v.143リリース

v.143ハイライト:

機能のハイライト

機能のハイライト:アラートページの更新

LogicMonitorは、アラートページのUIの大幅な機能強化をリリースしています。 新しいUIはより直感的で効率的で、次の機能があります。

  • データ密度の向上
  • タスクを完了するためのクリック数が少ない
  • 読み込み時間の短縮
新しいUIは、フィルターコンテンツ領域の高さを大幅に減らして、アラートテーブルの表示を最大化します。

新しいアラートページUIの機能は、以前のUIの機能とほぼ同じですが、次のようないくつかの新しい機能が導入されています。

  • バルクSDTアクションの機能強化。 バルクSDTアクションから親デバイス(またはデバイスグループ)をSDTに配置できるようになりました。
  • アラートをエスカレーションしたり、一括アクションとしてアラートにメモを追加したりする機能。 一括アクションメニューから、複数のアラートをエスカレーションしたり、複数のアラートにメモを一度に追加したりできるようになりました。

  • 逆アラート選択。 アクションを一括で実行する目的で複数のアラートを選択する場合、選択ドロップダウンには現在の選択を反転する機能があり、すべてを選択できます。 除きます 現在選択されているもの。
  • ユーザーフレンドリーなアラート詳細表示。 [概要]タブには、アラートの詳細の表示をより効率的かつ直感的にする、いくつかの新しいユーザーフレンドリーな表示機能があります。

    アラートの詳細を表示するとき、新しいUIは、アラート内のデータポイントに一目でわかるスパークラインを提供し、アラート表記を前面と中央に表示します。 さらに、ここで強調表示されているように、アラートの詳細の表示を最大化するためのオプションが提供され、アラートの詳細ペインを上に「展開」して、アラートページの画面全体に表示したり、表示が妨げられない場合は、アラート詳細ペインの最大化されたビューを表示します。

注意: 新しいUIを展開すると、左側のアラートナビゲーションメニューが自動的に新しいアラートページを開きます。 ただし、アラートページのURLの最後から「s」を削除する(「/ alerts」を「/ alert」に変換する)ことで、以前のバージョンのアラートページにアクセスできます。 アラートページの以前のバージョンは、少なくともバージョンv.144まで引き続き利用できます。

新しいUIの使用の詳細については、を参照してください。 アラートページからのアラートの管理.

機能のハイライト:新しいプロファイルメニュー

左側のナビゲーションメニューには、新しいプロファイルメニューがあります。 UIのバージョン4.x(現在はアラートページとExchangeページ)で製品の領域を表示する場合にのみ使用できます。このメニューはユーザーごとに一意であり、ユーザーアカウントの管理、サポート/トレーニングへのアクセス、さまざまな外観設定の構成、ログアウトします。

現在、外観設定はアラートページの表示にのみ影響しますが、製品のより多くの領域が新しいUIバージョンに移行されると、これらの外観設定はグローバルに有効になります。

注意: UIのバージョン3で製品の領域を表示すると、これらのオプション(ユーザーアカウントの管理、サポート/トレーニングへのアクセス、ログアウト)がプラットフォームヘッダーの右上隅にあります。

プラットフォームの機能強化

アラート

  • アラート生成とは独立して構成可能なアラート通知抑制。 アラート通知の抑制は、動的しきい値のアラート生成機能から独立して構成できるようになりました。 これは、異常のアラートをトリガーする、期待されるパフォーマンスに対応するアラートの通知を抑制する、またはその両方を行う動的なしきい値を持つことができることを意味します。 これは、抑制とアラート生成のユースケースが異なる場合に役立ちます(たとえば、非常に明確な良い範囲と悪い範囲があるパーセンテージベースのメトリックは、アラート生成よりも抑制の方がメリットがあります)。 これらの機能を個別にまたは連携して使用する方法の詳細については、を参照してください。 データポイントの動的しきい値の有効化.

