サポートセンターホーム


v.135リリース:LMコンテナのアップグレード。 フォーティネットの新しいモニタリング

04.29.20に公開

v.135ハイライト:

  • プラットフォームの機能強化: LMコンテナで利用可能なメジャーバージョンリリース。 LMクラウドの機能強化
  • 新規および更新された監視範囲: Cisco HyperFlex、フォーティネット(XNUMXつの製品ライン!)、VMware vCenter HA、およびいくつかのAWS、Azure、およびGCPクラウドリソース(AWSデータベース移行レプリケーションタスクを含む)の新しいすぐに使用可能なモニタリング

プラットフォームの機能強化

コレクタ

  • 不正確なコレクターサイズの表示が解決されました。 アップグレード後、コレクターのサイズはカスタマイズされていませんが、コレクターのサイズはLogicMonitorUIで「カスタム」と表示されました。 これは修正されました。

LMクラウド

  • AWSの更新:
    • SQSおよびSNS用に検出されたAWSタグ。 AWSタグが検出され、Amazon SQS(Simple Queue Service)およびAmazon SNS(Simple Notification Service)のプロパティとして追加され、これらのプロパティに基づくフィルタリングがUIでサポートされるようになりました。
    • AWS ApplicationELBターゲットグループのカスタムタグ付け。 AWS Application ELB(Elastic Load Balancing)ターゲットグループのカスタムタグ付けが検出され、LogicMonitor内のプロパティとして追加されるようになりました。
    • パブリックおよびプライベートIPプロパティの即時レポート。 Cloud Collectorは、NetScanプロセス中にAWS EC2インスタンスのパブリックIPプロパティとプライベートIPプロパティをキャプチャするようになりました(以前は、このデータはActive Discoveryプロセスが終了するまでキャプチャされませんでした)。 これにより、ローカルコレクターは、監視が有効になるとすぐにこれらのタスクを開始できるようになり、場合によっては誤ったアラートを引き起こしていた収集の遅延がなくなります。
  • Azureの更新:
    • アラブ首長国連邦-中央およびアラブ首長国連邦-北地域のサポート。 これで、Azureのuae-centralおよびuae-northリージョンにあるリソースを含めるようにAzure監視操作を構成できます。
    • Azureデータ収集の機能強化。 LogicMonitorで、Azureデータ収集操作から404ステータスを返すことができるようになりました。 これにより、ステータスを評価する複雑なデータポイントが期待どおりに動作することが保証されます。
    • 廃止されたAzureサブスクリプションは、削除のマークが付けられました。 Azureサブスクリプションが選択解除された場合(手動で選択解除されたか、[アカウントの管理]ダイアログの[アクセス許可]タブでこのサブスクリプションなしで使用可能なサブスクリプションが自動的に再生成されるかどうか)、LogicMonitorはサブスクリプションの関連付けられたリソースに応じてマークを付け、デフォルトに従ってバックエンドで削除されるようになりましたAzureアカウントのサービス設定。
    • 検出からの「基本的な」ロードバランサーのフィルタリング。 このSKUタイプのデータはAzureMonitorから利用できないため、LogicMonitorはSKUが「基本」のAzureロードバランサーを検出しなくなりました。

LMコンテナ

  • LM Container Argusv3が利用可能になりました。 Kubernetes 1.16と1.17、およびHelm 3との互換性を提供するLMコンテナの新しいメジャーバージョンが利用可能になりました。このメジャーバージョンでは更新の範囲が広いため、このアップグレードにオプトインする必要があります。 アップグレードの詳細(前提条件と手順)については、を参照してください。 LM Container Argus v3リリース:Kubernetes1.16および1.17のサポート.
  • Kubernetesバージョンの選択。 [Kubernetesクラスターの追加]ダイアログに、 Kubernetesバージョン フィールド。 このフィールドのデフォルトはKubernetesバージョン1.14以降(> = 1.14.0)であり、LogicMonitorは次のウィザード画面でHelm3インストールコマンドを提供するように求められます。 (Helm3は新しいLMContainerバージョンでサポートされるようになりました。今後、Kubernetesモニタリングでこのバージョンを使用することを強くお勧めします。)または、1.14より古いバージョンのKubernetesを追加する場合は、から「<1.14.0」を選択できます。フィールドのドロップダウンとLogicMonitorは、Helm2を使用してインストールコマンドを生成します。

