サポートセンターホーム


v.137リリース

06.11.20に公開

v.137ハイライト:

プラットフォームの機能強化

アラート

  • アラートフィルタリングの改善。 世界 クリアされた フィルタは、 異常 フィルタ([アラート]ページと[リソース]ページのリソースで使用できる[アラート]タブの両方にあります)。 これは、動的しきい値評価の結果として通知がルーティングされなかったクリアされたアラートを表示する場合に役立ちます。

アラートの統合

  • 自動タスク統合。 以前は、自動タスクXMLアクティブペイロード(URLエンドポイント)の改行 .autotask.net/atservices/1.5/atws.asmx)はキャリッジリターン()で示されていたため、フォーマットが不十分でした。 改行は、適切な説明を表示するために改行()で示されるようになりました。 ペイロードを再生成すると、正しい構文が生成されます。
  • 機密性の高いプロパティの難読化。 パスワードおよびその他の機密性の高いカスタムプロパティ(.key、.pass、.passwordなどの特別なキーワードで終わるプロパティ名)は、統合ログ内にクリアテキストで表示されなくなりました。

スクリプティングに適用

  • AppliesToテスト結果。 v.136では、プロパティの継承によって条件が満たされた場合に、AppliesToテスト結果からリソースが誤って省略される原因となっていた問題の修正が導入されました。 この修正は問題を部分的にしか解決しないことが判明したため、問題全体を解決するためにv.137で別の修正をリリースします。

監査ログ

  • 演算子を除外します。 監査ログおよび監査ログレポートでユーザーによるフィルタリングを行うと、除外演算子(!)が期待どおりに機能しませんでした。 この問題は修正されました。

ダッシュボード

  • ウェブサイトステータスウィジェット。 以前は、個々のWebサイトに複数のテスト場所が存在する場合、予測データが正しく表示されませんでした。 この問題は解決されました。
  • テーブルウィジェット。 を構成するとき カラーバーを表示する 動的テーブルウィジェットのオプション、 最小値 影響により 最大値 次の場合、フィールドは無効になります パーセンテージを表示 オプションが選択されていません。 これは、テーブルウィジェットのデータポイント値の色分けがパーセンテージで表される値と組み合わせてのみ使用されるように設計されているため、混乱を避けるために行われました。

LMクラウド

  • カスタムポーリング間隔の処理が改善されました。 以前は、クラウドリソースに対してカスタムポーリング間隔が作成された場合、影響の一部が正しく処理されませんでした。 v.137では、カスタムポーリング間隔と、それに続くメトリックグラフをより適切にサポートするように変更が加えられました。 注意: 複雑なデータポイントは、カスタムポーリング間隔によって誤った影響を受ける可能性があります。
  • RBACの実施が改善されました。 以前は、LM Cloudの権限を持たないユーザーは、いくつかのサービスを追加できました。 この問題は修正されました。
  • AWSの更新:
    • 新しいリージョンプロパティ。 使用する場合、カスタム AWS.Region プロパティはAWSリージョンをオーバーライドします( system.aws.region プロパティ)APIを呼び出すため。 階層は、インスタンス、デバイス、およびアカウントレベルで指定されたさまざまなリージョンで確立できます。 これは、単一のリソースの複数のリージョンにわたるインスタンスを監視する場合に役立ちます。 このカスタムプロパティを実装できるAWSサービスの例には、ElasticsearchやConnectなどがあります。
    • サービス許可の処理が改善されました。 LogicMonitorは、AWSサービスのパーミッションを互いにより類似して処理できるようになり、サービスのタグを表示するための明示的なパーミッションがない場合でも、いくつかのレポート機能を提供します。
    • AWS CloudWatch ActiveDiscoveryメソッド。 AWSCloudWatchのアクティブディスカバリーメソッドが追加されました。 これは、カスタムCloudWatchメトリクスをプルするマルチインスタンスデータソースを作成し、インスタンス(ディスク)を動的に参照できるようにする場合に役立ちます。
    • AWSEC2のスケジュールされたイベント。 AWS EC2のスケジュールされたイベントは、完了時にアラートを出していました。これは不適切なアラート条件です。 これは修正されました。
  • Microsoft Azureの更新:
    • Azureバックアップジョブ。 以前は、情報を取得しようとすると、大規模なAzureバックアップジョブがタイムアウトする場合がありました。 この問題を修正し、タイムアウトの発生を減らすために、取得方法の更新が導入されました。

