サポートセンターホーム


v.148リリース

02.09.21に公開

LogicMonitorポータルのv.148は、17月1日からXNUMX月XNUMX日までお客様に公開される予定です。

v.148ハイライト:

機能のハイライト:ログアラート

ログにアラートを自動的に生成できるようになりました。

このリリースでは、パイプラインと呼ばれる新しい概念が導入されています。パイプラインは、ログが取り込まれるときに、ログのフィルターと処理ステップを定義するために使用されます。 パイプラインは現在、XNUMXつのリソースに一致するようにスコープが設定されていますが、今後のリリースでこのスコープを拡張する予定です。

  • パイプラインを追加して、常に追跡するリソースからログをフィルタリングします。 新しいパイプラインを管理する ログ>パイプライン ページ。 見る ログ処理パイプライン.

最初の処理ステップでは、パイプライン内のログと一致する正規表現を使用してアラート条件を追加できます。

  • [ログ]ページにリストされているログイベントまたは異常から、または構成済みのパイプラインから直接アラートを作成します。 からのアラートを管理する ログ>パイプライン>パイプラインアラート。 見る ログアラート条件.

ログアラート条件が一致すると、アラート設定(クリティカル、警告、エラー)に基づいて標準のLogicMonitorアラート通知がトリガーされます。 ロググラフでログアラートを表示することもできます。ロググラフでは、アラートログイベントの横に線として表示され、ログリストでアラートを確認します。

この新機能は、ログをより実用的にし、既知の問題が発生したときに誰かに通知するプロセスを自動化するのに役立つ場合があります。

一般的な機能強化と修正

アラート

  • (FIX)動的しきい値が[アラートチューニング]タブに表示されます。 以前は、リソースグループおよびデータソースレベルで設定された動的しきい値が[アラート調整]タブに表示されていませんでした。 これらの継承されたしきい値は、[動的しきい値]列に適切に表示されるようになりました。これは、継承された静的しきい値が[静的しきい値]列に表示される方法と一致しています。
  • (FIX)将来のSDT時間ウィンドウのために表示されるSDTアイコン。 [アラート]ページで、将来の時間枠のスケジュールされたダウンタイム(SDT)を持つリソース/インスタンスに関連付けられたアラートが、選択されてからしばらくの間、誤ってSDTアイコンを表示していました。 これは修正され、アラートはSDTが現在アクティブな場合にのみSDTアイコンを表示するようになりました。

コレクター

  • EA 29.106。 コレクターバージョン EA 29.106 10月XNUMX日にリリースされました。 このバージョンでは、バージョン29.101から29.105に存在する既知の問題が修正され、ハートビートのあるリソースが誤ってデッド/ダウンとしてマークされていました。 コレクターリリースは、LogicMonitorプラットフォームリリースとは独立して展開されます。 アップグレードに使用できるさまざまなCollectorバージョン、およびEA(早期アクセス)、GD(一般展開)、およびMGD(最小一般展開)バージョンの違いの詳細については、を参照してください。 コレクターバージョン.

LMログ

  • (FIX)ログ表示を妨げる​​タイムアウトの問題。 以前は、タイムアウトの問題により、時間範囲フィルターが長くなった結果、[ログ]ページに多数のログが表示されませんでした。 これは修正されました。

各種レポート作成

  • (機能強化)より安全なレポートURL。 LogicMonitorによって生成されたレポート(手動またはスケジュール済み)には、構成可能な期間、短いリンクURLを介してアクセスできます。 以前は、レポートにアクセスするための短いリンクURLは17文字で構成されていました。 おそらく、攻撃者はこの値をブルートフォースして、有効期限が切れていないリンクを取得してアクセスする可能性があります。 レポートURLがブルートフォースによって推測されるのを防ぐために、レポートURLには、ランダムに生成された62ビットの数値をbase96エンコードすることによって作成されたXNUMX文字の文字列が組み込まれるようになりました。
  • (拡張)インターフェイス帯域幅レポート。 インターフェイス帯域幅レポートに新しい機能が追加されました 1024単位でスケーリング チェックボックス。 (デフォルトでは、このレポートは1000の単位でスケーリングされます。)