    この拡張機能のロールアウト時に、既存の動的しきい値構成は更新され、「帯域内の通知を抑制する」オプションと「アラートをトリガーするタイミング」オプションの両方がチェックされ、予想される現在の動作に変更がないことを確認します。

アラートの統合

  • インスタンスの削除に関するアラートクリアの動作が改善されました。 サードパーティの統合で孤立したチケットを防ぐために、この領域でいくつかの機能強化が行われました。
    • アラートがクリアされ、アラートをトリガーしているインスタンスがActive Discoveryを介して削除された場合、インスタンスが削除される前にアラートがクリアされます。
    • アラートの重大度レベルがアップグレードされ、アップグレードの通知を送信する前に、アラートをトリガーしているインスタンスがActive Discoveryを介して削除されると、初期重大度レベルのアラートクリアが送信されるようになりました。 以前は、アラートのアップグレードにより、この通知が意図せず抑制されていました。
    • アラートの重大度レベルがアップグレードされ、アップグレードの通知を送信する前に、アップグレードされたアラートがクリアされ、アラートをトリガーしているインスタンスがActive Discoveryを介して削除されると、アラートクリアが初期重大度レベルで送信されるようになりました。 以前は、アラートのアップグレードにより、この通知が意図せず抑制されていました。
  • (FIX)ConnectWiseアラート統合の複製。 「エスカレートされた」ペイロードなしでConnectWiseアラート統合のクローンを作成できなかった問題を解決しました。 これは修正され、ConnectWise統合を複製する機能は、構成されているペイロードのタイプに関係なく利用できるようになりました。

ダッシュボード

  • (修正)NOCウィジェット。 非特権ユーザー(ダッシュボードの読み取り専用権限を持つユーザー)のNOCウィジェットにハイパーリンクを表示していたChromeブラウザーの更新によって発生した問題を修正しました。 ハイパーリンクは、非特権ユーザーを無効なURLに誘導していました。 これは修正され、非特権ユーザーはNOCウィジェットにレンダリングされたハイパーリンクを表示しなくなりました。

Devices

  • (FIX)データソースおよび動的グループとのデバイスの関連付け。 デバイスのプロパティがERISourcePropertySourceによって更新された後、データソースと動的グループがデバイスに適用されない問題を解決しました(デバイスがDataSourceまたは動的グループのAppliesToステートメントに一致しているにもかかわらず)。 この問題は解決されており、今後は発生しませんが、適切な関連付けを有効にするには、影響を受けるデバイスや動的グループに対して修正手順を実行する必要があります。
    • 欠落しているデータソースの関連付けを手動で修正するには… [リソース]ページで各デバイスを開き、[ 管理| データソースの再一致を強制する.
    • 欠落している動的グループの関連付けを手動で修正するには… これは、次のXNUMXつの方法のいずれかを使用して実行できます。
      • 動的グループのAppliesToステートメントを一時的に更新します。 すべてのデバイスで動的グループ評価をトリガーするために、各動的グループのAppliesToステートメントを一時的に更新します。 現在関連付けられているデバイスを削除したり、新しいデバイスを関連付けたりしないように、AppliesToステートメントにダミープロパティを追加するOR条件を追加することをお勧めします。 これを実現するには、既存のステートメントを括弧で囲んでから、OR条件を追加します。 例えば: (<existing AppliesTo statement>) || dummy.property == xyz.