LMコンテナ

  • 名前空間の削除。 監視対象クラスターから削除された名前空間は、LogicMonitorから自動的に削除されませんでした。 この問題は修正されました。

LMエクスチェンジ

  • ロケーターIDのサポート。 LM Exchangeインターフェースは、 ロケーターを探す LMロケーターIDの入力をサポートするフィールド。 このフィールドは、対応するLogicModuleの詳細画面に直接移動し、LMExchangeがv.136で有効にされたときに一時的に失われたLMロケーターIDからインポートする機能を復元します。
  • LogicModuleの並べ替え。 以前は、パブリックリポジトリインターフェイスでLogicModuleを並べ替えると、それらの一部がインストール/アップグレード用に選択されていました。 この問題は修正されました。

LMインテリジェンス

  • インテリジェンス機能のアカウント情報の透明性が向上しました。 根本原因分析ルールの数と動的しきい値が[デバイス数]テーブルに表示されるようになりました( 設定| アカウント情報| 連絡先)、これらのインテリジェンス機能がアカウント全体でどの程度広く使用されているかをすばやく特定できます。

NetFlow

  • ユニットのラベル付けのエラーが解決されました。 リソースの[トラフィック]タブに表示されるNetFlowトラフィック量は、(オクテットではなく)ビットとして正しくラベル付けされるようになりました。

レポート

  • SLAレポート。 計算されたSLA値の精度を向上させるために、SLAレポートでは、サーバーがプロビジョニングされるまでの経過時間が考慮されるようになりました。
  • ユーザーレポート。 特殊文字をで使用できるようになりました 影響により フィルタ。 以前は、特殊文字を入力すると、結果の基準の前に追加の特殊文字が追加されていました。

セキュリティ

  • その他のセキュリティの修正と改善。 このバージョンでは、さまざまなセキュリティ修正と改善がリリースされています。

トポロジーマッピング

  • 頂点の詳細が表示されます。 トポロジマップ上の頂点をクリックすると、表されたリソースのトポロジプロパティの固定セットを特徴とするテーブルが表示されるようになりました。

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.137にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorパブリックリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • AWS コネクト –1データソース

    新しいデータポイントを追加しました。

  • AWSEBSボリュームスナップショット –1データソース

    前回のスナップショット以降のEBSスナップショットの数と期間を監視します。

  • AWS EC2:インスタンスタイプのサービス制限(リージョン別) –1データソース

    名前が付けられた新しいデータソース AWS_EC2_InstanceTypeServiceLimitsByRegionは、F、G、P、Inf、および標準インスタンスタイプのvCPU使用統計を適切にプルするためにリリースされました。

    注意:変更の性質上、履歴データの損失を防ぐために、この新しいデータソースは非推奨になります。 AWS_EC2_ServiceLimits 情報元。 不要なCloudWatchリクエストを回避するために、この非推奨のDataSourceを無効にすることをお勧めします。

  • AWSECSコンテナインサイト –1データソース

    CloudWatchを介してAmazonECSコンテナインサイトを収集します。

  • AWS Elasticsearch:データノード、マスターノード –2つのデータソース

    データノードと個々のマスターノードのElasticsearchクラスターパフォーマンスデータを収集するXNUMXつの新しいデータソースがリリースされました(CloudWatchによって報告されています)。

    更新された監視範囲のセクションで説明したように、 AWS_Elasticsearch_MasterNode 収集するデータソース 集約された マスターノードのクラスターパフォーマンスデータが更新され、XNUMXつの新しいデータソースのコンテキスト内での集約の役割がより適切に反映されるようになりました。

  • AWSS3氷河 –1データソース

    S3 Glacierのボールトサイズを監視します(Cloudwatchの報告による)。

  • (トポロジーマッピング) BGP – 1つのPropertySource、1つのTopologySource

    世界 addERI_BGP PropertySourceと BGP_トポロジー TopologySourceは、拡張されたBGPトポロジマッピングカバレッジのためにリリースされました。

  • (トポロジーマッピング) Cisco EIGRP – 1つのPropertySource、1つのTopologySource

    トポロジマッピングのカバレッジが強化されました。

  • シスコメラキ – 10つのデータソース、2つのPropertySource、1つのTopologySource

    LogicMonitorは、大規模な展開で発生するSNMPスケーリングの問題に対処するためのCiscoMerakiの新しい監視スイートをリリースしました。

    注意: この新しい監視スイートの結果として、XNUMXつのレガシーMerakiデータソースが非推奨になりました。 この新しい監視スイートへの移行の詳細については、を参照してください。 Cisco Meraki モニタリング.

