v.146リリース

v.146ハイライト:

  • 一般的な機能強化と修正: 強化されたKubernetesモニタリング、新しい中東AWSリージョンの追加、ウェブサイトモニタリング用の新しいプロパティなど。
  • 新規および更新された監視: AWS Kinesis Video Streams、GCP Cloud Trace、Microsoft Windowsフェールオーバークラスター、Palo Alto、MongoDB、SilverPeakなどを監視するための新しいLogicModuleがリリースされました。
  • ベータ版に入る: プッシュメトリクスAPI。

重要: v.146のロールアウト以降、LogicMonitorは新しいバージョンの展開ウィンドウを次のように更新しています。 7:30-10:30 pm PT (以前は、ウィンドウは午後6時から9時PTでした)。 新しいバージョンのデプロイの48時間前に、引き続きアプリ内通知を提供します。

一般的な機能強化と修正

アラート

  • アラートを関連するコンポーネントにリンクする機能。 アラートの詳細ペインに、アラートとデータソース(該当する場合)に関連付けられたリソース/ウェブサイト/サービスへのハイパーリンクが表示されるようになりました。
  • (FIX)アラートの確認。 特定の権限の組み合わせを持つユーザーがアラートを確認しようとしたときに例外を引き起こしていた問題を解決しました。
  • (FIX)ConfigSourceアラートをクリアしました。 ConfigSourcesによってトリガーされたクリアされたアラートが[アラート]ページに表示されない問題を修正しました。
  • (FIX)グラフの凡例のタイムゾーン。 グラフの凡例(アラート詳細ペインの[グラフ]タブに表示される)がユーザーの構成されたタイムゾーンを尊重していなかった問題を解決しました。
  • (FIX)重大度アイコンの表示。 アラートページからアラートのポップアウトバージョンを表示するときに、重大度アイコンが表示されない場合がある問題を解決しました。

クラウド監視

  • AWSの更新:
    • AWSバーレーンリージョンが追加されました。 中東で最初のAWSリージョンであるAWSバーレーンリージョン(me-south-1)のサポートが追加されました。 お客様は、LogicMonitorのAWSモニタリングでサポートされているバーレーン地域のサービスをモニタリングできるようになりました。
    • AWSRDSの新しいStorageTypeプロパティ。 AWS Relational Database Service(RDS)のプロパティとしてStorageTypeを追加しました。 この新しいプロパティ(system.aws.storageType)StorageTypeに従って論理的なグループ化とフィルタリングを可能にします。
    • (FIX)AWS KinesisStreamsのアクセス許可。 以前は、AWS KinesisStreamsの権限が適切にテストされていませんでした。 場合によっては、これにより、LogicMonitorポータルからAWS KinesisStreamsを監視できるようにするために追加のアクセス許可が必要であるという警告が顧客に届かなくなりました。 この問題は解決されました。

ダッシュボード

  • アラートリストウィジェット。 アラートリストウィジェット構成で使用可能な異常フィルターの動作が、[アラート]ページで使用可能な異常フィルターの動作と一致するようになりました。
  • (FIX)カスタムグラフウィジェット。 カスタムグラフウィジェットは、同じデータソースに属するが異なるリソースに適用されているデータポイントを参照する仮想データポイントを計算しようとすると、「無効な仮想データポイント式」エラーを返していました。 この問題は解決されました。 以前にこの問題が発生した場合は、[カスタムグラフ]ウィジェットの構成ダイアログを開き、現在の構成を保存するだけです。編集は必要ありません。
  • (FIX)Y軸値の丸め。 一部のグラフのY軸の値が丸められた値として表示されない場合がありました。 この問題はほぼ解決されましたが、表示タイプが「線」として選択され、データが一定の場合(データは直線で表示されます)、丸められていない値が表示されるというコーナーケースがまだ残っています。仮想データポイントの場合

