GD Collector 33.006 は、03 年 2023 月 XNUMX 日にリリースされました。これは、コレクターのアップグレードの問題を修正するパッチ リリースです。 詳細については、「」を参照してください。 GD Collector33.006リリースノート.

重要: 30 年 2023 月 XNUMX 日以降、root として新しい Linux Collector をインストールできなくなります。 問題を回避するには、この日付より前に Linux コレクターを移行する必要があります。 詳細については、「」を参照してください。 root ユーザーから非 root ユーザーへの Collector の移行 製品ドキュメントに記載されています。

APM OpenMetrics データの使用状況レポート

注: この機能は、環境で LM APM を利用している場合にのみ使用できます。

使用状況レポートでアプリケーション パフォーマンス監視 (APM) メトリックの累積使用量データにアクセスできるようになりました。 LogicMonitor では、使用状況レポートの APM の累積使用状況データに OpenMetrics が含まれるようになりました。 これにより、APM のメトリクスを使用して使用状況をより包括的に表示できるようになります。 詳細については、「」を参照してください。 使用状況レポート 製品ドキュメントに記載されています。

注: この機能は以前は「プッシュ API」であり、LM APM のプッシュ メトリクスのみが含まれていました。

一般的な更新

クラウド監視

機能強化

  • Azure Flexible PostgreSQL ConnectionsFailed のデータ 0 とデータなしを区別するための複雑なデータポイントが追加されました。
  • Azure Site Recovery イベントのレポートに使用できる新しい EventSource。

修正された問題

  • 米国中央部の Azure リソースが重複して検出される場合がある問題を修正しました。
  • サードパーティの Azure CDN プロファイル (Verizon Standard および Verizon Premium CDN プロファイルなど) は検出されなくなりました。
  • 場合によっては、Cost Management 統合による Azure Cost By Tag 監視でデータがレポートされない問題を修正しました。

モジュール

機能強化

  • LogSource エディタの新しい UI バージョンが利用できるようになりました。
  • DataSource エディターの新しい UI バージョンが利用できるようになりました。

設定

機能強化

  • LogicMonitor は、アカウント情報の使用状況に関連した LM コンテナと Web サイトの契約コミットメントを表示するようになりました。 これは、コミットされた量への近さを理解するのに役立ちます。

修正された問題

  • 更新する テナント識別子プロパティ名 この設定により、監査ログにエントリが作成されるようになりました。

リソース

修正された問題

  • 新しい UI を使用してリモート セッションを開始できるようになりました。

コンテナ監視

機能強化

  • Kubernetes コントロール プレーンの重要なコンポーネントである Kubernetes コントローラー マネージャーを監視できるようになりました。

注: 現在、モニタリングはコントロール プレーン サービスを公開する Kubernetes ディストリビューションでのみ利用可能であり、すべてのマネージド Kubernetes ディストリビューションと互換性があるわけではない可能性があります。

LogicModuleリリース

新規および更新されたLogicModuleは、LogicMonitorパブリックリポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除されるLogicModuleを一覧表示します。 LogicModule機能に関連する変更は、一般的な更新の下に一覧表示されます。

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
(1 EventSource)
Azure サイト回復アカウント
Site Recovery アカウント用の新しい EventSource を作成しました。

更新されたLogicModules

LogicModule名詳細
(4つのデータソース)
Zoom_Base_Usage
Zoom_Plan_Webinar_利用方法
Zoom_LargeMeeting_使用方法
Zoom_プラン_お部屋_ご利用方法
レジストリ内のモジュール スキーマを修正するために再公開されました。
(2つのPropertySources)
ConfigCheck_4_インタラクティブ
ConfigCheck_5_Telnet

(4つのConfigSources)
SSH_インタラクティブ_ダイナミック
SSH_Interactive_Standard
Telnet_Interactive_Dynamic
Telnet_Interactive_Standard
権限昇格中の単一文字プロンプトの変更を処理できるように共通構成が更新されました。
(7つのデータソース)
Citrix_VAD_ApplicationUsage
Citrix_VAD_ConnectionFailureサマリー
Citrix_VAD_deliveryGroups
Citrix_VAD_LoadIndexMetrics
Citrix_VAD_MachineHotfixLogs
Citrix_VAD_Machineの概要
Citrix_VAD_SessionActivitySummaries