  • Cisco SD-WAN – 15つのデータソース、2つのPropertySource、1つのTopologySource

    ネットワーク全体のさまざまなエッジデバイスのパフォーマンスと可用性のメトリックを監視します。 見る CiscoSD-WANモニタリング セットアップの詳細については。

  • シスコUCS –7つのデータソース

    v.134以降、LogicMonitorは、(収集方法としてSNMPに依存するのではなく)UCS ManagerAPIを活用するCiscoUCSの新しいモニタリングをリリースしています。 v.137では、APIカバレッジの取り組みを完了するために、さらにXNUMXつのデータソースをリリースしています。 Cisco_UCS_BladeServerComponents, Cisco_UCS_FIStoragePartitions, Cisco_UCS_IOカード, Cisco_UCS_RackServerComponents, Cisco_UCS_ServiceProfiles, Cisco_UCS_VLAN, Cisco_UCS_VSAN.

    これらの最後のXNUMXつのデータソースのリリースに伴い、従来のSNMPベースのデータソースはすべて正式に非推奨になりました。 詳細については、を参照してください。 CiscoUCSモニタリング.

  • ISDNチャネル – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    名前の付いた新しいデータソース ISDN チャネル 現在非推奨になっているものを置き換えるためにリリースされました ISDNチャネル 使用中-データソース。 新しいPropertySourceもリリースされ、データソースの関連付けをよりエレガントに処理できるようになりました。 system.categories プロパティクエリ。

  • Microsoft Azure AppService環境のマルチロールプール – 1 DataSourceアクティブな要求、平均応答時間、受信/送信されたバイト数、CPU /メモリの割合など、Azure AppService環境のマルチロールプールのメトリックを監視します。
  • (トポロジーマッピング) OSPF – 1つのPropertySource、1つのTopologySource

    世界 addERI_OSPF PropertySourceと OSPF_トポロジー TopologySourceは、拡張されたOSPFトポロジマッピングカバレッジのためにリリースされました。

  • パロアルトファイアウォール:IPSecトンネル、GlobalProtectセッション –3つのデータソース

    Palo Altoファイアウォールでは、IPSecトンネル(概要およびステータスデータ)とGlobalProtectアクティブセッション(概要データ)の新しい監視が利用可能です。

  • 純粋な貯蔵 – 2つのデータソース、3つのPropertySource

    世界 PureStorage_Troubleshooter 影響により PureStorage_VolumePerformance_API_v1_4 カバレッジを強化するために、この監視スイートにデータソースが追加されました。 さらに、データソースの関連付けをよりきめ細かく制御できるように、XNUMXつの新しいPropertySourceが追加されました。

    注意: 更新された監視範囲のセクションで説明したように、既存のピュアストレージデータソースに更新(および非推奨)が行われました。 見る ピュアストレージモニタリング この監視スイートの構成の詳細については。

  • SNMPネットワークインターフェイス – 1 つの PropertySource

    名前の付いた新しいPropertySource SNMP_Interfaces_Mode デバイスが32ビットまたは64ビットのどちらのカウンターを使用する必要があるかを判断するためにリリースされました SNMP_ネットワーク_インターフェース 情報元。 (更新された監視範囲のセクションで説明されているように、 SNMP_ネットワーク_インターフェース データソースが更新され、32ビットおよび64ビットのカウンターがより適切にサポートされるようになりました。

  • SSL証明書 –1データソース

    名前の付いた新しいデータソースをリリースしました SSL_証明書 データ収集に埋め込みGroovyスクリプトを使用します。 この新しいデータソースはレガシーを廃止します SSL証明書- 情報元。