Kubernetesモニタリング

次の新機能と改善点は、5.0.0月上旬に到着する予定のArgusの新しいvXNUMXバージョンで利用できるようになります。

  • 検出時の名前の競合を回避します。 名前の競合とその後の検出の問題を回避するために、次の機能拡張が行われました。
    • リソースタイプ(「ポッド」など)は、デフォルトでLogicMontiorの表示名に追加されます
    • 新しいArgusHelmチャートオプションであるFullDisplayNameIncludeNamespaceとFullDisplayNameIncludeClusterNameを使用して、名前空間とクラスター名をそれぞれLogicMonitor表示名に追加できます(デフォルト:false)。 これらのXNUMXつの新しいオプションのいずれかを有効にすると、同じ名前のポッドが複数の名前空間やクラスターで実行されている場合に、名前の競合を回避するのに役立つことがあります。
    • 名前の競合が原因で追加に失敗したリソースの場合、競合するリソースは「_conflicts」という名前の動的グループに追加されます。
  • ポッド名による検出フィルタリング。 ポッド名は、ハイフンなどの特殊文字の処理など、検出フィルタリングで使用できるようになりました。 これは、ラベルではなく名前に基づいて、監視の内外でポッドをフィルタリングするのに役立つ場合があります。
  • EKSFargateノードとポッドの検出。 以前は、共有IPが原因で、EKS Fargateのノードとポッドが適切に検出されませんでしたが、ポッドマニフェストにホストネットワークの仕様がありませんでした(EKS Fargateポッドはそれぞれ別個のノードで実行され、IPを共有しますが、Kubernetesホストを使用しませんネットワーク仕様)。 これを説明するために、現在、EKSファーゲートラベル「eks.amazonaws.com/fargate-profile」のポッドをホストネットワークで構成されたポッドとして分類しています。 これにより、(1)適切な値が保証されます。 システムのホスト名 プロパティが設定され、(2)適切なデータソースが適用され、最も重要なこととして、(3)EKSFargateのポッドとノードの間に検出の競合がありません。

LMエクスチェンジ

  • 新しいLogicModuleステータス。 LogicModuleのステータス「ベータ版」と「非推奨」がLogicModuleメタデータテーブルに表示されるようになりました。

LMログ

  • ログイベント+/- XNUMX時間は受け付けられなくなりました。 過去または将来のタイムスタンプが4006時間を超えるログイベントは受け入れられなくなり、新しいXNUMXAPI応答コードが生成されます。 これは、データの関連性を確保し、タイムスタンプ設定の設定ミスから保護するためです。

ネットワークトラフィックフローの監視

  • 新しいベンチマーク。 ネットワークトラフィックフローの新しい容量ベンチマークが、Large、XL、およびXXLコレクター用に公開されました。 これらのベンチマークは、快適に監視でき、LogicMonitorのネットワークトラフィックフロー監視機能を強化および最適化するための継続的なイニシアチブの結果として達成された、XNUMX秒あたりのフロー数の劇的な増加を示しています。 見る コレクター容量 新しいベンチマークのために。
  • sFlowバージョン5のサポート。 sFlowバージョン5のサポートが追加されました(Collectorバージョン29.105以降が必要です)。
  • DNSルックアップ。 DNSキャッシュの保存期間を24時間(以前は30分)に増やして、繰り返されるDNSクエリを解決し、解決された名前が表示されないようにしました。
  • (FIX)IPv6アドレス形式の表示。 DNS経由で解決されないNetFlowIPv6エンドポイントの正規化されたIPv6アドレス形式の表示。

REST API

  • (FIX)ロックされたAPIトークン。 以前は、認証の試行が複数回失敗したためにAPIトークンがロックされていたため、例外が発生していました。 この問題は解決されました。
  • (FIX)PATCHリクエストを介してデバイスを更新する。 以前は、デバイスの「名前」とそのcustomPropertiesの両方を変更するPATCHリクエストを送信すると、デバイス名がcustomPropertiesのXNUMXつの名前に更新されていました。 この問題は解決されました。
  • (修正)/ apiStats / externalApis。 以前は、/ apiStats / externalApisは、ユーザーがスラッシュ(/)の末尾にあるかどうかに応じて、同じエンドポイントへのAPI呼び出しに対して個別の値を返していました。 これは修正され、いずれかのバリエーションの呼び出しが適切に識別され、応答の単一のエントリとして集約されるようになりました。

ウェブサイト監視

  • 新しいWebチェックのプロパティ。 Webチェックの設定を操作するためのいくつかの新しいプロパティが利用可能になりました。 具体的には、これらの設定は、LogicMonitorの外部チェックポイントで使用されるデフォルトのタイムアウトよりもサイトの読み込みが遅くなる可能性がある場合に、ある程度の柔軟性を提供します。

    次の組み込みプロパティはすべてデフォルトで30秒に設定されており、許容値の範囲はすべてサポートされています。 >0 and <=60.

