v.145リリース

v.145ハイライト:

一般的な機能強化と修正

アラート

  • 一括アラート確認。 v.4.1で公開された新しいUIv143バージョンのアラートページは、複数のアラートを一度に確認する機能をサポートするようになりました。
  • 動的しきい値の使用制限。 動的しきい値の使用制限の計算が更新され、現在のリソース数ではなく、契約されたリソース数が使用されるようになりました。 新しい計算(contracted resource count * 8)より正確に(そして一貫して)動的しきい値の使用制限を反映します。
  • (FIX)アラート概要グラフ。 動的しきい値機能にアクセスできない顧客は、アラートの詳細ビュー([アラート]ページにあります)の[概要]タブの一部として表示される概要グラフを表示しようとすると、アクセス許可エラーを受け取りました。 この問題を解決するために、概要グラフは、動的しきい値がサポートされていないポータルで予想される範囲を読み込もうとしなくなりました。
  • (FIX)クリアされたアラートの詳細URL。 LogicMonitorインターフェイスまたは## ALERTDETAILURL ##トークンを組み込んだ配信済みアラート通知のいずれかから、クリアされたアラートの詳細ビューを新しいブラウザータブで開くと、結果のWebページが空白ページとして開かれていました。 これは修正されました。

クラウド監視

  • AWSの更新:
    • AWSアフリカ地域が追加されました。 アフリカで最初のAWSリージョンであるAWSアフリカリージョン(af-south-1)のサポートが追加されました。 お客様は、LogicMonitorのAWSモニタリングでサポートされているAWSアフリカリージョンのサービスをモニタリングできるようになりました。
    • AWS DirectConnect接続状態マッピングを更新しました。 AWS Direct Connectは、モニタリングのために「デフォルトから使用不可」から「デフォルトから使用可能」に変更されています。 インスタンスを削除するためのXNUMXつの接続状態(「削除」と「削除済み」)と、監視に使用できないXNUMXつの接続状態(「要求」、「注文」、「拒否」)が残っています。 残りの接続状態は使用可能な状態にマップされ、クライアントがLogicMonitorで監視できるようになります。
    • 推奨されるAWSSTSメソッドを使用します。 LogicMonitorは、AWS Security Token Service(STS)からクロスアカウント認証トークンを取得するために使用するメソッドを更新しました。 新しい方法はAWSのベストプラクティスに従っており、LogicMonitorポータルに新しいAWSリージョンを将来簡単に追加できるようになります。 お客様側での対応は不要です。
    • (FIX)AWS Trusted AdvisorAPI。 AWS Trusted Advisor APIに変更が加えられた結果、いくつかのデータソースが関連付けられていませんでした。 AWS_IAM_ServiceLimits, AWS_VPC_TrustedAdvisorServiceLimit, AWS_EC2_TrustedAdvisorServiceLimits。 この問題を解決するために、LogicMonitorはTrusted AdvisorAPIを検証および呼び出すためのメソッドを更新しました。
  • Azureの更新:
    • NotificationHubsおよびSQLElasticPoolsサービスの名前の調整。 以前は、リソース名にスラッシュ(/)を使用して、NotificationHubsおよびSQLElastic Poolsサービスの表示名を変更しようとすると、エラーが返されていました。 この問題を解決するために、NotificationHubsおよびSQLElastic Poolsサービスの名前にあるスラッシュはコロン(:)に置き換えられます。 注意: これらの変更の影響を受けるのはリソース名のみです。 許可されている場合は、スラッシュが表示名に引き続き表示される場合があります。
    • (FIX)請求データの計算。 キャッシュされたRateCardを呼び出してAzureの課金データを計算する際に問題が発生しました。 これは修正されており、クライアントからのアクションは必要ありません。

コレクター

  • EA 29.104。 コレクターバージョン EA 29.104 コレクターリリースは、LogicMonitorプラットフォームリリースとは独立して展開されます。 アップグレードに使用できるさまざまなCollectorバージョン、およびEA(早期アクセス)、GD(一般展開)、およびMGD(最小一般展開)バージョンの違いの詳細については、を参照してください。 コレクターバージョン.

