サポートセンターホーム


v.133リリース:アラートクリアルーティングの改善。 ズームの新しい監視

03.19.20に公開

v.133ハイライト:

機能のハイライト:SDT中のアラートクリアルーティングの改善

SDT(スケジュールされたダウンタイム)を構成すると、アップグレード、メンテナンス、またはその他のスケジュールされたアクティビティの結果としてアラートが予想される期間中に、ルーティングされたすべてのアラート通知を抑制することができます。 この機能は、計画されているため、アラームの原因とならないアクティビティの周囲のアラートノイズを排除するのに理想的です。

ただし、多くのLogicMonitorユーザーは、アラートの根本原因のトラブルシューティング中にアラート通知の繰り返しまたはエスカレーションを一時的に抑制する目的で、リソースをSDTに即座に配置します。 これはアラートノイズを減らすのに効果的ですが、問題が解決された後はアラートクリア通知がルーティングされなかったことも意味します。 サードパーティアプリケーションでチケットを開いたり閉じたりする目的でアラート通知をサードパーティアプリケーションにルーティングするユーザーの場合、アラートクリア通知がないと、チケットが孤立する可能性があります。

サードパーティアプリケーションで孤立したチケットの発生率を減らすために、LogicMonitorは、SDTが実行されている間のアラートクリア通知の新しいデフォルトの動作を導入しています。 v.133のリリースでは、 アラートがクリアされたときに通知を送信する オプションをオンにすると(このオプションはデフォルトでチェックされます)、以前にルーティングされたデータソースアラートのアラートクリア通知を常にルーティングします。 つまり、データソースアラート通知がルーティングされた場合、最初の通知がルーティングされた後にリソースがSDTに配置されたとしても、アラートクリア通知もルーティングされます。

を含むアラートルール アラートがクリアされたときに通知を送信する オプションをオンにすると(このオプションはデフォルトでチェックされます)、SDTが後でアクティブ化された場合でも、以前にルーティングされたデータソースアラートのアラートクリア通知を常にルーティングします。

この新しいデフォルトの動作は、サードパーティアプリケーションのループを閉じるのに役立ち、アラート通知によって自動的に開かれたチケットも、アラートがクリアされたときに自動的に閉じられるようにします。

注意: この動作は、データソースによってトリガーされたアラートに対してのみ適用されます。

プラットフォームの機能強化

アラート

  • 根本原因分析の更新。 依存する「到達可能性」および「非到達可能性」アラート通知を無効にするためのXNUMXつの設定が分離され、アラート通知のルーティングの柔軟性が向上しました。 これは、すべて同じ依存関係インシデントの一部である可能性がある他のリソースアラートとは対照的に、異なるチームが停止アラートを処理する場合に役立つ可能性があります。

  • グロブ除外機能。 glob式内でexclude関数を使用すると、サブグループを除外するために正しく機能しませんでした。 たとえば、式 group1!(/subgroup2) 「subgroup2」のリソースと誤って一致していました。 これは修正されました。

LMクラウド

  • AWSFSxタグが検出されました。 AWS FSxタグが検出され、AWSFSxインスタンスのプロパティとして追加されるようになりました。

LMコンテナ

  • 適切なコレクターバージョンの自動使用。 以前は、Kubernetesモニタリングが特定のコレクターバージョンを使用するように構成されていて、そのバージョンが古くなったり使用できなくなったりした場合、その後の新しいコレクターコンテナの作成は失敗しました。 この監視とコレクターの可用性の中断を回避するために、この機能を改善して、このような障害の後に利用可能/更新されたコレクターバージョンが自動的に使用されるようにしました。

レポート

  • 破損したPDFレポート配信の防止。 場合によっては、スケジュールされたPDFレポートの生成が失敗し、破損したレポートが配信されていました。 失敗したレポートの配信を防ぐために改善が行われました。