REST API

  • (拡張)LogicModulesの読み取り専用特権を持つユーザーは、AppliesToロジックに値を渡すことを禁止されています。 以前は、LogicModuleの読み取り専用権限を持つユーザーは、AppliesToロジックに何でも渡すことができました。 これらのユーザーは、AppliesToロジックで更新を行う場合にのみデフォルト値に制限されるようになりました。

トポロジーマッピング

  • アラートページからトポロジマップを表示するときに使用できるエッジフィルタ。 アラート詳細ペインの[マップ]タブからアラートに関連付けられたトポロジマップを表示するときに、エッジでマップをフィルタリングできるようになりました。 じょうごアイコンのドロップダウンからフィルターとして選択すると、エッジフィルタリングがアクティブになります。 有効にすると、選択解除されたエッジタイプが、それらに接続されているフォーカスされていないノードとともにトポロジマップから削除されます。 エッジフィルターは永続化されず、ページの更新、タブの変更、またはその他のコンテキストの変更時にリセットされます。 関連性のないエッジとノードを削除する機能は、トラブルシューティングを迅速化するのに役立ちます。
  • [アラート]ページから、以前に保存した関連するトポロジマップにアクセスします。 アラート詳細ペインの[マップ]タブからアラートに関連付けられたトポロジマップを表示するときに、アラートのトリガーリソース/インスタンスを組み込んだ保存済みのトポロジマップにアクセスして表示できるようになりました。 保存されたマップを選択するには、最初はアラートIDにちなんで名付けられたドロップダウンを使用します。 ドロップダウンが無効になっている場合、関連する保存されたトポロジマップは利用できません。

ユーザーインターフェース

  • (FIX)支払い方法の編集。 プラットフォームの財務設定にリストされている支払い方法を編集しようとしたときに、「不明なエラー」例外が発生していました(設定| アカウント情報| 財務)。 これは修正されました。
  • (修正)リソースページでの誤ったリダイレクト。 以前は、 アラートチューニングの管理 選択したリソースの[グラフ]タブにリストされているデータソースのオプションで、ユーザーはデータソースの[アラート調整]タブに適切に誘導されていませんでした。 これは修正されました。

新規、更新、および非推奨のLogicModule

最近LogicMonitorパブリックリポジトリにリリースされた、新しく更新されたLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡大および強化できます。

新しいLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
addERI_Cisco_SDWAN (ERI PropertySource)Cisco SDWAN / ViptelaデバイスのERIおよびERTを設定します。

注:Ciscoトポロジマッピングを改善する目的で、いくつかのCiscoDataSourceとXNUMXつのTopologySourceも更新されています。
AWS_WAFv2_WebACL (データソース)AWS Web Application Firewall(WAF)のv2を監視するように設計された新しいデータソースが追加されました。 このデータソースは、現在のデータソースと同じメトリックを監視します AWS_WAF_GlobalWebACL データソース。v.148用にも更新されています。
Cisco_CUCM_LBM
Cisco_CUCM_MTPDeviceStatistics
Cisco_CUCM_レプリケーション
Cisco_CUCM_Services
Cisco_CUCM_SIP
Cisco_CUCM_SystemPerformance
addCategory_CiscoCUCMAPI
(6つのデータソース、1つのPropertySource)CUCM XML APIを活用して、Location Bandwidth Managerの帯域幅、MTPリソースの使用状況、レプリケーションの状態、サービスステータス、SIPコールなどを監視する、Cisco Unified Communications Manager(CUCM)の新しい監視パッケージがリリースされました。システムパフォーマンス。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 Cisco Unified Call Manager(CUCM)APIモニタリング.
Cisco_CUCM_CallDetailOverview
Cisco_CUCM_CauseCodes
Cisco_CUCM_FileCache
Cisco_CUCM_LowMOSCalls
Cisco_CUCM_CollectionPath
(4つのデータデータ、1つのPropertySource)CDRおよびCMRファイルを処理して、コールの失敗/成功、継続時間、ジッター、遅延、スループット、キュー、平均オピニオンの要約メトリックを提供するCisco Unified Communications Manager(CUCM)の新しい監視パッケージがリリースされました。スコア(MOS)、原因コード、およびファイル自体の処理。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 Cisco Unified Call Manager(CUCM)レコードの監視.