ダッシュボード

  • (修正)NOCウィジェット。 パイプ記号(|)でフォーマットされたOR操作を含むインスタンスレベルのフィルターが正しく評価されていなかったため、ウィジェットの表示によって「リソースが見つかりません」エラーが返されました。 これは修正されました。

LMエクスチェンジ

  • (FIX)LMロケーターコードの表示。 インストールされているLogicModuleのLMロケーターコードが表示されませんでした。 Exchangeページと設定ページに影響するため、これは修正されました。

ネットワークトラフィックフローの監視

  • (FIX)NBAR2アプリケーションタイプ。 (NBAR2から供給された)アプリケーションタイプが、ネットワークトラフィックフローデータの[トラフィック]タブの視覚化で正しく表示されませんでした。 これは修正されました。

ロールベースのアクセス制御

  • 確認応答権限がない場合のエラー処理が改善されました。 リソースに対するSDTのみまたはしきい値のみの特権を持つユーザーが、そのリソースによってトリガーされたアラートを確認しようとすると、より説明的なエラーメッセージが返されるようになりました。

新規、更新、および非推奨のLogicModule

最近LogicMonitorパブリックリポジトリにリリースされた、新しく更新されたLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡大および強化できます。

新しいLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
Cisco_CPU_使用率 (データソース)Cisco CPU使用率を監視するための新しいスクリプト化されたデータソースがリリースされました。これは、追加のOIDを使用して重複するワイルド値を解決します。 さらに、XNUMX分間のCPU使用率のために新しいデータポイントが追加されました。

注:この新しいデータソースは非推奨です CiscoCPU-。 ワイルド値のマージにより、現在非推奨となっているデータソースの履歴データは正確でない場合があります。 を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨から交換用のLogicModuleに移行する方法の詳細については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。
Cisco_Meraki_UplinkApplianceStatus
Cisco_Meraki_UplinkLossAndLatency
(2つのデータソース)WANアップリンクのステータス、遅延、およびパケット損失を監視します。
GCP_CloudDataLossPrevention (データソース)変換と検査のメトリック、および結果のカウント、ジョブの結果、トリガーの実行を収集します。
GCP_CloudDNS (データソース)GCPCloudDNSリゾルバーからタイプごとに返された応答を追跡します。
GCP_CloudTPU (データソース)GCP Cloud TPU(Tensor Processing Unit)のCPU、メモリ、ネットワークの指標を監視します。
GCP_Compute_ComputeEngineオートスケーラー (データソース)オートスケーラーの使用率とサービス容量を監視します。
Liebert_Power_Lines
リーバート_システム_温度
(2つのデータソース)これらのデータソースは、現在非推奨となっているデータソースに置き換わるものです。 リーバート電力線, リーバート温度プローブ-, リーバートUPS温度プローブ- データソース。 を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨から交換用のLogicModuleに移行する方法の詳細については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。

更新:スクリプト化されたSNMPとして書き直されました。 温度とUPS温度プローブの監視を単一のデータソースに統合しました。 電力線監視用の新しい電力および電圧メトリックを追加しました。 電力線の誤ったフィルターを修正しました。
LogicMonitor_Portal_Alerts
LogicMonitor_Portal_Collectors
LogicMonitor_Portal_Resources
LogicMonitor_Portal_Users
LogicMonitor_Portal_Websites
addCategory_LogicMonitorPortal
(5つのデータソース、1つのPropertySource)既存のデータソースを補完する LogicMonitor_Portal_APIUtilization LogicMonitorAPIを利用してLogicMonitorポータルのステータスを監視するLogicMonitorポータル監視パッケージであるDataSourceは、合計XNUMXつのLogicModuleを備えています。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 LogicMonitorポータルモニタリング.