    • website.http.client.so.timeoutInSec (秒単位のソケットタイムアウト)
    • website.http.client.connect.timeoutInSec (秒単位のTCP接続タイムアウト)
    • website.http.client.read.timeoutInSec (秒単位の読み取りタイムアウト)

新規、更新、および非推奨のLogicModule

最近LogicMonitorパブリックリポジトリにリリースされた、新しく更新されたLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡大および強化できます。

新しいLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
Amazon_Kinesis_VideoStreams (データソース)Kinesisビデオストリームのスループット、レイテンシー、リクエスト、エラーの指標を収集します。
FreeBSD_ファイルシステム_使用法 (データソース)この新しいデータソースは、現在のレガシーを廃止します snmpFreeBSDDisk- 情報元。 機能拡張には、OpenBSDシステムを含む更新されたAppliesToステートメントが含まれます。 / procと/ devを除外し、ファイルシステムで0〜100バイトのファイルを検出できるようにフィルターを更新しました。 新しい複雑なデータポイント。 8TBを超えるドライブと4K以外のブロックサイズのサポート。

注:を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨から交換用のLogicModuleに移行する方法の詳細については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。
GCP_Operations_CloudTrace (データソース)クラウドトレースのポーリング間隔および過去XNUMXか月間の請求スパン(billing / monthly_spans_ingestedおよびbilling / spans_ingested)を監視します。
Juniper_VirtualChassis_Info (PropertySource)PropertySourceが存在する仮想シャーシメンバーの追加のジュニパーデバイス情報を取得します Device_BasicInfo そうすることはできません。
Kubernetes_HPA (データソース)ヘルス、スケーリングステータス、レプリカカウント、システム統計、レイテンシ、Grafanaリクエストに関連するKubernetes水平ポッド自動スケーリング(HPA)メトリックを監視します。

注:既存のバージョンのArgus(4.2.0以下のバージョン)を使用している場合、権限が不十分なためにHPAリソースが検出されない場合があり、最初に4.3.0(まもなくリリース)にアップグレードする必要があります。

注: addCategory_NoPing PropertySourceが更新され、監視対象のKubernetesHPAデバイスに「NoPing」のカテゴリが適用されるようになりました。
LogicMonitor_Collector_BufferDataReporterLatencyJMX (データソース)コレクターバッファデータレポーターのレイテンシーを監視するための新しいデータソース(JMX経由)がリリースされ、コレクターバージョン29.105以降で特に機能します。 既存のデータソース(LogicMonitor_Collector_BufferDataReporterLatency)は、バージョン29.104以下でも引き続き必要です。

注:LogicMonitorでは、Collectorバージョン29.105をまだ使用していない場合でも、この新しいデータソースをインポートすることをお勧めします。 新しいデータソースは、コレクターのバージョンが29.105以降に更新されるまで関連付けられません。更新されると、自動的に関連付けられ、スムーズな監視遷移が保証されます。 その時点で、古いデータソースは機能しなくなります。
Microsoft_FailoverCluster_Resources
Microsoft_Windows_Cluster_Disks
Microsoft_Windows_Cluster_MulticastMessages
Microsoft_Windows_Cluster_Network
Microsoft_Windows_Cluster_NetworkInterfaces
Microsoft_Windows_Cluster_Nodes
Microsoft_Windows_Cluster_NodeStatus
Microsoft_Windows_Cluster_PrintServer
Microsoft_Windows_Cluster_ResourceControlManager
Microsoft_Windows_Cluster_Resources
Microsoft_Windows_Cluster_ResourceGroups
Microsoft_Windows_Cluster_SharedVolumes
(12個のデータソース)クラスター状態、ディスク使用率、MRRメッセージ、メッセージ/ネットワークスループット、再接続率、メッセージキューサイズ、インターフェイス状態、個別/要約ノード状態、ノード投票の新しい/改善された監視機能を備えたMicrosoftWindowsフェールオーバークラスターの新しい監視重み、ノード数、プリントサーバージョブ、およびRCMメトリック。 これらのデータソースは、各ノードに個別に適用されるのではなく、クラスターVNNに適用されます。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 WindowsServerフェールオーバークラスターの監視.

