サポートセンターホーム


v.139リリース:拡張RBAC

07.23.20に公開

v.139ハイライト:

機能のハイライト:RBACの機能強化

許可されたユーザーアクティビティをよりきめ細かく制御できるようにするため、LogicMonitorは、役割ベースのアクセス制御(RBAC)システムにXNUMXつの新しいアクセス許可を導入しました。

  • しきい値。 しきい値のアクセス許可を使用すると、ユーザーはリソースグループ、リソース、またはインスタンスレベルでデータポイントのしきい値を設定または更新できます。 以前は、データポイントしきい値の編集権限は暗黙的に管理権限で提供されていました。 また、これが当てはまる場合でも、リソースに完全な管理アクセス許可を提供しなくても、しきい値アクセス許可をリソースに明示的に割り当てることができるようになりました。
  • SDT。 SDT権限により、ユーザーはリソースまたはWebサイトをスケジュールされたダウンタイム(SDT)に配置できます。 以前は、SDTアクセス許可には確認応答アクセス許可が暗黙的に提供されていました。 ただし、現在は、確認応答のアクセス許可とは別に割り当てる必要があります。 (しきい値のアクセス許可と同様に、SDTのアクセス許可には、管理アクセス許可が暗黙的に提供されます。)
リソース/ WebサイトにSDTを設定する機能を、アラートを確認する機能とは別に割り当てることができるようになり、ユーザーアクティビティをよりきめ細かく制御できるようになりました。 同様に、リソースのしきい値を編集する機能を、それらのリソースの完全な管理権限を提供する必要なしに割り当てることができるようになりました。

注意: v.139のロールアウト時に、管理者およびマネージャーの役​​割を持つユーザーには、これらの新しい権限が自動的にプロビジョニングされます。 さらに、しきい値とSDTのアクセス許可は、XNUMXつ以上のリソースグループに対して現在管理アクセス許可が設定されているすべてのロールに自動的にプロビジョニングされます。 たとえば、以前に提供された役割がリソースグループXの管理権限を提供する場合、その役割はリソースグループXの管理、しきい値、およびSDT権限を提供します。同様に、SDT権限は、現在承認権限を持っているすべての役割に自動的にプロビジョニングされます(独立して) XNUMXつ以上のWebサイト/リソースグループに適切な管理権限)。

その他のプラットフォームの機能強化

アラート

  • リソースグループレベルでの動的しきい値構成。 動的しきい値をリソースグループレベルで構成できるようになりました。 すべてのグループレベルの構成と同様に、グループレベルの動的しきい値設定は、すべてのグループ(およびサブグループ)メンバーに継承されます。 この新機能は、グループごとに異なるしきい値をより迅速に構成するのに役立つ場合があります。 注意: また、すべてのグループレベルの構成と同様に、同じリソースがさまざまな構成の複数の兄弟グループのメンバーである場合、最初に作成されたグループに属する動的しきい値構成が優先されます。
  • エスカレーションチェーンステージテーブルの複数ページの編集。 以前は、エスカレーションチェーンの場合( 設定| アラート設定| エスカレーションチェーン)ステージテーブルのページ付けを保証するのに十分なステージがあり、最初のページを超えるすべてのページにステージ1のみが誤って表示されていました。 この問題は修正されました。

監査ログ

  • デバイスグループのログが移動します。 以前は、デバイスグループを移動するアクションが監査ログに適切に記録されていませんでした。 これで、グループの削除/追加された親の詳細が監査ログに追加されます。

LMクラウド

  • AWSCloudWatchメトリクスの文字サポートが改善されました。 メトリックスパスに「<」と「>」を含むカスタムAWSCloudWatchメトリックスを定義できるようになりました。 「>」文字は次元区切り文字として解釈されるため、「<」および「>」文字をそれぞれ「[[」および「]]」に置き換える必要があります。 たとえば、 cloudwatch>path 次のように入力する必要があります cloudwatch]]path LogicMonitor内。

LM構成

  • 構成ファイルのダウンロード。 ConfigSource([リソース]ページから入手可能)の[構成]タブから構成ファイルをダウンロードしようとすると、401エラーが発生しました。 これは解決されました。