トポロジーマッピング

  • アラートオーバーレイアイコンの自動更新。 トポロジマップのアラートオーバーレイアイコンは、アラートページと同じ90秒間隔で自動更新されるようになりました。 トポロジマップに含まれるリソースの新しいアラート(またはクリアされたアラートの削除)を表示するために、手動で更新する必要がなくなりました。
  • トポロジマップでリソースを追加、削除、または移動するときの、よりインテリジェントなリソースの配置。 マップされたリソースに接続を追加または削除するときに、トポロジマップ全体が更新されなくなりました。 階層レイアウト、水平レイアウト、および放射状レイアウトの場合、新しいリソースは、それらが接続されているリソースの位置を基準にして追加されます。 この改善された動作により、マップ上のすべてのリソースを再配置することなく、より予測可能な方法でリソースが追加されます。

    ドラッグアンドドロップでリソースを移動すると、移動中のリソースへの発信接続上のリソースも一緒に移動します。 この改善された動作により、個々のリソースを所定の位置にドラッグすることなく、リソースをまとめて移動することが容易になります。 接続に着信と発信の複数のエッジがある場合、リソースは互いに独立して移動し続けます。

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.133にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • GCPビッグテーブル –1データソース
    • クラスターのパフォーマンス(CPU、ディスク負荷、ノード数)やテーブルリクエストなど、GCP CloudBigtableクラスターのStackDriverデータを検出して監視します。
  • GCP相互接続– 2データソース
    • GCP Cloud Interconnectインスタンス(DedicatedInterconnectとPartnerInterconnectタイプの両方)のStackDriverデータを検出して監視します。
  • GCP スパナー –1データソース
    • GCP CloudSpannerデータベースのStackDriverデータを検出して監視します。
  • Huaweiシャーシ – 5個のデータソース、1個のPropertySource
    • ファンの速度、温度、信号強度、電力使用量など、さまざまなHuaweiシャーシメトリックを監視します。
  • Microsoft WindowsUACトラブルシューティング –1データソース
    • 一連のチェックを実行して、リソースでユーザーアカウント制御(UAC)が有効になっている場合にアラートを出します。 トラブルシューティングインスタンスが検出された場合、これはUACが有効になっており、WMIに問題が発生している可能性があることを示しています。
  • MicrosoftAzureコグニティブサービス –1データソース
    • Azure CognitiveServicesアカウントのAzureMonitorメトリックを検出および監視します。
  • MicrosoftAzureフロントドア –1データソース
    • Azure FrontDoorリソースのAzureMonitorメトリックを検出および監視します。
  • MicrosoftAzureサービスファブリック –1データソース
    • Azure ServiceFabricメッシュアプ​​リケーションのAzureMonitorメトリックを検出および監視します。
  • Microsoft WindowsHyper-V仮想マシン –1データソース
    • 名前の付いた新しいデータソース Win_HyperV_VirtualMachines すべてのWindowsHyper-V仮想マシンの監視を単一のデータソースに統合するがリリースされました。 重要: この新しいデータソースは、以前はWindowsバージョンに従って分割されていた次のレガシーHyper-V仮想マシンデータソースを非推奨にします。 Win2k12_HyperV_VirtualMachines, Win2k12r2_HyperV_VirtualMachines, Win2k16_HyperV_VirtualMachines, Win2k8_HyperV_VirtualMachines, Win2k8r2_HyperV_VirtualMachines.

      世界 addCategory_HyperV PropertySourceが更新され、新しい統合されたデータソースをサポートするためにバージョン情報が識別されるようになりました。

  • ズーム– 5つのデータソース、1つのPropertySource
    • 部屋の状態やグローバルユーザー統計など、Zoomクラウドサービスのさまざまな側面を監視します。 見る ズーム監視 このパッケージが監視する内容の詳細、および監視の設定手順については、こちらをご覧ください。