注:既存の LogicMonitor_Portal_APIUtilization このリリースの一部として、データソースが更新されました。

注: LogicMonitor_Portal_Metrics DataSourceは、これらの新しいモジュールのリリースにより非推奨になりました。 を参照してください 非推奨のLogicModules 非推奨から交換用のLogicModuleに移行する方法の詳細については、これらのリリースノートのセクションを参照してください。
Kubernetes_CoreDNS CoreDNSキャッシングとDNS要求アクティビティメトリックを監視します。
Microsoft AzureExpressRoute仮想ネットワークゲートウェイ (データソース)ExpressRoute仮想ネットワークゲートウェイタイプの監視機能を既存のものから分離するための新しいデータソースを作成しました Microsoft_Azure_VirtualNetworkGateway 情報元。

更新されたLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
addCategory_Tintri (PropertySource)AppliesToロジックを絞り込み、デバイスにtintri.userプロパティとtintri.passプロパティが存在することを要求して、不要なAPI呼び出しを防ぎ、コレクターの負荷を軽減します。
Cisco_Firepower_Fans (データソース)メトリックとプロパティのnull値の戻りに対応するために、コレクションとActiveDiscoveryスクリプトを更新しました。
Cisco_Meraki_AccessPoint_Interfaces
Cisco_Meraki_AccessPoints
Cisco_Meraki_DeviceCount
Cisco_Meraki_Gateway_Interfaces
Cisco_Meraki_Gateways
Cisco_Meraki_SecurityAppliance_Interfaces
Cisco_Meraki_SecurityAppliances
Cisco_Meraki_Switch_Interfaces
Cisco_Meraki_Switches
addCategory_Meraki_API
(9つのデータソース)コレクションスクリプトではデータソース名を変更しないでおく必要があることを示すようにテクニカルノートを更新しました。

(PropertySource)コレクターのHTTPライブラリーの代わりにGroovy HTTPライブラリーを使用して検出の失敗に対処するように、コレクションスクリプトをリファクタリングしました。 スクリプトの失敗を引き起こしていた関数呼び出しに欠落しているパラメーターを追加しました。
Citrix_XenApp_トラブルシューター (DataSource)PowerShellの認証の問題により、スクリプトをGroovyに変換しました。 このデータソースは、CitrixXenAppモニタリングパッケージの他のLogicModuleと同じ認証スキームを使用するようになりました。
JIRA発行数 (データソース)更新されたAPI認証方法を使用するように収集スクリプトを更新しました。 以前にスクリプトで使用されていたメソッドは、Atlassianによって非推奨になりました。
LogicMonitor_Portal_APIUtilization (データソース)スクリプトにページネーションのサポートを追加しました。 リクエストヘッダーを更新しました。

注:で説明されているように 新しいLogicModules、LogicMonitorポータル監視は、XNUMXつの新しいLogicModuleのリリースにより大幅に強化されました。
Microsoft_Azure_VirtualNetworkGateway (データソース)ExpressRoute仮想ネットワークゲートウェイタイプの監視はこのデータソースから削除され、新しくリリースされたものによって実行されるようになりました Microsoft_Azure_ExpressRouteVirtualNetworkGateway 情報元。

注:一部のインスタンスは更新時に削除される場合があります。 ただし、これらのインスタンスが有効または完全なデータを収集している可能性は低いため、影響は最小限に抑える必要があります。
トポロジーマッピング:

Networking_L2_snmpSwitch
addERI_デバイス
(TopologySource)MACがLLDPデバイスIDと同じOUIを持つArubaデバイスをリンクしないように更新されました。

(PropertySource)一部のデバイスが正しくマップされない原因となっていたSNMPsysinfoの欠落を許容するための安全なナビゲーションを追加しました。
VMware_ESXi_HardwareSensorFans
VMware_ESXi_HardwareSensorPower
VMware_ESXi_HardwareSensor
(3つのデータソース)ESX7.0以降で返される大文字のセンサー状態値の処理が追加されました。
さまざまなデータソースに対して行われたマイナーアップデート:

