v.188リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

7月に更新10、2023

  • トポロジー: マッピングを作成した後、手動で作成した接続を追加、変更、または削除することでマッピングを編集できます。 詳細については、「」を参照してください。 手動で作成した接続の編集。

特徴

  • 機能ハイライト: MongoDB Atlas 統合の一般提供。 LogSource モジュールのオープンベータ版。 複数のコレクターのリリース。 トポロジ マップの PDF。
  • 一般的な更新: Netflow は、ポート、ASN、および DNS マッピングを一括削除します。 REST API V3 はベアラー トークンを正式にサポートします。 新規および更新された LogicModule は、LogicMonitor パブリック リポジトリで利用できます。
  • 更新された監視: MongoDB Atlas を監視する新しいモジュールと、Helm Chart リリースのトポロジ サポート。

重要: 28 年 2023 月 XNUMX 日以降にサポートされていないブラウザー (Internet Explorer など) を使用している場合は、レポートなどのポータルの機能へのアクセスを維持するために、LogicMonitor がサポートするブラウザーに切り替える必要があります。 詳細については、を参照してください。 サポートされているブラウザ 製品ドキュメントに記載されています。

この要件の詳細については、「 TLS 1.2 がすべての AWS API エンドポイントの最小 TLS プロトコル レベルになる AWS からのドキュメント。

機能のハイライト

MongoDB Atlas 統合の一般提供

MongoDB Atlas Integration が一般提供になりました。 この統合により、LogicMonitor のクラウド (API ベース) 統合を使用して Atlas 管理データベースを監視できるようになります。 検出された MongoDB Atlas データベース リソースは、クラウド リソースとして課金されます。 詳細については、「」を参照してください。 MongoDB Atlas プロジェクトの統合 製品ドキュメントに記載されています。

ログソースモジュール

LM ログへのログ データの送信を有効にして構成するための新しいモジュール。 LogSource には、どのログを取得するか、どこで取得するか、および解析の際にどのフィールドを考慮する必要があるかに関する詳細が含まれています。 LogSource は、Syslog、Windows イベント、Kubernetes イベント、およびその他の一般的なログ データ ソースで使用できます。 LogSource はオープン ベータ版に移行しており、すべての LM Logs 顧客が使用できるようになります。 詳細については、を参照してください。 ログソースの概要 製品ドキュメントに記載されています。

複数のコレクターのリリース

さまざまな機能強化とバグ修正をサポートするために、次の Collector バージョンが XNUMX 月と XNUMX 月にリリースされました。

コレクターバージョン発売日
EAコレクター34.100
注: このバージョンには、特権のない WinRM Windows Collector のオープン ベータ版が含まれています。
2018年6月18日
EAコレクター33.4012019年5月29日
GDコレクター34.0002019年5月29日
GDコレクター33.0042019年5月29日

トポロジ マッピング PDF

トポロジ マップを PDF 形式にエクスポートできるようになりました。 詳細については、「」を参照してください。 マップのエクスポート.

一般的な更新

クラウド監視

機能強化

  • リージョン フィルタリングとの混乱を避けるために、GCP 設定のサービス レベルに「Http(s) Load Balancer – Regional」を追加しました。
  • アカウント情報で、クラウド リソースのコミット済み数に関連した使用状況を表示できるようになりました。 

修正された問題

  • EC2 モニタリングがモニタリング対象として選択されていないリージョンをポーリングする原因となる問題を修正しました。

LMログ

既知の問題点

  • 異なる相対時間範囲でクエリを実行すると、重複したログ レコードが誤って返されます。

各種レポート作成

機能強化

  • レポート認証が有効になっているかどうかに関係なく、さまざまなブラウザーのセキュリティ ポリシーによってブロックされることなく、アドホック レポートを実行できるようになりました。

アプリケーション監視

複数のサービスデータの比較

  • トポロジ ウィジェットからサービスを選択し、RED メトリクス ウィジェットでアプリケーション全体に対するサービスの影響分析を表示できるようになりました。 これにより、アプリケーションに対する個別または複数のサービスの影響を確認できます。 詳細については、「複数のサービス データの比較」セクションを参照してください。 トレースページの概要 製品ドキュメント。

コンテナ監視

修正された問題

  • MS Teams QoS データを確実に収集して表示できない問題を修正しました。

ネットフロー

機能強化

  • ポート、ASN、および DNS マッピングを一括削除できるようになりました。 これは、複数のモデル ID を使用し、ID の一括削除を実行することで実現できます。 この拡張が行われる前は、一度に XNUMX つのマッピングの削除しか実行できませんでした。 詳細については、「」を参照してください。 マッピングの一括削除 製品ドキュメントに記載されています。