        新しいステートメントを保存してしばらく待った後、AppliesToを元のステートメントに戻し、もう一度保存します。

      • 一時的なPropertySourceを作成します。 メンバーシップを再評価する必要があるデバイスにダミープロパティを設定するPropertySourceを作成してトリガーします。 PropertySourceは、XNUMX行のprintステートメントのような単純なスクリプトで構成できます。 println("auto.triggerdynamicgroups=true")。 デバイス全体でPropertySourceの即時評価をトリガーするには、[ 詳細| PropertySourceを実行します PropertySource定義から。 動的グループが更新されたら、PropertySourceを削除します。
  • 動的グループ構成ウィンドウにヘルパーテキストが追加されました。 次の情報メモが[動的グループの追加]および[動的グループの更新]構成ウィンドウに追加され、グループのAppliesToステートメントが評価するプロパティの詳細が説明されています。

    注意: 循環参照を回避するために、動的グループに自動割り当てされるデバイス(つまり、AppliesToスクリプト)を決定する基準は、ホスト自体のプロパティのみを評価でき、ホストがメンバーであるグループから継承されたプロパティは評価できません。」

  • デバイスをデバイスグループに追加するときの警告メッセージが改善されました。 デバイスをデバイスグループに追加するときに、現在デバイスに割り当てられているもの以外のコレクター(または自動バランスコレクターグループ)を選択すると、UIに次の警告が表示されるようになりました。

    「強調表示されたデバイスは、優先するコレクター/グループによって監視されていません。 優先コレクターを変更するか、フェールバックを実行するには、コレクター設定に移動します。 ABCGによって監視されているデバイスの場合は、デバイスが他のグループに移動されているかどうかを確認してください。」

Kubernetesモニタリング

  • 編集およびダウンロード可能なYAML構成ファイル。 Kubernetesクラスターの追加ウィザードは、LM ContainerArgusおよびCollectorset-Controllerデプロイメント用の編集可能でダウンロード可能なYAML構成ファイルを提供するようになりました。 このインストールプロセスは、以前のコピー/貼り付けHelmコマンドよりも簡単で(新しいプロセスは、Kubernetes cliを使用してYAMLファイルから適用するXNUMX行のインストールです)、特に公開されていない構成オプションをカスタマイズする場合に役立ちます。以前のUIウィザード(すべてのオプションはYAMLファイルにあります)。
  • KubernetesおよびHelmバージョンのプロパティ。 KubernetesとHelmのバージョンをキャプチャするために、新しいプロパティがクラスター(グループ)レベルで自動的に追加されます。 この情報は、LogicMonitorチームがトラブルシューティングの状況で必要な情報を提供するのに役立つことを目的としています。
  • Spinnakerのバージョン管理を無効にします。 Spinnakerのバージョン管理を無効にするために、新しいHelmチャートオプションが追加されました。 Spinnakerを使用している場合、これは構成マップ/シークレットでのSpinnakerのバージョン管理に関する問題を回避するのに役立つ場合があります。
  • リソース削除の再試行。 Argusは、最初の削除リクエストが失敗したときに、モニタリングでリソース(ポッドなど)の削除を再試行するようになりました。 これにより、最初の削除を妨げる可能性のある問題が補正され、監視を最新の状態に保つことができます。
  • (FIX)重複するリソース名の処理を改善しました。 同じクラスターの異なる名前空間にある同じ名前のKubernetesリソースは、以前は適切にモニタリングに追加されていませんでした。 この問題を解決するために、このシナリオでは名前空間がリソース名に追加され、一意の名前が付けられるようになりました。
  • Argusバージョン4.2.0。 In Argusバージョン4.2.0、最近リリースされたポッドの命名規則は、 に。 この変更は、異なる名前空間で実行されている同じ名前のポッドに対応するために行われましたが、新しい命名規則の下でポッドが削除され、再度追加されます。 これを回避したい場合は、HelmのArgusイメージタグを4.1.0に更新して、4.2.0リリースを取得しないようにすることができます。 将来のリリースでは、この動作を変更して、ポッドを削除/再追加せずに簡単に名前を変更できるようにする予定です。