注:コレクターバージョン29.101以降が必要です。
Cisco_IPSec_PolicyBasedTunnels (データソース)SSHを介したCiscoポリシーベースのIPSecトンネルのスループットとセッションステータスを追跡します。
Cisco_NCS_OpticalPower
CiscoNCSアラート
addCategory_CiscoNCS
(1つのデータソース、1つのEventSource、1つのPropertySource)Cisco ONS 15454デバイスのインターフェイスのアラート、受信/送信電力、およびアラーム/劣化状態を追跡します。
H3C_Switch_ファン
H3C_Switch_ModulePerformance
H3C_スイッチ_電源
H3C_Switch_TemperatureSensors
(4つのデータソース)既存のH3Cデータソースを置き換える新しいH3Cデータソースがリリースされました。 新しいデータソースは、スクリプト化されたActive Discoveryを使用して、一意のインスタンスの命名を保証します。 さらに、新しいモジュールは、拡張されたアラート、マイナーなグラフの修正、更新された技術ノート、およびより頻繁なデータ収集を特徴としています。

注:XNUMXつのデータソースは、これらの新しいデータソースのリリースにより非推奨になりました。 を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨から交換用のLogicModuleに移行する方法の詳細については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。

注:システムに重複した名前のコンポーネントがある場合、現在非推奨のモジュールによって収集された履歴データは、新しいモジュールによるデータ収集と矛盾する可能性があります。
Netscaler_GSLB_ドメイン (データソース)Netscaler GSLBが提供するドメインを監視するための新しいデータソースがリリースされ、インスタンスの命名、概要グラフ、およびデータポイントの説明が改善されました。

注: NetscalerGSLBDomains- DataSourceは、この新しいモジュールのリリースにより非推奨になりました。 を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨から交換用のLogicModuleに移行する方法の詳細については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。
ソフォス_XG_HAStatus_v18 +
Composer_XG_Licenses_v18 +
ソフォス_XG_ServiceStatus_v18 +
Symantec_XG_Stats_v18 +
(4つのデータソース)新しいOIDの使用に対応するために、v18以降を実行しているデバイス用の新しいデータソースを追加しました。 監視されるメトリクスは、既存のソフォスXGデータソースと同じですが、 ソフォス_XG_HAStatus_v18 + 更新されたライセンスモデルを説明するために、HA状態とライセンスの代わりにHAの有効化/無効化ステータスを追跡します。

注:新しいものが必要です \.1\.3\.6\.1\.4\.1\.2604 SNMP SysOIDマップ(ロケーターコード:2PEHAN)。

注: Symantec_XG_Product_Info PropertySourceは、v18 +デバイスをサポートするように更新されました。
VMware_Horizo​​n_Product_Info (PropertySource)Horizo​​n製品のバージョンを判別し、それをプロパティに書き込みます。

更新されたLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
addCategory_Meraki_API (PropertySource)「NoPing」を追加で割り当てるように更新されました system.categories 21-01-20の時点で、api.meraki.comはICMPpingに応答しなくなったためです。 デバイスのない組織のスクリプトエラーを修正しました。
addCategory_StatusPageIO_Key (PropertySource)LogicModuleの説明のタイプミスを修正しました。
addCategory_TopoSwitch (PropertySource)SNMPを介してRuggedComLLDPデータを抽出するように更新されました。 SNMPウォークを実行するときに、オプションパラメータの空のマップではなくnullを渡すように更新されました。
addERI_デバイス
addERI_Cisco
(2 ERI PropertySources)Cisco Catalyst2360デバイスがスイッチとして適切に分類されるように更新されました。 ネットワーク管理のAPCUPSシステムにERI生成を追加しました。
addERI_Windows (ERI PropertySource)VMwarePVSCSIコントローラーのWWNをブロックするように更新されました。
AWS_WAF_GlobalWebACL (データソース)クラシックWebアプリケーションファイアウォールを対象とする新しい組み込みメソッドを使用するようにActiveDiscoveryを更新しました。
Cisco_Meraki_AccessPoint_Interfaces
Cisco_Meraki_AccessPoints
Cisco_Meraki_Gateway_Interfaces
Cisco_Meraki_Gateways
Cisco_Meraki_SecurityAppliance_Interfaces
Cisco_Meraki_SecurityAppliances
(6つのデータソース)インスタンスの数に基づいてスレッドプールのサイズを動的に決定するようにコレクションスクリプトを更新しました。 再試行ロジックを実装し、ハードコードされたSNMPタイムアウトを削除しました。
Cisco_Nexus_Line_Card_Status (データソース)Active Discoveryを更新して、インスタンス名に正しいスロット番号が含まれるようにしました。
Cisco_Nexus_CPU_メモリ (データソース)スクリプトコレクションに変換され、可能な場合は64ビットカウンターへのフォールバックで32ビットOIDの値を使用し、値のオーバーフローを考慮します。 説明を更新し、概要グラフを追加しました。
Cisco_vManage_Devices
Cisco_vManage_OMP
Cisco_vManage_Sites
Cisco_SDWAN_Topology(TopologySource)
(3つのデータソース、1つのTopologySource)ERIのIPの代わりにホスト名を使用するように更新されました。 一部のデータをインスタンスプロパティに移動しました。 マッピングスクリプトにローカルトークンのキャッシュと管理を追加しました。

