サポートセンターホーム


v.131リリース:ApacheHadoopの新しいモニタリング。 拡張トポロジカバレッジ

02.04.20に公開

このリリースでは:

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.131にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • Apache Hadoop – 21のデータソース、5つのPropertySource
    • HDFS NameNode、HDFS DataNode、Yarn、およびMapReduceコンポーネントのメトリックを監視します。 見る ApacheHadoopモニタリング このパッケージが監視する内容の詳細、および監視の設定手順については、こちらをご覧ください。
  • AWS AppStream – 1データソース
    • CloudWatchによって報告されたように、AmazonAppStreamフリートのパフォーマンスと容量を監視します。
  • AWS MQ – 1データソース
    • CloudWatchによって報告されるように、Amazon MQBrokerのパフォーマンスデータを監視します。
  • 効率的なバックアップ – 3つのデータソース、1つのPropertySource
    • すべてのレガシーAxcientLogicModuleを置き換えるために、新しいLogicModuleがリリースされました。 新しいデータソース機能は、定義名にアンダースコア(_)を使用します(たとえば、 Axcient_Backup_Jobs)、非推奨のデータソースと比較して(たとえば、 Axcient バックアップ ジョブ)。 現在、レガシーデータソースを使用してAxcientを監視している場合、モジュールの上書きを排除するために名前が変更されているため、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいデータソースをインポートした後は、従来のAxcientデータソースを無効にすることをお勧めします。
  • バラクーダロードバランサー– 1つのTopologySource、1つのPropertySource
    • 新しい BarracudaLoadBalancer_HA TopologySource 影響により addERI_BarracudaLoadBalancer PropertySourceは、Barracuda LoadBalancerのトポロジサポートを提供します。
  • Ciscoトランシーバセンサー(CLI)– 1つのデータソース、1つのPropertySource
    • この新しいデータソースは、既存のSNMPベースと同じ監視機能を提供します Cisco_Transceiver_Sensor データソースですが、CLIアクセスの結果として得られるパフォーマンスと効率の向上を提供します。 新しい addCategory_CiscoTransceiversCLI PropertySourceは、CLIアクセスが正しく機能するかどうかを確認し、互換性があると見なす場合は、このデータソースの新しいCLIバージョンを適用するために必要なプロパティを追加します。
  • EMC Avamarトラブルシューティング– 1データソース
    • Avamarホストが適切に構成されていることを確認するのに役立ちます。
  • HPスタック– 1 SNMPSysOIDマップ
    • 新しいHPスイッチ用の新しいsysOID。
  • メラキ– 1つのTopologySource、1つのPropertySource
    • 新しい Meraki_Cloud_Topology TopologySourceおよび addERI_メラキ PropertySourceは、Merakiクラウドデバイスのトポロジサポートを提供します。 次のセクションで強調表示されているように、トポロジのサポートを改善するために、いくつかのMerakiデータソースも更新されています。
  • Microsoft PowerShell情報– 1 プロパティソース
    • 新しい Microsoft_Powershell_Info PropertySourceは、PowerShellのバージョン情報を取得し、WinRMが有効か無効かを判断します。
  • Oracle データベースのシステム メトリック – 1データソース
    • OracleデータベースのV $ Sysmetricテーブルからの過去60秒間のシステムメトリック値を表示します。
  • ユビキティ UniFi – 1つのTopologySource、1つのPropertySource
    • 新しい Ubiquiti_UniFi_Wireless TopologySourceおよび addERI_Ubiquiti_UniFi PropertySourceは、UbiquitiUniFiギアのトポロジサポートを提供します。 次のセクションで強調表示されているように、トポロジのサポートを改善するために、いくつかのUbiquitiUniFiデータソースも更新されています。
  • Veeam Backup&Replicationマネージドエージェントバックアップ– 1データソース
    • Veeamマネージドエージェントのバックアップを監視します。
  • VMware ESXi – 1 トポロジソース
    • 新しいVMware_ESXi_TopologyTopologySourceは、スタンドアロンESXiのトポロジサポートを提供します。 次のセクションで強調表示されているように、トポロジのサポートを改善するために、いくつかのVMware ESXi / vSphereデータソースも更新されています。

