サポートセンターホーム


v.142リリース

10.01.20に公開

v.142ハイライト:

プラットフォームの機能強化

アラート

  • (FIX)アラートフィルタリング。 インスタンスフィルターに複数の除外基準を入力する(例: !(InstanceNameA | InstanceNameB))は、インスタンスフィルターのフィルター除外を引き起こしていませんでした。 これは、アラートリストウィジェットとアラートページの両方に影響を及ぼしていました。 これは修正されました。

アラートの統合

  • PagerDuty。 コレクターダウンアラートは、デフォルトでPagerDutyアラート統合でサポートされるようになりました。 これを実現するために、LogicMonitorのデフォルトペイロードのソースフィールドがから変更されました "source":"##HOST####WEBSITE##" 〜へ "source":"##HOST## ##WEBSITE## ##AGENTID## ##AGENT_DESCRIPTION##".

監査ログ

  • 監査ログエントリの再構築。 デバイス、データソース、およびインスタンスで実行されるすべての操作の監査ログエントリの説明が再構築され、監査ログをより効率的に解析できるようになりました。 監査ログエントリの一般的な形式には、アクション、タイプ、および説明がキーと値のペアとして含まれるようになりました。 操作に応じて、他のキーと値のペアが追加で存在します。

ダッシュボード

  • (FIX)ゲージウィジェット。 「先月」が値として選択されたときに、ゲージウィジェットがデータの生成に失敗していました。 ピーク時間範囲 構成。 これは修正されました。

LMクラウド

  • AWSの更新:
    • AWSEMRクラスターの状態マッピング。 EMRクラスター状態のマッピング system.aws.monitoringstate プロパティが更新されました。 以前は、STARTING、BOOTSTRAPPING、およびWAITINGのクラスター状態は、使用不可を示す値「2」にマップされていました。 v.142では、これらの状態は、割り当てられたリソースで監視が適切に実行されていることを確認するために、OKを示す値「1」にマップされています。
  • Microsoft Azureの更新:
    • AzureVMで検出された新しいプロパティ。 オペレーティングシステムの名前とバージョンは、既存および新規のAzureVMのインスタンスプロパティとして検出されています。 この追加の詳細は、プロパティでフィルタリングまたはグループ化するときに役立つ場合があります。
    • (FIX)Azure Storage ServiceLimitsプローブの収集方法。 最近のAzureAPIのアップグレードにより、Azure Storage Service Limits Probeの収集方法で、Azureサブスクリプションごとではなく、リージョンごとにサービス制限が収集されました。 その結果、この収集メソッドを使用するデータソースは、期待されるデータが返されないため、アラートを開始しました。 これは修正されました。
    • (FIX)AzureAPIをアップグレードしました。 Azure VMに使用されるAPIは、検出タイムアウトが原因でプロパティが削除される問題を解決するためにアップグレードされました。

LMコンテナ

  • LM Container Argusv4が利用可能になりました。 LogicMonitorAPIレート制限との互換性を向上させるLMコンテナの新しいメジャーバージョンが利用可能になりました。 ポッド優先度クラスのサポート。 Argus、Collectorset-Controller、およびCollectorポッドが汚染されたノードでスケジュールされるのを防ぐのに役立つ許容仕様。 このメジャーバージョンの更新の範囲のため、このアップグレードにオプトインする必要があります。 アップグレードの詳細と手順については、を参照してください。 LM Container Argusv4リリース.
  • ディスカバリーフィルタリング。 検出フィルタリングがLogicMonitorのKubernetesモニタリング機能に追加されました。 この検出フィルタリングは、LM Cloudを介して利用できるものと同様に、ラベルに基づく監視から特定のリソース(QAや開発の展開など)を除外するために使用できます。 APIサーバーリソースがスケーラブルではない大規模なクラスターの場合、検出フィルタリングは、監視によるAPIサーバーの負荷をより適切に管理するのに役立ちます。 検出フィルタリングは、LogicMonitor UI(Kubernetesクラスターの追加ウィザードから)で構成することも、Helmデプロイメントで直接構成することもできます。
  • (FIX)動的ノードグループクエリ。 ワーカーロールに基づく動的ノードグループのクエリに、正しいノードが適切に含まれていない場合がありました。 これは修正されました。

LMエクスチェンジ

  • (修正) インスタンスを自動的に削除する スライダーの状態。 LMExchangeの問題を修正しました。 インスタンスを自動的に削除する オン/オフスライダーは、実際の状態とは逆の状態を視覚的にレンダリングしていました。

ネットワークトラフィックフローの監視

  • デバイスグループレベルでの強化されたフィルタリング。 デバイスグループレベルでネットワークトラフィックフローデータをフィルタリングするために使用できるフィルタリングオプションは、デバイスレベルで使用できるものと機能的に同等になりました。