NetFlow

  • Netflowインターフェースの詳細が表示されます。 Netflowインターフェイスの詳細(リソースグループレベルのみ)が[トラフィック]タブのインターフェイス名ではなくインターフェイスIDとして表示される問題を解決しました。

レポート

  • インターフェイス帯域幅レポート。 インターフェイス帯域幅レポートには、インターフェイスがないリソースの空のインターフェイスリストが含まれていました。 選択したインターフェースを持つリソースのみがレポートに含まれるように、レポートが修正されました。
  • リソースインベントリレポート。 リソースインベントリレポートは、インスタンスまたはプロパティが存在しないリソースのインスタンス名とプロパティ値を誤って入力していました。 この問題は修正され、リソースには、選択したインスタンスまたは存在しないプロパティの空白のエントリが表示されるようになりました。

セキュリティ

  • その他のセキュリティの修正と改善。 このバージョンでは、さまざまなセキュリティ修正と改善がリリースされています。

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.135にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • AWS コネクト –1データソース

    CloudWatchからAWSConnectメトリクスを監視します。

  • AWSデータベース移行サービスのタスク –1データソース

    AWS Database Migrationサービスのメモリ使用量、スループット帯域幅、レイテンシーなどのレプリケーションタスクのパフォーマンスを(CloudWatchを介して)検出および監視します。 この新しいデータソースは、既存のAWSデータベース移行レプリケーションモニタリングを強化します。

  • Cisco ISE:TACACS +ポート –1データソース

    Cisco ISE TACACS +のポート49が開いているかどうかを確認し、開いていない場合はアラートを出します。

  • Cisco HyperFlex – 2つのデータソース、1つのEventSource

    XNUMXつの新しいデータソースを追加しました(Cisco_HyperFlex_NodePerformance 影響により Cisco_HyperFlex_ClusterPerformance)ノードおよびクラスタのパフォーマンスモニタリング用のCiscoHyperFlexパッケージに。 XNUMXつの新しいEventSourceを追加しました(Cisco HyperFlex Events)Cisco HyperFlexの警告、エラー、および重大なイベントのキャプチャ用。

  • (トポロジーマッピング) Dell EMC ECS – 1つのTopologySource、2つのPropertySource

    XNUMXつのPropertySourcesを追加しました(addERI_EMC_ECS_Cluster 影響により addERI_EMC_ECS_Node)とXNUMXつのTopologySource(EMC_ECS_Topology)トポロジマッピングのカバレッジを強化します。

    注意: 次のセクションで詳しく説明するように、トポロジサポートを拡張する目的で、既存のすべてのDell EMCECSデータソースが拡張されました。

  • Dell EMCアイシロン 1 SNMPSysOIDマップ

    Dell EMC IsilonH500ノードのマッピング用の新しいSysOID

  • フォーティネット – 57のデータソース、1つのPropertySource、7つのSNMPSysOIDマップ

    LogicMonitorは、フォーティネットの製品スイートのすぐに使用できる監視を大幅に拡張しました。 XNUMXつのフォーティネット製品ラインの新しいカバレッジが追加され、FortiGateのカバレッジが大幅に強化されました。

  • GCPロードバランサーバックエンドサービスの正常性 –1データソース

    GCPロードバランサーバックエンドインスタンスのヘルスチェック結果を監視します。

  • Microsoft AzureBlobストレージ容量 –1データソース

    Azure BlobStorageサービスの容量メトリックを監視します。

  • Microsoft Azure ExpressRoute 回線 –2つのデータソース

    Azure ExpressRoute回線のデータ帯域幅、およびピアリングごとのデータ帯域幅を監視します。

  • MicrosoftAzure機械学習ワークスペース –1データソース

    Azure Machine Learningワークスペースを検出し、AzureMonitorを介してワークスペースのパフォーマンスとジョブメトリックを監視します。

