サポートセンターホーム


v.132リリース:電子メールアラートのグラフ。 Office365の新しい監視

02.26.20に公開

v.132ハイライト:

機能のハイライト:電子メールアラートに含まれるグラフ

電子メールで届くアラート通知には、解決までの時間を短縮するためにデータソースグラフが自動的に含まれるようになりました。 アラートのインスタンスとデータポイントに関連するすべてのグラフは、アラート通知の最後に表示されます。 これらは、([グラフ]タブから)[アラート]ページからアラートを表示するときに使用できるグラフと同じです。 すべてのグラフには、アラートの直前の60分のデータが含まれます。

電子メールアラート通知のグラフ

注意: グラフは、データソースによって生成された電子メールアラートにのみ含まれます。 監視対象のWebサイトの電子メールアラートには、現在グラフが含まれていません。

プラットフォームの機能強化

アラート

  • 絶対デルタ%比較計算。 「絶対デルタ%」比較方法(静的データポイントのしきい値を設定するときに使用可能)が正しく計算されていませんでした。 変化率は、古い値ではなく、新しい値に対して計算されました)。 これは修正されました。
  • 失敗したエスカレーション。 場合によっては、トリガーからXNUMX分以内にエスカレーションされたアラートがエスカレーションに失敗していました。 これが発生するとエラーが返されるようになり、エスカレーションを再試行できるようになりました。

アラートの統合

  • ServiceNow(インシデント管理)の統合。 ServiceNowのアラート統合を構成する場合、スペース文字を 企業情報 フィールド(オートコンプリートドロップダウンから選択するのではなく)がエラーを引き起こしました。 これは修正されました。

LMクラウド

  • 新しいAWSの場所。 AWSeu-west-3およびeu-north-1ロケーションのサポートが追加されました。 これらの場所を選択できるようになり、LogicMonitorはこれらの地域でサポートされているサービスを自動的に検出し、監視を開始します。
  • EC2インスタンスIPの新しいプロパティ。 名前の付いた新しいプロパティ system.aws.additionalPrivateIpAddresses EC2インスタンスの複数のプライベートIPアドレスを保存するために利用できるようになりました。 該当する場合、この新しいプロパティはCloudCollectorによって自動的に入力されます。 このプロパティによって保存されたデータが役立つ場合があります( cloud.primaryIP プロパティ)データ収集用にIPをカスタマイズする場合。
  • AWSMSKブローカーの命名が改善されました。 同じクラスター名で再作成またはサイズ変更されたAWSMSKクラスターは、ブローカーを正常に再検出できませんでした。 これは、ブローカーの名前が重複しているためであり、LogicMonitorは新しいブローカーを以前のブローカーの重複として認識していました。 再作成またはサイズ変更されたクラスターのブローカー検出を成功させるために、MSKブローカー名にブローカーサイズが追加され、名前がより一意になり、重複しにくくなりました。

リモートセッション

  • RDPセッションの問題。 RDPプロトコルを使用して失敗およびドロップされたリモートセッションで繰り返し発生する問題が解決されました。

レポート

  • インターフェイス帯域幅レポートの新しいフィルタリング。 インターフェイス帯域幅レポートは、以前にサポートされていたリソースおよびリソースグループによるフィルタリングに加えて、glob式によるインターフェイスフィルタリングをサポートするようになりました。