ネットワークトラフィックフローの監視

  • より多くのシステムで利用可能なネットワークトラフィックフローモニタリング。 トラフィックフローの必須フィールド要件の柔軟性を調整して、送信元と宛先の両方のポートやインターフェイスを提供しないシステムでネットワークトラフィックフローを監視できるようにしました。 特定のモデルに依存しますが、この拡張機能は、LogicMonitorのネットワークトラフィックフロー監視サポートをCisco ASA、Cisco Meraki、VMware VeloCloudシステム、およびまだ直接知られていない他のシステムに拡張するのに役立つはずです。
  • サポート SNMP_ネットワーク_インターフェース 情報元。 インターフェイスの説明は、新しいSNMP_Network_Interfacesデータソースからも取得できるようになりました。 以前は、 snmp64_if この目的のためにデータソースがサポートされていました。
  • グループレベルのフィルタリング。 デバイスグループレベルで表示される[トラフィック]タブは、デバイスレベルで表示される[トラフィック]タブと同じフィルタリング機能を提供するようになりました。
  • (FIX)NetFlowデバイスメトリックレポート。 集約デバイスを処理するようにレポートを調整しました。
  • (FIX)NetFlowデバイスメトリックレポート。 フィールドにデータがない場合にレポートの生成を妨げていた問題を解決しました。
  • (FIX)IFoutフィールドがありません。 IFoutフィールドが見つからなかった場合に、インターフェイス出力IDが2147483648として表示される問題を修正しました。

ユーザーインターフェース(UI)

  • 使用量サマリーカウントの継続的な拡張。 v.141では、LogicMonitorは[アカウント情報]ページにいくつかの新しい使用回数の概要を導入しました(設定| 口座情報)ユーザーロール、アラートルール、ダッシュボードなどの使用数を含みます。 リソース使用量の追跡を強化するこのイニシアチブを継続して、セッションユーザー、外部APIユーザー、オープンアラート、および前日のアラートの新しい使用数カウントが追加されました。 さらに、これらのカウントはXNUMXつの論理グループテーブルに分類されています。 利用可能なさまざまな使用アカウントの詳細については、を参照してください。 アカウント情報ページについて.
  • リモートサポートステータスアイコン。 左側のナビゲーションメニューには、新しいリモートサポートステータスアイコンがあります。 このアイコンは、UIのバージョン4.x(現在はアラートページとExchangeページ)で製品の領域を現在表示している場合にのみ表示されます。 で説明したように ユーザー、このアイコンは、LogicMonitorリモートサポートアクセスの現在のステータスを提供します。

    注意: UIのバージョン3で製品の領域を表示すると、プラットフォームヘッダーの右上にリモートサポートステータスが表示されます。

新規、更新、および非推奨のLogicModule

最近LogicMonitorパブリックリポジトリにリリースされた、新しく更新されたLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡大および強化できます。

新しいLogicModules

  • AWS Elemental MediaConvert –1データソース

    AWS Elemental MediaConvertジョブの出力期間、エラー、およびトランスコーディング/スタンバイ時間を監視します。

  • Cisco_AIPSSM_プロセッサ –1データソース

    SNMPベースの置き換え Cisco AIPSSMメモリプール DataSource、この新しいDataSourceは、正確な値を返すスクリプト化されたSNMPバージョンを提供します。 以前に廃止されたデータソースを使用していた場合は、無効なデータを提供していたため、削除できます。

  • Cisco ASA –1つのSNMPSysOIDマップ

    世界 \.1\.3\.6\.1\.4\.1\.9\.1\.2406 SNMPSysOIDマップが適用されます Cisco_ASA_ * Firepower2130デバイスへのLogicModules。

  • 密着性 – 12個のデータソース、1個のEventSource、1個のPropertySource

    Cohesityプラットフォームのストレージ、クラスター、ノード、コンシューマー、ハードウェア、およびデータ保護に関連するメトリックを監視します。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 CohesityDataProtectおよびDataPlatformモニタリング.

  • VMware ベロクラウド – 5個のデータソース、1個のPropertySource

    VeloCloud Orchestrator APIを介して、VeloCloudエッジの状態、スループット、パフォーマンス、およびエラーのメトリックを収集します。 また、SNMPを介してシステムのCPUとメモリのメトリックを収集します。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 VMwareVeloCloudモニタリング.