監視範囲を更新

  • 効率的なバックアップ – 3個のデータソースすべて
    • すべてのレガシーAxcientLogicModuleを置き換えるために、新しいLogicModuleがリリースされました。 新しいデータソース機能は、定義名にアンダースコア(_)を使用します(たとえば、 Axcient_Backup_Jobs)、非推奨のデータソースと比較して(たとえば、 Axcient バックアップ ジョブ)。 現在、レガシーデータソースを使用してAxcientを監視している場合、モジュールの上書きを排除するために名前が変更されているため、新しいデータソースをインポートしてもデータが失われることはありません。 ただし、データソースの両方のセットがアクティブである限り、重複データを収集し、重複アラートを受信します。 このため、新しいデータソースをインポートした後は、従来のAxcientデータソースを無効にすることをお勧めします。
  • Cisco APIC – 9のデータソースすべて、1つのPropertySource
    • エラーが発生した場合はすぐに終了します。 詳細なエラー印刷メッセージ。
  • Ciscoエンティティセンサー– 1データソース
    • SNMPベースのメトリックをサポートしないか、CLI出力と比較して競合するデータを返すCiscoホストに対処するために、CLIの互換性とアラート順序の更新が追加されました。 さらに、「low_alert」および「high_alert」データポイントのカスタムアラートメッセージの誤った名前のトークンを修正しました。
  • Cisco HyperFlexデータストア– 1データソース
    • 「StorageUtilization」データポイント計算の問題を修正しました。
  • Cisco Nexus FRUクラスタパワー– 1データソース
    • 廃止予定 Cisco_Nexus_FRU_Cluster_Power データソースは、と同じ機能を共有しているため Cisco_Nexus_FRU_電源 情報元。 現在この非推奨のデータソースを実行している場合は、非推奨になっていないバージョンを実行していることを確認した後、無効にすることを検討してください(履歴が失われないようにすぐに削除しないでください)。
  • Cisco NX-OS – 1 構成ソース
    • 修正が適用されました Cisco_NXOS ConfigSourceをsetMaxBackupIndexに設定して、インスタンスごとに10ではなくXNUMXつの「永続ファイル」のみを保存します。さらに、ログレベルがINFOからERRORに変更され、ログの行が少なくなりました。
  • シスコの QoS – 1データソース
    • グラフが改善され、デフォルトクラスのフィルタリングが削除されました。
  • Ciscoトランシーバーセンサー– 1データソース
    • SNMPベースのメトリックをサポートしないか、CLI出力と比較して競合するデータを返すCiscoホストに対処するために、CLIの互換性とアラート順序の更新が追加されました。
  • Citrix すべてのライセンス – 1データソース
    • Get-WMIObjectから移動し、パフォーマンスの向上とシステムロギングの削減のためにGet-CIMInstanceを採用しました。
  • シトリックス EUEM – 1 プロパティソース
    • のWMIクエリを更新しました addCategory_CitrixEUEM system.categoryプロパティ値の割り当てを改善するPropertySource。
  • デバイスの基本情報– 1 プロパティソース
    • のコア/論理コア数に関する問題に対処しました Device_BasicInfo PropertySource。
  • EMC Avamarチェックポイント– 1データソース
    • 無効になったインスタンスを削除するのに役立つ30日間のインスタンス永続性フラグを追加しました。
  • EMC XtremIOデータ保護グループ– 1データソース
    • 非推奨のAPIデータポイントの処理を追加しました。
  • 富士通エターヌス– 1 プロパティソース
    • AppliesToロジックの更新を行い、スクリプトをクリーンアップしました addCategory_FujitsuEternus PropertySource。
  • HP 3PARディスク– 1データソース
    • 実行が中断した場合でもディスクの状態をキャプチャするように更新されました。 正規表現のクリーンアップ。
  • IPMIフルセンサー– 1データソース
    • データポイントのしきい値に関する問題を修正しました。
  • リーバートグローバルステータス– 1データソース
    • 更新されたデータポイントOID。 特定のデバイスで欠落しているデータを説明するためにテクニカルノートを更新しました。
  • Linux SSH – 7のデータソース、1つのPropertySource
    • すべてのLinuxSSHデータソース(名前付き Linux_SSH_ *)と addCategory_Linux_SSH PropertySource、代替ポートを適切に受け入れるようにActiveDiscoveryおよびコレクションスクリプトを修正しました。 加えて Linux_SSH_NetworkInterfaces 互換性と安定性のために、データソースが更新され、コレクションスクリプトから正規表現への依存が削除されました。
