サポートセンターホーム


v.125リリース:トポロジマッピングの機能強化。 MicrosoftExchangeおよびEMCUnityの新しい監視

09.05.19に公開

LogicMonitor v.125は、XNUMX月中旬に展開され、トポロジマッピングが大幅に強化され、MicrosoftExchangeとEMCUnityの新しい監視機能が追加されました。 また、最近リリースされたのは、強力なLogicMonitor ServiceNowCMDB統合アプリケーションの新しいバージョンです。

IE11のサポートは終了します
ご存知かもしれませんが、LogicMonitorは今後数か月にわたって新しいUIを展開しています。 フロントエンドの互換性の問題、セキュリティリスク、およびメンテナンスコストのため、この新しいUIはMicrosoft Internet Explorer 11をサポートしません。[アラート]ページは、新しいUIを受信するインターフェイスの最初の領域になります(XNUMX月のリリースを目標としています)。

現在IE11を使用してLogicMonitorプラットフォームにアクセスしている場合は、プラットフォームの機能の中断を避けるために、サポートされているLogicMonitorブラウザーにできるだけ早く移動することを強くお勧めします。

リリースハイライト:トポロジマッピングの機能強化

デバイス間の関係を確立するためにトポロジマッピングで使用される方法が大幅に強化されました。 これらの新しい方法は拡張可能であり、トポロジマッピングのカバレッジをより予測可能でスケーラブルな方法で拡張できます。

ERI優先

ソース、カテゴリ、および優先度の概念は、ERI(外部リソースID)の生成に存在するようになりました。 これらのタグを追加すると、LogicMonitorは、信頼水準に基づいて、生成されたERIが優先されるかどうかを判断できます。 以前は、既存のERIは、どのERIを優先するかを決定するための評価ルールが設定されていない新しいERIで上書きされる可能性がありました。

[情報]タブのERIリスト
生成されたすべてのERIは、各ERIを構成する個々のキーとともに、リソースの[情報]タブに表示され、コンテキスト(つまり、ERIを生成したPropertySourceとERIのカテゴリ)を提供します。 割り当てられた優先順位番号が最も高いERIが優先されます。

拡張機能を入手する

これらのERI拡張機能を実装するには、トポロジマッピング環境に関連するすべてのPropertySource、TopologySource、およびDataSourceを更新/インポートする必要があります。 訪問 v.125LogicModuleリリース すべての新規および更新されたLogicModuleの完全なリストについては、これらのリリースノートのセクションを参照してください。 また、これらの拡張機能およびトポロジマッピングの他の側面の詳細については、を参照してください。 トポロジマッピングの概要.

ハイライト:ServiceNowCMDB統合アプリケーションバージョン1.1.x

今年の初めに、LogicMonitorは、ServiceNowCMDBとのすぐに使用できる統合が利用可能になったことを発表しました。 この統合アプリは、ServiceNow CMDBとLogicMonitorの間の双方向データ同期を特徴としており、信頼性が高く最新のCMDBを保証し、重大なインシデントの平均解決までの時間を短縮するためのアラートデータを充実させています。

最近、この統合アプリの新しいバージョン(1.1.x)をリリースしました。これは、次に強調するいくつかの拡張機能を提供します。

ニューヨークリリースへの準拠

LogicMonitor ServiceNow CMDB統合アプリの最新バージョン(および 組み込みのインシデント管理アラート統合)は、ServiceNowの今後のニューヨークリリースに準拠していることが認定されています。 私たちのアプリは、ニューヨークへのアップグレードの準備ができています!

新しいアップデートセット:自動バランスコレクターグループ

このアプリの最新バージョンには、新しいアップデートセットが用意されています。 このアップデートセットは、自動バランスコレクタグループへのデバイスのプロビジョニングをサポートします(以前は、デバイスはXNUMXつの特定のコレクタにしか割り当てることができませんでした)。 このアップデートセットの取得と構成の詳細については、 GitHubリポジトリ.