  • Microsoft Azure SQLデータベース(vCore) –1データソース

    Azure SQLデータベースは、元のDTUモデルまたは新しいvCoreモデルのXNUMXつの価格設定モデルのいずれかを使用します。 Azure SQLを監視するためのLogicMonitorの最初のデータソースは、vCoreベースのデータベースインスタンスでDTUメトリックを追跡しようとすると、データ収集エラーを返していました。 これを改善するために、という名前の新しいデータソースを導入しました Microsoft_Azure_SQLDatabaseNonDTU vCoreベースのデータベースインスタンスで使用します。 次のセクションで説明するように、オリジナル Microsoft_Azure_SQLDatabase データソースは、DTUベースのインスタンスのみを対象とするように追加で更新されました。

  • (トポロジーマッピング) NetApp(7モードおよびクラスターモード) – 2つのTopologySources、1つのPropertySource

    XNUMXつのTopologySourcesを追加しました(NetApp_7mode_Topology 影響により NetApp_Cluster_Topology)とXNUMXつのPropertySource(addERI_NetApp)トポロジマッピングのカバレッジを強化します。

    注意: 次のセクションで詳しく説明するように、NetAppトポロジのサポートを強化する目的で、いくつかの既存のNetAppおよびVMware vCenterLogicModuleが拡張されました。

  • VMware vCenter HA – 2個のデータソース、1個のPropertySource

    VMware vCenter HA(高可用性)の新しいすぐに使用可能な監視では、HAが構成されたvCenterクラスターを検出し、さまざまなクラスターメトリックを監視します。

監視範囲を更新

  • (トポロジーマッピング) addCategory_TopoSwitch – 1 つの PropertySource

    このPropertySourceがトポロジデータが返されないリソースに「TopoSwitch」システムカテゴリを誤って割り当てないように更新しました。

  • アルバESSID –1データソース

    欠落しているデータポイントの説明の追加など、さまざまなクリーンアップを実行しました。 グラフを追加しました。

  • Cisco HyperFlex – 15のデータソースすべて、2つのPropertySource

    認証トークンをキャッシュするためのActiveDiscoveryおよびデータ収集Groovyスクリプトのリファクタリング。 これは、HyperFlexファームウェア4.0(2a)以降にシスコが実装した認証トークンを生成するための新しい認証制限に準拠するために必要でした。 これは、既存のCisco HyperFlex LogicModuleを実行しているすべてのお客様にとってシームレスな更新であり、データの損失は予想されません。

    さらに、認証トークンとは関係なく、データ収集スクリプトのスペースと無効な文字の問題を修正するために、大部分のデータソースでワイルドバリューサニタイズが実行されました。

    さらに、古いAPIバージョンの後方サポートが Cisco_HyperFlex_HypervisorVMS 情報元。

    注意: 前のセクションで詳しく説明したように、新しいEventSourceもこの監視パッケージに追加されました。

  • CiscoUCSラックサーバ –1データソース

    不足している## WILDVALUE ##をに追加しました physicalSecurity データポイント。

  • CitrixXenAppログオンパフォーマンス –1データソース

    認証およびブローカリングデータポイントに対してデータなし/ NaNが返される問題を修正しました。

  • (トポロジーマッピング) Dell EMC ECS –7つのデータソースすべて

    トポロジをサポートするために、ERIプロパティでスクリプトを更新しました。

    注意: 前のセクションで詳しく説明したように、トポロジのカバレッジを強化する目的で、新しいEMC ECSLogicModuleも利用できます。

  • メールサービス –2つのデータソース

    のデータ収集スクリプトを更新しました Email_RoundTrip 影響により Email_TransitTime TLSを無効にするデータソース smtpType プロパティ(インスタンスに設定されている)は、ポート25を使用するように構成されています。スクリプトがポート25を使用するように構成されているときにTLSの使用を有効にする必要がある場合は、 smtp.force.TLS.25 リソースでTRUEに設定すると、ポート25が暗示されているときにTLSを有効にすることが利用可能になりました(smtpType 空白または”)。