注:シスコトポロジマッピングを改善する目的で、新しいERIPropertySourceもリリースされました。
Citrix_XenApp_UserExperience (データソース)パフォーマンスを大幅に向上させるためにコレクションスクリプトを書き直しました(以前のバージョンでは、一部のコレクターでパフォーマンスの問題を引き起こすことが知られているクラスを使用しています)
Dell_ネットワーキング (ConfigSource)ページネーション処理に「no-more」コマンドを使用するようにスクリプトを更新しました。 ブールプロパティを追加 dell.basicmode モジュールを基本モードで実行するかどうかを制御します(デフォルトはTRUE)。 より多くのCLIプロンプトのバリエーションを説明しました。
EMC_ScaleIO_デバイス (データソース)複雑なデータポイントとグラフを更新して、ミリ秒単位の遅延値を提供しました。以前に記録された値はマイクロ秒単位でした。
Linux_Chrony (データソース)エラーキャッチコードのバグを修正しました。 すべての変数宣言をデータ固有になるように更新しました。
LogicMonitor_Collector_LMLogs (データソース)取り込みAPIがリクエストに応答するのにかかる時間を測定するデータポイントを追加しました(コレクターバージョン29.106以降が必要)。 にアラートしきい値を追加しました SizeOfBigQueue データポイント。
LogicMonitor_Portal_Users (データソース)以前のバージョンで誤って導入されたさまざまなリグレッションを修正しました。
Microsoft_Azure_VMBackupStatus (データソース)削除 健康状態 そのメトリックがAPIによって返されなくなったため、データポイント。
MongoDB- (データソース)コレクターバージョンのアラートメッセージを更新して、MongoDBの監視に使用されている現在のLogicModuleのセットがコレクターバージョン29.106以降にアップグレードすると機能しなくなるという事前の警告をより明確に伝えます。
PaloAlto_FW_Reports_TopSources (データソース)IPv6インスタンスのサポートが追加されました。 ワイルドバリューが確実にサニタイズされるように変更を加えました。
SNMP_ネットワーク_インターフェース
Networking_L2_snmpSwitch
(1つのデータソース、1つのTopologySource)バイナリ形式でMACアドレスを返すデバイスのサポートが追加されました。 共有名前空間の空白がトリミングされない問題を修正しました。
SonicWall_SonicOS (ConfigSource)認証関連の行のフィルターを追加しました。
Symantec_XG_Product_Info (PropertySource)v18 +デバイスをサポートするように更新されました。

注:v18 +に対応するために、XNUMXつの新しいデータソースが追加でリリースされました。
VMware_ESXi_DatastoreCapacity
VMware_ESXi_DatastoreStatus
(2つのデータソース)ワイルドバリューからスペースが削除されるように更新されました。
VMware_ESXi_HostInterfaces (データソース)デバッグメッセージを追加しました。
VMware_Horizo​​n_ADDomains
VMware_Horizo​​n_Applications
VMware_Horizo​​n_Certificates
VMware_Horizo​​n_ConnectionData
VMware_Horizo​​n_Datastores
VMware_Horizo​​n_DesktopPools
VMware_Horizo​​n_EventDatabaseConnection
VMware_Horizo​​n_LicenseInfo
VMware_Horizo​​n_Machines
VMware_Horizo​​n_PCoIPsessions
VMware_Horizo​​n_PersistentDisks
VMware_Horizo​​n_RDSServers
VMware_Horizo​​n_Services
VMware_Horizo​​n_Sessions
VMware_Horizo​​n_Troubleshooter
VMware_Horizo​​n_vSphereHosts
addCategory_VMwareHorizo​​nConnectionServer
(16個のデータソース、1個のPropertySource)データソースについて、サポートされなくなったHorizo​​nv1.1との互換性のために必要だったTLS6.1プロトコルの明示的な使用を削除しました。 さまざまなグラフと説明の修正を行いました。 データストアスペースの使用に関するアラートを追加しました。 限定検出は、Horizo​​n資格情報のないWindowsデバイスで実行されます。 Horizo​​nv8のサポートが追加されました。