監視範囲を更新

  • Cisco Nexus FRU 電源 –1データソース
    • 新しいバージョンのCiscoNexusファームウェアとの互換性の問題を修正しました。
  • CitrixXenAppトラブルシューティング –1データソース
    • アラート/インスタンスのクリアを改善するために、アクティブディスカバリーのスケジュールを「ホスト/データソースが追加または変更された場合のみ」から15分間隔に変更しました。 ActiveDiscoveryスクリプトをクリーンアップしました。
  • EMCRAIDグループ –1データソース
    • 欠落している## WILDVALUE ##トークンをデータポイントに追加します。 バッチスクリプトの改善とグラフの更新を行いました。
  • フォーティネットFortiOS – 1 構成ソース
    • スクリプトの効率と正規表現のマッチングが大幅に改善されました。
  • ジュニパーJUNOS – 1 構成ソース
    • 正規表現のマッチングの高速化、大きすぎる構成ファイルの切り捨て、デバッグが有効な場合のzipファイルへのstdoutなど、さまざまな修正と改善が行われました。
  • Linuxディスクのパフォーマンス –1データソース
    • ActiveDiscoveryおよびコレクションスクリプトをクリーンアップしました。 テクニカルノートを追加。 改善されたデータポイントの説明とグラフ。
  • Microsoft Exchangeの – 1 つの PropertySource
    • の可変タイプミスを修正しました addCategory_MicrosoftExchange_PowerShell PropertySourceのコレクションスクリプト。
  • MicrosoftExchangeトランスポートキューの概要2016+ –1データソース
    • 欠落しているアラートしきい値を追加しました。
  • Microsoft Office 365Outlookの電子メールアクティビティ –1データソース
    • グラフとデータポイントの説明を更新しました。
  • Microsoft WindowsHyper-V仮想マシン – 4つのデータソース(非推奨)、1つのPropertySource(更新)
    • 前のセクションで説明したように、すべてのWindowsHyper-V仮想マシンの監視を単一のデータソースに統合する新しいデータソースがリリースされました。 この新しいデータソースは、以前はWindowsバージョンに従って分割されていた次のレガシーHyper-V仮想マシンデータソースを非推奨にします。 Win2k12_HyperV_VirtualMachines, Win2k12r2_HyperV_VirtualMachines, Win2k16_HyperV_VirtualMachines, Win2k8_HyperV_VirtualMachines, Win2k8r2_HyperV_VirtualMachines.

      現在レガシーデータソースを使用している場合、名前が異なるため、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、従来のデータソースがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートした後は、従来のデータソースを無効にすることをお勧めします。

      世界 addCategory_HyperV PropertySourceが更新され、新しい統合されたデータソースをサポートするためにバージョン情報が識別されるようになりました。

    • NetAppクラスターのグローバルパフォーマンス 1データソース
      • nullデータ操作を防ぐために、新しい安全なナビゲーションと値のチェックが追加されました。 グラフをクリーンアップしました。
    • NetApp ESeries [HDDステータス| SSDステータス] –2つのデータソース
      • 不要なデータなしアラートを削除しました。 マイナーコードのクリーンアップ。
    • OpenMetrics –すべての(2)データソース
      • 解析操作に大幅な改善を加えました。
    • Palo Alto Firewall Running Config(XML) – 1 構成ソース
      • DifferenceCheckの問題に対処するためにコレクションスクリプトを更新しました。
    • PureStorageドライブ –1データソース
      • 未使用のドライブステータスをキャプチャするための新しいswitchステートメントが追加されました。
    • SonicWall [グローバル統計| VPN接続] –2つのデータソース
      • テクニカルノートの壊れたハイパーリンクを削除しました。 グラフをクリーンアップしました。
    • SonicWall SonicOS – 1 構成ソース
      • 差分チェックの修正を実行しました。 さらにフィルタリングを追加しました。
    • Topology mapping PropertySourceを更新 – 1 つの PropertySource
      • CDPをに追加しました addERI_HPSwitch PropertySource。
    • Topology mapping 更新されたTopologySource –1つのTopologySource
      • のデバッグの問題を修正しました Networking_L2_snmpSwitch TopologySource。
    • VMwarevCenterのステータス –1データソース
      • トポロジメソッドが見つからないために発生したActiveDiscoveryスクリプトの問題を修正しました。
    • VMware vSAN [キャッシュディスクのパフォーマンス| 容量ディスクのパフォーマンス| クラスターのパフォーマンス| ディスクグループのパフォーマンス| ホストのパフォーマンス| VMパフォーマンス] –6つのデータソース
      • 収集スクリプトのパフォーマンスを改善し、スケーラビリティの問題に対処するために、スレッドプールのサポートが追加されました。

今後

ロギング

  • セッションIDの削除。 今後のリリースでは、監査ログエントリ([監査ログ]ページに表示される)または対応するAPIエンドポイントにセッションIDを含めなくなります。

記事上で