サポートセンターホーム


v.124リリース:mGuard、Raritan、Viptelaの新しい監視

08.15.19に公開

124月末までに展開されるv.XNUMXは、Phoenix Contact mGuard、Raritan配電ユニット、Viptela BGP / OSPFネイバー、およびコレクターバッファデータレイテンシーの新しい監視カバレッジをもたらします。 さらに、このリリースには、LogicMonitorに新しく割り当てられたパブリックIPアドレスが付属していることに注意してください。

IE11のサポートは終了します
ご存知かもしれませんが、LogicMonitorは今後数か月にわたって新しいUIを展開しています。 フロントエンドの互換性の問題、セキュリティリスク、およびメンテナンスコストのため、この新しいUIはMicrosoft Internet Explorer 11をサポートしません。[アラート]ページは、新しいUIを受信するインターフェイスの最初の領域になります(XNUMX月のリリースを目標としています)。

現在IE11を使用してLogicMonitorプラットフォームにアクセスしている場合は、プラットフォームの機能の中断を避けるために、サポートされているLogicMonitorブラウザーにできるだけ早く移動することを強くお勧めします。

v.124の機能強化

コレクター

  • 新しいパブリックIPアドレス。 ファイアウォールがアクセスを許可する必要があるLogicMonitorのパブリックIPアドレスのリストにXNUMXつの新しいIPアドレスが追加されました。
    1. 3.106.118.64 / 26
    2. 18.139.118.192 / 26
    3. 34.223.95.64 / 26

    すべてのIPアドレスをホワイトリストに登録している場合(対DNSのホワイトリストに登録している場合) * .logicmonitor.com)、これらのアドレスを含めるようにホワイトリストを更新してください。 LogicMonitorのパブリックIPアドレスの詳細については、を参照してください。 LogicMonitorパブリックIPアドレスとDNS名.

LMクラウド

  • EventSourceアラートメッセージが改善されました。 AWS Service Health、Azure Service Health、およびGCP Service Health EventSourcesのアラートメッセージ([リソース/アラート]ページおよびアラート通知に表示される)のフォーマットを改善しました。 以前は、重要な詳細がXNUMXつの長いメッセージに圧縮されていました。 現在、詳細はより適切に整理され、読みやすくなっています。
  • AWSECSサービス名の解釈が改善されました。 ECSインスタンスにサービス名の一部としてクラスター名が含まれている場合は省略されたため、パスが無効になり、データが収集されませんでした。 これは修正されました。
  • GCPプロジェクトIDのケース検出が改善されました。 場合によっては、GCPプロジェクトIDの大文字と小文字の区別が正しく保存されず、データ収集とNetScanギャップが発生していました。 これは修正されました。
  • AzureVMバックアッププロパティの検出が改善されました。 場合によっては、VM名の大文字と小文字が区別されるため、バックアップアイテムのプロパティを仮想マシンに関連付けることができませんでした。 これは修正されました。

LMコンテナ

  • Kubernetesモニタリングのプロキシ設定。 Kubernetesモニタリングのプロキシ設定のサポートが追加されました。 これは、LogicMonitorのAPIにアクセスするためにプロキシを必要とするクラスターがある場合に役立ちます。
  • CollectorClusterRole権限の不備を修正しました。 Collector ClusterRoleのデフォルトの権限にデプロイ権限がないため、Kubernetesデプロイメントのデータ収集が妨げられる場合がありました。 これは修正されました。

トポロジーマッピング

  • ユーザーが権限を持っていない頂点を非表示にします。 以前は、ユーザーがトポロジマップを介してレンダリングされるリソースを表示するために必要な権限を持っていなかった場合、疑問符アイコンが頂点として表示されていました。 これで、ユーザーが権限を持たないリソースを表す頂点が非表示になり、マップ上に頂点として表示されなくなりました。

v.124LogicModuleリリース

前回のリリース以降に追加または更新されたLogicModule。

新しい監視範囲

  • LogicMonitorコレクターのバッファーデータの待ち時間 –1データソース
    • プラットフォームへのコレクターレポートの遅延を監視します
  • フェニックスmGuard – 8つのデータソース、2つのPropertySource
  • ラリタン配電装置 – 3つのデータソース、1つのPropertySource、2つのSysOIDマップ
  • ViptelaBGPネイバー –1データソース
    • ViptelaBGPネイバーのステータスとメッセージを監視します
  • ViptelaOSPFネイバー –1データソース
    • ViptelaOSPFネイバーステータスを監視します
  • Windows ハイパー-V 2016 –2つのデータソース
    • 2016年にWindowsHyper-V(ハイパーバイザーと仮想マシン)を監視します

モニタリングの改善

  • AWS エラスティックサーチ –1データソース
    • さまざまな新しいデータポイントとグラフを追加しました
  • デバイスの基本情報 – 1 つの PropertySource
    • 大なり記号(>)演算子を誤って使用していたスクリプトを修正しました
  • LogicMonitorコレクター(アクティブな検出タスク| NetScanタスク) –2つのデータソース
    • 実行回数と実行時間のデータポイントを追加
  • Microsoft SQLServerシステムジョブ –1データソース
    • スクリプトの効率とアラートを大幅に改善しました
  • Viptelaシステムメモリ –1データソース
    • 「memoryUtilization」の複雑なデータポイントの問題を修正しました
  • VMwarevCenterトポロジ –1つのTopologySource
    • Groovyの安全なナビゲーションの改善を実行しました。 クリーンアップされたスクリプト
  • VMware vCenterVMのパフォーマンス –1データソース
    • ActiveDiscoveryスクリプトでさまざまな効率の改善を行いました

記事上で