更新されたLogicModules

  • Cisco_Meraki_Licensing –1データソース

    ライセンスの有効期限が「N / A」に設定されているデバイスでデータの収集に失敗しないように更新されました。

  • Citrix_Netscaler_AAA –1データソース

    のメトリックタイプを更新しました CurICAセッション 派生からゲージへのデータポイント。

  • HP MSA –10つのデータソース

    HPA監視スイートのスクリプト化されたデータソースが更新され、認証ハッシュの先行0の処理が改善されました。

  • Infoblox_Appliance_DHCPv4Statistics –1データソース

    すべてのデータポイントのメトリックタイプをカウンターから派生に変更しました。

  • Linux_SSH_ファイルシステム –1データソース
    • ワイルド値の無効な文字を置き換えました。 注意: このアップデートをインポートすると、名前に無効な文字が含まれているインスタンスが削除され、新しいインスタンスに置き換えられます。 ただし、置き換えられたインスタンスはデータを正常に収集できなかったため、影響は最小限に抑える必要があります。
    • Active Discoveryが更新され、ループデバイスは動的に割り当てられるため検出されなくなり、常に100%の使用率が報告され、不要なアラートが発生します。
  • Microsoft SQL Serverの –2つのPropertySources

    世界 Microsoft_SQLServer_SQLAuthConnections 及び Microsoft_SQLServer_Connections PropertySourcesは、JDBC文字列にloginTimeoutパラメータを含めて、PropertySourceスクリプトが正しくタイムアウトしないことによって引き起こされるCollectorv29.003の高いCPU使用率を解決するようになりました。

  • ネットアップ –2つのPropertySources

    世界 addCategory_NetApp 及び addCategory_NetApp_ESeries PropertySourcesは、「NetApp」のカテゴリをに割り当てます。 システム カテゴリ sysOIDのみに依存するのではなく、APIベースのPropertySourcesからのプロパティ。

  • NetSNMPCPUwithCores –1データソース

    F5デバイスに関連付けるようにappliesTo関数を更新しました。

  • Nimble_Array_Info –1データソース

    配列によって返されないメトリックに対して、(-1ではなく)NoDataの値が返されるようになりました。

  • PaloAlto_FW_ThreatAnalysis_Events –1つのEventSource

    このLogicModuleはプロパティを受け入れるようになりました paloalto.timezone これは、タイムゾーンオフセットを時間単位で指定します。 このプロパティが設定されていない場合、オフセットはデフォルトでUTC(0)になります。 お客様は、デバイスをチェックして、デバイスからのイベントタイムスタンプがUTCであることを確認し、それに応じてこの新しいプロパティを設定する必要があります。

  • プリンタの消耗品- 1データソース

    レベルメトリックの負の戻り値として含まれることがあるステータスコードのグラフと複雑なデータポイントを追加しました。これにより、誤ったグラフや誤ったアラートを防ぐことができます。 不足している説明を追加しました。

  • スラックイベント –1つのEventSource

    停止の更新が同じイベントの重複として表示される原因となっていた問題が解決されました。

  • SNMP_ネットワーク_インターフェース –1データソース

    の誤った計算を修正しました In / OutUtilizationPercent データポイント値。

  • トポロジーマッピング –1つのTopologySource

    LogicMonitorのトポロジマッピング固有のLogicModuleの一般的な更新は次のとおりです。

    • Networking_L2_snmpSwitch トポロジーソース

      存在しないエッジが生成されたため、BrocadeデバイスでのOUIエッジとLLDPエッジのマッチングが中止されました。

    • addERI_デバイス プロパティソース

      ERT検出用の新しいOIDを追加しました。

  • VMware vCenterServerアプライアンス –10つのデータソース

    すべてのVMwareVCSAデータソースを更新して、 vcsa.user/vcsa.pass プロパティ。 下位互換性を確保するために、データソースは使用にフォールバックします esx ユーザー/esx.pass VCSA固有の資格情報が提供されていない場合。 お客様は、VCSA固有の資格情報をできるだけ早く新しいプロパティに移行する必要があります。