トポロジー

機能強化

  • トポロジ マップ内のノードを編集および削除できるようになりました。

REST API

機能強化

  • ベアラー トークンは、LogicMonitor REST API V3 で正式にサポートされるようになりました。 その結果、設定でベアラー トークン情報にアクセスできるようになりました (設定 > ユーザーと役割 > APIトークン タブ> 無記名 タブ)LogicMonitor のライセンスに関係なく。

LogicModuleリリース

新規および更新されたLogicModuleは、LogicMonitorパブリックリポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除されるLogicModuleを一覧表示します。 LogicModule機能に関連する変更は、一般的な更新の下に一覧表示されます。

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
(3つのデータソース)
PaaS_MongoDB_Atlas_Database
PaaS_MongoDB_Atlas_Disk
PaaS_MongoDB_Atlas_Process
MongoDB Atlas の新しいモニタリング
(1つのPropertySource)
addCategory_パノラマ
PropertySource は、該当しないモジュールから Panorama デバイスを特定して除外するのに役立ちます。
(1データソース)
AWS_Elemental_MediaTailor
MediaTailor のデータソース
(1データソース)
GCP_ManagedServiceforMicrosoftActiveDirectory
Microsoft AD 向け GCP マネージド サービスのデータソース
(1つのTopologySources)
 Kubernetes_Helm_Topology
Helm Chart リリースのトポロジ

更新されたLogicModules

LogicModule名詳細
(1データソース)
Microsoft_SQLServer_MonitorUser
正確なエラー情報を反映するためにデフォルトの警告メッセージを更新しました。
(1データソース)
Windows_Events_LMLogs
ログメタデータにイベントソースを追加しました
(1データソース)
SNMP_ネットワーク_インターフェース
エイリアスおよび説明プロパティの下の「&」のエンコード処理を変更し、カウンター ラップによるスパイクを防ぐために、入出力 Mbps に 1 Tbps の最大値を追加しました。
(1つのPropertySource)
addERI_Cisco
addERI_Cisco で HSRP MAC が L2 ERI として設定されるのをブロックしました
(1データソース)
Microsoft_SQLServer_DatabaseFiles
大きな値の処理を修正し、ゼロによる除算を防ぐために値のチェックを追加しました。
(3つのデータソース)
AWS_EC2_InstanceTypeServiceLimitsByRegion
AWS_EC2_TrustedAdvisorServiceLimits
AWS_VPC_TrustedAdvisorServiceLimits
更新しました インスタンスを自動的に削除する XNUMX つのデータソースを設定して、監視されていないリージョン インスタンスのアクティブな検出を修正します。
(1データソース)
Cisco_IPSec_AggregateTunnels
追加されました .toInteger() cisco.ipsec.aggtun.timeout および cisco.ipsec.aggtun.threadpoolsize プロパティのインポートに。

cisco.ipsec.aggtun.timeout の許容最大値が 180 秒から 45 秒に増加しました。
(40つのデータソース)
パロアルト_FW_BGP
PaloAlto_FW_証明書
PaloAlto_FW_ChassisPower
PaloAlto_FW_DataplaneCores
パロアルト_FW_ディスク
PaloAlto_FW_DroppedPackets
パロアルト_FW_ファン
PaloAlto_FW_FilterActions
パロアルト_FW_グローバルパフォーマンス
PaloAlto_FW_GlobalSessions
パロアルト_FW_HA_インターフェイス
パロアルト_FW_HA_ステータス
PaloAlto_FW_IPSecTunnelStats
PaloAlto_FW_Licenses
PaloAlto_FW_LogForwarding
PaloAlto_FW_Logical_Interface
パロアルト_FW_OSPF
パロアルト_FW_パワー
パロアルト_FW_QoS
PaloAlto_FW_QoS_V8 +
PaloAlto_FW_QoS_V9 +
PaloAlto_FW_Reports_TopApplicationCategories
PaloAlto_FW_Reports_TopApplications
PaloAlto_FW_Reports_Top攻撃者
PaloAlto_FW_Reports_TopDestinationCountries
PaloAlto_FW_Reports_TopDestinations
PaloAlto_FW_Reports_TopEgressZones
PaloAlto_FW_Reports_TopHTTPApplications
PaloAlto_FW_Reports_TopIngressZones
PaloAlto_FW_Reports_TopRules
PaloAlto_FW_Reports_TopSourceCountries
PaloAlto_FW_Reports_TopSources
PaloAlto_FW_Reports_Topテクノロジーカテゴリ
PaloAlto_FW_Reports_TopVictims
パロアルト_FW_SDWAN_トンネル
PaloAlto_FW_Spec_Interface
PaloAlto_FW_SystemResources
PaloAlto_FW_温度
パロアルト_FW_ゾーン
PaloAlto_FW_vSys
パノラマ デバイスを識別する新しい PropertySource を使用して PaloAlto_FW データソースを更新し、パノラマ デバイスを除外しました。
(1データソース)
SNMP_ネットワーク_インターフェース