監視範囲を更新

  • アリスタEOS – 1 構成ソース

    構成で、オプションでENABLEコマンドを無効にできるようになりました。

  • Arubaワイヤレスコントローラー – 1 構成ソース

    新しいConfigSourceテンプレートに合わせて大幅な書き換えを実行しました(コードの量を減らし、実行効率を高め、その他の改善を提供します)。

  • AWSEC2サービスの制限 – 1つのデータソース(非推奨)

    世界 AWS_EC2_ServiceLimits 操作を改善する新しいデータソース(「新しい監視範囲」セクションを参照)がリリースされたため、データソースは非推奨になりました。 変更の範囲と履歴データの損失を防ぐために、(新しいバージョンのリリースではなく)非推奨が必要でした。 不要なCloudWatchリクエストを回避するために、この非推奨のDataSourceを無効にすることをお勧めします。

  • AWS Elasticsearch:マスターノード –1データソース

    「新しいモニタリングカバレッジ」セクションで説明したように、データノードと個々のマスターノードのElasticsearchクラスターパフォーマンスデータを収集するXNUMXつの新しいデータソースがリリースされました(CloudWatchによって報告されています)。

    このコンテキスト内でのその役割をより適切に反映するために、 AWS_Elasticsearch_MasterNode 収集するデータソース 集約された マスターノードのクラスターパフォーマンスデータが更新され、これらXNUMXつの新しいデータソースのコンテキスト内での集約の役割がより適切に反映されるようになりました。

  • AWS MSK –3つのデータソースすべて

    ハードコードされた平均の代わりにデフォルトのアグリゲーターを使用するようにデータポイントの計算を更新しました。

  • AWS サービスヘルス –1つのEventSource

    説明とテクニカルノートを更新しました。

  • Ciscoメモリ –1データソース

    アラートメッセージで誤って設定されたトークンを削除しました。

  • シスコメラキ – 8つのデータソース(非推奨)

    [新しい監視範囲]セクションで説明したように、LogicMonitorは、大規模な展開で発生するSNMPスケーリングの問題に対処するためのCiscoMeraki用の新しい監視スイートをリリースしました。 この新しい監視スイートの結果として、XNUMXつのレガシーMerakiデータソースが非推奨になりました。 非推奨となったデータソースの詳細については、を参照してください。 Cisco Meraki モニタリング.

  • Cisco NTP – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    NX-OSの互換性を追加

  • シスコUCS – 13つのデータソース(非推奨)

    v.134以降、LogicMonitorは、(収集方法としてSNMPに依存するのではなく)UCS ManagerAPIを活用するCiscoUCSの新しいモニタリングをリリースしています。 新しい監視範囲のセクションで説明したように、v.137では、APIを介した完全な監視範囲があります。 したがって、すべてのレガシーSNMPベースのデータソースを正式に非推奨にします。 詳細については、を参照してください。 CiscoUCSモニタリング.

  • デルネットワーキング – 1 構成ソース

    新しいConfigSourceテンプレートに合わせて大幅な書き換えを実行しました(コードの量を減らし、実行効率を高め、その他の改善を提供します)。

  • EMC Isilon – 1 つの PropertySource

    SNMP SysOIDマップを置き換えてマッチングを改善します(pfSenseデバイスでのOIDマッチングを防止します)。

  • EMC LUN NavisSEC CLI –1データソース

    後処理中に出力の%を置き換えるようにデータ収集スクリプトを更新しました。

  • EMC VNXe – 10個のデータソース、1個のPropertySource (監視スイート全体)

    欠落しているアラートしきい値とキーワードタグを追加しました。

  • Fujis Eternus(コントローラーモジュール、RAIDグループ、ボリューム) –3つのデータソース

    さまざまなEternusシステムタイプの正規表現プロンプトマッチングを追加しました。 クリーンアップされたコード

  • HP MSA –3つのデータソース

    更新しました 技術的 ノート のフィールド HP_MSA_ディスク, HP_MSA_仮想ディスク, HP_MSA_ボリューム これらのデータソースが関連するデバイスに正常に関連付けられるために必要なプロパティを文書化するためのデータソース。 この監視スイートの構成の詳細については、を参照してください。 HP MSA / StorageWorks / P2000モニタリング.