ホストの稼働時間-
HP_UPS
HPUX_CPU
HPUX_ファイルシステム
HPUX_メモリー
HPUX_プロセス
Kubernetes_コンテナ
Kubernetes_Pod
PaloAlto_GlobalProtect_Gateway
SNMP_Engine_Uptime-
SNMP_HostUptime_Singleton
VMware_vCenter_DatastoreCapacity
VMware_VCSA_BackupInstances
VMware_VCSA_バックアップ
VMware_VCSA_CPU
VMware_VCSA_ファイルシステム容量
VMware_VCSA_HealthStatus
VMware_VCSA_メモリ
(18データソース)これらのデータソースに含まれるXNUMXつ以上のデータポイントについて、誤った表現のアラートメッセージを修正しました。

非推奨のLogicModules

LogicMonitorは、さまざまな理由でLogicModuleを非推奨にします。 ほとんどの場合、監視対象のテクノロジへの優れたアクセスを提供する(たとえば、テクノロジのより多くのバージョンをサポートしたり、スケーラビリティを向上させたりする)代替のLogicModuleを公開したためです。

ただし、LogicModuleが置き換えられずに非推奨になる場合があります(たとえば、テクノロジが機能しなくなったり、LogicMonitorの制御が及ばないセキュリティの問題が発生した場合)。

注意: 交換用のLogicModuleをインポートする場合、LogicMonitorが明示的に追加する名前のバリエーションが原因で、データがすぐに失われることはありません。 ただし、廃止されたLogicModuleと新しいLogicModuleの間でデータ収集が迂回され、両方のLogicModuleがアクティブである限り、重複データを収集して重複アラートを受信する可能性があります。 このため、置換をインポートした後は、リソースまたはリソースグループレベルでDataSourceインスタンスの監視を無効にすることをお勧めします。 この方法でデータソースの監視を無効にすると、ホストへのクエリとアラートの生成が停止しますが、すべての履歴データは保持されます。 ある時点で、従来のデータソースを完全に削除したい場合がありますが、削除するとすべての履歴データが失われるため、この移動を慎重に検討してください。 データソース監視を無効にする方法の詳細については、を参照してください。 データソースまたはインスタンスの監視を無効にする.

LogicModuleの非推奨/交換 理由 サポート終了日

v.145で廃止されたLogicModules

非推奨:
CiscoCPU-

置換:
Cisco_CPU_使用率
(1データソース)スクリプト化されたデータソースに変換され、追加のOIDを使用して重複するワイルド値を解決します。 2021-01-04
非推奨:
リーバート電力線
リーバート温度プローブ-
リーバートUPS温度プローブ-

置換:
Liebert_Power_Lines
リーバート_システム_温度
(3つのデータソース)データソースをスクリプト化されたSNMPとして書き直しました。 温度とUPS温度プローブの監視を単一のデータソースに統合しました。 電力線監視用の新しい電力および電圧メトリックを追加しました。 電力線の誤ったフィルターを修正しました。 2021-01-04
非推奨:
LogicMonitor_Portal_Metrics

置換:
LogicMonitor_Portal_Alerts
LogicMonitor_Portal_Collectors
LogicMonitor_Portal_Resources
LogicMonitor_Portal_Users
LogicMonitor_Portal_Websites
(1つのデータソース)LogicMonitorは、15の追加データポイントを提供し、関連するメトリックを個別のデータソースにグループ化するXNUMXつの新しいデータソースをリリースしました。これにより、ポータルの特定の側面に焦点を当てやすくなります。 詳細については、を参照してください。 LogicMonitorポータルモニタリング. 2021-01-04

以前に非推奨になったLogicModules(過去XNUMXつのバージョン以上)

非推奨:
VMware_VeloCloud_SystemStats

置換:
同サイズ
(1データソース)このデータソースによって収集されたすべてのデータは、既存のデータソースを通じてより堅牢に報告されていることが確認されています。 NetSNMPCPUwithCores 及び NetSNMP_Memory_Usage データソース、冗長で不要になります。 2021-02-09
非推奨:
NetApp_SolidFire_Cluster
NetApp_SolidFire_Volumes
NetApp_SolidFire_Nodes
NetApp_SolidFire_Drives

