v.172リリースノート

最終更新日: 27 年 2024 月 XNUMX 日

特徴

  • 機能ハイライト: KubernetesKSMモニタリングの対象範囲が拡大されました。 EACollector32.200リリース。
  • 一般的な更新: 新しいOpenZFSおよびNetAppONTAPAWS FSxファイルシステムのサポート、アカウント情報でのWebサイトの使用状況の追跡、Linux、Docker、およびKubernetesベースのOpenTelemetryCollectorインストールへのログ収集のサポートなどが追加されました。
  • 更新された監視: Azure Databrick、Azureリソースの状態、Kubernetes KSMベースのジョブ、cronジョブ、およびデプロイを監視するための新しいモジュール。

機能のハイライト

拡張されたKubernetesKSMモニタリング

これで、kubestatemetrics(KSM)サービスとSummaryAPIに基づく新しいKubernetesモニタリングモジュールを使用できます。 これにより、より広い範囲が提供されるため、監視サービスのパフォーマンスが向上します。 新しいモジュールには「Kubernetes_KSM」というプレフィックスが付いており、ポッド、デプロイ、ノードを監視するための既存のモジュールに取って代わります。 詳細については、を参照してください。 新しいLogicModules

推奨事項: カバレッジとパフォーマンスを向上させるために、新しいモジュールをインストールします。 今後のリリースで、既存のモジュールのサンセットプランが発表されます。 

新しいコレクターリリース

EACollector32.200は27年2022月XNUMX日にリリースされました。 

  • このコレクターリリースは、Cyber​​Arkクレデンシャルボールト統合を拡張してCyber​​Arkデュアルアカウントをサポートし、Cyber​​Arkシングルアカウントを使用するときに発生する可能性のあるパスワードローテーションなどの遅延を排除します。
  • このリリースにアップグレードすると、MONGOは個別のコレクタータイプとしてサポートされなくなるため、agent.confからすべての「mongo」設定が削除されます。 SCRIPTやデータソースなどの他のコレクタータイプを使用して、MongoDBインスタンスを監視することもできます。 

詳細については、を参照してください。 EA Collector32.200リリースノート.

一般的な更新

アラート

バグの修正

  • 抑制されたアラートが複数の同時通知をトリガーする問題を修正しました。

LMクラウド

機能強化

  • 新しいOpenZFSおよびNetAppONTAPAWSFSxファイルシステムのサポートが追加されました。

バグの修正

  • Azureバックアップジョブが検出されない問題を修正しました。

LMログ

機能強化

  • Linux、Docker、KubernetesベースのOpenTelemetryCollectorインストールでのログ収集のサポートが追加されました。

バグの修正

  • LM Logs LogstashプラグインがHTTP構成アイテムを無視し、デフォルトのHTTP設定で実行される問題を修正しました。

NetFlow

機能強化

  • NetFlowトラフィックのしきい値ベースのアラート機能が、実稼働環境のベータ参加者が利用できるようになりました。 ただし、この機能を有効にする必要があります。 参加をご希望の場合は、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)に詳細をお問い合わせください。

オープンテレメトリ

機能強化

  • に列を追加しました OpenTelemetryコレクター 表示するページ  、トレースまたはログの場合があります。

ユーザーインターフェース

機能強化

  • これで、コミットされた数のWebサイトに対してWebサイトの使用状況を追跡し、[アカウント情報]ページでこの情報を表示できます。 詳細については、を参照してください。 制限、割り当て、および制約.

LogicModuleリリース

新規および更新されたLogicModuleは、LogicMonitorパブリックリポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除されるLogicModuleを一覧表示します。 LogicModule機能に関連する変更は以下に一覧表示されます 一般的な更新.

新しいLogicModules

LogicModule名詳細
(3つのデータソース)
Kubernetes_KSM_ジョブ
Kubernetes_KSM_Cron ジョブ
Kubernetes_KSM_Deployment
Kubernetes KSMベースのジョブ、cronジョブ、およびデプロイの新しいモニタリングカバレッジ。
(3つのデータソース)
Microsoft_Azure_Databrick_App
Microsoft_Azure_Databrick_AppExecutor
Microsoft_Azure_Databrick_Cluster
AzureDatabrickの新しい監視。
(1 EventSource)
Azure ResourceHealth
Azureリソースヘルスイベントの新しい監視。
(1つのPropertySource)
addCategory_EMC_VNX
システムカテゴリを自動的に追加する新しいPropertySource。 また、新しいプロパティ(auto.emc.cache)を追加して、デバイスで使用されているキャッシュのタイプを識別し、それに応じて適切なモジュールを適用します。
(1つのPropertySource)
addCategory_OverrideNoSnmpIf
以前のNoSnmpIfシステムカテゴリを上書きする新しいPropertySource。
(1つのPropertySource)
addERI_Meraki_Device
デバイスタイプのより詳細な識別のための拡張トポロジサポート。