  • WinSystemUptime –1データソース

    追加された アップタイム日数 システムの稼働時間を日数で表す複雑なデータポイント。 欠落しているデータポイントの説明を追加しました。

非推奨のLogicModules

LogicMonitorは、さまざまな理由でLogicModuleを非推奨にします。 ほとんどの場合、監視対象のテクノロジへの優れたアクセスを提供する(たとえば、テクノロジのより多くのバージョンをサポートしたり、スケーラビリティを向上させたりする)代替のLogicModuleを公開したためです。

ただし、LogicModuleが置き換えられずに非推奨になる場合があります(たとえば、テクノロジが機能しなくなったり、LogicMonitorの制御が及ばないセキュリティの問題が発生した場合)。

注意: 交換用のLogicModuleをインポートする場合、LogicMonitorが明示的に追加する名前のバリエーションによるデータ損失は発生しません。 ただし、両方のLogicModuleがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、代替品をインポートして期待どおりに機能していることを確認した後、非推奨のLogicModuleを無効にすることをお勧めします。

LogicModuleの名前/タイプ と取り換える 理由 サポート終了日
v.143で廃止されたLogicModules
NetApp_SolidFire_Cluster
NetApp_SolidFire_Volumes
NetApp_SolidFire_Nodes
NetApp_SolidFire_Drives
(4つのデータソース)
同サイズ 広く使用されておらず、正しく機能しなくなったデータソースの一般的なクリーンアップ。 2021-01-19
Cisco AIPSSMメモリプール
(情報元)
Cisco_AIPSSM_プロセッサ 代替のデータソースは、正確な値を返すスクリプト化されたSNMPバージョンを提供します。 以前に廃止されたデータソースを使用していた場合は、無効なデータを提供していたため、削除できます。 2020-11-16
以前に非推奨になったLogicModules(過去XNUMXつのバージョン以上)
Windows_SNMP_サービス
(情報元)
同サイズ Windows SNMPのサポートは、Server 2012R2以降Microsoftによって非推奨になりました。 その結果、このデータソースはServer2016以降の信頼できるデータを収集しません。 2020-12-02
LM_デバイス_カウント
(情報元)
LogicMonitor_Portal_Metrics 非推奨のAPIを使用します。 このLogicModuleを削除し、代わりのLogicModuleを使用することを強くお勧めします。 2020-10-26
Arista_Switch_Storage
(情報元)
Arista_Switch_FlashStorage

Arista_Switch_Memory

Arista_Switch_StorageUsage
置換されたデータソースはインスタンスを除外して、メモリ、フラッシュストレージ、および標準ストレージの個別のデータソース監視を可能にします。 2020-10-26
Linux_SSH_CGroupStatus
(情報元)
Linux_SSH_ServiceStatus 正確で有用なデータを提供しなかったため、削除できます。 既存の Linux_SSH_ServiceStatus DataSourceは、同じ機能を実行するようにv.141で再構築されました。 2020-09-18
Linux_SSH_NetworkTCPUDP
(情報元)
Linux_SSH_TCPUDP 置換データソースには、(1)より広くサポートされているnstat(iproute2の一部)コマンドと、nstatが使用できない場合のフォールバックとしてのnetstatの使用、(2)パケット、データグラム、およびエラー関連のメトリックの追加監視など、いくつかの利点があります。 2020-09-18
QNAPボリューム
(情報元)
QNAP_ボリューム 収集方法を標準SNMPからスクリプトSNMPに変更して、 ボリュームフリーサイズ 及び VolTotalSize データポイント。 現在非推奨のバージョンでは、戻り値がテラバイトとして表されていない場合、これらのデータポイントの計算は失敗し、データの不実表示につながりました。 2020-09-18
記事上で