注:これらの新しいモジュールのリリースにより、XNUMXつのデータソースは非推奨になりました。 を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨となったデータソースの詳細と、非推奨から代替のLogicModuleに移行する方法については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。
MongoDB_サーバー_データベース
MongoDB_Server_概要
MongoDB_Server_Replication
addCategory_MongoDB
(3つのデータソース、1つのPropertySource)これらの新しいLogicModuleのリリースにより、LogicMonitorは29.106セットのMongoDBLogicModuleを同時にサポートします。 どちらのセットも同じカバレッジを提供しますが、この新しいセットは、コレクターバージョン29.106(およびそれ以降)との互換性に必要な新しいドライバーを使用します。 JARの依存関係が厳しいため、古いセットはXNUMX未満のコレクターバージョンでのみ機能します。 いずれかのセットのセットアップと監視の詳細については、を参照してください。 MongoDBモニタリング.
データソース:
PaloAlto_FW_FilterActions
PaloAlto_FW_証明書
PaloAlto_FW_Licenses
PaloAlto_FW_LogForwarding
PaloAlto_FW_Reports_TopApplicationCategories
PaloAlto_FW_Reports_TopApplications
PaloAlto_FW_Reports_TopAttackers
PaloAlto_FW_Reports_TopDestinationCountries
PaloAlto_FW_Reports_TopDestinations
PaloAlto_FW_Reports_TopEgressZones
PaloAlto_FW_Reports_TopHTTPApplications
PaloAlto_FW_Reports_TopIngressZones
PaloAlto_FW_Reports_TopRules
PaloAlto_FW_Reports_TopSourceCountries
PaloAlto_FW_Reports_TopSources
PaloAlto_FW_Reports_TopTechnologyCategories
PaloAlto_FW_Reports_TopVictims
PaloAlto_FW_Zones

ConfigSources:
PaloAlto_FW_GlobalProtectGateway_ConfigXML
PaloAlto_FW_VPNGateway_ConfigXML
PaloAlto_FW_VPNTunnel_ConfigXML

PropertySource:
PaloAlto_Product_Info
(18個のデータソース、3個のConfigSource、1個のPropertySource)監視機能を大幅に拡張するために、多数の新しいLogicModuleがPaloAltoファイアウォール監視パッケージに追加されました。 新しい監視には、証明書の有効期限、フィルターポリシーによって実行されるアクション、ライセンス、ログ転送キュー、ゾーンアクティブ接続、およびさまざまな24時間レポートメトリックが含まれます。

注:で強調表示されているように 更新されたLogicModules これらのリリースノートのセクションで、LogicMonitorは24の既存のパロアルトファイアウォール監視LogicModulesも更新しました。
シルバーピーク (5つのデータソース、2つのPropertySource、1つのTopologySource)Silver Peakデバイスのディスクとメモリの使用状況、次のWANホップ、トンネルの状態、および全体的なシステムステータスを監視します。 トポロジのサポートが含まれます。 設定と詳細については、を参照してください。 シルバーピークモニタリング.

注:この新しい監視パッケージは元々v.144でリリースされましたが、v.144のリリースノートの最初の公開から誤って除外されたため、その可用性を確実に認識できるようにここに含まれています。
SNMP_ファイルシステム_ステータス
SNMP_ファイルシステム_使用法
(2つのデータソース)最終的に置き換えるように設計されています snmpHRDisk- 及び snmpHRLargeDisk-、これら5つの新しいデータソースは優れた監視を提供します。 ファイルシステムの使用状況データが必要なインスタンスのフィルタリングを防ぐために、使用状況の監視からステータス監視が削除されました。 使用されるパーセンテージは、ルート予約に対してXNUMX%調整されなくなり、ルート予約を説明するために別のデータポイントが追加されました。