  • F5BigIPフェイルオーバーステータス –1データソース

    データポイントの説明とアラートメッセージを改善しました。

  • フォーティネットFortiGate – 9つのレガシーデータソース(非推奨)

    前のセクションで詳しく説明したように、LogicMonitorは、フォーティネットFortiGateの新しい監視パッケージをリリースしました。これは、既存のFortiGateデータソースを非推奨にするのに効果的です。

    注意: 現在非推奨のデータソースを使用している場合、XNUMXつのセット間に名前の違いがあるため、新しいデータソースのセットをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートし、期待どおりに機能していることを確認した後、レガシーデータソースを無効にすることをお勧めします。 新しいFortiGateモニタリングパッケージへの移行の詳細については、を参照してください。 フォーティネットFortiGateモニタリング.

  • フォーティネットFortiGateアクティブIPSecVPNトンネル –1データソース

    のメトリックタイプを変更しました bytesOut 影響により bytesIn ゲージから導出するデータポイント。

    注意: 前のセクションで詳しく説明したように、このリリースでは、フォーティネットFortiGateの新しい監視スイートが発表されました。 スイートを初めてダウンロードする場合、このアップデートはすでに Fortinet_FortiGate_ActiveIPSecVPNTunnels 情報元。 ただし、すでにダウンロードしている場合(このスイートはXNUMX月中旬に利用可能になりました)、このデータソースを更新することをお勧めします。

  • GCP Data Analytics Cloud Pub / Subトピック –1データソース

    まだカバーされていない利用可能なトピックのデータポイントを追加しました。

  • Microsoft Azure アプリケーション インサイト –1データソース

    ## primaryaggregation ##を次のように使用するように例外メトリックを更新します .count もはや機能していませんでした。 さらに、XNUMXつを削除しました BillingMetrics_xx Insightコンポーネントとしてリストされておらず、顧客アカウントで機能していないため、データソースからのメトリック。 Microsoftのを参照してください Azureモニタリングでサポートされるメトリック メトリックのリストに関するドキュメント。

  • MicrosoftAzure仮想マシン –1データソース

    更新しました NetworkIn 影響により NetworkOut 非推奨の「NetworkIn」および「NetworkOut」メトリックではなく、Azureの「NetworkInTotal」および「NetworkOutTotal」メトリックを使用するデータポイント。 データソースからAzureのメトリックページへのリンクを追加しました テクニカルノート フィールド。

  • Microsoft Officeの365 –すべての(13)データソース、すべての(10)ConfigSource、およびすべての(2)PropertySource
    • Office 365パッケージのすべてのLogicModuleの更新:

      特殊文字をキャプチャするために、グローバル変数を一重引用符に切り替えました。 TLS1.2サポートが追加されました。 最近MicrosoftOffice 365によって課されたXNUMXつの同時セッションの最大制限を尊重するように、PSSessionの終了を改善しました。

    • PropertySourcesのみの更新:

      両方のPropertySourcesのAppliesToステートメントが更新され、適切に構成されたOffice 365リソースのみをより適切に対象とし、Office 365資格情報(ユーザー名とパスワード)がリソースツリーのリソースレベルよりも高いレベルのプロパティとして設定された場合に発生する問題を回避します。

      さらに、これらのPropertySourcesが適用していた以前に設定された「NoPing」カテゴリを元に戻し、Office365リソースが再度pingされるようにしました。

      さらに、のスクリプトを更新しました addCategory_Office365Reports デバッグを改善するためにエラーコードをキャプチャするPropertySource。

  • Microsoft Office 365 ExchangeOnlineメールボックスの統計 – 1データソース(削除済み)

    このデータソースは、Microsoft PowerShellモジュールのパフォーマンスの低下に起因するタイムアウトの問題のため、一時的にリポジトリから削除されました。 これらの指標を取得するための代替アプローチを研究しています。