トポロジーマッピング

  • ノードフィルタリング。 エッジタイプに基づくノードフィルタリングが、[リソース]ページ([マップ]タブ)から表示されるトポロジマップに追加されました。

新規、更新、および非推奨のLogicModule

最近LogicMonitorパブリックリポジトリにリリースされました。新しく更新されたLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しいLogicModules

  • アリスタスイッチ –3つのデータソース

    現在非推奨でより一般的なデータソースに代わるXNUMXつの新しいデータソースがリリースされました Arista_Switch_Storage 情報元。 新しいデータソース(Arista_Switch_FlashStorage, Arista_Switch_Memory, Arista_Switch_StorageUsage)インスタンスをフィルターで除外して、メモリ、フラッシュストレージ、および標準ストレージの個別のデータソース監視を可能にします。 アラートが追加されました Arista_Switch_StorageUsage.

  • フォーティネットFortiGate – 1つのPropertySource、2つのTopologySources

    FortiGateトポロジマッピング操作を改善するために、XNUMXつの新しいTopologySources(Fortinet_FortiGate_HA 影響により Fortinet_FortiGate_SDWAN)HAエッジとSDWANエッジをそれぞれ生成するために作成されました。 さらに、XNUMXつの新しいPropertySource(addERI_Fortinet_FortiGate)レイヤ2、レイヤ3、高可用性、およびSDWANERIのERI検出をサポートするために追加されました。

    注意: 更新されたLogicModulesセクションで説明したように、FortiGateトポロジマッピングを改善するために、XNUMXつの既存のLogicModulesへの更新も利用できます。

  • HPE Nimble – 1 つの PropertySource

    名前の付いた新しいPropertySource addCategory_NimbleSSH HPEニンブルモニタリングスイートに追加されました。 このPropertySourceは、NimbleデバイスへのSSHアクセスをテストし、「NimbleStorageSSH」カテゴリを適用します。

    また、 更新されたLogicModules セクションでは、いくつかの既存のHPE NimbleLogicModuleに追加の機能拡張が行われました。

  • VMware NSX – 6つのデータソース、2つのPropertySource、2つのConfigSource

    NSXManagerシステムのリソース使用率とコンポーネントステータスのメトリックを収集します。 NSXコントローラーのリソース使用率。 稼働時間とノードフェイルオーバーステータス。 エッジサービスの状態とインターフェイスのスループット。 NSXコントローラーとエッジサービスの構成を監視します。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 VMwareNSXモニタリング.

更新されたLogicModules

  • APC_Environment_Monitor_Humidity- –1データソース

    湿度しきい値違反データポイントに関する不明確な説明とアラートメッセージを修正しました。

  • AWS_RDS_ServiceLimits –1データソース

    データ収集が失敗する原因となっていた欠落しているメトリック名を追加しました。

  • Cisco_FRU_電源 –1データソース

    XNUMXつの複雑なデータポイントを削除しました(OperatingStatusAlert *)そしてアラートをに移動しました 稼働状況 データポイント。

    重要: 削除されたこれらXNUMXつの複雑なデータポイントを現在参照しているインスタンスレベルのチューニングまたはアラートルール構成は、を参照するように再構成する必要があります。 稼働状況 データポイント。 の履歴データ 稼働状況 データポイントは影響を受けませんが、削除されたXNUMXつの履歴データは失われます OperatingStatusAlert * 複雑なデータポイント。

  • Cisco_NXOS – 1 構成ソース

    Collectorバージョン4以降にバンドルされているライブラリのバージョンとの非互換性のためにlog29.102jの使用法を削除しました。 DifferenceTest構成チェックのフィルターを更新しました。

  • Citrix_Netscaler – 1 構成ソース

    Collectorバージョン4以降にバンドルされているライブラリのバージョンとの非互換性のため、log29.102jの使用法を削除しました。

  • DataCore_Symphony_VirtualDisks –1データソース

    Collectorバージョン29.102以降に合わせるために、未使用のjackson-databindインポートを削除しました。

  • Dell EMC – 1 つの PropertySource

    トポロジマッピング操作を改善するために、 addERI_Linux PropertySourceは、DellEMCネットワーキングデバイスの外部リソースタイプとして「スイッチ」を設定します。

  • Device_BasicInfo – 1 つの PropertySource

    文字列表現の代わりに実際のホスト名を使用して、の値を生成するように更新されました auto.network.names プロパティ。 これにより、DNS解決の問題が原因でプロパティに無効な値が設定されるのを防ぎます。

  • フォーティネットFortiGate – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    FortiGateトポロジマッピング操作を改善するために、 Fortinet_FortiGate_HighAvailabilityPeers データソースと addERI_デバイス PropertySource。

