サポートセンターホーム


v.130リリース:古いアラートページUIの廃止。 OpenMetricsデータの新しい監視

01.10.20に公開

明けましておめでとうございます! LogicMonitorには、2020年に計画されている多くのエキサイティングなイニシアチブがあり、私たちは着実に稼働しています。 XNUMX月上旬に展開される今年の最初のリリースでは、アラート表示の改善、オープンソースのOpenMetrics形式(以前はPrometheusと呼ばれていました)でデータを監視するためのテンプレート、Azureバックアップジョブの新しいすぐに使用可能な監視(利用可能)が特徴です。リリースが完全にロールアウトされると)、AWS CloudSearchドメイン、GCP Dataprocクラスター、CiscoHyperFlexなど。

注意喚起! 新しいアラートページUIと並行して90日間実行した後、古いアラートページUIはv.130で廃止されます。 新しいUIと古いUIの間のナビゲーションを許可していた一時的な切り替えが削除され、新しいアラートページのUIのみにアクセスできるようになります。 新しいアラートページはMicrosoftInternet Explorer 11をサポートしていません。IE11を使用している場合は、に移動することを強くお勧めします。 サポートされているLogicMonitorブラウザ 監視操作の中断を避けるために、できるだけ早く。

このリリースでは:

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.130にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • AWS CloudSearchドメイン– 1データソース
    • AWS CloudSearchドメインを検出し、正常に処理された検索リクエストの数、検索可能なドキュメントの数、インデックス容量の使用率(CloudWatchによって報告される)などのドメインパフォーマンスメトリクスを監視します。
  • AWS グルージョブ – 1データソース
    • CloudWatchによって報告されたAWSGlueジョブのパフォーマンスメトリクスを検出および監視します。
  • Cisco HyperFlex – 15のデータソース、2つのPropertySource
    • LogicMonitorのCiscoHyperFlexモニタリングパッケージは、HyperFlex REST APIを使用して、シスコのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)プラットフォームのさまざまなメトリックを監視します。 見る Cisco HyperFlex モニタリング 監視対象の詳細、および監視の設定手順については、こちらをご覧ください。
  • GCP Cloud Dataprocクラスター– 1データソース
    • GCP Dataprocクラスターを検出し、ストレージ容量、使用率、ジョブデータなどのクラスター指標を監視します。
  • GCP Cloud Filestoreインスタンス– 1データソース
    • GCP Cloud Filestoreインスタンスを検出し、空きディスク容量、ディスクIOP、ストレージ使用率などのストレージ指標を監視します。
  • Microsoft Azureバックアップジョブ– 1データソース
    • Azureリカバリボールト内のAzureバックアップジョブを検出および監視します。 注意: Azure Backup Job DataSourceは、リリースが完全に公開されると(XNUMX月上旬)利用可能になります。
  • Microsoft Azureバッチアカウント– 1データソース
    • Azure Batchサービスを検出し、ノードパフォーマンス、タスクカウント、タスク完了、ジョブ、プールなどのバッチメトリックを監視します。
  • Microsoft Azureネットワークインターフェイス– 1データソース
    • Azureネットワークインターフェイスを検出し、バイトとパケットの送受信されたメトリックを監視します。
  • OpenMetrics – 2データソース
    • Telegrafなどのシステムからメトリックを収集し、オープンソースのOpenMetrics形式(以前はPrometheusと呼ばれていました)でメトリックを公開します。 OpenMetricsデータは、任意の数のリソースからの任意の数のメトリックを表すことができるため、これらのデータソースは、クローン作成とカスタマイズが必要なテンプレートです。 詳細については、を参照してください。 OpenMetricsモニタリング.
  • トポロジーマッピング 新しいTopologySource– 1 トポロジソース
    • New Networking_L2_snmpSwitch_Peak トポロジマッピングおよび関連する根本原因分析操作を改善するために作成されました。