注:これらXNUMXつの新しいデータソースが最終的に置き換えられることが意図されています snmpHRDisk- 及び snmpHRLargeDisk-。 ただし、広く使用されているため、現時点ではこれらを非推奨にすることはなく、代わりに、アラートのしきい値を設定せずに新しいデータソースを展開しています。 アラートを有効にすることを選択する必要がある場合は、推奨されるアラートしきい値がテクニカルノートに記載されています。

更新されたLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
addCategory_Cohesity (PropertySource)「/ public / cluster」エンドポイントを使用してバージョンを判別するようにフォールバックするように収集スクリプトを更新しました(以前のエンドポイントはCohesityバージョン6.5.1で失敗することがわかっていました)。
addCategory_NoPing (PropertySource)「NoPing」のカテゴリを新しく監視されたKubernetes HPAデバイスに適用するように更新されました(新しくリリースされたものによって有効になります) Kubernetes_HPA 情報元)。
addCategory_Veeam_BackupAndReplication_PowerShell (PropertySource)特殊文字を含む資格情報を許可するヒア文字列を使用するように更新されました。
APCUPS- (データソース)テクニカルノートを更新して、ファームウェア5.1.7以降のXLデバイスでBadBattPacksが報告されなくなったことを示します。
Aruba_WirelessController (ConfigSource)出力からedout稼働時間値をフィルタリングします。
AzureAdvisorの推奨事項 (EventSource)AzureAdvisorから重大度をマップするようにアラートを更新しました。
チェックポイント_センサー_温度 (データソース)収集方法をスクリプトに変換し、データのギャップを防ぐために間隔内で収集を複数回再試行するロジックを追加しました。 間隔ごとに正常に収集するために必要な再試行回数を測定するためのデータポイントを追加しました。 名前を変更 温度 データポイントから 温度、これにより、古いデータポイントの履歴データが失われます。
Cisco_AIPSSM_MemoryPools (データソース)ワイルド値の無効な文字を置き換えました。 コレクションの出力を修正しました。
注:一部のインスタンスはアップグレード時に削除される場合がありますが、アップグレードによって対処された問題のため、これらのインスタンスはデータを収集していないはずです。
Cisco_CPU_使用率 (データソース)設定されている無効で重複したワイルドバリュー/エイリアスを修正しました。 更新されたコレクション出力。 両方のスクリプトでSNMPタイムアウトが増加しました。
Cisco_HyperFlex_Clusterパフォーマンス
Cisco_HyperFlex_NodePerformance
(2つのデータソース)再実装されたキャッシングレイヤー。 'loggedout'トークンが確実に更新されるように、資格情報の変更を適切に処理するコードを追加しました。
Cisco_NTP (データソース)コレクションの問題を解決するために、「showtime」コマンドを送信した後にXNUMX秒の遅延を追加しました。 テクニカルノートを更新しました。
Cohesity_DataPlatform_Alerts (EventSource)デバッグメッセージの無効なトークンを修正しました。 ループバックタイムアウトの増加。
Cohesity_DataPlatform_Troubleshooter (データソース)15分のアクティブディスカバリー間隔に一致するように収集間隔を変更しました。 過度のアラートを防ぐために、XNUMX回連続して失敗した後にアラートを出すように更新されました。
EMC_LUN_NaviSecCLI (データソース)無効な文字の置換により、空のメトリックが返されたときにコレクションが失敗する問題を修正しました。
EMC_ScaleIO_ClusterNodes
EMC_ScaleIO_ClusterTieBreakers
EMC_ScaleIO_DataClients
EMC_ScaleIO_DataServers
EMC_ScaleIO_デバイス
EMC_ScaleIO_FaultSets
EMC_ScaleIO_ProtectionDomains
EMC_ScaleIO_StoragePools
EMC_ScaleIO_システム
EMC_ScaleIO_ボリューム
EMC_ScaleIO_VTree
EMC_ScaleIO_Info(PropertySource)
(11個のデータソース、1個のPropertySource)エラーメッセージを覆い隠していた一般的なcatchステートメントを削除しました。 失敗時にセッションが正しく閉じられなかった、スコープが正しくないHTTPオブジェクトを修正しました。 利用可能なすべてのメトリックが確実に出力されるように収集スクリプトを更新しました。 を削除しました numOfMappedScsiInitiators からのデータポイント EMC_ScaleIO_ボリューム 情報元。
EMC_Unity_データストア (DataSource)Active Discoveryスクリプトを更新して、Unity以外のデータストアを検出しなくなりました。
注:更新時に、Unity以外のデータストアインスタンスは削除されます。
Fortinet_FortiManager_HAPeers (データソース)によって使用されているOIDを更新しました ピアステータス データポイント(以前のOIDが正しくありませんでした)。
HP_3PAR_HardwareHealth (データソース)「?」を許可するようにディスク解析正規表現を更新しました文字と拡張状態データ。
LogicMonitor_Collector_LMLogs (データソース)データポイントの説明を更新しました。 からアラートを削除しました SizeOfBigQueue データポイント; の名前のエラーを修正しました SyslogMessagesIgnoredDueToHostNameRetreival 及び SyslogMessagesIgnoredDueToHostNameRetreivalRaw データポイント(名前を変更すると、これらのデータポイントの履歴データが失われます)。
MongoDBデータベース
MongoDBレプリケーション
MongoDB-
(3つのデータソース)コレクターバージョン29.106以降との非互換性を示すアラートを追加しました。 で説明されているように 新しいLogicModules これらのリリースノートのセクションでは、コレクターバージョン29.106以降で動作するようにMongoDBLogicModulesの新しいセットがリリースされました。
Nimble_Array_Info (データソース)の固定式 TotalArrayUsagePercent 複雑なデータポイント。 Nimbleソフトウェアの新しいバージョンで使用されるデータ印刷出力フォーマットをサポートするために、「非圧縮スナップショット使用法」ではなく「スナップショット使用法」に一致するようにコレクションスクリプトで使用される式を更新しました。
Nimble_SSD_ディスク (データソース)スクリプトを更新して Nimble_HDD_ディスク 情報元; 複数のアレイのサポートが追加されました。 インスタンスの説明としてディスクシリアルを追加しました。 テクニカルノートとグラフを更新しました。
データソース:
PaloAlto_FW_BGP
PaloAlto_FW_ChassisPower
PaloAlto_FW_DataplaneCores
PaloAlto_FW_Disk
PaloAlto_FW_DroppedPackets
パロアルト_FW_ファン
PaloAlto_FW_GlobalPerformance
PaloAlto_FW_GlobalSessions
PaloAlto_FW_HA_Interface
PaloAlto_FW_IPSecTunnel概要
PaloAlto_FW_IPSecTunnelStats
PaloAlto_FW_Logical_Interface
PaloAlto_FW_OSPF
PaloAlto_FW_Power
PaloAlto_FW_QoS
PaloAlto_FW_Spec_Interface
PaloAlto_FW_SystemResources
PaloAlto_FW_温度
PaloAlto_FW_ThreatAnalysis
PaloAlto_FW_vSys
PaloAlto_GlobalProtect_Gateway
PaloAlto_GlobalProtect_Sessions
PaloAlto_Panorama_Devices