ServiceNowからLogicMonitorでリソースを開きます

アプリケーション間を簡単に移動できるように、LogicMonitor ServiceNow CMDB統合アプリでは、ServiceNowから直接LogicMonitorでリソースを開くことができるようになりました。 これは、LogicMonitor内からServiceNowCIを起動する既存の機能を補完するものです。

詳細を見る

LogicMonitor ServiceNow CMDB統合は、から利用できるプレミアムなアドオン機能です。 ServiceNowストア。 詳細については、次のリソースをご覧ください。

その他のv.125の機能強化

アラート

  • アラートSDTにもかかわらず配信される通知。 場合によっては、アラートがSDTに配置された後も、アラート通知がエスカレートし続けました。 これは解決されました。
  • アラートの確認時に送信される通知をクリアします。 場合によっては、アラートの確認時にアラートがクリアされた通知が送信されました。 これは解決されました。

LMクラウド

  • エラーメッセージが改善されました。 AWS EC2インスタンス、Azure VM、またはGCP Compute Engineインスタンスのローカルコレクターモニタリングに自動バランスコレクターグループを選択すると、特定の場合に誤ったエラーメッセージが表示されました。 これは修正されました。
  • アマゾンウェブサービス(AWS)モニタリングアップデート:
    1. AWSFSx。 AmazonFSxのモニタリングサポートが追加されました。 具体的には、LogicMonitorはWindowsおよびLustreファイルサーバーシステムを検出し、これらのシステムのCloudWatchメトリクスを取得できるようになりました。
    2. AWSECSタグ。 AWSECSタグがプロパティとして保存されるようになりました。
    3. ENIディスカバリー。 新しいAutoProperty、 system.aws.networkInterfaceId、EC2インスタンスのElastic Network Interface(ENI)を検出するために追加されました。
  • Microsoft Azureモニタリングの更新:
    1. AzureMariaDB。 AzureMariaDBインスタンスの検出と監視が追加されました。

REST API

  • XNUMX回のリクエストでデバイス全体のインスタンスのデータを取得します。 新しいエンドポイント、 POST / device / instances / datafetch、公開されました。 このエンドポイントにより、単一のリクエストでデバイス間でインスタンスのデータを取得できます。インスタンスIDはペイロードで送信されます。 この新しいエンドポイントでは、他のデータエンドポイントで使用可能な開始、終了、期間、および集計クエリパラメーターを使用できます。

    この新しいエンドポイントにより、複数のデバイス間で過去24時間のデータを要求する際の効率が大幅に向上します。 いくつかの制限があることに注意してください。(1)インスタンスIDを知る必要があります。 (2)過去24時間のデータのみが利用可能です。 (3)リクエストは、最初はリクエストごとに100インスタンスに制限されます。 (4)このエンドポイントにはレートの下限があります。

v.125LogicModuleリリース

前回のリリース以降に追加または更新されたLogicModule。

新しい監視範囲

  • トポロジーマッピング addERI_(F5 | PaloAlto) –2つのPropertySources
    1. 新しいトポロジマッピング機能により、クラスターとHAの関係が追加されます
  • トポロジーマッピング 新しいTopologySources(Cisco Wireless | F5_L2_HA | Networking_L2_snmpSwitch | PaloAlto_L2_HA) –4つのTopologySources
    1. 新しいトポロジマッピング機能のために新しいTopologySourcesをインポートする
  • トポロジーマッピング Ciscoワイヤレスアクセスポイント– 1つのデータソース、1つのTopologySource
    1. 新しいトポロジマッピング機能により、CiscoWLCリンクアクセスポイントのL2サポートが追加されます
  • AWS FSx(Lustre | Windowsファイルサーバー) –2つのデータソース
    1. WindowsおよびLustreファイルサーバーシステムを検出し、これらのシステムのCloudWatchメトリクスを取得します
  • Cisco Viptela(SD-WAN)– 1 構成ソース
  • EMCユニティ – 39のデータソース、2つのPropertySource
    1. EMC Unityハイブリッドおよびオールフラッシュストレージアレイ(300、400、500、600シリーズ)の包括的な監視。 見る EMCユニティ モニタリング この新しい監視パッケージの詳細については。
  • GCPデータ分析BigQuery– 1データソース
    1. アカウントレベルのデバイスのBigQuery統計を取得します
  • Microsoft Azure MariaDB – 1データソース
    1. AzureMariaDBサーバーのAzureMonitorメトリック監視
  • Microsoft Exchange2016および2019– 22のデータソース、2つのPropertySource
    1. Microsoft Exchange監視スイートは、バージョンの互換性とバージョン2016および2019全体のパフォーマンスを向上させるために、大幅に再構築されました。 MicrosoftExchangeモニタリング 移行の詳細については。
  • NetApp(クラスターステータス| 7モードステータス)– 2データソース
    1. これらのXNUMXつの新しいNetAppデータソースは、従来のSNMPベースのバージョン(NetAppStatus)に置き換わり、ONTAPを採用しています。
  • Nutanix製品情報 – 1 つの PropertySource
    1. クラスタ名とバージョンを取得し、それらをプロパティとして割り当てます
  • ピュア・ストレージ – 1 SNMPSysOIDマップ
  • ViptelaBFDの概要 –1データソース