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.132にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • AWS アテナ – 1データソース
    • クエリの状態、クエリごとにスキャンされたデータの量、合計実行時間など、AWSAthenaワークグループのCloudWatchメトリクスを検出および監視します。
  • AWS DocumentDB – 1データソース
    • レプリケーションラグ、ディスク使用率、CPU使用率など、AWSDocumentDBクラスターのCloudWatchメトリクスを検出および監視します。
  • AWS OpsWorks – 1データソース
    • CloudWatchによって報告された、AWS OpsWorksスタックの多数のCPU、メモリ、負荷、およびプロセスのメトリクスを検出および監視します。
  • AWSステップ関数– 1データソース
    • CloudWatchによって報告された、AWS Step Functionsステートマシンの多数の実行、アクティビティ、サービス統合、サービス、およびAPIメトリックを検出および監視します。
  • チェックポイント– 7つのデータソース、1つのPropertySource
    • 新しいチェックポイントデータソースとXNUMXつの新しいPropertySourceという名前 addCategory_Checkpoint リリースされました。 これらの新しいデータソースは、AppliesToロジックが大幅に効率化されており、既存の従来のチェックポイントデータソースを非推奨にしています。 新しいデータソース機能は、名前にアンダースコアを付けます(たとえば、 Checkpoint_HA_Status)。 現在レガシーデータソースを使用している場合、モジュールの上書きを排除するために名前が変更されているため、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートした後は、従来のデータソースを無効にすることをお勧めします。
  • F5 GTM – 1 プロパティソース
    • 名前の付いた新しいPropertySource addCategory_F5GTM 「F5GTM」の値を自動的に追加します system.categories F5GTMを持っていると識別されたホストのプロパティ。 以前は、このカテゴリをホストのプロパティに手動で追加する必要がありました。
  • Redis用のGCPメモリストア– 1データソース
    • ブロックされたクライアントの数、接続されたクライアントの数、通話の合計時間、通話あたりの平均時間、その他多くの指標を含むGCP MemorystoreRedisインスタンスのStackDriverデータを検出して監視します。
  • Microsoft Azureデータファクトリ– 1データソース
    • Azure Monitorによって報告されるように、Azure Data Factoryの多数の実行(パイプライン、アクティビティ、トリガー)、統合ランタイム、およびリソースエンティティメトリックを検出および監視します。
  • Microsoft Azureイベントグリッド– 1データソース
    • Azure EventGridトピックのAzureMonitorメトリックを検出および監視します。
  • Microsoft Azureロードバランサー– 1データソース
    • Azure LoadBalancerのAzureMonitorメトリックを検出および監視します。
  • Microsoft Azureロジックアプリ– 1データソース
    • Azure Monitorによって報告されるように、Azure Logic Appワークフローの多数の実行、アクション、トリガー、および課金のメトリックを検出および監視します。
  • MicrosoftAzureパブリックIP– 1データソース
    • Azure Monitorによって報告されるように、AzureパブリックIPアドレスの多数のインバウンドおよびアウトバウンドパケットメトリック、IP可用性、およびDDoSメトリックを検出および監視します。
  • Microsoft Azureレプリケーションジョブ(リカバリボールト内)– 1データソース
    • リカバリボールト内のAzureReplicationジョブを検出および監視します。
  • Microsoft Azure ストリーム分析 – 1データソース
    • リソース使用率、入出力イベント、エラー、コールアウト要求の数など、Azure StreamAnalyticsジョブのAzureMonitorメトリックを検出および監視します。
  • Microsoft DHCPサーバー– 1データソース
    • 名前の付いた新しいデータソース Microsoft_DHCP_IPv4 サーバー パフォーマンス効率と不要なログ生成の回避のためにGet-WMIからCIMに移行するがリリースされました。 重要: この新しいデータソースはレガシーを廃止します Microsoft_DHCP_IPv4サーバー データソース(従来のデータソース名には複数形がないことに注意してください)。 現在レガシーデータソースを使用している場合、名前が異なるため、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、両方のデータソースがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートした後は、従来のデータソースを無効にすることをお勧めします。
  • Microsoft Exchange – 1 プロパティソース
    • 新しい addCategory_MicrosoftExchange_PowerShell PropertySourceは、リモートPowerShellまたはCIMセッションのいずれかを使用して、インストールされているMicrosoft ExchangeServerのバージョンを識別します。 このPropertySourceは、Windowsベースのコレクターによって監視されるMicrosoft Windowsホストにのみ適用され、より多くの認証方法と改善されたCIMクラスを提供します。 ホストがLinuxコレクターによって監視されている場合、 addCategory_MicrosoftExchange 代わりにPropertySourceが適用されます。
  • マイクロソフト オフィス 365 – 14個のデータソース、2個のPropertySource、10個のConfigSource
    • Microsoft Office 365の展開の状態と、基盤となるサービスおよびライセンスの使用状況を表示し、障害をすばやく特定し、それに応じてパフォーマンスとライセンスの使用率を管理できるようにします。 見る Microsoft Office365の監視 このパッケージが監視する内容の詳細、および監視の設定手順については、こちらをご覧ください。
  • Microsoft SQL サーバー – 1 プロパティソース
    • Microsoft SQL Server監視スイートが大幅に更新され、SQLインスタンスへの接続効率が向上しました。 更新されたデータソースには、新しいデータソースが必要です Microsoft_SQLServer_Connections PropertySourceは、データソースがSQLServerに接続するために使用するJDBC接続文字列の作成を担当します。 アップグレードの詳細については、 最新のLogicModuleへの移行 Microsoft SQL ServerMonitoringのサポート記事のセクション。
  • ネットギア ReadyNAS – 4つのデータソース、1つのSNMPSysOIDマップ
    • シャーシ温度を含むNetgearReadyNASデバイスのさまざまな側面を監視します。 物理ディスクの容量、温度、およびエラー。 ファンのヘルスステータスとRPM。 およびボリュームストレージのメトリックと動作ステータス。
  • OSPF_Neighbors – 1つのデータソース、1つのPropertySource
    • 新しい OSPF_ネイバー データソースと addCategory_OSPF PropertySourceは、SNMPv3マルチコンテキストをサポートするためにリリースされました。 重要: 新しいデータソースはレガシーを廃止します OSPFネイバー データソース(従来のデータソース名にアンダースコアがないことに注意してください)に加えて、アラートとグラフが改善されています。 現在レガシーデータソースを使用している場合、モジュールの上書きを排除するために名前が変更されているため、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、両方のデータソースがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信する可能性があります。 このため、新しいデータソースをインポートした後は、従来のデータソースを無効にすることをお勧めします。
  • Veeam Backup&Replication:バックアップセッション– 1データソース
    • バックアップジョブセッションのメトリックを収集します。 これらの指標は、以前に Veeam_BackupAndReplication_Jobs_Backups データソースですが、この機能はこのデータソースから削除され、新しいデータソースで改善されています Veeam_BackupAndReplication_BackupSessions アラートノイズを低減するためのデータソース。