(1つのPropertySources)
addCategory_CitrixMonitorServiceV4
大規模な環境では、最大 4 ページのデータが odataXNUMX 呼び出しに追加されました。
(2つのPropertySources)
ConfigCheck_4_インタラクティブ
ConfigCheck_5_Telnet

(4つのConfigSources)
SSH_インタラクティブ_ダイナミック
SSH_Interactive_Standard
Telnet_Interactive_Dynamic
Telnet_Interactive_Standard
共通構成全体でのページネーションのサポートが改善されました。
(5つのデータソース)
Nutanix_コンテナー
Nutanix_Controller_VM
Nutanix_Disks
Nutanix_ハイパーバイザー
Nutanix_ストレージプール
機密データを含むデバッグ印刷を削除しました。
(1データソース)
GCP_ManagedServiceforMicrosoftActiveDirectory
GCP Stackdriver で一貫したデータを取得できるように更新されました。
(1つのPropertySource)
Microsoft_SQLServer_Connections
既存のインスタンスのロジックを無視する問題を修正しました。
(3つのデータソース)
Microsoft_Azure_ScaleSetVirtualMachine
Microsoft_Azure_VM
Microsoft_Azure_VirtualMachineScaleSet
メモリ使用量のグラフを追加しました。
(1データソース)
Microsoft_Azure_PostgreSQLフレキシブル
失敗した接続をより適切にレポートするために複雑な DP を追加しました。 PostgresSQLFlexible.
(1 EventSource)
CiscoDNACの問題
Cisco DNAC 問題イベント ソースが更新され、デバイスに ID がない場合にエラーをスローするのではなく「Not Supplied」を返すようになりました。
(1データソース)
Citrix_XenApp_Machines
更新中 Citrix_XenApp_Machines マシンのライフサイクル状態が削除済みに変更されたときにインスタンスを自動的に削除します。 これにより、削除されたマシンを含むインスタンスがポータルから削除されます。 30 日以内に再検出された場合、データは再検出時に返されます。
(2つのデータソース)
SSL_証明書_チェーン
SSL_証明書
サポートされていない LDAP/LDAPS をモジュールから削除しました。
(1データソース)
Cisco_Firepower_FCMBladeEnviroment
表示名の誤字を修正。
注: ポータル内のデータが断片化することなく、モジュール名のタイプミスを修正できません。
(10つのPropertySources)
Config_Arista_Generic
Config_Aruba_Generic
Config_Brocade_Generic
Config_Cisco_Generic
Config_Fortinet_Generic
Config_HPE_Generic
Config_Juniper_Generic
Config_Netscaler_Generic
Config_PaloAlto_Generic
Config_Sophos_Generic
を妨げる問題を修正しました。 Telnet プロパティが Common Config PropertySource に設定されないため、エラーが発生します。
(5つのデータソース)
Microsoft_Azure_関数
Microsoft_Azure_PostgreSQLフレキシブル
Microsoft_Azure_SQLデータベース
Microsoft_Azure_SQLDatabaseNonDTU
Microsoft_Azure_SQLElasticPool
新しいデータポイントを追加することで監視を拡張しました。
(1データソース)
Juniper_Mist_Org_Sites
サイトメトリクスを集計するときにネストされた値が確実に評価されるようにする問題を修正しました。
(1 TopologySource)
OSPF_トポロジー
新しいホスト プロパティのサポートが追加されました (topo.ospfNeighborIds)これは OSPF ネイバー ID のみをマッピングし、ネイバー IP はマッピングしません。
(2つのデータソース)
Kubernetes_KSM
Kubernetes_KSM_リソース
URL を確認するために AppliesTo を更新しました。 次の場合、履歴データが失われる可能性があります auto.ksm.selfmonitor.url プロパティがデバイスに存在しません。

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関する発表、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報を確認できます。

合成リソースのテストとステップの詳細ビュー

論理的にテストとステップに分類された Web サイトのすべての操作の詳細情報を表示できます。 各テストは個別のデバイスとして扱われ、各テストは Web サイトのさまざまな操作を表す複数のステップで構成されます。 表示される情報には、Web サイトのさまざまな操作を区別できる独自の色分けされたグラフと、各ステップの実行時データを表示する表が含まれます。