LMエクスチェンジ

  • SNMPSysOIDマップLogicModule表示。 以前は、SNMP SysOIDマップの名前は、LM Exchangeからインポートした後、UIから消えていました。 これは修正されました。
  • TopologySourceステータス表示。 以前は、TopologySourcesは、LMExchangeからインポートした後に「カスタマイズ済み」のステータスを表示していました。
  • 違いのSLM表示。 以前は、 未解決のみを表示 SLM(safe LogicModule merge)インターフェイスでオプションが選択され、現在インストールされているバージョンと新しいLogicModuleバージョンのすべての違いが、解決されているかどうかに関係なく表示されていました。 これは修正されました。
  • マイリポジトリのプライベート/パブリックステータスの表示。 以前は、LogicModulesをパッケージとしてMy Repositoryインターフェイスからパブリックリポジトリに公開した後、それらのLogicModulesは誤って「Private」として表示されていました。 この問題は修正されました。

NetFlow

  • Netflow_Device_HeartbeatデータソースUI。 世界 netflowハートビート 影響により netflowAgentId データポイントが更新され、データソース定義に「ハートビート」のタイプが表示されるようになりました。 このタイプは、ラジオボタンで選択できます。

レポートとログ

  • グラフデータのエクスポート。 グラフデータをCSV形式でエクスポートすると、グラフで構成されている時間範囲に関係なく、結果のファイルには24時間のデータのみが含まれていました。 これは修正されました。
  • EventSourceの有効化/無効化アクティビティのログ。 以前は、EventSourceのアラートの有効化または無効化が、LogicMonitorの監査ログに正常に記録されていませんでした。 これは修正されました。

REST API

  • グラフデータを取得します。 以前は、LogicMonitorのREST APIを使用してデータソースグラフデータを取得すると、すべての「Y」軸単位が誤って「値」としてラベル付けされていました。 これは修正されました。

セキュリティ

  • その他のセキュリティの修正と改善。 このバージョンでは、さまざまなセキュリティ修正と改善がリリースされています。

トポロジーマッピング

  • グループレベルの表示。 トポロジマップは、[リソース]ページのグループレベルで表示できるようになりました(以前は、[マップ]タブは個々のリソースレベルでのみ使用可能でした)。 新しい サブグループを表示 現在選択されているグループのリソースのみの表示と、現在のグループとそのサブグループのすべてのリソースの表示を切り替えることができるスライダーを使用できます。

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.139にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorパブリックリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • APCラックPDU –4つのデータソース

    LogicMonitorは、監視を拡張および再構築するAPCラックPDU用の新しい監視スイートをリリースしました。 以前は、PDUの負荷のみが主に監視されていました。 データソースの新しいスイートによって可能になった拡張機能により、電流、電圧、電源オン状態、および電力使用率のメトリックがさらに監視されます。 新しいスイートは、次のデータソースで構成されています。 APC_rPDU_Banks, APC_rPDU_GlobalPerformance, APC_rPDU_PhasesAPC_rPDU_SwitchedOutlet.

    重要: この新しい監視スイートは、次の従来のAPCラックPDUデータソースを廃止します。 APCラックPDUコンセントステータス-, APCラックPDU電源, APCRackPDUBankLoad-APCRackPDUPhaseLoad-。 現在非推奨となっているこれらのデータソースを現在使用している場合、XNUMXつのセット間に名前の違いがあるため、新しいデータソースのセットをインポートするときにデータが失われることはありません。 ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートし、期待どおりに機能していることを確認した後、レガシーデータソースを無効にすることをお勧めします。

  • AWS Elemental MediaConnect –1データソース

    新しい AWS_Elemental_MediaConnect DataSourceは、AWS Elemental MediaConnectフローのスループット、要求、およびエラー数を監視します。

  • AWS Elemental MediaPackage –1データソース

    新しい AWS_Elemental_MediaPackage DataSourceは、AWS Elemental MediaPackageチャネルのスループット、返された応答コード、および応答時間を監視します。

  • GCPクラウドタスク –1データソース

    新しい GCP_DeveloperTools_CloudTasks データソースは、クラウドタスクのキューの深さ、待機時間、リクエスト/試行回数を監視します。

  • Infinidat InfiniBox – 15個のデータソース、1個のPropertySource

    InfiniBox RESTAPIを使用したInfinidatInfiniBoxエンタープライズストレージシステムの包括的な監視。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 InfinidatInfiniBoxモニタリング.