  • HPEネットワーク構成 – 1 構成ソース

    行方不明を追加 get_display_commands() 方法; 更新しました テクニカルノート フィールド。

  • Kubernetesポッド –1データソース

    ホストIPが存在しない場合にポッドIPを探すように収集スクリプトを更新しました。

  • Linux SSH CPU /メモリ –1データソース

    メモリ使用率の新しい複雑なデータポイントとグラフを追加しました。

  • Microsoft Azure:アプリケーションゲートウェイ –1データソース

    新しい利用可能なメトリックを追加しました。

  • Microsoft Azure:ファイアウォール –1データソース

    新しい利用可能なメトリックを追加しました。

  • Microsoft Azure:VM –1データソース

    表示名からコロンを削除しました。

  • Microsoft Office 365:ExchangeOnlineユーザー – 1 ConfigSource(削除済み)

    過剰なインスタンスが作成されるため、 Office365_ExchangeOnline_Users ConfigSourceはLogicMonitorパブリックリポジトリから削除されました。

  • Microsoft Office 365レポート:Yammerデバイスの使用状況 –1データソース

    データが返されない場合、データポイント収集スクリプトをデフォルトの-1に更新しました。

  • NetApp:7モードアグリゲート、クラスターアグリゲート – 2つのデータソース、2つのTopologySources

    基本エッジのLUNからのリンクされていないトポロジ依存関係。

  • コアを備えたNetSNMPCPU –1データソース

    マイナーグラフ修正を実行しました。 さまざまなデータポイントの説明とアラートメッセージをクリーンアップしました。

  • 軽快なボリュームレイテンシ –1データソース

    正規表現を更新しました。 グラフ、データポイント、およびアラートメッセージをクリーンアップしました。

  • オラクル – 19のデータソース、3つのPropertySource(監視スイート全体)

    デフォルト以外のポート値を整数として渡すようにマイナーな修正を適用しました(以前はエラーの原因となる文字列として渡されていました)。

  • OSPF_ネイバー –1データソース

    contextNamesにnullチェックを追加しました。

  • PaloAltoファイアウォール:グローバルカウンター –1データソース

    applyToステートメントを更新して、データソースを関連付けるためにAPIキーが存在することを追加で要求しました。 グラフをクリーンアップしました。

  • PowerShellベースのLogicModules – 14つのデータソース、3つのPropertySource、1つのTopologySource

    次のPowerShellベースのLogicModuleの場合、スクリプトは次のように更新されました。 -match -like.

    データソース:

    • Citrixすべてのライセンス
    • CPU
    • HyperVハイパーバイザー統計:2008、2008r2、2012、2016
    • Microsoft DHCP:IPv4スコープ、サーバー
    • VMware Horizo​​nPColPセッション
    • 仮想マシン
    • 仮想ネットワークアダプター
    • 仮想ストレージ
    • 仮想スイッチ
    • 仮想スイッチポート

    PropertySources:

    • addCategory:Microsoft Exchange PowerShell、Windowsフェールオーバークラスター、MicrosoftPowerShell情報

    TopologySources:

    • HyperV
  • 純粋な貯蔵 – 11個の既存のデータソースすべて(9個が更新、2個が非推奨)

    applyToステートメントを更新して、「PureStorage」の存在を追加で要求するようにしました。 system.categories 値(以前はAPIトークンの存在のみが必要でした)。 非推奨 PureStorage_ArrayInfo (その関数は同じ名前の新しいPropertySourceに置き換えられました)そして PureStorage_SnapshotReplication (このデータソースによって返されるデータは断続的であるため、有益ではありません)データソース。

    注意: 「新しい監視範囲」セクションで説明したように、ピュアストレージ用にリリースされたいくつかの新しいLogicModuleもありました。 見る ピュアストレージモニタリング この監視スイートの構成の詳細については。

  • SNMPネットワークインターフェイス –1データソース

    32ビットおよび64ビットのカウンターをより適切にサポートするように更新されました。 (更新された監視範囲のセクションで説明されているように、 SNMP_Interfaces_Mode デバイスがこのデータソースに32ビットまたは64ビットのカウンターを使用する必要があるかどうかを判断するためにリリースされました。)