PropertySourceの場合、スクリプトをPowerShellに更新し、バージョン検出を新しいPropertySourceに移動しました(この新しいPropertySourceはバージョンv.148でもリリースされています)。
VMware_vCenter_Alerts (データソース)データソースの説明を更新して、データソースがvCenter内のESXホストのアラートのみを監視することを示しました。 ESXホストに関連付けられていない追加のアラートは検出されません。
VMware_vCenter_VMInterface (データソース)ラベルに対応する値を表示するようにグラフを修正しました(以前に表示された値はkB / sでしたが、グラフラベルはbpsでした)。
VMware_vCenter_VMパフォーマンス
VMware_vCenter_VMStatus
VMware_vCenter_Topology
(2つのデータソース、1つのTopologySource)VMはあるがESXiホストはないvCenterインストールのサポートが追加されました。 クラスターのクエリ中に発生したアクセス許可エラーを処理するように更新されました。
Win2k12_HyperV_HypervisorStats
Win2k16_HyperV_HypervisorStats
Win2k8_HyperV_HypervisorStats
Win2k8r2_HyperV_HypervisorStats
Win_HyperV_CPU
Win_HyperV_VirtualNetworkAdapter
Win_HyperV_VirtualSwitchPorts
(7つのデータソース)CIMセッションが適切に閉じられ、スクリプトが正しい終了コードを返すように更新されました。
LogicModuleの品揃え全体で行われた更新:

情報源:
Win_HyperV_VirtualMachines

ConfigSources:
Microsoft_ActiveDirectory_FSMOロール
Microsoft_ActiveDirectory_Sitesサブネット
Microsoft_DHCP_IPv4LeasesConfig
Microsoft_DHCP_IPv4OptionsConfig
Microsoft_DHCP_IPv4ScopesConfig

PropertySources:
addCategory_ActiveDirectory_FSMO_Roles
addCategory_MicrosoftExchange_PowerShell
Microsoft_Powershell_Info
(1つのデータソース、5つのConfigSource、3つのPropertySource)スクリプトを終了する前に、PowerShellセッションが適切に閉じられるように必要な更新を行いました。

非推奨のLogicModules

LogicMonitorは、さまざまな理由でLogicModuleを非推奨にします。 ほとんどの場合、監視対象のテクノロジへの優れたアクセスを提供する(たとえば、テクノロジのより多くのバージョンをサポートしたり、スケーラビリティを向上させたりする)代替のLogicModuleを公開したためです。

ただし、LogicModuleが置き換えられずに非推奨になる場合があります(たとえば、テクノロジが機能しなくなったり、LogicMonitorの制御が及ばないセキュリティの問題が発生した場合)。

注意: 交換用のLogicModuleをインポートする場合、LogicMonitorが明示的に追加する名前のバリエーションが原因で、データがすぐに失われることはありません。 ただし、廃止されたLogicModuleと新しいLogicModuleの間でデータ収集が迂回され、両方のLogicModuleがアクティブである限り、重複データを収集して重複アラートを受信する可能性があります。 このため、置換をインポートした後は、リソースまたはリソースグループレベルでDataSourceインスタンスの監視を無効にすることをお勧めします。 この方法でデータソースの監視を無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、従来のデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソース監視を無効にする方法の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

LogicModuleの非推奨/交換 理由 サポート終了日

v.148で廃止されたLogicModules

非推奨:
Cisco_vManage_ApplicationAwareRoutingStats

置換:
同サイズ
(データソース)このデータソースは過剰なインスタンスを作成していたため、コレクターのパフォーマンスが低下していました。 2021-05-05
非推奨:
CiscoASAcpu-
CiscoCPU_old-

