サポートセンターホーム


v.144リリース

11.12.20に公開

v.144ハイライト:

機能のハイライト:LMログ

18月XNUMX日に開始されたLMLogsは、アルゴリズムによる根本原因分析を中心とした、ログ分析に対する独自の統一されたアプローチを提供します。 LM Logsは、ログイベントが取り込まれ、監視対象のリソースにマッピングされた後、ログイベントを分析して、正常なパターンとこれらのパターンからの逸脱(異常)を特定します。

ログの異常は、新しいログイベント、または関連付けられている監視対象リソースで初めて表示されるログイベントを表します。 これらの異常は1つの場所に表示されます。(2)生のログを確認してインフラストラクチャ全体のログ異常を調査できる新しい[ログ]ページと、(XNUMX)アラートの[グラフ]タブで、メトリックアラートとともに状況に応じて表示されます。スピードトラブルシューティング。

専用の[ログ]ページにあることに加えて、ログの異常はアラートの[グラフ]タブにも表示され、トラブルシューティングを迅速化するのに役立つメトリックアラートがコンテキストに表示されます。

ログをLogicMonitorに取り込むには、提供されている統合のXNUMXつから選択するか、カスタムログをログ取り込みAPIに直接送信します。 詳細については、を参照してください。 LMログのドキュメント.

プラットフォームの機能強化

監査ログ

  • (FIX)動的しきい値更新のキャプチャ。 場合によっては、動的しきい値の更新が監査ログに包括的にキャプチャされていませんでした。 これは修正されました。

クラウド監視

  • AWSの更新:
    • 重複する名前に対するAWSSWFワークフローのサポート。 ドメイン名は、複数のドメインにまたがる同一の名前の存在をサポートするために、SWFワークフローの命名規則の一部として含まれるようになります。 注意: 特定のSWFワークフロー名を参照するAppliesToステートメントでカスタマイズされたダッシュボードは、この新しい命名規則に対応するために更新する必要がある場合があります。
    • (FIX)AWS KinesisStreamのパージ。 削除された一部のAWSKinesis Streamsは、ポータルから適切にパージされていませんでした。 この問題を今後解決し、誤って永続化していたストリームをさかのぼって削除するための修正が行われました。
    • (FIX)Route53インスタンス。 Route53インスタンスに関連するXNUMXつの問題が解決されました。
      • カスタムAWSタグがRoute53インスタンスで適切に通過していませんでした。
      • より多くのインスタンスが存在する場合でも、ページ付けは100インスタンスに制限されていました。
  • GCPの更新:
    • (修正) GCPの使用回数。 [アカウント情報]ページで利用可能なリソース使用量カウントテーブルからのGCP使用量の表示に一貫性がないという問題が発生していました(設定| 口座情報)。 これは修正されました。

Kubernetesモニタリング

  • (FIX)ホストネットワークポッド構成のデータ収集。 世界 system.ips ホストネットワークで構成された一部のポッドのプロパティが適切に入力されていなかったため、これらのポッドのPingおよびホストステータスデータ収集の問題が発生しました。 これは修正されました。

LMエクスチェンジ

  • (FIX)モジュールのインポート。 パブリックリポジトリからモジュールをインポートするときに、インストールステータスに「Installing…」が無期限に表示される問題が発生していました。 これは修正されました。

ネットワークトラフィックフローの監視

  • 会話フィルターを除外します。 [トラフィック]タブの会話フィルターが拡張され、XNUMX対XNUMX、XNUMX対多、多対XNUMX、または多対多のエンドポイント間の明示的な会話の除外がサポートされるようになりました。

ユーザーインターフェース(UI)

  • (FIX)アラートページのグラフの視覚的表示エラー。 使用量と総容量を比較するグラフの場合、ビジュアルディスプレイが正しくスタックされていなかったため、実際の容量値と視覚的にずれていました。 これは、[アラート]ページに表示されるグラフで発生していました。 [リソース]ページに表示されたグラフでは、この問題は発生しませんでした。 この問題は修正されました。

新規、更新、および非推奨のLogicModule

最近LogicMonitorパブリックリポジトリにリリースされた、新しく更新されたLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡大および強化できます。

新しいLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
AWSKinesisビデオストリーム (データソース)Kinesisビデオストリームのスループット、レイテンシー、リクエスト、エラーの指標を収集します。
BlueCatアドレスマネージャー (5つのデータソース、1つのPropertySource)BlueCatIPアドレスマネージャーサーバーとDNS / DHCPアプライアンスのステータスと使用率のメトリック、およびDHCPプールとサブネットの使用率のメトリックを監視します。
コヒシティビュー (データソース)Cohesity Storage PlatformViewアラートとしきい値データを監視します。 ビューが作成されると、アラートはCohesityに設定されます。
F5_BigIP_PoolMemberStats (データソース)このデータソースは、現在廃止されているデータソースを置き換えます F5_BigIP_PoolMemberStatistics 情報元。 Active Discoveryとデータ収集の方法は、全体的な効率を向上させるためにSNMPからスクリプトに変換されました。
シルバーピーク (5つのデータソース、2つのPropertySource、1つのTopologySource)Silver Peakデバイスのディスクとメモリの使用状況、次のWANホップ、トンネルの状態、および全体的なシステムステータスを監視します。 トポロジのサポートが含まれます。 設定と詳細については、を参照してください。 シルバーピークモニタリング.
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_SureBackups (データソース)このデータソースは、現在廃止されているデータソースを置き換えます Veeam_BackupAndReplication_Jobs_VMWareSureBackups 情報元。 バックアップはVMWare固有ではないため、名前は「VMware」を削除するように調整されました。

更新されたLogicModules

LogicModule /システム名 お問い合わせ内容
Cisco_AIPSSM_プロセッサ (データソース) 使用率 datapointはNoDataでアラートを送信しなくなりました。
Cisco_Meraki_Switch_Interfaces (データソース)各タイプのパケットカウンター、マルチキャスト、crcエラー、パケットアライメントエラー、stpトポロジ検出などのデータポイントを追加しました。 追加 警告カウント 影響により エラーカウント スイッチがそのポートで検出したエラーの数を報告するデータポイント。 ポートの切断/無効化などの一般的な発生は無視されるようになりました(データソースはテキストをクリーンな方法で報告できないため、ユーザーはコンソールでこれらのエラーを確認する必要があります)。 接続が有効になっていることを報告するデータポイントを追加しました。 インスタンスのグループ化を追加しました。
Cisco_FRU_電源 (データソース)アラートメッセージに存在する無効なトークン(## auto.serial_number ##)を修正しました。
Cisco_NXOS (ConfigSource)NXOSを実行しているCiscoUCSデバイスをサポートするようにスクリプトを更新しました。
Citrix_Netscaler_FullBackup (ConfigSource)出力のシェルラインのフィルタリングを改善しました。 接続タイムアウトの増加。 ログファイル名からスペースを削除しました。
Cohesity_DataPlatform_Alerts (EventSource)重複を防ぐためにアラートの特別な処理を追加しました。 このEventSourceはすべてのCollectorバージョンで機能しますが、重複を防ぐにはCollector29.001以降が必要です。
Cohesity_DataPlatform_Fans (データソース)ActiveDiscoveryスクリプトから未使用の変数を削除しました。
Kubernetes_コンテナ (データソース)コンテナイメージが「auto.image」の下に記録されるようになりました。
LogicMonitor_Collector_BufferDataReporterLatency (データソース)コレクターバージョン29.104以降の新しいキューステータスメトリックを収集します。 からアラートを削除しました minReportLatency データポイント; 名前を変更 santaba接続 データポイントから PersistentQueueStatus (これにより、インポート時にこのデータポイントの履歴データが削除されることに注意してください)。
Microsoft_ActiveDirectory_Computers
Microsoft_ActiveDirectory_FSMOロール
Microsoft_ActiveDirectory_OrganizationalUnits
Microsoft_ActiveDirectory_PasswordPolicy
(4 ConfigSources)実行間で一貫してソートされた構成を返すコレクションスクリプト要求のソート順の問題を修正しました。 注:これらのConfigSourceは、最初のインポート時にアラートを生成します。
Microsoft_ActiveDirectory_Sitesサブネット
Microsoft_DHCP_IPv4LeasesConfig
(2 ConfigSources)コレクションスクリプトに大幅な更新を行いました。 ノイズを減らすために出力をIPアドレスでソート。 WinRMのチェックを追加しました。
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityGroups Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityReplicas Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseReplicaCluster Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseReplicas Microsoft_SQLServer_Troubleshooter Microsoft_SQLServer_Databases Microsoft_SQLServer_SystemJobs Microsoft_SQLServer_GlobalPerformance (8つのデータソース)XNUMXつのデータソースすべてのスクリプトを更新しました connection.close() 開いているすべての接続が終了時に閉じていることを確認します。

Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityGroups DataSourceの場合のみ、Active Discoveryスクリプトは、Microsoftの命名規則に一致するように大文字でインスタンス名を作成するようになりました。
Microsoft_SQLServer_SQLAuthConnections Microsoft_SQLServer_Connections (2 PropertySources)スクリプトが正しくタイムアウトしないことによって引き起こされるCollector v29.003の高いCPU使用率を解決するために、JDBC文字列にloginTimeoutパラメーターを含めました。
NetSNMP_Memory_Usage (DataSource)snmpdバージョンがnet-snmpバージョンOIDを介して取得できない場合、コレクションスクリプトをフォールバックに更新しました。 更新されたデータポイントの説明。 のグラフを追加 PercentSwapUsed データポイント。
Nimble_Array_Info (データソース)ActiveDiscoveryスクリプトでのOSバージョン検出の改善。 固定コレクション出力間隔。 一般的なコードのクリーンアップを実行しました。 のアラートを追加 TotalArrayUsagePercent データポイント; アラートの永続性を更新し、グラフを追加しました status データポイント; 概要グラフを修正しました。
NTP (データソース)AppliesToステートメントを更新して、これらのデバイスタイプでの収集の問題により、「CiscoNTP」カテゴリのデバイスと一致しなくなりました。
PingMulti- (データソース)説明の改善。 テクニカルノートを追加しました。
snmp64_If- (データソース)のアラートの説明を更新しました 状態 データポイント。
SNMP_ネットワーク_インターフェース (データソース)の修正が再導入されました 使用率 データソースのv1.6で誤って元に戻されたデータポイント計算。 2.14Gbpsを超えるインターフェイスで無効なインターフェイス速度プロパティが設定される原因となっていた整数オーバーフローのバグを修正しました。
トポロジーマッピング:
Networking_L2_snmpSwitch
(TopologySource)欠落したエッジを生成するためのVMwareMacのリンクの改善。 HPスイッチ間の誤ったエッジの問題を解決しました。
Veeam_BackupAndReplication_BackupSessions Veeam_BackupAndReplication_Jobs_Backups Veeam_BackupAndReplication_Jobs_BackupSync Veeam_BackupAndReplication_Jobs_Copy Veeam_BackupAndReplication_Jobs_ManagedAgentBackups
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_Replicas Veeam_BackupAndReplication_Repositories
(7つのデータソース)ジョブが最後に実行されてからの時間を監視するためのデータポイントが追加されました。 Veeamバージョン10以降でバックアップコピージョブが検出されない問題を修正しました。
ズーム_ユーザー_統計 (データソース)コレクションスクリプトによる要求に使用されるインデックスを修正しました(以前は、インデックスがライセンスタイプに正しく一致していませんでした)。 収集間隔をXNUMX時間に更新しました。

非推奨のLogicModules

LogicMonitorは、さまざまな理由でLogicModuleを非推奨にします。 ほとんどの場合、監視対象のテクノロジへの優れたアクセスを提供する(たとえば、テクノロジのより多くのバージョンをサポートしたり、スケーラビリティを向上させたりする)代替のLogicModuleを公開したためです。

ただし、LogicModuleが置き換えられずに非推奨になる場合があります(たとえば、テクノロジが機能しなくなったり、LogicMonitorの制御が及ばないセキュリティの問題が発生した場合)。

注意: 交換用のLogicModuleをインポートする場合、LogicMonitorが明示的に追加する名前のバリエーションが原因で、データがすぐに失われることはありません。 ただし、廃止されたLogicModuleと新しいLogicModuleの間でデータ収集が迂回され、両方のLogicModuleがアクティブである限り、重複データを収集して重複アラートを受信する可能性があります。 このため、非推奨のLogicModuleを(削除するのではなく)無効にして、(1)期待どおりに機能していることを確認し、(2)新しい履歴データのセットを構築する時間を確保することをお勧めします。