監視範囲を更新

  • AWS Classic ELBサービスの制限– 1データソース
    • 合計ロードバランサー制限を反映するようにListenersPercentUsage複合データポイントを更新しました。 データポイントの説明とアラートにいくつかの説明を追加しました。
  • AWS EC2 T2インスタンスクレジット– 1データソース
    • AppliesToロジックを更新して、クレジットが適切なEC2インスタンス(つまり、無制限のクレジットモードにないインスタンス)にのみ適用されるようにしました。
  • シスコの CPU – 1データソース
    • 新しい概要グラフを追加しました。 データポイントにさまざまな改善を加えました。
  • Cisco UCS – 1 SNMPSysOIDマップ
    • Cisco UCSのサポートを拡張するために、不足しているsysOIDを追加しました。
  • コネクトワイズ – ConnectWiseのRESTAPIを使用するすべてのデータソース(合計14)(従来のSOAP APIと比較して)
    • 後続のリクエストでclientIDトークンが欠落する問題を修正しました。
  • Dell DRAC温度– 1データソース
    • ErrorTemperatureおよびWarningTemperature複合データポイントを更新して、式からunkwn()を削除しました。
  • EMC Avamarクライアントバックアップ– 1データソース
    • 非アクティブなインスタンスでデータなしアラートが発生しないように、30日後に非アクティブなインスタンスを自動削除するように更新されました。
  • EMC Avamarデータドメイン– 1データソース
    • コレクションスクリプトの誤った変数バインディングの問題を修正しました。
  • EMCストレージプール– 1データソース
    • 適切なデータ収集を妨げていたwildvalueの問題を修正しました。 グラフとデータポイントにさまざまな改善を加えました。
  • EMC Unity [ホストイニシエーター| プール] – 2データソース
    • バージョン5.0で非推奨になったAPI呼び出しを回避するための更新を行いました。
  • HP 3PARディスク– 1データソース
    • nullオブジェクトエラーに対処するためのコレクションスクリプトの問題を修正しました。
  • HPシステムCPU– 1データソース
    • すべてのCPUインスタンスが検出されないというActiveDiscoveryスクリプトの問題を修正しました。
  • アイアンポート– 1 SNMPSysOIDマップ
    • 「Ironport」が値としてに追加されないようにするsysOIDの不一致を修正しました system.categories CiscoIronportデバイスのプロパティ。
  • ジュニパーコンポーネントの状態– 1データソース
    • 状態データポイントのアラートしきい値とアラートメッセージを更新しました。
  • ジュニパーJUNOS– 1 構成ソース
    • 収集スクリプトにタイムアウトと再試行のロジックを追加しました。
  • KubernetesコントロールプレーンAzure– 1データソース
  • Kubernetes [デプロイメント| サービス] – 2データソース
    • ラベルのないポッドが原因で発生する問題を修正しました。
  • Linuxの新しいプロセス– 1データソース
    • 欠落しているデータポイントの説明を追加しました。 改善されたグラフ表示。
  • Linux SSH CPU /メモリ– 1データソース
    • RHELのメモリメトリックの拡張サポート。
  • Linux SSHファイルシステム– 1データソース
    • コレクションスクリプトの正規表現に関する問題を修正しました。
  • LogicMonitorコレクターバッファデータレポーターレイテンシー– 1データソース
    • 最小遅延レポートの問題を修正しました(最小遅延レポートが正しく機能するには、コレクターバージョンEA28.100以降が必要です)。
  • Microsoft Exchange – 1 プロパティソース
    • スクリプトのタイプミスを修正しました addCategory_MicrosoftExchange PropertySource。
  • ネットアップ – 1 プロパティソース
    • 世界 addCategory_NetApp PropertySourceは、NetAppのシステムカテゴリをホストに割り当てるときに、AppliesToロジックでホスト(つまり、netapp.userおよびnetapp.pass)上のNetApp資格情報プロパティの存在を検索するようになりました。 以前は、このPropertySourceはSNMPに依存するisNetAppを使用していたため、SNMPが無効になっているとNetAppホストを識別できませんでした。
  • NetAppクラスターNFS– 1データソース
    • 広範囲のエラーが含まれていたため、write_errorデータポイントのアラートしきい値を削除しました。 グラフに小さな変更を加えました。
  • NetAppクラスターステータス– 1データソース
    • BrokenDisksデータポイントが誤ってアラート条件に入る原因となるスクリプトの問題を修正しました。
  • NetAppクラスターボリューム– 1データソース
    • すべてのインスタンスからメトリックを確実にキャプチャするためのコレクションスクリプトインスタンスUUIDの問題を修正しました。
  • NetApp Eシリーズのトラブルシューティング– 1データソース
    • ActiveDiscoveryスクリプトの問題を修正し、検出間隔を更新しました。 アラートを追加しました。
  • Oracle [ブロックされたセッションの概要| ブロックされたセッション] – 2データソース
    • スクリプトの問題を引き起こすタイプミスを修正しました。
  • RabbitMQキュー統計– 1データソース
    • ワイルドバリューをサニタイズして、正しく解析できなかった無効なASCII文字を除外しました。 グラフとデータポイントにさまざまな改善を加えました。
  • ラリタン配電[インレット| アウトレット]
    • 電力メトリックを適切にスケーリングするための収集スクリプトの問題を修正しました。
  • Synology [RAIDステータス| 状態] - 2データソース
    • グラフとデータポイントに多くの改善を加えました。
  • トポロジーマッピング 更新されたPropertySources –3つのPropertySources
    • DellForce10Sスイッチのサポートを addCategory_TopoSwitch 影響により addERI_Device PropertySources; のスイッチが正しく識別されない問題を修正しました addERI_Cisco PropertySource。