    注意: 「新しいLogicModules」セクションで説明したように、FortiGateトポロジマッピングを改善するために、XNUMXつの新しいLogicModulesがリリースされました。

  • HPE_Network_Config – 1 構成ソース

    Collectorバージョン4以降にバンドルされているライブラリのバージョンとの非互換性のため、log29.102jの使用法を削除しました。

  • HPE Nimble – 5個のデータソース、1個のPropertySource

    新しくリリースされたによって設定された新しい「NimbleStorageSSH」カテゴリを使用するようにAppliesToステートメントを更新しました addCategory_NimbleSSH 次のSSHベースのLogicModuleのPropertySource: Nimble_Array_Info, Nimble_HDD_ディスク, Nimble_SSD_ディスク, Nimble_Volume_Latency, Nimble_Array_Properties (PropertySource)。

  • Linux SSH – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    の正規表現を更新しました Linux_SSH_ファイルシステム 複数行の出力分割を処理するデータソース。 デバッグモードが追加されました。

    更新しました Linux_SSH_Info PropertySourceは、文字列表現の代わりに実際のホスト名を使用して、auto.network.namesプロパティの値を生成します。 これにより、DNS解決の問題が原因でプロパティに無効な値が設定されるのを防ぎます。

  • LogicMonitor_Portal_Metrics –1データソース

    Collectorバージョン29.102以降に対応するために、commons-codecライブラリの使用法を削除しました。

  • Microsoft_Azure_BlobStorage –1データソース

    Azure Service Insights APIの変更により、このデータソースの収集間隔がXNUMX時間に延長されました。 前のXNUMX分間隔では、APIのポーリングの頻度が高すぎるためにデータ収集の問題が発生していました。

  • Microsoft_Azure_ExpressRouteCircuit –1データソース

    Azureの最近調整された最小許容収集頻度に一致するように、データ収集間隔をXNUMX分に増やしました。 前のXNUMX分間隔では、履歴データにギャップが生じていました。

  • Office365_MSOnline_AccountLicense –1データソース

    Microsoft Office 365ライセンスSKUの更新をサポートするように更新されました(を参照) Microsoftのドキュメント SKUの現在のリストについて); 合計ユニットを追跡するためのデータポイントとグラフを追加しました。

    重要: インスタンスが削除され、更新されたSKUに対応するインスタンスに置き換えられるため、インポート時に履歴データが失われる可能性があります。

  • OSPF_ネイバー –1データソース

    のメトリックタイプを変更しました ネイバーイベント ゲージから導出するデータポイント。 再送信キューの長さのデータポイントとグラフを追加しました。

  • パロアルトファイアウォール – 1つのデータソース、1つのConfigSource

    の誤解を招く説明とアラートメッセージを修正しました swap_pct_used で見つかったデータポイント PaloAlto_FW_SystemResources 情報元。

    log4jの使用法をから削除しました PaloAlto_FW_CLIConfigs Collectorバージョン29.102以降にバンドルされているライブラリのバージョンとの非互換性のため。

  • RabbitMQキュー –1データソース

    インスタンス名の特殊文字を除外するようにwildvalueを更新しました。

    重要: これにより、サニタイズされた名前で新しいインスタンスが作成されるため、名前に特殊文字が含まれる既存のインスタンスの履歴データが失われる可能性があります。

  • snmpIf- –1データソース

    追加されました ステータスアラート にすでに存在するデータポイントに類似した複雑なデータポイント snmp64_If- 情報元。 インスタンスレベルのアラートルールの変更を防ぐために、アラートは新しいデータポイントに移動されていません。 注意: 改善されたインターフェイスデータソースは、今後のバージョンでのリリースを対象としています。

  • トポロジーマッピング – 2つのPropertySource、3つのTopologySource

    LogicMonitorのトポロジマッピング固有のLogicModuleの一般的な更新は次のとおりです。

    • BGP_トポロジー トポロジーソース
      • 制限された重複するプライベートIPの使用によって引き起こされるマージの問題により、FortigateデバイスのBGPトポロジを無効にしました。
      • エッジ検出中のBGPピアアドレスを含みます。
    • Networking_L2_snmpSwitch TopologySource。
      • 共有名前空間、一部のIBMデバイスをマッピングするための短いOUI(組織的に一意の識別子)、および一部のEmulexおよびPCS機器のOUIのサポートが追加されました。
      • 一部のHPスイッチの場合のように、SNMPを介して802.1Qブリッジテーブルエントリを返さないデバイスを考慮して、マイナーな修正を行いました。
    • OSPF_トポロジー トポロジーソース
      • 制限された重複するプライベートIPの使用によって引き起こされるマージの問題により、FortigateデバイスのOSPFトポロジを無効にしました。
      • エッジ検出中にOSPFネイバーIDが含まれています
    • addERI_BGP プロパティソース
      • 制限された重複するプライベートIPの使用によって引き起こされるマージの問題により、FortigateデバイスのBGPトポロジを無効にしました。
    • addERI_OSPF プロパティソース
      • ルーターとして誤って分類されたOSPFスイッチの外部リソースタイプを修正しました。
      • 制限された重複するプライベートIPの使用によって引き起こされるマージの問題により、FortigateデバイスのOSPFトポロジを無効にしました。
  • Viptela_System_Memory –1データソース