置換:
Cisco_CPU_使用率
(2つのデータソース)v.145でリリース、 Cisco_CPU_使用率 これらの非推奨のデータソースと同じ機能をより効率的な方法で実行します。 2021-03-08
非推奨:
H3C_システム_ファン
H3C_System_ModulePerformance
H3C_システム_電源
H3C_System_TemperatureSensors

置換:
H3C_Switch_ファン
H3C_Switch_ModulePerformance
H3C_スイッチ_電源
H3C_Switch_TemperatureSensors
(4つのデータソース)置換データソースは、スクリプト化されたActive Discoveryを使用して、一意のインスタンスの命名を保証します。これは、現在非推奨のデータソースの既知の問題です。 2021-03-08
非推奨:
Microsoft_FailoverCluster_Resources

置換:
同サイズ
(データソース)誤って公開された開発データソース。 即時
非推奨:
NetscalerGSLBDomains-

置換:
Netscaler_GSLB_ドメイン
(データソース)現在のレガシーデータソースは、判読できないインスタンス名を生成しました。 置換されたデータソースはこれを改善するだけでなく、新しい概要グラフとデータポイントの説明を備えています。 2021-03-08

以前に非推奨になったLogicModules(過去XNUMXつのバージョン以上)

非推奨:
異常異常頻度スパイク
異常な既知のイベント
異常な新しい異常

置換:
2020年の第XNUMX四半期にリリースされた新しいLMログ機能。
(3つのEventSources)機能は、LogicMonitorの新しいLMログ機能に完全に置き換えられました。 2021-02-17
非推奨:
VMware_VeloCloud_SystemStats

置換:
同サイズ
(1データソース)このデータソースによって収集されたすべてのデータは、既存のデータソースを通じてより堅牢に報告されていることが確認されています。 NetSNMPCPUwithCores 影響により NetSNMP_Memory_Usage データソース、冗長で不要になります。 2021-02-09
非推奨:
snmpFreeBSDDisk-

置換:
FreeBSD_ファイルシステム_使用法
(1つの非推奨のデータソース)置換によって機能する拡張機能には、OpenBSDシステムを含む更新されたAppliesToステートメントが含まれます。 / procと/ devを除外し、ファイルシステムで0〜100バイトのファイルを検出できるようにフィルターを更新しました。 新しい複雑なデータポイント。 8TBを超えるドライブと4K以外のブロックサイズのサポート。 2021-01-19
非推奨:
Windows_Cluster_ResourceState
Windows_Cluster_NodeState
Windows_Cluster_DiskPartitions
WinClusterResources-
WinClusterResourceGroup-
WinClusterNodes-
WinClusterGroupToNode-

置換:
Microsoft_FailoverCluster_Resources
Microsoft_Windows_Cluster_NodeStatus
Microsoft_Windows_Cluster_Disks
Microsoft_Windows_Cluster_Resources
Microsoft_Windows_Cluster_ResourceGroups
Microsoft_Windows_Cluster_Nodes
(7つの非推奨のデータソース)置換データソースは、各ノードではなくクラスターVNNに個別に適用されるため、アラートの重複の発生が大幅に減少します。

注:ここにリストされている146つの置換データソースは、v.XNUMXでリリースされたMicrosoftWindowsフェールオーバークラスターのより大きな監視パッケージの一部です。
2021-01-19
非推奨:
NetApp_SolidFire_Cluster
NetApp_SolidFire_Volumes
NetApp_SolidFire_Nodes
NetApp_SolidFire_Drives

置換:
同サイズ
(4つのデータソース)広く使用されておらず、正しく機能しなくなったデータソースの一般的なクリーンアップ。 2021-01-19
非推奨:
CiscoCPU-

置換:
Cisco_CPU_使用率
(1データソース)スクリプト化されたデータソースに変換され、追加のOIDを使用して重複するワイルド値を解決します。 2021-01-04
非推奨:
リーバート電力線
リーバート温度プローブ-
リーバートUPS温度プローブ-

置換:
Liebert_Power_Lines
リーバート_システム_温度
(3つのデータソース)データソースをスクリプト化されたSNMPとして書き直しました。 温度とUPS温度プローブの監視を単一のデータソースに統合しました。 電力線監視用の新しい電力および電圧メトリックを追加しました。 電力線の誤ったフィルターを修正しました。 2021-01-04
非推奨:
LogicMonitor_Portal_Metrics