モニタリングの改善

  • トポロジーマッピング addERI_ * –12つのPropertySources
    1. トポロジマッピング機能を改善するには、「addERI_」というプレフィックスが付いたすべてのPropertySourceを更新/インポートします(例:addERI_Cisco、addERI_Vcenter、add_ERIDeviceなど)。
  • トポロジーマッピング 更新されたTopologySources(snmpSwitch_Cisco | snmpSwitch_RFC1213 | VMware_vCenter_Topology)– 3つのTopologySources
    1. 新しいトポロジマッピング機能をサポートするための更新
  • トポロジーマッピング VMware vCenter(ClusterPerformance | DatastoreCapacity | DatastorePerformance | DatastoreStatus | HostInterfaces | HostPerformance | HostStatus | HostVSwitch | VMDK | VMInterface | VMPerformance | VMStatus)– 12データソース
    1. 新しいトポロジマッピング機能をサポートするための更新
  • addCategory_Linux_SSH – 1 つの PropertySource
    1. 例外処理の問題を修正しました
  • EMCVMAXコア –2つのデータソース
    1. 適切なスケーリングのためのグラフの最大値を修正
  • F5- 14データソース(F5 GTMを除くすべてのF5データソース)
    1. データソースの表示名、グループ化、グラフ、データポイントの説明、およびアラートにさまざまな改善を加えました
  • HPシャーシおよびHPシステム– 11個のデータソースすべて
    1. AppliesToを変更して、 system.sysinfo =〜“ Integrated Lights-Out” 以前のバージョンもに適用されていたので hasCategory(“ snmp”)&& Servers() その結果、不要なActiveDiscoveryイベントがスケジュールされました。 マイナースクリプトのクリーンアップ
  • Linux SSHネットワークインターフェース– 1データソース
    1. 古いRHELホストの正規表現形式のサポートが追加されました。 スクリプトとグラフのマイナーな改善
  • LogicMonitorポータルメトリック– 1データソース
    1. 改善されたnull例外とデータ処理なしにより、スクリプトを正常に実行できる
  • PureStorageパフォーマンス(SNMP)– 1データソース
    1. AppliesToスクリプトの修正。 グラフとデータポイントの更新
  • Veeam Backup&Replication – 8個のデータソースすべて
    1. 自動プロパティ設定のタイプミスを修正しました
  • VMware vCenter(AdmissionControl | ClusterPerformance)– 2データソース
    1. マルチデータセンタークラスターインスタンスの重複排除のサポートが追加されました
  • WinExchange(プロセス|サービス)– 2データソース
    1. データポイント、グラフ、アラートのマイナーな改善。 これらのデータソースは、新しいMicrosoft Exchangeデータソースのインポートと並行して更新する必要があります(前のセクションで強調表示されています)。 詳細については、を参照してください。 MicrosoftExchangeモニタリング.

記事上で