  • Microsoft Azure アプリ サービス –1データソース

    世界 Microsoft_Azure_AppService_Environments_MultiRolePool DataSourceは、Microsoft Azure App Serviceのプール要求、応答時間、HTTPリターンコード、およびパフォーマンスメトリックを監視します。

  • Microsoft DHCP –3つのConfigSource

    LogicMonitorは、Windows DHCPサーバーのさまざまな要素を監視し、変更を警告し、場合によってはIPアドレス割り当ての履歴を提供するXNUMXつの新しいConfigSourceをリリースしました。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 MicrosoftDHCPモニタリング.

  • MicrosoftAzureキューのストレージ容量 –1データソース

    Azure Queueストレージサービスのメトリックを監視します(AzureによってXNUMX時間ごとに報告されます)。

  • MicrosoftAzureストレージアカウントの容量 –1データソース

    Azureストレージアカウントのメトリックを監視します(AzureによってXNUMX時間ごとに報告されます)。

  • MicrosoftAzureテーブルのストレージ容量 –1データソース

    Azureテーブルストレージサービスのパフォーマンスメトリックを監視します(AzureによってXNUMX時間ごとに報告されます)。

  • Oracleデータベースの表領域 –1データソース

    名前の付いた新しいデータソース Oracle_Database_TableSpaceStatus Oracleモニタリングスイートに追加されました。 このデータソースは、Oracleデータベースの表領域を検出し、それらがオンライン、読み取り専用、またはオフラインのいずれであるかを判別します。

  • RADIUSサーバー認証 –1データソース

    LogicMonitorは、という名前の新しいデータソースをリリースしました RADIUS_SyntheticTransaction RADIUSサーバーへの認証をテストします。 提供された資格情報と指定された認証プロトコルを使用して、このデータソースはRADIUSサーバーとの合成トランザクションを開始し、成功ステータスとトランザクション接続(または失敗)の時間を報告します。

    注意: このデータソースには、コレクターバージョン29.100(またはそれ以上のバージョン番号)が必要です。

  • スウィフトスタック –5つのデータソース

    LogicMonitorは、SwiftStackモニタリングスイート用のXNUMXつの新しいデータソースをリリースしました。 これらのデータソースは、効率とスケーラビリティを向上させるだけでなく、WildValuesを一意にする目的でクラスターUUIDを追加します。 新しいデータソースは次のとおりです。 SwiftStack_Cluster_AccountStorageUtlization, SwiftStack_Cluster_AccountTransferUsage, SwiftStack_Cluster_PolicyAccountStorageUtlization, SwiftStack_Cluster_PolicyStorageUtilizationSwiftStack_Cluster_PolicyUsage.

    重要: これらの新しいデータソースは、次のSwiftStackデータソースを廃止します。 SwiftStack_Cluster_AccountStorageUsage, SwiftStack_Cluster_AccountTransferUtilization, SwiftStack_Cluster_PolicyAccountStorageUsage, SwiftStack_Cluster_PolicyCapacitySwiftStack_Cluster_PolicyStorageUsage.

    セットアップと移行の詳細については、を参照してください。 SwiftStackモニタリング.

  • TACACSサーバー認証 –1データソース

    LogicMonitorは、という名前の新しいデータソースをリリースしました TACACS_SyntheticTransaction TACACSサーバーへの認証をテストします。 このデータソースは、提供された資格情報と指定された認証プロトコルを使用して、TACACSサーバーとの合成トランザクションを開始し、成功ステータスとトランザクション接続(または失敗)の時間を報告します。

    注意: このデータソースには、コレクターバージョン29.100(またはそれ以上のバージョン番号)が必要です。

  • WindowsのActive Directory – 9つのConfigSource、1つのPropertySource

    LogicMonitorは、Windowsドメインの重要な要素を監視し、変更を警告し、場合によっては、推奨されるMicrosoftのベストプラクティスからの逸脱を警告するXNUMXつの新しいConfigSourceをリリースしました。 セットアップと監視の詳細については、を参照してください。 Windows Active Discovery モニタリング.