置換:
LogicMonitor_Portal_Alerts
LogicMonitor_Portal_Collectors
LogicMonitor_Portal_Resources
LogicMonitor_Portal_Users
LogicMonitor_Portal_Websites
(1つのデータソース)LogicMonitorは、15の追加データポイントを提供し、関連するメトリックを個別のデータソースにグループ化するXNUMXつの新しいデータソースをリリースしました。これにより、ポータルの特定の側面に焦点を当てやすくなります。 詳細については、を参照してください。 LogicMonitorポータルモニタリング. 2021-01-04
非推奨:
F5_BigIP_PoolMemberStatistics

置換:
F5_BigIP_PoolMemberStats
(1データソース)全体的な効率を向上させるために、アクティブディスカバリーとデータ収集の方法がSNMPからスクリプトに変換されました。 2020-12-07
非推奨:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_VMWareSureBackups

置換:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_SureBackups
(1データソース)バックアップはVMWare固有ではないため、「VMware」はデータソース名から削除されました。 2020-12-07
非推奨:
Cisco AIPSSMメモリプール-

置換:
Cisco_AIPSSM_プロセッサ
Cisco_AIPSSM_MemoryPools
(1データソース)代替データソースは、正確な値を返すスクリプト化されたSNMPバージョンを提供します。 以前に廃止されたデータソースを使用していた場合は、無効なデータを提供していたため、削除できます。 2020-11-16

ベータ版に入る

プッシュ メトリック API の Python SDK

LogicMonitorは、コレクターを使用せずにメトリックをLogicMonitorに直接送信できるようにするために、プッシュメトリックAPIを開発しています。

ベータの最初のフェーズは継続中です 現在、Push MetricsAPI用のPythonSDKを備えたベータ版の第XNUMXフェーズを開始しています。.

現在第XNUMXフェーズに参加していて、テストを拡張して新しいPython SDKを含める場合は、を参照してください。 Push MetricsAPIソリューションガイド (このガイドはSDKの詳細でまもなく更新されます)。

現在第XNUMXフェーズに参加していない場合は、 カスタマーベータ 調査し、コメントセクションを使用して、Push Metrics API PythonSDKのテストに参加することに関心があることを示します。

アラートページの新しいヘッダーグラフによる簡単なアラートのグループ化

すべてのエンタープライズおよびエンタープライズMSPカスタマーアカウントのベータ機能として利用可能な[アラート]ページには、アラートストームまたは調査が必要なその他のイベントを即座に視覚的に把握できる新しい時系列ヘッダーグラフが組み込まれています。

アラートテーブルに現在表示されているアラートをミラーリングして、このグラフの集計アラートカウントは、アラートの重大度、関連するアラートトリガー(リソース、LogicModule、インスタンス、データポイント)、一致するアラートルール、またはアラート通知を配信します。

数回クリックするだけで、関連性の高いディメンションごとにアラートをグループ化できます。 これにより、アラートストーム中のトラブルシューティングが大幅にスピードアップするだけでなく、アラートしきい値の修正または調整が必要な繰り返し発生する問題の特定に役立ちます。

[アラート]ページの右上隅にある[その他のオプション]アイコンをクリックすると利用できるヘッダーグラフは非常にインタラクティブで、時間範囲を拡大したり、グラフの凡例を使用してアラートのグループをすばやく含めたり除外したりできます。 グラフのフィルターをインタラクティブに変更すると、アラートテーブルが自動的に更新されて同期が維持されます。

グラフの凡例を使用して、アラートのグループをすばやく確認できます。 ここでは、過去XNUMX時間のアラートを関連するデータポイントごとにグループ化し、特定のデータポイントに焦点を当てています。

注意: ベータ機能として、このヘッダーグラフはパフォーマンスまたは機能の問題を示す場合があります。 グラフを閉じると、アラートページの他の側面を使用するときに発生する可能性のある影響がなくなります。

この新しいアラートヘッダーグラフの使用の詳細については、を参照してください。 アラートページからのアラートの管理.

今後数か月間、LogicMonitorは、サブグループ化と新しいグループ化ディメンションのツリーマップグラフを追加して、アラートグループ化機能を引き続き強化します。

記事上で