ConfigSource:
PaloAlto_FW_RunningConfigXML
(23個のデータソース、1個のConfigSource)データソースの場合、可能な場合はバッチスクリプトに変換されます。 組み込みのGroovyURLライブラリの使用に移行しました。 必要に応じてインスタンスレベルのプロパティを追加しました。 テクニカルノートを更新しました。

ConfigSourceの場合、非推奨のHTTPライブラリを使用しないようにコレクションスクリプトを更新しました。 収集された構成を変更せずに復元できるように、出力フォーマットを修正しました。 注:フォーマット変更の性質上、ConfigSourceが適用されるすべてのデバイスは、更新時にアラートを生成します。 注:で強調表示されているように 新しいLogicModules これらのリリースノートのセクションで、LogicMonitorは、パロアルトファイアウォール監視機能を大幅に強化するための22の新しいLogicModuleもリリースしました。
snmpHR_NFSMount- (データソース)使用率の代わりに生の使用量を表示するようにグラフを変更しました。 のアラートメッセージを更新しました StorageNotAccessible データポイント。
SonicWall_SonicOS (ConfigSource)構成から「ftpパスワード」を除外する正規表現を追加します。
VMware_vCenter_VMStatus (データソース)の誤ったポストプロセッサパラメータを修正 GuestToolsVersionStatus データポイント。