監視範囲を更新

  • APCラックPDU – 4つのデータソース(非推奨)

    「新しい監視範囲」セクションで強調されているように、LogicMonitorは、大幅に強化された監視を提供するAPCラックPDU用の新しい監視スイートをリリースしました。 この新しい監視スイートは、次の従来のAPCラックPDUデータソースを廃止します。 APCラックPDUコンセントステータス-, APCラックPDU電源, APCRackPDUBankLoad-APCRackPDUPhaseLoad-.

    現在非推奨になっているこれらのデータソースを現在使用している場合、XNUMXつのセット間に名前の違いがあるため、新しいデータソースのセットをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートし、期待どおりに機能していることを確認した後、レガシーデータソースを無効にすることをお勧めします。

  • Cisco_ASA_温度 –1データソース

    一部のASAデバイスから返される誤った温度値を考慮して、温度推定の拒否しきい値を下げました。

  • Cisco Firepower – 7個のデータソース、1個のPropertySource

    次のLogicModuleにCiscoFirepowerFPR-1140セキュリティアプライアンスのサポートが追加されました。 Cisco_Firepower_シャーシ, Cisco_Firepower_CPU, Cisco_Firepower_Fans, Cisco_Firepower_Memory, Cisco_Firepower_PSU, Cisco_Firepower_SecurityModule, Cisco_Firepower_SecurityModule_FilesystemsaddCategory_CiscoFirepowerSNMP.

  • Cisco_HyperFlex_Clusterパフォーマンス –1データソース

    フィールドの大文字と小文字の区別に対応するために、送信されたリファラーヘッダーを小文字に変更しました。 サーバーからの空の応答を許可します。

  • シスコメラキ –8つのデータソース

    次のデータソースの名前の競合のため、WildAliasのデバイス名の代わりにシリアル番号を使用するようにActiveDiscoveryスクリプトを更新しました。 Cisco_Meraki_AccessPoint_Interfaces, Cisco_Meraki_AccessPoints, Cisco_Meraki_Gateway_Interfaces, Cisco_Meraki_Gateways, Cisco_Meraki_SecurityAppliance_Interfaces, Cisco_Meraki_SecurityAppliances, Cisco_Meraki_Switch_InterfacesCisco_Meraki_Switches.

    重要: これらの新しいデータソースバージョンに更新すると、インスタンスの名前が変更されるため、履歴データが失われます。 これらのデータソースはごく最近導入されたため、データの損失には数週間を超える収集データは含まれません。

  • Cisco_UCS_障害 –1データソース

    いくつかのデータポイントの「警告」と「マイナー」の重大度ステータスコードを切り替えました。 障害の重大度が「重大」である場合にのみアラートを出すように、エラーアラートのしきい値を更新しました。 FSM関連の障害を除外するためのフィルターが追加されました。

  • Cisco_Wireless_AP –1データソース

    インスタンスレベルのグループ化を削除して、すべてのアクセスポイントの可視性を向上させます。 新しい複雑なデータポイントを作成しました(AdminStatusDisabled, AdminStatusEnabledOperationStatusDisassociated)XNUMXつの新しい概要グラフをサポートします。

  • EMCAvamar –すべてのLogicModule(9つのデータソース、1つのPropertySource)

    から不要なtry / catchブロックを削除しました スイート内のLogicModule。 さらに、次のLogicModuleに次の固有の更新が行われました。

    • EMC_Avamar_Checkpoints。 修正しました 有効な値の範囲 の値 エラー 影響により 検証済み データポイント。
    • EMC_Avamar_Datasets。 WildValueにスペースがあるインスタンスのデータ収集を妨げていた問題を修正しました。 この更新により、履歴データが失われますが、この問題の影響を受けたインスタンスのみが対象となります(つまり、そもそもデータを収集していませんでした)。
    • EMC_Avamar_Servers。 の収集の問題を引き起こしていた問題を修正しました バイト_保護 データポイント。
    • addCategory_EMC_Avamar。 のときにAvamarバージョン番号の識別を妨げていた問題を修正しました /usr/local/avamar フォルダには複数のファイルが含まれていました。
  • HP_3PAR_CPG –1データソース