  • LogicMonitorコレクター[構成収集タスク| グローバル統計] – 2データソース
    • のデータアラートを削除しました LogicMonitor_Collector_ConfigCollectingTask 情報元; の「稼働時間」データポイントの説明とグラフの問題を修正しました LogicMonitor_Collector_GlobalStats 情報元。
  • メラキ[MR統計| MS統計| MX統計| Z統計] – 4データソース
    • トポロジサポートの改善。 前のセクションで強調したように、トポロジカバレッジに使用できる新しいMerakiTopologySourceとPropertySourceもあります。
  • Microsoft DHCP IPv4 [スコープ| サーバー] – 2データソース
    • Get-WMIObjectから移動し、パフォーマンスの向上とシステムロギングの削減のためにGet-CIMInstanceを採用しました。
  • NetApp 7モードステータス– 1データソース
    • 壊れたディスク数の問題を修正しました。
  • NetApp Eシリーズ– 1 プロパティソース
    • のスクリプト更新を実行しました addCategory_NetApp_ESeries の値と適切に一致するPropertySource system.ips プロパティ。
  • NetScaler [負荷分散VIP | コンテンツスイッチングVIP] – 2データソース
    • 欠落しているデータポイントの説明を追加しました。
  • NetSNMPメモリ使用量– 1データソース
    • エッジケースのカーネル文字列のチェックを追加しました。
  • パロアルトファイアウォールシステムリソース– 1データソース
    • 新しいファームウェアでのシステムリソースパターンの変更に対処するためにスクリプトを更新しました。
  • レディス – 1データソース
    • タイムアウトに対処するためにスクリプトの更新を実行しました。
  • SonicWall SonicOS – 1 構成ソース
    • インスタンスの検出を妨げていたスペース変換の問題を修正しました。
  • トポロジーマッピング 更新されたPropertySources – 1 つの PropertySource
    • のさまざまなカテゴリERT(外部参照タイプ)の更新を実行しました addCategory_TopoSwitch PropertySource。
  • トポロジーマッピング 更新されたTopologySources –1つのTopologySource
    • のさまざまなカテゴリERT(外部参照タイプ)の更新を実行しました Networking_L2_snmpSwitch TopologySource。
  • Ubiquiti UniFi [アクセスポイント| 有線クライアント| クライアントワイヤレス| スイッチ] – 4データソース
    • トポロジの互換性が向上しました。 前のセクションで強調したように、トポロジカバレッジに使用できる新しいUbiquiti UniFiTopologySourceとPropertySourceもあります。
  • Veeam Backup&Replication Configuration Backup – 1データソース
    • データポイントの説明にマイナーな改善を加えました。
  • VMware ESXI / vSphere [ESXiデータストアのパフォーマンス| ESXiデータストアのステータス| vSpherevDiskの容量| vSphereVMのパフォーマンス| vSphereVMステータス] – 5データソース
    • スタンドアロンESXiのトポロジ互換性が向上しました。 前のセクションで強調したように、トポロジカバレッジに使用できる新しいVMware ESXiTopologySourceもあります。
  • VMware Horizo​​n PCoIPセッション– 1データソース
    • Get-WMIObjectから移動し、パフォーマンスの向上とシステムロギングの削減のためにGet-CIMInstanceを採用しました。
  • VMware vCenter [VMパフォーマンス| VMステータス] – 2データソース
    • 収集時間を短縮するためにスレッドを追加しました。 セットする esx.vmperformance.poolsize カスタマイズするには、1〜10の値にします(デフォルトは5)。
  • Windows HyperV(2008 / 2008r2 / 2012 / 2012r2 / 2016)[ハイパーバイザー統計| 仮想マシン| 仮想ストレージ| CPU | スナップショット| 仮想ネットワークアダプタ| 仮想スイッチポート] – 15データソース
    • Get-WMIObjectから移動し、パフォーマンスの向上とシステムロギングの削減のためにGet-CIMInstanceを採用しました。