  • NetFlowインターフェイスアラートしきい値の互換性が追加されました。
  • Sonicwall SonicOSConfig – 1 構成ソース

    拡張された正規表現プロンプトマッチング。

  • StatusPageIO – 1 つの PropertySource

    世界 addCategory_StatusPageIO_Key PropertySourceは、「statuspage」の値が設定されているリソースに適用されるようになりました system.categories デバイスを手動で関連付けることができるプロパティ。

  • (トポロジマッピング)PropertySources – 1 つの PropertySource

    更新しました addERI_Windows HyperVリソースをチェックするPropertySource。

  • (トポロジマッピング)TopologySources –24のTopologySourcesすべて

    すべてのTopologySourceのTopologySourceグループを更新します。

    更新しました Networking_L2_snmpSwitch マイクロチップMACの後処理用のTopologySource(別のMACとペアになっている場合は無視し、代わりに他のMACにリンクします)。

  • Veeam Backup&Replication – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    更新しました Veeam_BackupAndReplication_BackupSessions データソースと addCategory_Veeam_BackupAndReplication_PowerShell PropertySourceは、Veeam Backup&Replicationモニタリングスイートをバージョン10と互換性のあるものにします。

  • VMware vCenter:アドミッションコントロール –1データソース

    の上限を削除しました failureLevelDifference データポイント; Groovyの安全なナビゲーションを追加しました。

  • VMware vCenter:データストアのパフォーマンス –1データソース

    によって共有される重複データポイントの説明を修正しました ReadKBytesperSec 影響により 読み取りコマンド.

  • VMware vCenter:ホストインターフェイス、ホストパフォーマンス –2つのデータソース

    ## POLLINTERVAL ##を使用して、構成された収集間隔に従ってスケーリングするように更新します。

  • VMware vCenterVMのステータス –1データソース

    エラーの原因となっていたActiveDiscoveryスクリプトのタイプミスを修正しました。

  • Windowsクラスターノードの状態 –1データソース

    欠落しているデータポイントの説明を追加しました。

  • ズーム:サービスステータス –1データソース

    ステータスデータポイントのアラートしきい値の式をから更新しました > 1 2 3 〜へ >= 1 2 3 非推奨の(1)サービスステータスに対してアラートが確実に発生するようにするため。 アラートメッセージを更新しました。

今後

コレクター

  • コレクターMGD28.005自動アップグレード。 LogicMonitorは、28.005月にリリースされたGD 30の一般展開コレクターバージョンを、次のMGD(最小一般展開)コレクターバージョンとして指定しました。 6月9日、太平洋標準時の午後28.005時から30時の間に、バージョンGD 27.005より前のLogicMonitorプラットフォームのすべてのコレクターがこの新しい最小バージョンに自動的に更新されます(自動更新の前に、ご自身のスケジュールでアップグレードすることをお勧めします)。 XNUMX月XNUMX日以降、MGD XNUMXの以前の最小一般展開のサポートを正式に廃止し、サポートを停止します。 詳細については、を参照してください。 MGDコレクター– 28.005.

データポイント

  • の排除 percent() 複雑なデータポイントでの関数の使用。 今後のリリースでは、LogicMonitorは、の使用を防止する目的で検証を追加する予定です。 percent() 複雑なデータポイント式内で機能します。 この関数はパーセンタイル値を生成することを目的としていますが、これを行うには複数のタイムスタンプのデータが必要です。 そのため、仮想データポイントでのみ適切に機能し、複雑なデータポイント内で使用するとあいまいさが生じます。 このイニシアチブの一環として、このメソッドを参照する既存の複雑なデータポイントを削除して、既存のデータソース機能の継続性を確保します。

    注意: でこの機能を使用している場合 snmp64_If- データソース、最新に更新することをお勧めします SNMP_ネットワーク_インターフェース DataSource(v.136でリリース)。Groovyを使用して、複雑なデータポイントの外部でこのロジックを自動的に処理します。

ウェブサイト監視

  • SiteMonitorの発信元IPアドレスの更新。 今後数週間で、LogicMonitorは、WebチェックとPingチェックに使用される外部テスト場所で構成されるSiteMonitorサービスの発信元IPアドレスを更新する予定です。 すべての潜在的なIPアドレスはにリストされています LogicMonitorの外部テスト場所。 継続的なサービスを維持するために、ネットワークのファイアウォールがこのリストのすべてのIPアドレスへのアクセスを許可していることを確認してください。

記事上で