    データ収集スクリプトの信頼性が向上しました。

  • Linux_SSH_ファイルシステム –1データソース

    長いファイルシステム名の処理が追加されました。

  • LogicMonitor_Collector_BufferDataReporterLatency –1データソース

    の値に対して0を返すようにコレクションスクリプトを更新しました minReportLatency 影響により maxReportLatency 高/低すぎるデータポイント。

  • Microsoft_Azure_StorageAccount –1データソース

    の集計タイプを更新しました 取引 Microsoftが推奨する集計タイプを使用するデータポイント。

  • Microsoft_Azure_VirtualNetworkGateway接続 –1データソース

    データポイントを追加しました(名前は ProvisioningState)、グラフ、およびアラートしきい値。接続のプロビジョニング状態をキャプチャしてアラートします。 を更新しました egressBytesTransferred 影響により ingressBytesTransferred ゲージの代わりにカウンターを使用するデータポイント。 スループット別の上位接続の概要グラフを追加しました。

  • Microsoft_DHCP_IPv4Scopes –1データソース

    検出が失敗する原因となっていたActiveDiscoveryスクリプトの不正なIFステートメントを修正しました。

  • NetSNMPCPUwithCores –1つのデータソース

    含まれています CPURawNice の計算におけるデータポイント CPUBusyPercent 複雑なデータポイント。

  • Nimble_Volume_Latency –1データソース

    の固定式 WeightedReadLatency 影響により WeightedWriteLatency 複雑なデータポイント。 データポイント値が重み付けされていることを示すために、両方のアラートメッセージを更新しました。

  • OpenMetrics – 2(すべて)データソース

    コレクションおよびアクティブディスカバリスクリプトがの存在を検索する原因となっていたリグレッションを修正しました openmetrics.ssl 影響により openmetrics.mapホスト名 プロパティの実際の値ではなく、プロパティ。

  • オラクル – 18個のデータソース、1個のPropertySource
    • Oracleモニタリングスイートのすべてのデータソース( Oracle_Database_SystemMetrics 影響により Oracle_Database_Troubleshooter DataSources)、Active Discoveryのリターンコードが1から0に変更されました。これにより、検出されなくなったインスタンスは、古いデータベースインスタンスを保持するのではなく、削除のマークが付けられます。
    • のスクリプトを更新しました Oracle_Database_Info PropertySourceは、接続を適切に閉じます。
  • Pure_Storage_ComponentStatus –1データソース

    のステータスコードとして「-1」を追加しました status 「not_installed」コンポーネントの状態を表すデータポイント。

  • SNMPHRディスク –2つのデータソース

      snmpHRDisk- 影響により snmpHRLargeDisk- データソースは、UCOSに関連付けるようにAppliesToロジックを更新しました。

  • SSL_証明書 –1データソース
    • 特定の問題が明示的に識別されていないが、証明書で別の問題が検出されたために隠されている可能性があることを示すために、いくつかのデータポイントに「-1」(不明)のステータスを追加しました。
    • 証明書に問題がないことを示すために、ステータス「0」を追加しました。
    • 名前を変更しました 不明な例外 データポイントから その他の例外. 重要: 更新すると、LogicMonitorはこのデータポイントを新しいデータポイントとして扱い、以前に収集されたすべての履歴データが失われます。 データポイントの名前を新しい名前に変更することで、このデータ損失を回避できます(その他の例外)この更新されたデータソースをインポートする前。
  • StatusPageIO_Service_Status –1データソース

    Active Discoveryスクリプトを更新して、WildValueの「:」を「-」に置き換えました。 コレクション出力でのWildValueの不一致を防ぐために、コレクションスクリプトを更新しました。

  • スウィフトスタック – 5つのデータソース(非推奨)

    [新しい監視範囲]セクションで強調表示されているように、LogicMonitorはSwiftStack監視スイート用のXNUMXつの新しいデータソースをリリースしました。 これらの新しいデータソースは、次のSwiftStackデータソースを廃止します。 SwiftStack_Cluster_AccountStorageUsage, SwiftStack_Cluster_AccountTransferUtilization, SwiftStack_Cluster_PolicyAccountStorageUsage, SwiftStack_Cluster_PolicyCapacitySwiftStack_Cluster_PolicyStorageUsage.