LogicModuleは非推奨/置き換えられました 理由 サポート終了日

v.144で廃止されたLogicModules

非推奨:
VMware_VeloCloud_SystemStats

置換:
同サイズ
(1データソース)このデータソースによって収集されたすべてのデータは、既存のデータソースを通じてより堅牢に報告されていることが確認されています。 NetSNMPCPUwithCores 影響により NetSNMP_Memory_Usage データソース、冗長で不要になります。 2021-02-09
非推奨:
F5_BigIP_PoolMemberStatistics

置換:
F5_BigIP_PoolMemberStats
(1データソース)全体的な効率を向上させるために、アクティブディスカバリーとデータ収集の方法がSNMPからスクリプトに変換されました。 2020-12-07
非推奨:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_VMWareSureBackups

置換:
Veeam_BackupAndReplication_Jobs_SureBackups
(1データソース)バックアップはVMWare固有ではないため、「VMware」はデータソース名から削除されました。 2020-12-07

以前に非推奨になったLogicModules(過去XNUMXつのバージョン以上)

非推奨:
NetApp_SolidFire_Cluster
NetApp_SolidFire_Volumes
NetApp_SolidFire_Nodes
NetApp_SolidFire_Drives

置換:
同サイズ
(4つのデータソース)広く使用されておらず、正しく機能しなくなったデータソースの一般的なクリーンアップ。 2021-01-19
非推奨:
Windows_SNMP_Services

置換:
同サイズ
(1データソース)Windows SNMPサポートは、Server 2012R2以降Microsoftによって非推奨になりました。 その結果、このデータソースはServer2016以降の信頼できるデータを収集しません。 2020-12-02
非推奨:
Cisco AIPSSMメモリプール-

置換:
Cisco_AIPSSM_プロセッサ
Cisco_AIPSSM_MemoryPools
(1データソース)代替データソースは、正確な値を返すスクリプト化されたSNMPバージョンを提供します。 以前に廃止されたデータソースを使用していた場合は、無効なデータを提供していたため、削除できます。 2020-11-16
非推奨:
LM_デバイス_カウント

置換:
LogicMonitor_Portal_Metrics
(1データソース)非推奨のAPIを使用します。 このLogicModuleを削除し、代わりのLogicModuleを使用することを強くお勧めします。 2020-10-26
非推奨:
Arista_Switch_Storage

置換:
Arista_Switch_FlashStorage
Arista_Switch_Memory
Arista_Switch_StorageUsage
(1データソース)置換データソースはインスタンスを除外して、メモリ、フラッシュストレージ、および標準ストレージの個別のデータソース監視を可能にします。 2020-10-26
非推奨:
Linux_SSH_CGroupStatus

置換:
Linux_SSH_ServiceStatus
(1データソース)正確で有用なデータを提供しなかったため、削除できます。 既存の Linux_SSH_ServiceStatus DataSourceは、同じ機能を実行するようにv.141で再構築されました。 2020-09-18
非推奨:
Linux_SSH_NetworkTCPUDP

置換:
Linux_SSH_TCPUDP
(1 DataSource)置換DataSourceには、(1)より広くサポートされているnstat(iproute2の一部)コマンドと、nstatが使用できない場合のフォールバックとしてのnetstatの使用、(2)パケット、データグラム、およびエラー関連の追加の監視など、いくつかの利点があります。メトリック 2020-09-18
非推奨:
QNAPボリューム

置換:
QNAP_ボリューム
(1データソース)収集方法を標準SNMPからスクリプトSNMPに変更して、返されるユニットを適切に処理するようにしました。 ボリュームフリーサイズ 影響により VolTotalSize データポイント。 現在非推奨のバージョンでは、戻り値がテラバイトとして表されていない場合、これらのデータポイントの計算は失敗し、データの不実表示につながりました。 2020-09-18

ベータ版への移行:プッシュメトリクスAPI

LogicMonitorは、コレクターを使用せずにメトリックをLogicMonitorに直接送信できるようにするために、プッシュメトリックAPIを開発しています。 この機能が不可欠になりつつあるテクノロジーランドスケープには、AWS Lambdaなどのサーバーレスインフラストラクチャ、カスタムメトリック(ビジネスメトリックを含む)を備えた大規模な分散マイクロサービス環境、IoT環境などがあります。

Push MetricsAPIのベータ版はXNUMX月を対象としています。 説得力のあるユースケースとリソースの可用性があり、参加を検討したい場合は、 カスタマーベータ 調査。

記事上で