更新されたLogicModules

LogicModule名詳細
(5つのConfigSources)
SCP_標準
SFTP_標準
SSH_Exec_Standard
SSH_Interactive_Standard
Telnet_Interactive_Standard
一般的な構成では、タイムフィルターを使用して、タイムコードが埋め込まれたプロンプト行をキャッチしようとします。
(1データソース)
AWS_EBS
VolumeThroughputPercentageとVolumeIOPSPercentageのXNUMXつの複雑なデータポイントを追加しました。
(1データソース)
AWS_Glue_ジョブ
メトリックパスを修正しました。
(1データソース)
Cisco_DNAC_デバイス
空の応答の追加処理とより堅牢なページネーションサポートを含むように更新されました。
(1データソース)
Cisco_IPSec_AggregateTunnels
オプションのホストプロパティ– cisco.ipsec.aggtun.threadpoolsize –を追加して、スレッド化されたSNMPウォークの実行(範囲1〜10を許可)、およびasciiConverterI()のnull値のベイルアウトを可能にしました。
(15つのデータソース)
Cisco_Meraki_API使用法
Cisco_Meraki_AccessPoint_Interfaces
Cisco_Meraki_AccessPoints
Cisco_Meraki_DeviceCount
Cisco_Meraki_Gateway_Interfaces
Cisco_Meraki_ゲートウェイ
Cisco_Meraki_Licenses
Cisco_Meraki_Licensing
Cisco_Meraki_OrgDeviceCount
Cisco_Meraki_SecurityAppliance_Interfaces
Cisco_Meraki_SecurityAppliance
Cisco_Meraki_Switches
Cisco_Meraki_トラブルシューティング
Cisco_Meraki_UplinkApplianceStatus
Cisco_Meraki_UplinkLossAndLatency

(4つのPropertySources)
addCategory_Meraki_API
addERI_デバイス
addERI_メラキ
addERI_Meraki_Org

(2つのTopologySources)
Meraki_Cloud_Topology
Meraki_Org_Topology
Meraki APIのv1を使用するようにモジュールを更新しました(v1で現在利用できないデータを提供するCisco_Meraki_Licensingを除く)。 Cisco_Meraki_UplinkApplianceStatusのステータスデータポイントの不正な値の範囲を修正しました。 *Interfacesモジュールに欠落しているタイミング変数を追加しました。
(1データソース)
ciscoqos-
説明と新しいインスタンスプロパティを追加することでインスタンスを改善しました。
(2つのデータソース)
Dell_PowerConnect_Interfaces
SNMP_ネットワーク_インターフェース

(1つのPropertySource)
addCategory_Dell_PowerConnect
Dell_PowerConnect_Interfacesにテクニカルノートを追加して、このモジュールが近い将来廃止され、SNMP_Network_Interfacesが優先されることを警告します。 データポイントinOctetsとoutOctetsをcounterからderiveに変更しました。
Dell_PowerConnect_Interfacesは当初、PowerConnect環境で見られ、インターフェイスの説明が重複している場合に収集の問題を引き起こす、検出ベースのインデックス作成の問題に対処するために開発されました。 これは、SNMP_Network_Interfacesで対処されており、大規模な環境での安定性の修正も含まれています。
Dell_PowerConnect_InterfacesからSNMP_Network_Interfacesに移行するには、このリリースに記載されている4つのモジュールすべての最新バージョンをインポートして、適切なデータソースが適用されるようにする必要があります。 SNMP_Network_Interfacesが適用され、データ収集が確認されたら、Dell_PowerConnect_Interfacesを無効にする必要があります。 詳細については、を参照してください。 データソースの監視を無効にする.
(8つのデータソース)
EMC_DiskPerformance_NaviSecCli
EMC_エンクロージャ環境_NaviSecCli
EMC_FastCache_NaviSecCli
EMC_SPCache_NaviSecCli
EMC_SPPerformance_NaviSecCli
EMC_SPStatus_NaviSecCli
EMC_StoragePool_NaviSecCli
EMC_SystemPower_NaviSecCli
新しいプロパティを使用して、EMC_FastCache_NaviSecCliおよびEMC_SPCache_NaviSecCliのappliesToを更新しました。 新しいPropertySourceが実行されていないデバイスで、更新時に履歴データが失われないようにするためのフォールバックが追加されました。 パッケージ内のすべてのモジュールを現在の標準にするための追加の更新。
(1データソース)
Kubernetes_KSM_Daemonsets
レディレプリカの新しいデータポイントを追加しました。
(1データソース)
Kubernetes_Service
ヘッドレスサービスアラートを修正しました。
(1データソース)
Microsoft_SQLServer_データベース
データポイントdb_row_size、db_max_row_size、およびdb_log_max_sizeを正しく処理するように更新されました。 一部のデータポイントは、パフォーマンスカウンターを持たない古いバージョンのSQLサーバーとの下位互換性のために残されています。
(1データソース)
Microsoft_Windows_Cluster_Disks
未定義のクラスターディスクと重複ディスクを削除しました。
(1データソース)
NetApp_Cluster_Nodes