    セットアップと移行の詳細については、を参照してください。 SwiftStackモニタリング.

  • トポロジーマッピング – 8つのPropertySource、4つのTopologySource
    • 次のPropertySourcesの値に改行が含まれているsysinfoプロパティを持つデバイスに「不明」のERTが適用される原因となっていた問題を修正しました。 addERI_アリスタ, addERI_Cisco, addERI_デバイス, addERI_HPSwitch, addERI_HuaweiaddERI_ジュニパー.
    • さらに、 addERI_Cisco、HSRPサポートがデバイスがルーターであることを示しているという仮定は、正しいデバイスタイプが適用されていることを確認するために削除されました。
    • さらに、 addERI_HPSwitch、ERTの解析に使用される正規表現を更新し、ホストプロパティに加えてsysOIDを使用するようにERT検出を更新しました。
    • さらに、 addERI_ジュニパー、sysinfoに「Router」の値を持つ一部のセキュリティアプライアンスがファイアウォールではなくルーターとして分類される原因となっていた問題を修正しました。
    • 世界 addERI_PaloAlto PropertySourceと PaloAlto_L2_HA TopologySourceが更新され、PaloAlto高可用性によって使用される仮想MACによって引き起こされるマージが解決されました。
    • 世界 addERI_Windows PropertySourceは、さまざまなVMware仮想MACをブロックして、MACアドレスが重複しているさまざまな環境のデバイスがトポロジマッピングの問題を引き起こすのを防ぐようになりました。
    • 世界 Networking_L2_snmpSwitch TopologySourceは、deviceIDが「vmnic」で始まるLLDPエントリにdeviceIDの代わりにremotePortIDを使用するようになり、deviceIdが「vmnic」で始まるCDPエントリの使用を回避します。
    •   VMware_ESXi_Topology 影響により VMware_vCenter_Topology TopologySources、ポートIDの代わりにLLDPシャーシIDを使用するようにスクリプトを更新しました。
  • UNCモニター- –1データソース

    Foundデータポイント値の設定に使用される応答を含むようにスクリプト出力を修正しました。

  • WinAD- –1データソース

    データポイントの説明、グラフ、およびアラートメッセージをクリーンアップしました。

  • Veeam_BackupAndReplication_Jobs_SureBackups – 1データソース(非推奨)

    このデータソースは、 Veeam_BackupAndReplication_Jobs_VMWareSureBackups DataSourceとは、そのため、非推奨になりました。

  • VMware_vCenter_ResourcePools –1データソース

    パフォーマンスを向上させるためにマルチスレッドを使用するようにActiveDiscoveryおよびコレクションスクリプトを更新しました。

  • VMware_vCenter_VMInterface –1データソース

    データスループットとパケット送信のグラフを追加しました。

  • VMware_vCenter_VMパフォーマンス –1データソース

    トポロジマッピングの問題を引き起こす重複MACアドレスのブロックを容易にするための更新を行いました。

  • VMware_ [vCenter] [vSphere] _VMStatus –2つのデータソース
    • 名前の付いた新しいデータポイント 統合が必要 が追加されました VMware_vCenter_VMStatus 影響により VMware_vSphere_VMステータス 手動で統合する必要のあるスナップショットを含む仮想ディスクがVMにある場合を示すデータソース。
    • 世界 VMware_vCenter_VMStatus データソースには、トポロジマッピングの問題を引き起こす重複MACアドレスのブロックを容易にする更新も含まれています。
  • WinCPUCore- –1データソース

    データソースのAppliesToに関する誤解を招く記述を更新しました 商品の説明 フィールド。

  • WindowsLogicModules – 36のデータソース、6つのイベントソース

    Windows LogicModulesのAppliesToロジックを更新して、Windows Serverフェールオーバークラスター(WSFC)リソースとの関連付けを除外しました。 これにより、クラスターとノードにレポートしているWindowsリソースで発生する二重アラートを排除できます。 次にリストされているすべてのモジュールは、クラスター仮想ネットワーク名(VNN)または仮想IP(VIP)アドレスには適用されなくなります。 それらはノードにのみ適用されます。