  • トポロジーマッピング 更新されたTopologySource –1つのTopologySource
    • にサポートを追加しました Networking_L2_snmpSwitch マルチMACインターフェイス/トランキング、Dell Force10Sスイッチ、およびCatalyst29XXスイッチからのCDPネイバーデータ用。 不適切に識別されたスイッチの問題を修正しました。 その他のその他の問題に対処しました。
  • トポロジーマッピング VMware vCenter – 2個のデータソース、1個のPropertySource
    • 更新しました VMwarevCenterホストのパフォーマンス 影響により VMwarevCenterホストのステータス データソース、および addERI_ESXi PropertySource、VMwareを実行しているCiscoUCSのMACERI設定をブロックします。
  • VMware ESXiデータストアの容量– 1データソース
    • PercentUsed複合データポイントを更新しました。
  • VMwareのトラブルシューティング– 1データソース
    • ActiveDiscovery間隔を更新しました。 アラートを追加しました。
  • Windowsクラスターディスクパーティション– 1データソース
    • グラフデータポイントの問題を修正しました。 アラートメッセージが改善されました。
  • Win2k16 HyperV仮想マシン– 1データソース
    • ステータスコードを追加しました。

その他のv.130の機能強化

アラート

  • 古いアラートページのUIは廃止されます。 2019年11月、新しいアラートページが起動し、新しいUIと古いUIの間のナビゲーションを可能にする一時的な切り替えが行われました。 このトグルへのアクセス(したがって、古いアラートページ)は削除されました。 新しいアラートページのUIのみが引き続きアクセス可能です。 新しいアラートページはMicrosoftInternet Explorer 11をサポートしていません。IEXNUMXを使用している場合は、に移動することを強くお勧めします。 サポートされているLogicMonitorブラウザ プラットフォーム機能の中断を避けるために、できるだけ早く。
  • アラートテーブルにラップされたテキスト。 デフォルトでは、テキストは[アラート]ページにあるアラートテーブルで折り返されるようになりました。 以前は、テキストの折り返しはオプションではありませんでした。 タイトルの新しい設定 テキストラップを有効にする ラップされたテキスト表示と切り捨てられたテキスト表示の切り替えをサポートする[アラートテーブル設定]ダイアログから利用できるようになりました。
  • アラートテーブルの表示からのタイムゾーン指定の削除。 新しい[アラート]ページのUIでは、しきい値に時間ベースの考慮事項があるかどうかに関係なく、アラートの[有効なしきい値]列にタイムゾーンの指定が表示されていました。 今後、タイムゾーンの指定は、指定が関連するアラート(つまり、時間ベースのしきい値によってトリガーされるアラート)に対してのみ表示されます。 注意: 以前にアラートを生成したしきい値によって生成されたアラートには、関連性に関係なく、タイムゾーンの指定が含まれます。 必要に応じて、これらのしきい値を手動で編集/再保存して、タイムゾーンの指定が表示されないようにすることができます。

イベントソース

  • アラートテストの権限が制限されています。 読み取り専用の権限を持つユーザーは、以前は[リソース]ページからEventSourceアラートのアラートルーティングをテストできました。 これは修正されました。
  • に課せられる最大値 クリアアフター 構成。 世界 クリアアフター EventSource定義で見つかった構成は、最大値5760分(XNUMX日)に制限されるようになりました。 この構成は、自動クリアする前にEventSourceのアラートがアクティブのままである期間を決定する役割を果たします。 EventSourceを正常に追加または更新するには、この新しい制限に準拠する必要があります。

レポート

  • リソースメトリクストレンドレポート。 「合計」集計計算が、リソースメトリクストレンドレポートに含まれるデータポイントの出力値として使用できるようになりました。 これは、特定のメトリックの合計を一定期間レポートする場合に役立ちます。

REST API

  • alertTransitionIntervalおよびalertClearInterval設定は、データソースレベルで使用できます。 APIを介してDataSourceInstanceAlert情報を取得するときに、データソースレベルで構成されたalertTransitionIntervalおよびalertClearInterval設定を読み取り専用値として表示できるようになりました。 以前は、これらの値はAPIを介してインスタンスレベルで常に「-1」として表示されていました。

SAML

  • SAMLユーザーのアクセス許可の制限。 SAMLユーザーは、プロビジョニング中にSAML / SSOによって入力されたデータの使用を強制するためにユーザー名と電子メールフィールドを編集できなくなりました。 さらに、SAMLユーザーはパスワードのリセットを実行できなくなりました。

トークン

  • ##ワイルドバリュー##。 ## WILDVALUE ##トークンがインスタンス値に解決されるようになりました。 以前は、インスタンス名に誤って解決されていました。

今後の展望:統合ページ

LogicMonitorの継続的なUIイニシアチブの一環として、LogicModulesを管理するためのまったく新しいインターフェイスを間もなくリリースします。 [統合]ページと呼ばれるこの新しいインターフェイスは、監視アクティビティで使用できるすべてのLogicModule統合(データソース、PropertySource、EventSourceなど)を一元的に表示します。

▲新しい統合ページは、LogicMonitorリポジトリをプラットフォームに直接もたらします。 [LM Exchange]タブを使用すると、LogicMonitorによって公開されているか、LogicMonitorユーザーコミュニティのメンバーによって公開されているかに関係なく、新規および更新されたLogicModuleを簡単に参照、検索、およびインポートできます。 (アルファ版からキャプチャされたUIイメージ。変更される可能性があります。)

記事上で