置換:
同サイズ
(4つのデータソース)広く使用されておらず、正しく機能しなくなったデータソースの一般的なクリーンアップ。 2021-01-19
非推奨:
F5_BigIP_PoolMemberStatistics

置換:
F5_BigIP_PoolMemberStats
(1データソース)全体的な効率を向上させるために、アクティブディスカバリーとデータ収集の方法がSNMPからスクリプトに変換されました。 2020-12-07
非推奨:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_VMWareSureBackups

置換:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_SureBackups
(1データソース)バックアップはVMWare固有ではないため、「VMware」はデータソース名から削除されました。 2020-12-07
非推奨:
Windows_SNMP_サービス

置換:
同サイズ
(1データソース)Windows SNMPサポートは、Server 2012R2以降Microsoftによって非推奨になりました。 その結果、このデータソースはServer2016以降の信頼できるデータを収集しません。 2020-12-02
非推奨:
Cisco AIPSSMメモリプール-

置換:
Cisco_AIPSSM_プロセッサ
Cisco_AIPSSM_MemoryPools
(1データソース)代替データソースは、正確な値を返すスクリプト化されたSNMPバージョンを提供します。 以前に廃止されたデータソースを使用していた場合は、無効なデータを提供していたため、削除できます。 2020-11-16
非推奨:
LM_デバイス_カウント

置換:
LogicMonitor_Portal_Resources
(1データソース)非推奨のAPIを使用します。 このLogicModuleを削除し、代わりのLogicModuleを使用することを強くお勧めします。 2020-10-26
非推奨:
Arista_Switch_Storage

置換:
Arista_Switch_FlashStorage
Arista_Switch_Memory
Arista_Switch_StorageUsage
(1データソース)置換データソースはインスタンスを除外して、メモリ、フラッシュストレージ、および標準ストレージの個別のデータソース監視を可能にします。 2020-10-26
非推奨:
Linux_SSH_CGroupStatus

置換:
Linux_SSH_ServiceStatus
(1データソース)正確で有用なデータを提供しなかったため、削除できます。 既存の Linux_SSH_ServiceStatus DataSourceは、同じ機能を実行するようにv.141で再構築されました。 2020-09-18
非推奨:
Linux_SSH_NetworkTCPUDP

置換:
Linux_SSH_TCPUDP
(1 DataSource)置換DataSourceには、(1)より広くサポートされているnstat(iproute2の一部)コマンドと、nstatが使用できない場合のフォールバックとしてのnetstatの使用、(2)パケット、データグラム、およびエラー関連の追加の監視など、いくつかの利点があります。メトリック 2020-09-18
非推奨:
QNAPボリューム

置換:
QNAP_ボリューム
(1データソース)収集方法を標準SNMPからスクリプトSNMPに変更して、返されるユニットを適切に処理するようにしました。 ボリュームフリーサイズ 及び VolTotalSize データポイント。 現在非推奨のバージョンでは、戻り値がテラバイトとして表されていない場合、これらのデータポイントの計算は失敗し、データの不実表示につながりました。 2020-09-18

ベータ版への移行:プッシュメトリクスAPI

LogicMonitorは、コレクターを使用せずにメトリックをLogicMonitorに直接送信できるようにするために、プッシュメトリックAPIを開発しています。 この機能が不可欠になりつつあるテクノロジーランドスケープには、AWS Lambdaなどのサーバーレスインフラストラクチャ、カスタムメトリック(ビジネスメトリックを含む)を備えた大規模な分散マイクロサービス環境、IoT環境などがあります。

Push MetricsAPIのベータ版はXNUMX月を対象としています。 説得力のあるユースケースとリソースの可用性があり、参加を検討したい場合は、 カスタマーベータ 調査。

記事上で