監視範囲を更新

  • チェックポイント– 7個のデータソースすべて
    • 前のセクションで説明したように、従来のチェックポイントデータソースを廃止する新しいチェックポイントデータソースがリリースされました。
  • Ciscoエンティティセンサー– 1データソース
    • 動作したことのないセンサーのインスタンスが作成されないようにするためのアクティブディスカバリーフィルターが追加されました。 更新されたデータソースをダウンロードすると、新しいActiveDiscoveryフィルターパラメーターを満たさない既存のインスタンスは30日以内に期限切れになります。 アラートトリガー間隔を追加しました。
  • Cisco FRU 電源 – 1データソース
    • スクリプトのマイナーな改善。
  • Cisco UCSコンポーネントヘルス– 1データソース
    • 「指定されていない」CPUインスタンスを除外するためのアクティブディスカバリフィルタリングが追加されました。
  • Citrix NetScaler – 1 構成ソース
    • フィルタ基準を更新しました。
  • EMC Avamarクライアントバックアップ– 1データソース
    • ステータスデータポイントのしきい値とアラートメッセージを更新しました。
  • isNetwork()– 1AppliesTo関数
    • 「Sophos」または「SophosXG」の値がリソース内に含まれている場合にTRUEを返すように、この便利な関数を更新しました system.categories
  • Linux SSH – 7のデータソース、2つのPropertySource
    • ActiveDiscoveryおよびコレクションスクリプトのデフォルトのポート使用の問題を修正しました。
  • メラキ[MR統計| MS統計| MX統計| Z統計] – 4データソース
    • 新しいMerakiデバイスタイプ/モデルとの識別を改善するために、説明の代わりに製品IDを使用するようにOIDを更新しました。
  • Microsoft DHCPスコープ– 1データソース
    • パフォーマンスの効率化と不要なログ生成の回避のために、Get-WMIからCIMに移行しました。 更新しました テクニカルノート フィールド。
  • Microsoft DHCPサーバー– 1データソース
    • 前のセクションで説明したように、レガシーを廃止する新しいデータソースがリリースされました Microsoft_DHCP_IPv4サーバー 情報元。
  • Microsoft Exchange – 2プロパティソース
    • 世界 addCategory_MicrosoftExchange 影響により Microsoft_Exchange_Info PropertySourcesは、Linuxコレクターによって監視されているMicrosoftWindowsホストにのみ関連付ける新しいAppliesToロジックを備えています。 Windowsベースのコレクターによって監視されているホストは、新しい addCategory_MicrosoftExchange_PowerShell 前のセクションで説明したPropertySource。
  • Microsoft SQL サーバー – 11個のデータソース(8個が更新され、3個が非推奨)、1個のPropertySource
    • Microsoft SQL Server監視スイートが大幅に更新され、SQLインスタンスへの接続効率が向上しました。 更新されたデータソースには、新しいデータソースが必要です Microsoft_SQLServer_Connections 前のセクションで説明したPropertySource。 一部のデータソースは非推奨になりました。 アップグレードの詳細については、 最新のLogicModuleへの移行 Microsoft SQL ServerMonitoringのサポート記事のセクション。
  • NetApp クラスタ アグリゲート – 1データソース
    • スクリプトの失敗を防ぐために、try / catchでラップされています。
  • NetApp Eシリーズ– 12個のデータソースすべて
    • IDマッチングの問題を修正しました。 IPアドレスが1つしか設定されていないE / EFシリーズデバイスがある場合、同じWebサービスプロキシインスタンスに関連付けられたデバイスによって生成されたすべての履歴データは疑わしいと見なす必要があります。
  • NetSNMPメモリ使用量– 1データソース
    • MacOSメモリモニタリングのサポートが追加されました。
  • OpenMetrics – すべての(2)データソース
    • ブール値を誤って解釈していたActiveDiscoveryおよびコレクションスクリプトの問題を修正しました。
  • Nutanix:ハイパーバイザーと仮想マシン– 2データソース
    • データポイントとグラフのクリーンアップ。
  • OSPF_Neighbors – 1データソース
    • 前のセクションで説明したように、レガシーを廃止する新しいデータソースがリリースされました OSPFネイバー 情報元。
  • パロアルトファイアウォール:OSPFネイバー– 1データソース
    • 改善されたデータポイントアラートメッセージとグラフ。
  • PostgreSQLサーバー– 1データソース
    • グラフとデータポイントアラートメッセージにさまざまな改善を加えました。
  • SNMP HRディスク– 1データソース
    • 値の誤った丸めを引き起こしていた「PercentUsed」複合データポイントの問題を修正しました。
  • トポロジーマッピング 更新されたPropertySources –12つのPropertySources
    • 次のPropertySourcesのLLDPシャーシIDの汎用キーブロッキングを追加しました。 addERI_アリスタ, addERI_BarracudaLoadBalancer, addERI_Cisco, addERI_デバイス, addERI_HPSwitch, addERI_Huawei, addERI_ジュニパー, addERI_Linux, addERI_メラキ, addERI_NetScaler, addERI_PaloAlto, addERI_Ubiquiti.
  • Veeam Backup&Replication:バックアップジョブ– 1データソース
    • バックアップセッションの監視をこのデータソースから新しいデータソースに移動しました Veeam_BackupAndReplication_BackupSessions アラートノイズを低減するためのデータソース。
  • Veeam Backup&Replication:Windowsエージェントジョブ– 1データソース
    • 重複ジョブの監視をサポートします。
  • VMware vCenterデータストアクラスター– 1データソース
    • このデータソースを複数のデバイスに適用できなかったActiveDiscoveryスクリプトの問題を修正しました。
  • VMware vCenter / vSphere [VM Performance | VMステータス] – 4データソース
    • トポロジマッピングを改善するためのブロックされたループバックMACアドレス。
  • VMware vSANディスクグループのパフォーマンス– 1データソース
    • パフォーマンスの向上と効率化のために、収集方法をバッチスクリプトに変換しました。 さまざまなActiveDiscoveryスクリプトの改善。 グラフのクリーンアップ。