(1 TopologySource)
NetApp_Cluster_Topology
NetAppクラスターのノードトポロジを修正しました。
(1データソース)
PaloAlto_FW_証明書
Azure証明書のサポートが追加されました。
(1データソース)
PaloAlto_SDWAN_Site_WANLinkQuality
検索性を向上させるためにタグを更新しました。
(5つのデータソース)
SaaS_Zoom_Room問題
SaaS_Zoom_RoomStatus
SaaS_Zoom_UserStats
Saas_Zoom_MeetingQos
Saas_Zoom_ServiceStatus
表示名とアラートメッセージを更新しました。
(6つのデータソース)
Ubiquiti_UniFi_AccessPoints
Ubiquiti_UniFi_Clients_Wired
Ubiquiti_UniFi_Clients_Wireless
Ubiquiti_UniFi_Security_Gateways
Ubiquiti_UniFi_Sites
Ubiquiti_UniFi_Switches
オプションのホストプロパティunifi.portを介したユーザー定義ポートのサポートが追加されました。 APIアクセスに8443以外のポートを使用していて、API呼び出しを正しくリダイレ​​クトするためにURLでポートが指定されていないHTTPSに依存している場合は、データの損失を防ぐために、インポートする前にこのプロパティを設定する必要があります。
(4つのデータソース)
VMware_VeloCloud_EdgeHealth
VMware_VeloCloud_EdgeLinkEventQuality
VMware_VeloCloud_EdgeLinkHealth
VMware_VeloCloud_EdgeLinkMetrics
検索性を向上させるためにタグを更新しました。 検出されないインスタンスを自動的に削除するようにActiveDiscoveryを変更しました。 データ保持は30日間に設定されているため、30日以内に再検出されたエイリアス(エッジ名)には履歴データが入力されます。 過去30日間データを送信していないエッジとリンクには、履歴データが保持されません。
(6つのデータソース)
Win_HyperV_CPU
Win_HyperV_VirtualMachines
Win_HyperV_VirtualNetworkAdapter
Win_HyperV_VirtualStorage
Win_HyperV_VirtualSwitchPorts
Win_HyperV_VirtualSwitches
パスワード文字列をより適切に処理するようにPowershellスクリプトを更新しました。
(1 EventSource)
PaloAlto_SDWAN_SiteEvents
テストグループを削除しました。
(1つのPropertySource)
addCategory_パロアルト_SDWAN
大文字と小文字を区別しない一致になるように、appliesToを生成および拡張したsystem.categoriesにNetSNMPを追加しました。
(2つのPropertySources)
addERI_SilverPeak
addERI_SilverPeak_Orchestrator

(1 TopologySource)
SilverPeak_Orchestrator_トポロジー
検索性を向上させるためにタグを更新しました。
(1つのPropertySource)
Config_Aruba_Generic
Aruba構成に新しいフィルターを追加しました。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

LogicModule名
非推奨/交換
詳細サポート終了日
非推奨:
CiscoMem-
Cisco_FTD_メモリ
置換:
Cisco_MemoryPools_SNMP
既存のCiscoメモリモジュールをマージする新しいCiscoメモリモジュールを作成しました。 cisco-enhanced-mempoolMIBの監視のサポートが追加されました。07/08/2022
非推奨:
EMC_SystemDiags_NaviSecCli
置換:
無し
このモジュールは、システムプロパティを保存するためのインスタンスを作成していました。 これらのインスタンスによって提供されるデータは、addCategory_EMC_VNXを通じて利用できるようになりました。07/08/2022
非推奨:
Cisco_Meraki_Switch_Interfaces
置換:
無し
このデータソースでは、他のCisco Merakiデータソースの機能に影響を与えるデータギャップとAPIタイムアウトの監視が発生するため、削除するか無効にする必要があります。 スイッチの接続ステータスとクライアント数は、Cisco_Meraki_Switchesデータソースを介して引き続き利用できます。08/05/2022

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関する発表、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報を確認できます。

Azureサイトの回復とバックアップのベータ版

今後のLogicMonitorリリースで、AzureSiteRecoveryとバックアップの拡張監視を試すことができます。

Azure 中国地域の監視のベータ版

一部のユーザーは、オプトインしてAzureChinaCloudアカウントの監視を開始できます。 LogicMonitorサポートに連絡して、LogicMonitorポータルでこのベータ機能を有効にしてください。 機能を有効にした後:

  1. 新しいクラウドアカウントを追加して、中国がホストする地域に関連付けます。 クラウドアカウント(レガシー) オプションを選択します。
  2.  権限 タブを選択 中国のアカウント チェックボックスをオンにします。
  3.  サービス タブで、監視する中国の地域を選択します。

さらにサポートが必要な場合は、LogicMonitorサポートにお問い合わせください。