サポートセンターホーム


v.126リリース:アラートページの新しいUI

09.26.19に公開

LogicMonitor v.126は、XNUMX月中旬に展開され、新しいUIロールアウトのフェーズXNUMXを実現するとともに、AWS Neptune、Cisco FirepowerChassisなどの新しいすぐに使用可能なモニタリングを提供します。

リリースのハイライト:アラートページの新しいUI

LogicMonitorは、プラットフォーム全体にまったく新しいUIを展開しています。 10月17上、アラートページは、新しい外観とより直感的なユーザーエクスペリエンスを備えたプラットフォームの最初の領域になります。

新しいUIを備えたアラートページ
ここで強調表示されている「新しいUIプレビュー」スライダーを使用すると、古いUIと新しいUIを切り替えることができます。 このプレビュー機能はXNUMX週間利用できます、古いアラートページのUIが廃止される前に、新しいUIを試し、内部ワークフローを適応させるための十分な時間を確保します。

より直感的で効率的で魅力的なUI / UXに加えて、いくつかの新機能と機能拡張が新しいアラートページで提供されます。

  • より強力なフィルタリング
  • アラート確認応答とSDTのプロセスが改善されました
  • 新しいアラートテーブル設定

新しいアラートページの詳細な概要については、を参照してください。 アラートページからのアラートの管理.

注意: フロントエンドの互換性の問題、セキュリティリスク、およびメンテナンスコストのため、新しいアラートページはInternet Explorer 11をサポートしていません。現在IE11を使用してLogicMonitorプラットフォームにアクセスしている場合は、に移動することを強くお勧めします。 サポートされているLogicMonitorブラウザ 機能の中断を避けるために、できるだけ早く。

新しい監視範囲

アカウントがv.126にアップグレードされたら、LogicMonitorリポジトリから最新のLogicModuleをインポートして、監視範囲を拡大します。

  • AWS MSKブローカー(有料層)– 1データソース
    1. CloudWatchによって報告されるように、PER_BROKERレベルでAmazon MSKのデフォルト以外の(有料)メトリクスをモニターします。 既存のAWSMSKブローカーデータソースと組み合わせて使用​​することを目的としています。 収集されたメトリクスは、「有料階層」メトリクスに分類されます。 AmazonCloudWatchの価格ページ。 このデータソースは、API呼び出しの不要な料金を防ぐために、デフォルトで無効になっています。
  • AWS ネプチューン – 1データソース
    1. AWSNeptuneグラフデータベースの検出とモニタリングを追加しました。
  • Azure SQLデータベース(マネージドインスタンス)– 1データソース
    1. SQLデータベース管理インスタンスの検出と監視が追加されました。
  • CiscoFirepowerシャーシマネージャ – 6個のデータソース、1個のPropertySource
    1. Firepower ChassisManagerの包括的な監視。 見る CiscoFirePowerシャーシマネージャの監視 この新しい監視パッケージの詳細については。
  • CiscoSBおよびCiscoSMB – 2つのSNMPSysOIDマップ
    1. SysOIDS 1.3.6.1.4.1.9.6.1および1.3.6.1.4.1.9.6.2は、それぞれ「CiscoSB」および「CiscoSMB」をCiscoSG300およびSG350シリーズスイッチに割り当てます。
  • Dell EMC Avamar – 8つのデータソース、1つのPropertySource
    1. EMC Avamarのクライアントバックアップアクティビティ、チェックポイント、クライアントデータセット構成などの包括的な監視。 見る Dell EMCAvamarモニタリング この新しい監視パッケージの詳細については。
  • GCP Pub / Subトピック– 1データソース
    1. Google Cloud PlatformPubSubトピックの検出と監視を追加しました。
  • インフォブロックス – 12個のデータソース、1個のPropertySource、2個のSNMPSysOIDマップ
    1. SNMPを介したInfobloxDDIソリューションの包括的な監視。 見る Infobloxモニタリング この新しい監視パッケージの詳細については。

その他のv.126の機能強化

グラフ

  • 予測グラフのスケーリングが正しくありません。 データソースグラフ定義でこのようなスケーリングが有効になっている場合、予測グラフは1024単位でスケーリングされませんでした。 これは修正されました。

LMクラウド

  • MicrosoftAzureの請求データの通貨構成。 Azureアカウント管理ダイアログから利用できる[請求]タブで、国/地域の構成がサポートされるようになりました。 最初はデフォルトで「USA」に設定されていますが、この構成の値によって請求通貨が調整されます。

LMコンテナ

  • コレクターイメージの構成。 使用するコレクターイメージの構成を可能にするXNUMXつの新しいオプションがLogicMonitorのKubernetes統合に追加されました。 これは、最新のCollectorバージョン以外のバージョンを使用している場合や、インストール中にローカルイメージを使用する必要がある場合に役立ちます。

ロジックモジュール

次のLogicModuleが更新されました。 アカウントをv.126にアップグレードしたら、監視操作を強化するために、これらの最新バージョンをLogicMonitorリポジトリからインポートしてください。

  • addERI_Cisco – 1 プロパティソース
    1. CiscoIOSソフトウェアc7600のサポートが追加されました
  • addERI_PaloAlto – 1 プロパティソース
    1. トポロジ名前空間に適用された修正
  • AWS MSK(ブローカー|クラスター)– 2データソース
    1. ZooKeeperセッション状態のメトリックとグラフを追加しました
  • Cisco IOS – 1 構成ソース
    1. パーサービューのサポートが追加されました
  • EMC LUN NaviSec CLI – 1データソース
    1. is_faultデータポイントに修正を適用して、適切な正規表現のマッチングを確保します
  • Fujis Eternus(コントローラーモジュール| RAIDグループ|ボリューム)– 3データソース
    1. CLI出力に対するパターンマッチングの主な改善
  • Linux_SSH_Info – 1 プロパティソース
    1. CentOSディストリビューションの拡張された認証JSchサポート
  • MerakiMRインターフェース –1データソース
    1. クラウド管理APのアクセスポイントマッチングサポートが追加されました
  • Microsoft SQL Serverデータベース– 1データソース
    1. ADスクリプトでの例外処理の改善
  • ネットアップ RAID – 1データソース
    1. コレクションスクリプトでより大きな値を処理するために、toLong()式をtoBigInteger()式に変更しました
  • NetApp論理インターフェース– 1データソース
    1. ステータスデータポイントを適切に収集するための収集スクリプトに修正を適用しました。 マイナーグラフの改善
  • WinExchangeサービス– 1データソース
    1. SQLServerホストに対してHyper-Vサービスが表示されないようにするためのフィルターが追加されました。
  • Veeamバックアップジョブ– 1データソース
    1. 適切なコレクションを確保するために、ワイルドバリューのスペースをアンダースコアに置き換えました
  • VMware vCenter VMのパフォーマンス– 1データソース
    1. 誤ったデータポイントの使用に対処するためにマイナーな修正を適用しました

記事上で