    • データソース:
      • .NetCLRExceptions
      • .NetCLRLoader
      • .NetCLRLocksAndThreads
      • .NetCLRMemory
      • アプリケーションプール-
      • ターミナルサービス
      • SMTPに勝つ
      • SMTPサーバーに勝つ
      • Win2k12_HyperV_HypervisorStats
      • Win2k16_HyperV_HypervisorStats
      • Win2k8_HyperV_HypervisorStats
      • Win2k8r2_HyperV_HypervisorStats
      • Win_HyperV_CPU
      • Win_HyperV_スナップショット
      • Win_HyperV_VirtualMachines
      • Win_HyperV_VirtualNetworkAdapter
      • Win_HyperV_VirtualStorage
      • Win_HyperV_VirtualSwitches
      • Win_HyperV_VirtualSwitchPorts
      • Win_WMI_Access_Denied_ErrorCodes
      • Win_WMI_UACT トラブルシューティング
      • WinAD-
      • WinCPU
      • WinCPUCore-
      • WindowsDNSサーバー-
      • Windowsのスタック印刷ジョブ-
      • Windows_TimeOffset
      • WinIf-
      • WinLogicalDrivePerformance-
      • WinMemory64
      • WinOS
      • WinPhysicalDrive-
      • WinServer
      • WinTCP
      • WinUDP
      • WinVolumeUsage-
    • イベントソース
      • Windowsドメインサービスイベントログ
      • WindowsExchangeイベント
      • WindowsIISイベント
      • Windowsセキュリティイベントログ
      • WindowsSQLイベント
      • Windowsシステムイベントログ(注:さらに、このEventSourceのフィルターは、イベントID 10016のイベントを無視するように更新されました)

    ベータ版の入力:LMログ

    LMログは、パフォーマンスの問題がビジネス上の問題を引き起こす前に、最も必要なときにログを使用できるようにします。 この新機能は、アルゴリズムによる根本原因分析を中心としたログ分析への独自の統一されたアプローチを提供します。

    実用的なログデータはメトリックと関連付けられ、LogicMonitor内のアラートへのコンテキストとして提示されるため、より迅速に飛躍することができます。 問題が発生しています それらが発生しているため、平均修復時間が短縮されます。

    最初に、LMLogsのAWS統合をテストするためにAWSCloudWatchまたはS3ベースのログを使用するベータ参加者を探しています。 ただし、ベータ期間中は、テスト用に追加の統合を利用できるようにし、お客様の適格性を拡大します。

    LM Logsは、今後数週間以内にベータ版になります。 参加を検討したい場合は、 LMログベータ フォーム。

    今後

    データポイント

    • 複雑なデータポイントでのpercent()関数の使用を排除します。 今後のリリースでは、LogicMonitorは、の使用を防止する目的で検証を追加する予定です。 percent() 複雑なデータポイント式内で機能します。 この関数はパーセンタイル値を生成することを目的としていますが、これを行うには複数のタイムスタンプのデータが必要です。 そのため、仮想データポイントでのみ適切に機能し、複雑なデータポイント内で使用するとあいまいさが生じます。 このイニシアチブの一環として、このメソッドを参照する既存の複雑なデータポイントを削除して、既存のデータソース機能の継続性を確保します。 注意: でこの機能を使用している場合 snmp64_If- データソース、最新に更新することをお勧めします SNMP_ネットワーク_インターフェース DataSource。Groovyを使用して、複雑なデータポイントの外部でこのロジックを自動的に処理します。

    ウェブサイト監視

    • SiteMonitorの発信元IPアドレスの更新。 v.137以降(および継続中)、LogicMonitorはSiteMonitorサービスの元のIPアドレスを更新しています。これは、WebチェックとPingチェックに使用される外部テスト場所で構成されています。

      ポータルがv.139に更新された直後に、「US – SanFrancisco」チェックポイントからのWebチェックとPingチェックの場所が表示され、サンフランシスコに代わる新しい「US –Oregon」チェックポイントが参照されます。チェックポイント。 この更新はシームレスに行われ、ユーザー側でのアクションは不要です。 すべての履歴データが保持されます。

      すべての潜在的なIPアドレスはにリストされています LogicMonitorの外部テスト場所。 継続的なサービスを維持するために、ネットワークのファイアウォールがこのリストのすべてのIPアドレスへのアクセスを許可していることを確認してください。

記事上で