ベータ版への移行:統合ページ

v.132では、LogicMonitorは、LogicModulesを管理するための新しいインターフェイスであるIntegrationsページのベータ版を開始します。 [統合]ページでは、監視アクティビティで使用できるすべてのLogicModule統合(データソース、PropertySource、EventSourceなど)を一元的に表示できます。

新しい統合ページでは、次のようないくつかの新機能が提供されます。

  • LMエクスチェンジ。 LogicMonitorリポジトリは、[統合]ページのUIから直接利用できます。 LogicMonitorによって公開されているか、LogicMonitorユーザーコミュニティのメンバーによって公開されているかに関係なく、新規および更新されたLogicModuleを参照、検索、およびインポートできます。
  • 安全なLogicModuleマージ(SLM)。 LogicModuleに対して行ったグローバルレベルのカスタマイズ(収集間隔、アラートしきい値、データポイント、AppliesToロジック、Active Discoveryフィルターなど)が、更新をインポートするときに強調表示されるようになり、マージと保存が簡単になりました。
  • 統合パッケージ。 統合パッケージは、デバイスまたはシステムの完全な監視範囲を提供するために連携して機能するLogicModuleのグループです。 LogicModuleを提供するテクノロジーに従ってパッケージ化することにより、統合ページは、特定のリソースを正常に監視するために必要なLogicModuleの鳥瞰図を提供するだけでなく、パッケージ全体を効率的にインポートして完全な監視範囲を確保する機能も提供します。
  • 新しいエディターUI。 LogicModuleエディターの新たな再設計(ベータ版では、開始するデータソース定義の編集のみがサポートされます)。

参加に興味がありますか? 詳細については、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

Oracle用のデータソースパッケージ
新しい統合ページは、LogicMonitorリポジトリをプラットフォームに直接取り込み、新規および更新されたLogicModuleを簡単に参照、検索、およびインポートできるようにします。 ここに示すように、LogicModuleは、特定のリソースを正常に監視するために必要なLogicModuleの鳥瞰図用の統合パッケージに編成されています。 (アルファ版からキャプチャされたUIイメージ。変更される可能性があります。)

記事上で