非推奨のLogicModules

LogicMonitorは、さまざまな理由でLogicModuleを非推奨にします。 ほとんどの場合、監視対象のテクノロジへの優れたアクセスを提供する(たとえば、テクノロジのより多くのバージョンをサポートしたり、スケーラビリティを向上させたりする)代替のLogicModuleを公開したためです。

ただし、LogicModuleが置き換えられずに非推奨になる場合があります(たとえば、テクノロジが機能しなくなったり、LogicMonitorの制御が及ばないセキュリティの問題が発生した場合)。

注意: 交換用のLogicModuleをインポートする場合、LogicMonitorが明示的に追加する名前のバリエーションが原因で、データがすぐに失われることはありません。 ただし、廃止されたLogicModuleと新しいLogicModuleの間でデータ収集が迂回され、両方のLogicModuleがアクティブである限り、重複データを収集して重複アラートを受信する可能性があります。 このため、置換をインポートした後は、リソースまたはリソースグループレベルでDataSourceインスタンスの監視を無効にすることをお勧めします。 この方法でデータソースの監視を無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、従来のデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソース監視を無効にする方法の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

LogicModuleの非推奨/交換 理由 サポート終了日

v.146で廃止されたLogicModules

非推奨:
snmpFreeBSDDisk-

置換:
FreeBSD_ファイルシステム_使用法
(1つの非推奨のデータソース)置換によって機能する拡張機能には、OpenBSDシステムを含む更新されたAppliesToステートメントが含まれます。 / procと/ devを除外し、ファイルシステムで0〜100バイトのファイルを検出できるようにフィルターを更新しました。 新しい複雑なデータポイント。 8TBを超えるドライブと4K以外のブロックサイズのサポート。 2021-01-19
非推奨:
Windows_Cluster_ResourceState
Windows_Cluster_NodeState
Windows_Cluster_DiskPartitions
WinClusterResources-
WinClusterResourceGroup-
WinClusterNodes-
WinClusterGroupToNode-

置換:
Microsoft_FailoverCluster_Resources
Microsoft_Windows_Cluster_NodeStatus
Microsoft_Windows_Cluster_Disks
Microsoft_Windows_Cluster_Resources
Microsoft_Windows_Cluster_ResourceGroups
Microsoft_Windows_Cluster_Nodes
(7つの非推奨のデータソース)置換データソースは、各ノードではなくクラスターVNNに個別に適用されるため、アラートの重複の発生が大幅に減少します。

注:ここにリストされている146つの置換データソースは、v.XNUMXでリリースされたMicrosoftWindowsフェールオーバークラスターのより大きな監視パッケージの一部です。
2021-01-19

以前に非推奨になったLogicModules(過去XNUMXつのバージョン以上)

非推奨:
VMware_VeloCloud_SystemStats

置換:
同サイズ
(1データソース)このデータソースによって収集されたすべてのデータは、既存のデータソースを通じてより堅牢に報告されていることが確認されています。 NetSNMPCPUwithCores 及び NetSNMP_Memory_Usage データソース、冗長で不要になります。 2021-02-09
非推奨:
NetApp_SolidFire_Cluster
NetApp_SolidFire_Volumes
NetApp_SolidFire_Nodes
NetApp_SolidFire_Drives

置換:
同サイズ
(4つのデータソース)広く使用されておらず、正しく機能しなくなったデータソースの一般的なクリーンアップ。 2021-01-19
非推奨:
CiscoCPU-

置換:
Cisco_CPU_使用率
(1データソース)スクリプト化されたデータソースに変換され、追加のOIDを使用して重複するワイルド値を解決します。 2021-01-04
非推奨:
リーバート電力線
リーバート温度プローブ-
リーバートUPS温度プローブ-

置換:
Liebert_Power_Lines
リーバート_システム_温度
(3つのデータソース)データソースをスクリプト化されたSNMPとして書き直しました。 温度とUPS温度プローブの監視を単一のデータソースに統合しました。 電力線監視用の新しい電力および電圧メトリックを追加しました。 電力線の誤ったフィルターを修正しました。 2021-01-04
非推奨:
LogicMonitor_Portal_Metrics