    新しく追加 SystemStatusMemTotal_KB システムメモリ全体のデータポイント。 更新しました メモリ使用率 合計メモリ、バッファ、およびキャッシュを説明するための複雑なデータポイント。

  • VMware vCenter –1つのTopologySource

    変更:安全なナビゲーションをに追加しました VMware_vCenter_Topology 不明なHA状態に起因するトポロジ生成の問題を解決するTopologySource。

  • WinVolumeUsage- –1データソース

    容量の詳細グラフを更新して、ギガバイトではなくバイト単位でスケーリングしました。

非推奨のLogicModules

LogicMonitorは、さまざまな理由でLogicModuleを非推奨にします。 ほとんどの場合、監視対象のテクノロジへの優れたアクセスを提供する(たとえば、テクノロジのより多くのバージョンをサポートしたり、スケーラビリティを向上させたりする)代替のLogicModuleを公開したためです。

ただし、LogicModuleが置き換えられずに非推奨になる場合があります(たとえば、テクノロジが機能しなくなったり、LogicMonitorの制御が及ばないセキュリティの問題が発生した場合)。

注意: 交換用のLogicModuleをインポートする場合、LogicMonitorが明示的に追加する名前のバリエーションによるデータ損失は発生しません。 ただし、両方のLogicModuleがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、代替品をインポートして期待どおりに機能していることを確認した後、非推奨のLogicModuleを無効にすることをお勧めします。

LogicModuleの名前/タイプ と取り換える 理由 サポート終了日
v.142で廃止されたLogicModules
LM_デバイス_カウント
(情報元)
LogicMonitor_Portal_Metrics 非推奨のAPIを使用します。 このLogicModuleを削除し、代わりのLogicModuleを使用することを強くお勧めします。 10 / 26 / 2020
Arista_Switch_Storage
(情報元)
Arista_Switch_FlashStorage

Arista_Switch_Memory

Arista_Switch_StorageUsage
置換されたデータソースはインスタンスを除外して、メモリ、フラッシュストレージ、および標準ストレージの個別のデータソース監視を可能にします。 10 / 26 / 2020
以前に非推奨になったLogicModules(過去XNUMXつのバージョン以上)
Windows_SNMP_Services
(情報元)
同サイズ Windows SNMPのサポートは、Server 2012R2以降Microsoftによって非推奨になりました。 その結果、このデータソースはServer2016以降の信頼できるデータを収集しません。 2020-12-02
Linux_SSH_CGroupStatus
(情報元)
Linux_SSH_ServiceStatus 正確で有用なデータを提供しなかったため、削除できます。 既存の Linux_SSH_ServiceStatus DataSourceは、同じ機能を実行するようにv.141で再構築されました。 2020-09-18
Linux_SSH_NetworkTCPUDP
(情報元)
Linux_SSH_TCPUDP 置換データソースには、(1)より広くサポートされているnstat(iproute2の一部)コマンドと、nstatが使用できない場合のフォールバックとしてのnetstatの使用、(2)パケット、データグラム、およびエラー関連のメトリックの追加監視など、いくつかの利点があります。 2020-09-18
QNAPボリューム
(情報元)
QNAP_ボリューム 収集方法を標準SNMPからスクリプトSNMPに変更して、 ボリュームフリーサイズ 影響により VolTotalSize データポイント。 現在非推奨のバージョンでは、戻り値がテラバイトとして表されていない場合、これらのデータポイントの計算は失敗し、データの不実表示につながりました。 2020-09-18

ベータ版に入る

LogicMonitorは現在、アラートページの重要なUI拡張機能のベータテストを行っています。 新しいUIはより直感的で効率的で、次の機能があります。

  • データ密度の向上
  • 読み込み時間の短縮
  • より高度なフィルタリングオプション

サンドボックスポータルをお持ちのお客様は、サンドボックスポータルでこれらのUI拡張機能をテストドライブでき、6月XNUMX日の展開を目標としています(変更される可能性があります)。 新しいUIにアクセスするには、[アラート]ページを開き、URLの最後に「s」を追加します(「/ alert」を「/ alerts」に変換します)。

新しいUIに関するフィードバックは大歓迎であり、以下に概説されているように、ポータルから直接送信できます。 サポートリソースへのアクセス.

記事上で