  • Microsoft Azure SQLデータベース(DTU) –1データソース

    AppliesToステートメントを更新して、DTU価格設定モデルを使用するデータベースインスタンスのみをターゲットにしました。 前のセクションで詳しく説明したように、 Microsoft_Azure_SQLDatabaseNonDTU vCoreベースのデータベースインスタンスで使用するためにリリースされました。

  • (トポロジーマッピング) NetAppとVMwarevCenter – 6個のデータソース、1個のPropertySource

    NetAppトポロジマッピングのサポートを次のデータソース(およびPropertySource)に強化する目的で、ERIプロパティを追加しました。 NetApp_7mode_Disks, NetApp_7mode_Volumes, NetApp_Cluster_Disks, NetApp_Cluster_Volumes, VMware_vCenter_HostPerformance, VMware_vCenter_HostStatusaddERI_ESXi.

    注意: 世界 NetApp_Cluster_Disks データソースの更新には、アラートしきい値の更新も含まれます。 ssd_percent_remaining_life データポイント(トポロジマッピングとは関係ありません)。

    注意: 前のセクションで詳しく説明したように、NetAppトポロジのサポートを強化する目的で、新しいNetAppLogicModuleも利用できます。

  • NetAppクラスターのフェイルオーバー –1データソース

    デフォルトのアラートしきい値を既存のものから移動しました node_state 新しいへのデータポイント node_state_alert 複雑なデータポイント。

  • NetAppクラスターファイバーチャネル –1データソース

    から状態のアラートしきい値を移動しました State 新しいへのデータポイント stateAlerts 複雑なデータポイント。

  • NetAppクラスターノード –1データソース

    ノードの状態、イプシロン、およびクラスターの適格性を追跡するためのXNUMXつの新しいデータポイントが追加されました。

  • (トポロジーマッピング) Networking_L2_snmpSwitch –1つのTopologySource

    重複を防ぐために、キャッチブロックから「最終的に」削除されました extractLldpRemotesWalk コール; ExtremeXOSデバイスが検出された場合、GETではなくSNMPウォークを実行するようにTopologySourceに指示しました。

  • ニンブルアレイ情報 –1データソース

    のグラフを追加しました TotalArrayUsagePercent データポイント; マイナーなスクリプトのクリーンアップ。

  • Nutanix仮想マシン –1データソース

    ウォークでのSNMPタイムアウトの増加。 ActiveDiscoverおよびデータ収集スクリプトをクリーンアップしました。

  • RabbitMQノードのパフォーマンス –1データソース

    データなしを処理するようにデータ収集スクリプトを更新しました。

  • スラックイベント –1つのEventSource

    重複するアラート検出を防ぐためにコレクションコードを更新しました。 アラートメッセージを更新しました。

  • Viptelaポリシー –2つのデータソース

    特殊文字がデータ収集を壊さないように、## WILDVALUE ##からMD5ハッシュを作成するActiveDiscoveryおよびCollectionスクリプトを更新しました。

  • Viptelaシステム –5つのデータソース

    欠落しているアラートしきい値を追加し、次のデータソースのさまざまなデータポイントの説明とアラートメッセージを更新しました。 Viptela_System_CPU, Viptela_System_Fans, Viptela_System_Memory, Viptela_System_PSUViptela_System_Status.

  • VMware ESXi:データストアのパフォーマンス –1データソース

    データ収集スクリプトを更新して、counterMapキーの存在をテストし、スクリプトエラーに対処します。

  • VMware VCSA –10つのデータソースすべて

    VCSAはVMwareLinux Photon OSに基づいているため、isWindows()デバイスを除外するようにAppliesToステートメントを更新しました。

  • VMware vSphereVMのパフォーマンス –1データソース

    を元に戻しました CPUReadyperVCPUPercent データポイント計算の変更(v.134で行われた)を元の計算に戻します。 あたり VMwareナレッジベース、元の計算では、CPUの合計パーセント値が正しく変換されていました。

  • ユーザー統計のズーム –1データソース

    ユーザータイプコードとユーザーステータスのキャプチャに関する問題を修正しました。

記事上で