置換:
LogicMonitor_Portal_Alerts
LogicMonitor_Portal_Collectors
LogicMonitor_Portal_Resources
LogicMonitor_Portal_Users
LogicMonitor_Portal_Websites
(1つのデータソース)LogicMonitorは、15の追加データポイントを提供し、関連するメトリックを個別のデータソースにグループ化するXNUMXつの新しいデータソースをリリースしました。これにより、ポータルの特定の側面に焦点を当てやすくなります。 詳細については、を参照してください。 LogicMonitorポータルモニタリング. 2021-01-04
非推奨:
F5_BigIP_PoolMemberStatistics

置換:
F5_BigIP_PoolMemberStats
(1データソース)全体的な効率を向上させるために、アクティブディスカバリーとデータ収集の方法がSNMPからスクリプトに変換されました。 2020-12-07
非推奨:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_VMWareSureBackups

置換:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_SureBackups
(1データソース)バックアップはVMWare固有ではないため、「VMware」はデータソース名から削除されました。 2020-12-07
非推奨:
Windows_SNMP_サービス

置換:
同サイズ
(1データソース)Windows SNMPサポートは、Server 2012R2以降Microsoftによって非推奨になりました。 その結果、このデータソースはServer2016以降の信頼できるデータを収集しません。 2020-12-02
非推奨:
Cisco AIPSSMメモリプール-

置換:
Cisco_AIPSSM_プロセッサ
Cisco_AIPSSM_MemoryPools
(1データソース)代替データソースは、正確な値を返すスクリプト化されたSNMPバージョンを提供します。 以前に廃止されたデータソースを使用していた場合は、無効なデータを提供していたため、削除できます。 2020-11-16
非推奨:
LM_デバイス_カウント

置換:
LogicMonitor_Portal_Resources
(1データソース)非推奨のAPIを使用します。 このLogicModuleを削除し、代わりのLogicModuleを使用することを強くお勧めします。 2020-10-26
非推奨:
Arista_Switch_Storage

置換:
Arista_Switch_FlashStorage
Arista_Switch_Memory
Arista_Switch_StorageUsage
(1データソース)置換データソースはインスタンスを除外して、メモリ、フラッシュストレージ、および標準ストレージの個別のデータソース監視を可能にします。 2020-10-26
非推奨:
Linux_SSH_CGroupStatus

置換:
Linux_SSH_ServiceStatus
(1データソース)正確で有用なデータを提供しなかったため、削除できます。 既存の Linux_SSH_ServiceStatus DataSourceは、同じ機能を実行するようにv.141で再構築されました。 2020-09-18
非推奨:
Linux_SSH_NetworkTCPUDP

置換:
Linux_SSH_TCPUDP
(1 DataSource)置換DataSourceには、(1)より広くサポートされているnstat(iproute2の一部)コマンドと、nstatが使用できない場合のフォールバックとしてのnetstatの使用、(2)パケット、データグラム、およびエラー関連の追加の監視など、いくつかの利点があります。メトリック 2020-09-18
非推奨:
QNAPボリューム

置換:
QNAP_ボリューム
(1データソース)収集方法を標準SNMPからスクリプトSNMPに変更して、返されるユニットを適切に処理するようにしました。 ボリュームフリーサイズ 及び VolTotalSize データポイント。 現在非推奨のバージョンでは、戻り値がテラバイトとして表されていない場合、これらのデータポイントの計算は失敗し、データの不実表示につながりました。 2020-09-18

ベータ版への移行:プッシュメトリクスAPI

LogicMonitorは、コレクターを使用せずにメトリックをLogicMonitorに直接送信できるようにするために、プッシュメトリックAPIを開発しています。 この機能が不可欠になりつつあるテクノロジーランドスケープには、AWS Lambdaなどのサーバーレスインフラストラクチャ、カスタムメトリック(ビジネスメトリックを含む)を備えた大規模な分散マイクロサービス環境、IoT環境などがあります。

Push MetricsAPIのベータ版はXNUMX月を対象としています。 説得力のあるユースケースとリソースの可用性があり、参加を検討したい場合は、 カスタマーベータ 調査。

記事上で