その他のv.131の機能強化

アラート

  • 「アラート開始」列でエラーを引き起こす無効な時間形式。 以前は、APIを介して導入された無効な時刻/日付またはタイムゾーンのフォーマットエラーにより、アラートテーブルの[アラート開始]列に表示エラーが発生していました。 これで、無効なフォーマットが検出されると、列はデフォルトでユーザーのデフォルトのタイムゾーン(ユーザーアカウントで確立されたもの)になります。ユーザーレベルで設定されていない場合は、グローバルLogicMonitorアカウントに設定されたタイムゾーンになります。タイムスタンプデータを表示するとき。

ダッシュボード

  • ダッシュボードウィジェットによって誤って解釈された無限大の値。 以前は、無限大のデータポイント値がダッシュボードウィジェットに100%として表示されていました。 これで、代わりにNaN(数値ではない)が表示されます。

ロギング

  • リソースが監視に追加されたときのプロパティのキャプチャ。 エキスパートモードを介してリソースを監視に追加すると、[デバイスの追加]ダイアログからリソースに割り当てられたすべてのプロパティが監査ログに記録されるようになりました。

NetFlowモニタリング

  • デバイスIPとは異なるNetFlowソースの受け入れを可能にする新しいカスタムプロパティが利用可能です。 LogicMonitorでのNetFlowエクスポーターのメインIPアドレスが、実際にデータをエクスポートするために使用されるIPアドレスと同じでない場合、netflow.allowipsという名前の新しいプロパティをカスタマイズできるようになりました。 このプロパティは、単一のIPまたはコンマ区切りのリストのいずれかを値として受け入れます。 範囲を受け入れません。

SAML / SSO

  • SHA-256を使用したSPメタデータの署名への移行。 LogicMonitorがSHA-256を使用したサービスプロバイダーメタデータの署名に移行する前に構成されたSSOに関連付けられたメタデータは、引き続きSHA-1(RSAを使用)で署名されています。 v.131以降、SHA-1で署名されたこのメタデータをダウンロードすると、LogicMonitorをSHA-256でのメタデータの署名に移行するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されます。 このプロンプトは、移行の意図的なトリガーをサポートします。これは、既存のSSOセットアップ(たとえば、SHA-256をまだサポートしていないプロバイダーを使用したセットアップ)に影響を与える可能性があります。
  • firstName属性とlastName属性のサポート。 firstName属性とlastName属性は、givenNameとsurnameが存在しない場合に、LogicMonitorでユーザーの名前と名前を入力するために使用されるようになりました。 このワークフローは、givenNameとsurnameを簡単にサポートしないプロバイダー(OneLoginなど)を使用する場合に簡単になります。

Webインターフェイス

  • HTTP / 2およびTLS1.3。 すべてのカスタマーポータルでHTTP / 2とTLS1.3を有効にしました。 これにより、速度とセキュリティのメリットが得られます。

記事上で