(1 TopologySource)
Networking_L2_snmpSwitch
要求されていないポートを持つ CDP/LLDP エントリのインターフェイス エッジ設定を削除しました。

インターフェイス名でも、CDP/LLDP インターフェイスを IFMIB インターフェイスと照合します。
(4つのデータソース)
Kubernetes_コンテナ
Kubernetes_デプロイメント
Kubernetes_ノード
Kubernetes_Pod
KSM モジュールへの移行を通知するために更新されました。
(1データソース)
 Kubernetes_CoreDNS
NullPointerException を修正するために最新のデータポイントを更新しました。
(1データソース)
 F5_BigIP_SSL_VIP_証明書
証明書のトラブルシューティング エクスペリエンスを向上させるために、収集スクリプトにデバッグ モードが追加されました。
(1つのPropertySource)
デバイス_基本情報
を使用してポート スキャンで除外するポートを削除する順序のエラーを修正しました。 exclude.ports ホストのプロパティ。
(9つのデータソース)
PureStorage_ArrayControllers
PureStorage_ArrayPerformance
PureStorage_ArrayUtilization
PureStorage_ComponentStatus
PureStorage_Drives
PureStorage_Temperatures
PureStorage_ボリュームパフォーマンス
PureStorage_VolumePerformance_API_v1_4
PureStorage_VolumeUtilization

(3つのPropertySources)
PureStorage_API_Versions
PureStorage_ArrayInfo
addERI_PureStorage

(1 TopologySource)
PureStorage_トポロジ
追加の日付形式を使用して Cookie の有効期限をチェックするコードを更新しました。
(1データソース)
Viptela_BGP_Neighbors
インスタンスの null フィルタリングを追加しました。
(2つのPropertySources)
ConfigCheck_4_インタラクティブ
ConfigCheck_5_Telnet

(4つのConfigSources)
SSH_インタラクティブ_ダイナミック
SSH_Interactive_Standard
Telnet_Interactive_Dynamic
Telnet_Interactive_Standard
\n 共通構成のカスタム応答へのサポートを追加しました。
(1データソース)
Microsoft_SQLServer_トラブルシューティング
初期設定を支援するモジュールの設計の結果、このモジュールからアラートは削除されました。 すべてのエラーはインスタンスとして表示され、Active Discovery によって 15 分ごとに検出されます。 SQL データベースを監視するための新しいモジュールは Microsoft_SQLServer_ConnectionStatus で、毎分実行されて障害を警告します。 このモジュールは、WMI が有効になっていない場合にのみスニペットを使用し、WMI インスタンスを作成するように更新されました。
(1データソース)
SNMP_ネットワーク_インターフェース
SNMP を使用するデバイスの拡張リスト getconcurrent 急速なスループット上昇に応答しない Cisco デバイスを含める方法。
(2つのデータソース)
SSL_証明書_チェーン
SSL_証明書
オプションのホストプロパティを追加しました ssl.cert.monitor 値を false に設定することで、ユーザーが SSL 証明書の監視からデバイスを除外できるようにします。 詳細については、「」を参照してください。 SSL証明書の監視 製品ドキュメントに記載されています。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

LogicModule名詳細サポート終了日
推奨されない:
Kubernetes_スケジューラー

交換:
 Kubernetes_Schedulers
モジュールを単一インスタンスからマルチインスタンスに変更し、Kubernetes スケジューラの複数のインスタンスを監視できるようにしました (実装されたスケジューラを使用している場合)。2023-06-15
推奨されない:
LogicMonitor_Collector_ScriptCache

交換:
LogicMonitor_Collector_ScriptCache_JMX
スクリプト キャッシュをより効率的に監視するための新しい JMX メトリクスが追加されました。2023-06-15

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関する発表、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報を確認できます。

Microsoft Azure Databricks モニタリングの廃止

LogicMonitor は Microsoft Azure Databricks の監視を非推奨にしており、この機能は将来のリリースで削除される予定です。 非推奨の詳細については、「 クラスター名およびクラスタースコープの init スクリプト移行ノートブック Databricks のドキュメント。

推奨事項: すぐに使用できる Databricks 監視ソリューションが環境に適合する場合は、サポート リソースを使用して LogicMonitor ポータルでフィードバックを直接送信してください。 詳細については、「」を参照してください。 サポートリソースへのアクセス 製品ドキュメントに記載されています。

AWS 組織単位

AWS アカウントの構成を高速化するために、AWS 組織単位のサポートが追加されました。 この機能は現在ベータ版です。 ベータ参加者になるには、カスタマー サクセスまでお問い合わせください。